椅子に座る男性

男性の嫉妬は、女性の嫉妬と比べて少々複雑です。

男性はプライドが高く、繊細なメンタルの人が多いので、女性の嫉妬と同じように考えると、間違った対応をしてしまうことがあります。

そうならないためにも、男性特有の嫉妬について詳しく把握しておきましょう。

彼氏やあなたに片思いしている男性が嫉妬する心理や、嫉妬のサインが出やすいシチュエーションを把握しておけば、男性の嫉妬を上手く交わす方法が分かってきます。

また、男性が嫉妬のサインを出したときの上手い対応法も紹介しているので、男性の嫉妬にモヤモヤしたり悩んだりしているなら、今後の参考にしてくださいね。

男性の嫉妬のサインが出る原因は?嫉妬する心理を解説

好きな女性を独り占めしたいという独占欲

見つめ合う恋人

嫉妬の大きな原因は、好きな女性を独り占めしたいという独占欲です。

自分だけを見ていて欲しい。

自分だけに時間を使って欲しい。

自分だけのことを考えていて欲しい。

こうした独占欲をかき乱されるようなことがあると、男性は嫉妬から冷静な行動ができなくなります。

また、独占欲が高まるのには、相手への愛情以外のことが原因になることもあります。

裏切られたくないという気持ちから独占欲が出てくることもあれば、過去に受けた心の傷が独占欲の原因になっていることもあります。

他にも、相手の女性の方が自分を必要としているという思い込みから、独占欲が湧いてくることもあります。

子どもに対して、親が抱くような心理と似ています。

好きな女性を管理や監視しなくてはいけないという心理が、独占欲につながっていくのです。

どのような心理にしても、嫉妬と独占欲はとても密接な関係があります。

自分に自信がないかコンプレックスを抱えている

悩む男性

嫉妬には、自分の自信のなさやコンプレックスが関係していることが少なくありません。

自分に自信がない男性は、いつ彼女が離れていくかという不安を抱えているので、他の男性が好きな女性に近付くと嫉妬心が湧いてきます。

自己肯定感が低い男性が、こうした心理になりやすい傾向にあります。

日頃から「俺なんて…」「僕なんかが…」などといった言葉を使う人は、このタイプの男性です。

自信のなさが嫉妬心につながっている場合、何度も嫉妬するようなシチュエーションが起きると、女性のことを諦めてしまう男性がいるので注意が必要です。

彼氏が自信のないタイプなら、嫉妬させすぎてしまったことで関係が悪化してしまうことがあります。

片想いをしている男性も、好きな女性が他の男性に人気があると、嫉妬しすぎて諦めてしまうこともあるでしょう。

他の男性に負けたくないという闘争心

こぶしを握る男性

男性は、女性とは違った闘争心を持っています。

プライドも女性に比べて高い人が多いので「他の男に負けたくない」「周りの男に馬鹿にされたくない」という気持ちを強く持っていて、そんな特徴が嫉妬心につながることがあります。

