線路でうなだれる男性

男性は、自分に尽くしてくれた彼女や、誰よりも深く愛してくれた彼女と別れると、高確率で後悔すると言われます。

なぜ、別れたことを後悔するのか、男性の心理をじっくり見てみましょう。

尽くしてくれた彼女や愛してくれた恋人と別れた後の男性心理や、後悔してしまう別れ方など、男性の気持ちを紹介します。

また、男性が尽くしてくれた彼女との別れを後悔するタイミング、復縁したくなる出来事、別れた彼女からされると嬉しことなども解説します。

復縁したいと思っている女性にとって、男性心理を理解しておくことは大切なので、彼を忘れられないなら、ぜひしっかりチェックして、あなたの復縁活動に活かしてくださいね。

尽くしてくれた彼女や愛してくれた恋人との別れを後悔する男性の心理

他の女性も自分に尽くしてくれるはずだと思っていたのに違った

孤独な男性

彼女に尽くされることに慣れている男性は、女性はみんな男に尽くすと勘違いしてしまうことがあります。

そんな気持ちで彼女と別れて、別の女性と付き合うと、自分の考え方が間違っていたことに気付くことがあります。

運よく、次の彼女も尽くすタイプの女性なら別ですが、そうでない人と付き合ってしまうと、尽くしてくれた彼女のありがたさに気付くでしょう。

会いたいと言えば、予定があっても優先してくれたり、料理を作って待ってくれていたりするのは、特別なことだったと分かるはずです。

それに気付いた時、男性は尽くしてくれた彼女と別れたことに後悔し始めます。

また、他の女性と付き合っていて、自分が我慢することが増えるようになると、今まで元カノが我慢してくれていたことを知ります。

そうなれば、尽くしてくれた彼女と別れた後悔はどんどん膨らんでいくでしょう。

彼女はいつまでも自分のことを好きだと錯覚していたことに気付く

道を歩く女性

付き合っているときに、一生懸命尽くしてくれた彼女や全力で愛してくれた彼女に対して、一部の男性は潜在的に「あいつはずっと俺のことを好きだろう」と思ってしまうことがあります。

何をしても怒らず受け入れてくれたり、自分のことよりまずは彼氏のことを優先してくれたりすると、男性は無意識にこのような心理になってしまうのです。

子供が、母親に感じている愛情と似た感覚ですね。

そんな彼女に対して「いつまでも俺を好きだろう」という傲慢な気持ちから別れを告げた後、彼女に新しい彼氏ができたり、自分がいなくても楽しそうにされたりすると、男性は自分の考えが勘違いだったことを知り、別れたことを後悔します。