周りの男性に負けたくないと思うと、他の男に好きな女性を取られるのは許せないことですよね。

闘争心が特に強い男性なら、付き合っている女性が他の男性にニコニコしていることすら、負けていると感じることもあります。

また、周りの人にバカにされたくないという気持ちがあると、付き合っている女性や好きな女性に振られることも避けたいと思うものです。

そのため、好きな女性が他の男性との接点を持つことを嫌がります。

また、嫉妬している男性のスペックに対して、闘争心を燃やしてしまう男性も少なくありません。

自分より見た目が良いと感じた男性や、社会的に地位が高そうな男性と、好きな女性が仲良くしていると、男性は闘争心を燃やしてしまいます。

この闘争心は、嫉妬心となり好きな女性への苛立ちや不安につながっていきます。

プライドが高く好きな女性から裏切られることが許せない

怒る男性

プライドが高い男性は、自分以外の男性と好きな女性が親しくしていると、自分が軽視されているように感じてプライドが傷つきます。

自分のものだとおもっている女性が、他の男性と親しそうに接しているのが、自分への裏切りのように感じてしまうこともあるでしょう。

プライドの高さで嫉妬する男性は、相手の女性を愛しているというより、誰よりも自分を愛している可能性が高いでしょう。

そのため、このタイプの男性から嫉妬されたからといって、愛されていると思うのは危険です。

愛されているとおもって、彼に言われるままに他の男性との接点をなくしていくと、あなた自身のチャンスや勉強する機会を逃してしまうこともあります。

男性の嫉妬の根底に愛情があるのか、自分を満足させるために女性をコントロールしようとしているのか、しっかり見極めなくてはいけません。

過去の恋愛経験から彼女が離れていきそうな恐怖を抱えている

線路でうなだれる男性

過去、女性に手痛く裏切られた人は、そのツラい恋愛経験が嫉妬心につながってしまうことがあります。

代表的なものでは、心から信じていた彼女が浮気をして別れたケースです。

それまでは、恋人になった人を信じているからこそ嫉妬などしない性格だった人でも、浮気されたことがトラウマになり、その後の恋愛に悪影響が出てしまうことがあります。

一度、裏切られる経験をすると、恋人を心から信用できなくなってしまうのは、女性でも理解できますよね。

元カノと今の恋人とは別人だと分かっていても、一度ツラい経験をすると、そのときの思い出が蘇ってしまい、今の恋愛に影響を与えます。

特に、男性は女性に比べてナイーブな面を持っているので、これまでの恋愛経験を引きずりやすい傾向にあります。

そうした特徴も、好きな女性への嫉妬心の原因になります。

彼女以上の人がいないから離れることが不安

愛し合う恋人

今付き合っている彼女や、片想いをしている彼女に対して、特別な感情を持っていると嫉妬心は大きくなります。

自分好みの性格や容姿をしていて、彼女以上に素敵な人はいないとおもっていたら、他の男性に取られることや告白して振られることは、絶対に避けたいという気持ちになりますよね。

また、出会いが運命的だった場合や、これ以上合う人はいないと思えるほど、趣味嗜好の合う人も、男性は絶対に手放したくないとおもうものです。

こうした思いは、男性の嫉妬心につながっていきます。

例えば、大量に売られているバッグと、世界に一点しかないバッグなら、同じ価格でもモノの価値は変わりますよね。

男女関係でも「こんなに素晴らしい人は他にいない」と思えるような相手と出会うと、その人の中で相手の価値はグンと上がります。

だからこそ、周りの人が彼女に近付こうとすると、怒りや不安が出てきてしまうのです。

彼女に近付いてくる男性のスペックに対する劣等感

孤独な男性

彼女と仲良くしている男性や、近付いてくる男性のスペックが高い場合、男性は劣等感から嫉妬心を強めることがあります。

見た目や服のセンス、社会的な地位など、自分が負けていると感じる相手が好きな女性と仲良くしていると、男性の劣等感は強くなります。

「どうせ俺なんて…」

「彼女は結局、あんな男が好きなんだろう」

このような思考になり、女性に対して拗ねるような態度をとったり、好きな女性を責めたりします。

このタイプの嫉妬心は、純粋な彼女への愛情だけが原因ではありません。

男性の性格や今までの経験などが原因になっているので、女性が愛情を示したからといって簡単に解決することはないでしょう。

この場合、相手に愛情を伝えるのではなく、相手を褒めて自信をつけさせることが大切です。

彼女からの愛情不足を感じている

孤独な男性

彼女から愛されている実感が持てない男性は、些細なことで彼女に嫉妬してしまいます。

この気持ちは、女性も十分理解できるはずです。

彼からの愛情に不安があると、彼の帰りが遅いだけで嫉妬してしまいますよね。

その心理を同じで、男性は彼女から愛されているという実感がないと、他の男性との接点がなくても嫉妬するようになります。

電話にすぐ出てくれない。

LINEの返信が遅い。

自分より友達を優先される。

こうした彼女の行動に、男性は不安を感じて「浮気をしているのではないか」「俺に飽きたんじゃないか」と疑い始めて嫉妬心が湧き上がってきます。

男性の嫉妬のサインがよくみられるシチュエーション

SNSで他の男性とやりとりしているのを見たとき

携帯を見る男性

SNSで、男性が嫉妬するシチュエーションには、次のようなものがあります。

  • SNSの投稿に他の男性が映り込んでいる
  • コメント欄で男性と親しげなやりとりをしている
  • 彼女に何度もコメントしてくる男性がいる
  • 「綺麗」「可愛い」などのコメントを見た
  • 彼女がフリーだと誤解されるような投稿をしている