女性は、案外切り替えの早い人が多いので、別れた後は気持ちを切り替えて彼氏のことを忘れていくものです。

彼氏に未練があっても、前向きに活動していく女性も多いもの。

尽くす女性の中には、別れてから尽くしすぎたことに気付き「もうあんな恋はしない」と反省する人もいるでしょう。

そんな彼女の態度を見ると、男性は自分から別れを告げたとしても、見捨てられたような気持ちになり別れたことに深い後悔をし始めます。

鬱陶しいと思っていたのに助けられていたのだと気付く

抱き合う恋人

自由を好む男性にとって、尽くされることは嬉しい反面「面倒臭い」「重い」などと感じることがあります。

そのため、別れた方が楽になれると思って別れたものの、実際1人になると実は助けられていたことに気付かされます。

こちらも、子供が母親に抱く感情と似ていますね。

世話を焼かれると鬱陶しくなってしまって、逃げ出したくなる子供のように、尽くしてくれる彼女の行為に鬱陶しさを感じてしまうのです。

しかし、1人になって自由になると、生活が乱れてくることもあれば、深い孤独を感じることもあります。

こんな状態になって初めて「今まで、彼女に助けられていたんだ」と気付かされます。

尽くす女性は、相手に尽くしても恩を着せることがありません。

逆に、愛する人の世話をすることに、喜びを感じている女性もいるでしょう。

ですから、男性は尽くされることがありがたいことだと感じられなくなっていくのです。

鬱陶しいと思っていたことが、別れてから実は助かっていたと感じるきっかけがあると、男性は別れたことを後悔するようになります。

彼女に愛されていたから自分はモテると勘違いしていた

グッドサインをする男性

尽くされる男性は、彼女が全力で愛してくれることに慣れると「自分はモテる」と勘違いしてしまうことがあります。

尽くす彼女は、彼氏に自信をつけさせるのが上手いものです。

彼氏を事あるごとに褒めますし、愛情表現も豊かなので、男性は自分がとてもいい男になったような気持ちになります。

しかし実際は、彼女が愛してくれていただけで、それほどモテないということもよくある話です。

自信過剰になっていると、余計に女性からのウケは悪くなってしまうので、フリーになってもなかなか新しい彼女ができないという男性も多いでしょう。

彼女と別れた後、なかなか恋愛が上手く行かず「俺は彼女だけにモテていたんだ」ということを知ると、別れたことを深く後悔するでしょう。

自分から振ったのに今更後悔しているなんて情けない

孤独な男性

自分から尽くしてくれる彼女を振った男性は、後悔している自分を認めたくないという心理になります。

男性は、常に自分の決断は正しかったと思いたい性質があります。

そんな男性が、別れを後悔しているということは、見極めに失敗したことを認めることになります。

そんな失敗を、プライドの高い男性は許せないのです。

そのため、別れて後悔していても、それを外に出すことは少ないでしょう。

ましてや、別れた彼女に対して「後悔している」「復縁したい」と言うのは、男性にとって情けない行為だと思えてしまいます。

だからこそ、男性は恋愛を引きずりやすいのです。

女性は、自分から振っても、別れてから後悔した場合、それを素直に元カレに言う人が多いはずです。

しかし男性は、それがなかなかできないので、後悔を1人で抱え込んでしまいがちです。

彼女と別れたのは正解だったと思い込もうとする

考える男性

男性は、尽くしてくれた女性と別れて後悔していても、自分の判断が間違っていたと思いたくないので、どうにかして別れを正当化しようとします。

そのため、周囲の人に彼女の悪口を言ったり、別れてどんなに楽しいかを言ったりするようになる人も少なくありません。

また、ほとんどの男性は、自分の方から「別れたのを後悔している」などと彼女に言ってくることはありません。

男性は、後悔している自分に気付きながらも、自分が見極めを間違ったと思いたくない心理から、別れたのは正解だったと自分に言い聞かせようとします。

愛してくれた彼女や尽くしてくれた女性とこんな別れ方をすると男性は後悔する

浮気や二股をした後で新しい彼女の方に乗り換えた

キスをする恋人

尽くしてくれる彼女と付き合っている男性は、彼女がなんでも許してくれるのをいいことに、他の女性と遊ぶようになることがあります。

男性は、どんなに遊び歩いても文句を言わず、ただ待ってくれている彼女に対して、最初は感謝できていても、いずれそれが当たり前になっていきます。

何をしても離れないという傲慢さは、いずれ浮気や二股に発展することもあります。

そうなると、男性は新しい女性の方が新鮮に感じてしまい、今までの彼女と別れて乗り換えることもよくあります。

ただ、このような恋愛では、高い確率で男性が後悔します。

彼女がいる状態で他の女性と遊んでいると、二股の状態が男性にとって新しい恋愛のピークになります。

彼女に隠れてドキドキしながら他の女性と会っていると、新しい女性がとても魅力的に見えてしまうのです。

反面、尽くしてくれる彼女が、自分の恋愛を邪魔しているように感じてしまうので、本来の相性や女性としての魅力が分からなくなってきます。

この状態で彼女と別れて、新しい女性と付き合ってみると、自分が思っていたほど魅力的な女性じゃなかったり、実は尽くしてくれる彼女の方が魅力的だったと気付いたりして、高確率で後悔するのです。

彼女の気持ちも聞かずに一方的に別れてしまった

うなだれた女性

尽くしてくれる彼女が鬱陶しく感じて、相手を責めて一方的に別れてしまった場合も、男性は高確率で後悔します。

尽くしてくれた彼女や愛してくれた彼女は、男性のことを第一に考えて行動しているので、別れた後に冷静になった男性は、彼女に非がなかったことに気付きます。

その時、自分が彼女を悪者にして相手の意見も聞かずに一方的に別れてしまったことを後悔します。

彼女への罪悪感から、いつまでも未練が残ってしまうこともあるでしょう。

自分のことを大切にしてくれていた彼女に対して、恩を仇で返すようなことをしてしまうと、男性は別れを後悔して長く引きずることになります。

よく考えず衝動的に別れを切り出した

椅子に座る男性

衝動的な理由で、冷静に考える時間を作らずに別れた男性も、高確率で後悔することになります。

彼女が尽くしてくれたり愛してくれたりする場合、男性は心のどこかで「ずっと好きでいてくれる」という考え方を持ってしまいます。

自覚がなくても、自分のことはなんでも受け入れてくれるような気持ちになってしまうのです。

そんな男性は、深く考えず衝動的に彼女に別れを告げてしまうことがあります。

仕事で忙しいときに、八つ当たりするように別れてしまった。

自分のダメなところを指摘されて、怒りに任せて振ってしまった。

少しいい感じの女性ができたことで、彼女が邪魔な気がして別れた。

このような状況で、衝動的に別れてしまうと、男性はその後自分のしたことが間違いだったと気付くことになります。

恋愛に限らず、衝動的に行動すると高確率で後悔しますよね。

しっかり考えて決断したことなら、別れて後悔することは少ないのですが、衝動的に別れてしまうと尽くしてくれた彼女のことが頭から離れなくなってしまいます。

別れるときまで自分のことを気遣ってくれた

風を受ける女性

もう、付き合い続けることができないと思って、彼女に別れを切り出したとき、彼女から「悩ませてたのに気付かなくてごめんなさい」「振る方がツラいよね」などと気遣いの言葉をかけられると、その瞬間から男性の後悔が始まることがあります。

別れを切り出すまで、男性は彼女の悪いところばかり探すようになります。

世話を焼いてくれることも、自分を優先してくれることも、別れを切り出す前の男性にとっては全てが悪いところに見えてしまいます。

しかし、実際はそんな一途なところを好きになって付き合っていたはずです。

彼女の優しさや愛情深さに魅力を感じて、これまで一緒にいたはずですが、付き合いが長くなると、こうした魅力が見えなくなってしまいます。

ただ、別れを切り出して、自分の手元から彼女が離れた途端に、彼女の優しさに気付くこともあります。

それが、別れるときの彼女の優しさです。

彼女に責められると思って別れを告げたのに、彼女から気遣われてしまうと、男性は自分の決断が間違っていたのではないかという気持ちになり、後悔や未練に繋がっていきます。