こうしたシチュエーションがあると、男性は嫉妬心から不安になったり怒りがこみあげてきたりします。

SNSは、相手が1人になっているタイミングで見ることが多いので、突然連絡して来なくなったり、急に態度がおかしくなったりすることがあるでしょう。

LINEを既読スルーするようになったり、電話をしても出なかったりすることもあるので、女性は戸惑ってしまうかもしれません。

SNSは、不特定多数に向けて投稿するものなので、恋人間で誤解が生じてしまうことは珍しくありません。

十分、彼とのコミュニケーションをとっておかなくては、彼の嫉妬から大喧嘩や別れにつながることもあるので注意が必要です。

他の男性と彼女が楽しそうに会話しているとき

仕事をする男女

他の男性と話しているときは、男性の嫉妬のサインがよく分かります。

2人の会話の中に割り込んでくる人もいますし、離れた場所で不機嫌な顔をしている男性もいますが、どちらも嫉妬のサインです。

男性と会話をしているだけでなく楽しそうにしていれば、尚更嫉妬のサインは強く出るでしょう。

このシチュエーションは、仕事中であろうと関係ありません。

会話をしている間は、何も感じていないように振る舞っていても、2人きりになると嫉妬の対象になった男性のことを聞いてきたり、怒り出したりする人もいます。

また、自分以外の男性と彼女が会話しているときは何も感じなくても、落ち着いて考えたときに不安になってしまう男性もいるでしょう。

タイミングはさまざまですが、他の男性と好きな女性が仲良く会話しているシチュエーションは、男性の嫉妬心が出てきやすくなります。

他の男性の話をしたり褒めたりしているとき

会話する男女

男性は、好きな女性が他の男性の話をするだけでも良い気はしないもの。

嫉妬深い男性なら、他の男性の話が出ただけで「浮気しているのでは?」と不安になってしまう人もいるほどです。

話の内容が、他の男性を褒めたり賞賛したりするようなものであれば、尚更男性の嫉妬心は高まります。

このようなシチュエーションになると、男性の嫉妬のサインは出やすくなります。

このシチュエーションでよくあるサインは、仕返しのように彼女以外の女性の話をすることです。

好きな女性を嫉妬させたくて、おもっている以上に他の女性を褒めることがあるでしょう。

それで好きな女性が拗ねるようなことがあると、とても嬉しそうな態度をとるはずです。

また、テレビを見ていて、男性芸能人を褒めたときも、男性は嫉妬してしまうことがあります。

芸能人という、接点のない相手でも、好きな女性が他の男性を褒めるのが許せないと感じる男性は多いので、このシチュエーションでも嫉妬のサインがバンバン出てくるでしょう。

男性店員さんとにこやかに接しているとき

美容室でカットする女性

好きな女性と買い物や食事に行ったとき、女性が店員さんと仲良く話しているシチュエーションも、男性の嫉妬のサインが出やすくなります。

一緒に行った美容室で、美容師さんと楽しそうに話している彼女を見たり、コンビニで彼女がニコッとしたりするだけでも、嫉妬のサインを出す男性もいます。

店員さんにヤキモチを焼いた男性は、分かりやすく不機嫌になったり無口になったりする人もいますし、逆にベタベタしてくる人もいるでしょう。

店員さんに、自分の方が優位だと示すために、女性の肩や腰に触ってくるのも嫉妬のサイン。

また、店員さんの前で、女性に対して偉そうな態度をとる男性もいます。

普段は言わないのに「おい、行くぞ」「遅いんだよ!」などと強い口調で彼女を誘導するのです。

これも「彼女は俺の女だ」ということを周りの男に伝えたいという、男性心理からくる嫉妬のサインとおもっていいでしょう。

仕事や人間関係が上手くいかず自信を無くしているとき

顔を覆う男性

男性が嫉妬するときは、自分自身の内面が影響することがあります。

よくあるものでは、自分に自信を無くすような出来事が起きたときです。

仕事で大きなミスをしたときや、人間関係のトラブルが起きたとき、思わぬ借金ができたときなどは、男性は大きく自信を無くしてしまう出来事です。

このようなシチュエーションで自信を無くしているときは、好きな女性が可愛いというだけで、嫉妬心が湧き上がってくることがあります。

「俺より良い人がいるんじゃないか」

「こんな俺は、いつか捨てられる」

「嫌われてしまったらどうしよう」

このような心理になり、好きな女性への嫉妬心へとつながっていきます。

すぐ連絡が取れないときやLINEの返信が遅いとき

スマホを見る男性

彼女と連絡が取れる時間なのに、電話に出てくれないときや、LINEの返信が以前と比べて遅くなっていると感じるとき、男性は嫉妬のサインを出すようになります。

ストレートに連絡が取れない不満を伝えてくることもあれば、つながるまで何度も電話をしてくることもあるでしょう。

中には、相手にも同じ気持ちを感じて欲しいという思いから、自分の方から連絡をしなくなってしまう人もいます。

それを指摘すると「俺の気持ちが分かった?」などと言い、嫉妬しなくていい環境を作ろうとします。

好きな女性がキレイになるために自分磨きをしているとき

ランニングする女性

好きな女性がキレイになるというシチュエーションも、男性が不安を抱えて嫉妬心が湧き上がるきっかけになることがあります。

彼女が、突然ダイエットを始めてキレイになっていくと、他に好きな人ができたのではないかと嫉妬することもあるでしょう。

メイクやファッションの傾向が変わり、可愛くなったと感じるようになると、他の男性が寄ってくるように感じて、居もしない男性に嫉妬するようになることもあります。

女性は、彼にもっと好きになってもらいたいという気持ちや、ただオシャレを楽しみたいという純粋な気持ちで自分磨きをしているのに、男性に嫉妬心を抱かれるのは困りものですよね。

しかし、男性はとても繊細なハートを持っているので、見慣れた彼女が変わってしまうというシチュエーションで嫉妬してしまうこともあるのです。

※期間限定

不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

彼氏が見せる「男性の嫉妬のサイン」はこれ!