彼女は自分から離れられないと思って試してしまった

孤独な男性

相手を試す気持ちで別れを告げてしまった場合も、高い確率で後悔することになります。

付き合いが長くなってマンネリになってくると、刺激が足りなくなり相手を試したい気持ちになることがあります。

もちろん、別れを切り出すときには、それなりの理由があります。

しかし、実は彼女を嫌いになったのではなく、無意識に刺激を求めていただけということもあるのです。

それに気付かず別れを切り出してしまい、自分から離れないと思っていた彼女から、あっさりと別れを受け入れられてしまうと、男性は別れてから後悔することになります。

自分から振ったとしても、彼女のことを本気で嫌いになったわけではないので、後悔するのは当たり前ですよね。

他のことに集中していて恋愛が一時的に面倒になった

仕事をする男性

仕事や趣味が忙しくなって、一時的に恋愛が面倒になって別れたときも、忙しさが落ち着いたときに別れたことを後悔しがちです。

男性は、女性と比べてマルチタスクが苦手な傾向があります。

仕事に集中すると、そのことで頭がいっぱいになり、彼女と過ごしていても仕事のことを考えてしまうようになります。

集中している対象が趣味でも同じです。

この場合、彼女に対して嫌なところがあるのではなく、彼女がいるという事実に窮屈さを感じるようになるのです。

彼女が「かまって」と言っているわけでもないのに、男性は勝手にプレッシャーを感じて、それが面倒になっていきます。

付き合っている以上、最低限のことをしてあげなくてはいけないというプレッシャーがあると、それだけで男性は面倒な気持ちになってしまうことがあります。

こうした理由で彼女と別れると、集中することが落ち着いたときに後悔することになるでしょう。

※期間限定

不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

いつ別れを後悔する?愛してくれた・尽くしてくれた彼女を思い出すタイミング

1人の時間に孤独や寂しさを感じたとき

悩む男性

彼女がいるとき、男性が1人で過ごす時間は、ただの休息だったはずです。

しかし、彼女がいなくなると孤独を感じる時間になります。

別れてすぐは、自由な環境を満喫できるのですが、別れてしばらくすると孤独感を徐々に抱くようになります。

特に、休日の夕方や仕事で疲れて帰宅した週末などは、孤独を感じやすいタイミング。

暇な時間ができると、尽くしてくれた彼女との時間を思い出して、相手が何をしているのか気になってしまう人も多いでしょう。

また、疲れているときは、身の回りのことをしてくれたり体を気遣ったりしてくれた彼女のことを、ふと思い出す男性は多いはずです。

こうしたタイミングで彼女のことを思い出して、孤独感が増してくると別れたことを後悔するようになります。

部屋が散らかってきたり掃除を面倒に感じたりしたとき

ソファーに寝る男性

一人暮らしをしている男性で、彼女が身の回りのことをしてくれていた場合は、生活の乱れで別れを後悔することがあります。

彼女が来なくなった部屋が散らかり始めたり、掃除や洗濯を面倒に感じたりすると、彼女のことを思い出す男性は多いでしょう。

この場合、2つの思考パターンがあります。

ひとつは、身の回りのことをしてくれる女性が恋しいだけで、彼女への愛情があるわけではないパターン。

もうひとつは、自分で家事をやってみて、彼女がいかに尽くしてくれていたのかを思い知り、彼女への感謝や愛情が湧いてくるパターン。

どちらも、別れを後悔する男性心理ですが、前者は自分のことしか考えていない男性です。

彼女と復縁しても、同じように別れてしまうことが多いでしょう。

彼女がよく作ってくれた料理を食べているとき

料理をする女性

別れた彼女がよく作ってくれていた料理や得意料理を食べたとき、男性は味覚で彼女のことを思い出すことがあります。

何気なく居酒屋で頼んだメニューが、尽くしてくれた彼女を思い出させるメニューだったり、新しい彼女が作ってくれた料理が元カノの得意料理だったりすると、つい比べてしまって後悔することもあるでしょう。

料理が得意だから後悔するというよりは、彼女が尽くしてくれたことを、味と一緒に思い出すという感じです。

味覚や嗅覚というのは、思い出にダイレクトに繋がっているので、尽くしてくれた彼女が作ってくれた料理をきっかけに、別れを後悔する人は少なくないでしょう。

共通の知人から彼女についての良い評判を聞いたとき

友達と歩く男性

男性は、女性以上に社会的な評価を重視する傾向にあります。

そのため、彼女のいい評判を周囲の人から聞いたとき、手放したのが惜しくなり別れを後悔しがちです。

心理学でも「ウィンザー効果」というものがあります。

これは、本人が自分の良い所を相手に訴えるより、第三者の言葉の方が信憑性は高くなるという心理です。

あなたも、食事に行く時に、ホームページではなくレビューやクチコミを参考にして出かけるのではないでしょうか?