不機嫌になって口数が減る

夕日を見る男性

嫉妬心が出てくると、不機嫌になったり無口になったりする男性は多いでしょう。

彼女が他の男性と仲良くしていると、裏切られたような気持ちになる人もいますし、些細なこ戸を気にしている自分にイライラしてしまう人もいます。

こうした感情が湧き上がることで、彼女に対して冷たい態度をとったり、会話を避けたりするようになります。

この態度は、とても分かりやすい嫉妬のサイン。

ただ、他の男性と話したり、他の男性の話題を持ち出したりしただけで不機嫌になられるのは、女性としては困ってしまいますよね。

しかし、こうした男性の態度は、彼女への愛情の裏返しなのです。

他の女性と仲良くして嫉妬させようとする

友達とスマホを見る

男性の中には、彼女に嫉妬すると、同じように嫉妬させたいという気持ちになる人がいます。

そのため、彼女と同じようなことを見せつけるようにワザとやるようになります。

他の男性と楽しそうに話していたことに嫉妬していたら、同じように他の女性と楽しそうに話しているところを見せつけてきます。

テレビを見ていて、彼女が男性芸能人を褒めたことに嫉妬していたら、同じように女性芸能人を必要以上に褒めることもあります。

ワザと嫉妬させるようなことをする彼に、苛立ってしまう女性は多いでしょう。

しかし、嫉妬は愛情の裏返しです。

男性は、自分が愛情の裏返しで嫉妬をしているので、同じように相手の愛情を確認したいという心理から、彼女に嫉妬させようとするのです。

愛情を確認したくなり好きかどうか聞いてくる

手を握る恋人

嫉妬をすると、彼女が離れていくような不安を抱える男性も少なくありません。

そんな男性は、乱れた感情を落ち着かせたい一心から、彼女に自分のことを好きかどうか言葉で確認しようとすることがあります。

「俺のこと、本当に好きなの?」

「ずっと一緒にいよう」

「俺は、浮気したら絶対に許さないから」

このような言動も、嫉妬している男性によく見られる行動です。

男性は、女性ほど言葉を重要視していません。

女性は、言葉でスキンシップを図ろうとしますが、男性は行動が第一という人がほとんど。

しかし、嫉妬で不安になると、一番分かりやすい言葉を使って愛情を確かめたいという気持ちになる男性もいるのです。

嫉妬の対象になっている男性を批判する

怒る男性

嫉妬は、彼女だけに向けられるものではありません。

彼女と仲良くしている男性に対しても、嫉妬から苛立ちや怒りは湧いてくるものです。

そのため、男性は嫉妬の対象になっている他の男性の批判をすることがあります。

「アイツ、絶対性格悪いよな」

「さっき話してた人って、なんか仕事できなそうだね」

「〇〇(相手の男性)が評判悪いの知ってる?」

このように、苛立ちや怒りから嫉妬の対象になっている男性を批判します。

この心理は、相手を批判して、彼女が他の男性に好意を抱くのを阻止したいという心理も隠れています。

彼女に仲が良い男性がいると分かると、彼氏は自分から離れていかないように、他の男性を貶して敵を彼女から遠ざけようとするのです。

他の男性を批判するのは、自信のなさやプライドの高さなども関係しています。

ハグやキスなどのスキンシップが増えてくる

抱き合う恋人

彼女に嫉妬して、自分から離れていかないか不安になった男性は、自然とキスやハグなどのスキンシップが増えます。

これは、他の嫉妬のサインの後に出てくることもあります。

例えば、不機嫌になった後、仲直りしてからスキンシップが増えたり、嫉妬の対象になっている男性を批判した後に、イチャイチャしようとしたりするというものです。

こうした心理になる男性は、彼女に触れるという行為で安心したいとおもっています。

また、キスやハグというのは、他の男性ができない彼氏だけの特権なので、そうした特別な行為を彼女としたいと無意識に思うのでしょう。

スキンシップ以外にも、甘えたりワガママを言ってきたりするのも、同じ心理の男性がよくやる嫉妬のサインです。

新しいことをしようとするとネガティブなことを言う

考える男性

彼女が新しいことに挑戦しようとしたり、転職を考えたりすると、彼氏は不安になってネガティブなことを言うケースがあります。

これも、ある意味で嫉妬のサインです。

彼女が新しい環境にいくということは、新しい人と出会うということです。

今まで安泰だった恋人関係も、彼女が新しい人たちと出会うことで、揺らいでしまうこともあるでしょう。

新しい環境で、自分よりもっと良い男と出会う可能性も出てきますよね。

そんな、まだ見ぬ他の男性に嫉妬しているから、ネガティブな発言をして新しいことへの挑戦をやめさせようとするのです。

こんな嫉妬をするタイプの男性は、自分に自信がない性格や、安定を重要視する性格の人が多いでしょう。

また、過去の彼女が新しいことをしたのがきっかけで別れることになった経験があると、それと重なってしまい、新しく出会う人に嫉妬するようになります。

交際前に見られる「男性の嫉妬のサイン」について説明

無口になったり好き避けするようになる

海を眺める男性

嫉妬している男性は、怒りや不安の矛先をどこに向けていいか分からなくなり、無口になったり好き避けしたりすることがあります。

男性は、交際していない状態なので、好きな女性に怒っても意味がないのは分かっています。

しかし、自分を不快にさせる女性に少しイライラすることもあれば、不安になって安心させて欲しいという期待をしてしまうものです。

こうした、複雑な気持ちが重なってしまうと、好きな女性にどう接していいか分からなくなり、好き避けのような行動をとります。

急に素っ気なくなったり、怒ったような態度を取られたりすると、女性側は困ってしまいますが、不器用な男性が嫉妬すると普段通りに接することが難しくなってしまうのです。

好きな女性に興味がないような態度をとる

スーツ姿の男性

嫉妬すると、好きな女性に全く興味がないような態度をとるのも、男性がよくやってしまう行動のひとつです。

好きな女性と男性が仲良さそうに話していたら「さっき話してた人って彼氏?いい人そうじゃん」などと言い、相手の女性に恋愛感情を持っていないような言動をします。

また、全くの無関心を装う男性も少なくありません。

しっかりチェックしているのに、何も見ていないように振る舞って、湧き上がる嫉妬心を隠そうとします。

ただ、男性は嘘をつくのが下手な人が多いので、無関心を装っていても、どこかぎこちない雰囲気がわかるはずです。

表情が硬かったり、会話がギクシャクしたりと、普段と違う態度になってしまうのは、好きな女性や他の男性に嫉妬しているからです。

嫉妬の対象になっている男性についての質問が増える

疑問を持つ男性

好きな女性が仲良くしている男性について、どんな人なのかどんな関係なのか知りたくなるのが男性心理。

ただの友達や同僚なのか、どちらかに好意があるのかなど、さまざまなことが気になってしまうので、それを好きな女性に聞いてくるようになります。

「さっき話していた人は友達?」という軽い質問から「彼のこと好きなんじゃないの?」などの皮肉まじりのものまで、さまざまな角度から嫉妬の対象について知ろうとしてきます。