これは、お店の言葉より第三者の意見を参考にしてしまう、ウィンザー効果が働いているからです。

尽くしてくれる彼女と別れた男性も、第三者から彼女の高い評価を聞くと、ウィンザー効果が働いて、素敵な女性を手放したのではないかと後悔してしまいます。

2人の思い出の場所に行ったり思い出の物を見たりしたとき

海を眺める男性

別れた彼女とよく行った思い出の場所に行ったり、彼女からもらったプレゼントが出てきたりすると、男性は当時の記憶が蘇ってくるものです。

男性は、付き合った彼女との思い出を、それぞれ別の記憶の引き出しにしまうと言われています。

そのため、他の女性と思い出の場所に行っても、別れた彼女との記憶は別物としていつまでも残ってしまいます。

女性は、別れた男性との思い出の場所や物があっても、新しい彼氏ができると上書きされるので、記憶が更新されていきます。

その違いがあるので、男性は思い出の場所や物を目にすると、今恋愛をしているかどうかは関係なく、別れた彼女のことを思い出して、好きな気持ちが残っていれば別れを後悔してしまいます。

新しい彼女と上手く行かなくなったとき

怒る男性

彼女と別れて、新しい彼女ができた男性の中には、比較対象ができたことで尽くしてくれた彼女との別れを後悔することがあります。

人は、ひとりの人と付き合っていると、恋人の良い所が分からなくなってしまうことが多いものです。

これは、男性も女性も同じです。

付き合い始めた当初は、素敵な所だと思っていた所も付き合いが落ち着いてくると当たり前になっていきます。

その後、自分にとって都合の悪い所が目につき始めるようになると、人は別れを考え始めて、改善が難しいと判断した時点で別れを切り出します。

ですから、別れた直後は相手の良い所は見えなくなっていて、自分にとって都合の悪い所ばかりが見えている状態ということです。

この状態のままでは、なかなか恋人の良い所に気付けないままなのですが、新しく恋人ができると、その人が比較対象になるので、以前の恋人の良い所が見えてくるようになります。

「前の彼女は、気が利く人だったんだな」

「当たり前だと思っていたけど、みんなが尽くしてくれるわけじゃないんだ」

「元カノは、俺だけを愛してくれていたな…」

このように、新しくできた彼女と比較して見えてくる、別れた彼女の良い所が多ければ多いほど、別れたことを後悔するようになるでしょう。

彼女を作ろうとしてもなかなか理想の人と付き合えないとき

困る男性

愛情深い彼女と付き合っている男性が陥りがちな誤解ですが、彼女から惚れられている状況が続くと、自分が女性からモテると錯覚してしまう人がいます。

ワガママを言っても許してくれて、幸せそうに身の回りのことをしてくれて、事あるごとに「大好きだよ」と言ってくれる彼女と付き合っていると、自分に自信が持てるようになります。

その自信が行きすぎると、女なら誰でも自分に惚れると思い込んでしまい、彼女を振って新しい恋愛をしたくなってしまうことがあるのです。

しかし、当然ですが別れた彼女から惚れられていたからといって、他の女性が惚れてくれるとは限りません。

惚れてくれる人がいたとしても、その人が自分の理想の人とは限りません。

そうなると、男性は「彼女だけにモテていたんだ」と気付き、自分を愛してくれた人と別れたことを後悔します。

尽くしてくれた彼女や愛してくれた女子との別れを後悔して復縁したくなる出来事

偶然会った彼女が付き合っている時よりキレイになっていた

振り返る女性

男性は、女性を選ぶ際に視覚での情報を重要視します。

あなたも、可愛いだけで性格が悪い女性がモテるのを、不思議に思った経験はありませんか?