他にも、社会的なステータスを聞きたがるのも男性特有です。

男性は、社会的な立場を気にする人が多いので、どんな仕事をしているのか、どんな立場なのかなども聞いてくることがあるでしょう。

自慢話や自信のある話題に会話の内容を切り替える

テーブルの下の男女

男性が自慢話をするようになるのも、嫉妬しているときによく見られる行動です。

これは、彼女に自分をもっと好きになってほしいという気持ちの現れ。

他の男性と比較して優位に立てそうな話をして、彼女の関心を自分に向けようとします。

また、自分の得意分野に話題を切り替えるのも、同じ心理からきます。

「他の男より自分の方が優れている」というのを女性に伝えて、彼女の気持ちをつないでおこうとするのです。

2人だけが知っている会話をしたがる

会話をする男女

片思いをしている女性が、他の男性と仲良くしていたり、他の男性の話をしたりしていると、優位性を出したくなって2人しか知らない話題をしてくることがあります。

例えば、彼にしか相談していないことや、2人しか知らない過去のことなど、他の人が入ってこられない内容の話をして、2人だけの世界を作ろうとします。

この言動は、2人きりのときでもやってしまうことがあります。

自分だけが好きな女性のことを理解していると思わせたくて、他の人が知らない話題を振ってきます。

分かりにくい嫉妬のサインですが、片思いの男性にとっては、少しでも女性の特別な存在になりたいという心理の現れなのです。

男性の嫉妬のサインを見つけた時の上手な対応法

しばらくそっとして様子をみる

考える男性

男性が、嫉妬心から不機嫌になったり、怒ったりしている場合は、しばらくそっとして様子をみましょう。

男性は、嫉妬している自分にネガティブな感情を持っている人がほとんどです。

そんな状況で、彼女から「どうして怒ってるの?」「私、何かした?」などと話しかけられえると、かえって感情が逆なでされてしまいます。

そんな自分に対して、男性は余計ネガティブな感情を持ち、嫉妬心が長引いてしまうこともあるので、少し時間を空けてからフォローしてください。

女性は、嫉妬して怒っているとき、彼に少しでも早く気付いてフォローして欲しいと思う人が多いものです。

しかし、男性は嫉妬していること自体を恥ずかしいと思う人が多いので、感情の高ぶりが落ち着くまでは待ってあげた方がいいですね。

嫉妬に気付かない振りをして普通に接する

笑顔の女性

男性の嫉妬に気付かない振りをしてあげるのも、相手のプライドを傷つけない思いやりのひとつです。

相手が嫉妬をしているからといって、あからさまに愛情表現したり褒めたりすると、男性によってはバカにされているように感じることもあります。

もし、彼がプライドの高い人であれば、気付かない振りをしてしばらく過ごし、嫉妬心が落ち着いた頃に愛情表現をする方がいいでしょう。

男性の中に、嫉妬している自分を好きだという人はいません。

できれば、広い心で彼女を受け入れたいとおもっています。

それなのに、どうしても些細なことで嫉妬してしまった上に、彼女に気付かれて気まで使われてしまったら、男性のプライドが傷ついてしまいます。

状況や彼の性格次第では、すぐに反応するのではなく、一旦気付かない振りをしてあげることも必要です。

男性に好意がなければスルーするのがベスト

街の中に立つ女性

あなたが好意を持っていない男性に嫉妬された場合は、スルーするのが正解です。

変にフォローしようとすると、男性があなたに好意があると勘違いして、要求が増えていく可能性があります。

中には、あなたの優しさに甘えて、彼氏のような態度で接してくるようになる男性もいます。

誤解させてしまうと、今後の関係に悪影響になることも多いので、相手の男性と付き合うつもりがなければ、気付かない振りをしてスルーしてください。

分かりやすい愛情表現をして男性を安心させる

抱き合う恋人

嫉妬の原因は「好きな女性が自分から離れていくのではないか」という不安からきます。

それを解消するには、あなたが分かりやすい愛情表現をしてあげることがベスト。

ただし、嫉妬された直後や、ギクシャクした後にしても、彼はすんなり愛情表現を受け入れることができません。

彼に、変な嫉妬をさせたくないとおもうなら、日頃から安心してもらえるような愛情表現を心がけておくといいですね。

男性に愛情を伝えるときは、具体的にどういうところが好きなのかを伝えるようにしましょう。

女性は、感覚を大切にするので、愛情表現が抽象的になりがちですが、男性は具体的な言葉を使った方が、気持ちが伝わりやすくなります。

日頃から、愛情表現をしていれば、些細な嫉妬は減っていくはずです。

相手を褒めて自信をつけさせる

カフェにいる恋人

嫉妬の原因には、男性の自信のなさが関係していることもあります。

自分に自信がなければ、好きな女性が自分以外の男性と接していることが不安で、嫉妬につながってしまいます。

自信のなさからくる嫉妬への対処法は、相手を褒めて自信をつけさせるのが一番です。

ただし、この方法も日頃からやっておかなくては、あまり意味がありません。

男性が嫉妬した後に相手を褒めても、男性の心には届きにくくなります。

相手を褒めるときは、具体的にどんな所が素晴らしいのか、言葉にすることが大切です。

ただ「カッコいい」「優しい」などと言うのではなく、小さな行動を例に取って「こんな所が他の人とは違って、カッコイイなって思うんだよね」などと言って褒めるといいでしょう。

嫉妬させないように行動するのは長い目で見るとNG

悩む女性

好きな男性ができると、女性は相手のことを第一に考えます。

彼が、嫉妬深い人だった場合、誤解されないように男性と接するのをできるだけ控えたり、男性がいる場所には出かけないようになったりする女性は多いでしょう。

しかし、この行動は長い目で見るとNG。

彼を安心させたくて、他の男性との交流をやめてしまうと、2人の関係はいずれマンネリになってしまいます。

長く付き合っていくなら、性別は関係なく、恋人以外の人たちと交流し成長することが大切です。

それなのに、成長する機会を自分から閉ざしてしまうと、一時的にケンカが減っても、長く良好な関係を気付くことが難しくなります。

多少ケンカになったりギクシャクしたりしても、あなたが必要だと思う交流は続けてください。

いずれ、彼もその環境に慣れて、不必要な嫉妬はしなくなります。

自分本位な嫉妬なら拒否することも必要

拗ねる女性

嫉妬の中には、相手への愛情ではなく自己愛が関わっていることがあります。

彼女を大切におもって嫉妬しているのではなく、裏切られたくないというプライドや、過去のトラウマで嫉妬しているのなら、あなたが彼の嫉妬に対処する必要はありません。

この嫉妬は、自分で解消しなくてはいけない問題だからです。

自分の内面が嫉妬に関わっている場合、彼女に一時的に解消してもらったとしても、根本的な解決にはなりません。

そのため、何度も不毛な嫉妬を繰り返しやり、過剰な束縛につながったりして、お互いがツラいだけの恋愛になってしまう可能性もあります。

もちろん、彼の嫉妬を放置するのではなく、愛情表現をしたり褒めたりするのは必要です。

しかし、それでも一向に不毛な嫉妬が改善されないのであれば、しっかり話し合って自分で解決してもらうようにしましょう。

男性の嫉妬のサインは愛情の裏返しかもしれない!

告白する男性

男性の嫉妬には、好きな女性への愛情が原因になっていることもあれば、自分の内側に原因があることもあります。

あなたへの愛情が嫉妬の原因になっているようなら、分かりやすい愛情表現をしてあげて、信頼関係を深めていきましょう。

男性が自信を失っていたり、精神的に不安定になったりしているようなら、相手を褒めて安心させてあげください。

嫉妬するのは、どんな原因であれ愛情の裏返しなのは間違いありません。

それを理解して、今以上に良い関係になれるような対処をしていきましょう。