もちろん、付き合ったり長く関係を続けたりするとなると、性格も重要なポイントになります。

しかし、男性は持って生まれた本能として、視覚的に魅力的な女性に惹かれてしまう特徴があるのです。

その特徴を理解すると、別れた彼女がキレイになっていると、男性が後悔する理由が分かりますよね。

付き合っていた時よりスタイルが良くなっていたり、ファッションやメイクも何となく変わったように感じたりすると、男性は魅力的な女性を手放してしまったことを後悔します。

仕事に一生懸命向き合うようになって、内面からキラキラしている女性も、男性にはとても魅力的に映ります。

このように、別れた後、偶然出会った彼女がキレイになっていると、ほとんどの男性は別れたことを深く後悔します。

SNSで彼女が楽しそうに過ごしているところを見てしまった

スマホを見るスーツの男性

別れた彼女のSNSを見てしまった男性も、別れを後悔する確率は高いでしょう。

男性が後悔するのは、別れた彼女が楽しそうに過ごしている投稿を見た時です。

友達と旅行に行っている投稿や、飲み会で楽しそうにしている投稿を見ると、自分だけを見てくれていた彼女が遠くなったような気がして寂しくなります。

特に、投稿の中に男性が映っていると、別れても自分のことを好きだと思っていた彼女が、自分を忘れていくような気がして、深い孤独感を抱くこともあります。

男性に対して、対抗心が出てくる人もいるでしょう。

しかし、別れている以上、彼女が誰と遊ぼうと意見することができず、モヤモヤした気持ちが募っていきます。

それが、いずれ後悔に繋がっていくのです。

さらに、SNSで見た彼女が、付き合っている時よりキレイになっていると、余計に手放したことを後悔することになるでしょう。

彼女に新しい彼氏ができたことを知った

デートする恋人

男性は、別れた女性がいつまでも自分のことを好きだと思っている所があります。

特に、尽くしてくれた女性や深く愛してくれた女性は、別れた後も、自分のことを変わらずに想っているはずだと、どこかで考えているものです。

そんな彼女に、新しい彼氏ができて幸せになったという話を聞くと、男性は急に別れた彼女が大切な存在だったと気付き、後悔することがあります。

男性の中で「いつまでも俺のことを好きなはず」という意識があるということは、心のどこかで「いつ桃取っても受け入れてくれるはず」という意識があるということです。

そのため、多少別れたことを後悔していても、いずれ付き合いたくなったら連絡すればいいという意識を持っている人が多いのです。

自覚がなくても、潜在的にそう思っている男性も多いでしょう。

そんな男性にとって、別れた彼女が新しく恋人を作るということは、帰る家がなくなったような寂しさを感じる出来事です。

そこまでの感情にならなくても、尽くしてくれていた彼女が、自分にしてくれたように他の男性に尽くしていると思うと、苦しくて取り返したくなることも多いでしょう。

思い切って連絡したら優しく対応してくれた

電話する女性

自分から彼女を振った場合、彼女は自分のことを恨んでいると思っている男性は多いはずです。

尽くしてくれた女性を振るのですから、仕方のないこととはいえ、恩を仇で返したような気分になる人も少なくないはずです。

そんな彼女に、用事があったり相手のことが気になったりして電話をした時、今までと同じように優しく対応してくれると、男性は恨まれていなかったという安心感と一緒に、彼女の懐の深さを再確認することになります。

連絡をする時点で、少し後悔している男性なら、この出来事で一気に復縁したい気持ちが高まるでしょう。

ただし、プライドの高い男性は多いので、すぐに復縁したいと言ってくることは稀です。

しばらく連絡を続けていく中で「もう一度…」という話になることがほとんどなので、復縁を望んでいる女性は、別れても彼氏に優しく接することは忘れないでください。

彼女もまだ好きでいてくれていることを友人に聞かされた

友達と話す男性

自分から一方的に別れたり、他に好きな人ができて乗り換えたりしたのにも関わらず、別れてしばらく経ってから、まだ彼女が自分を好きだと聞かされると、男性の気持ちは大きく揺らぎます。

誰でも、自分をそこまで愛してくれる人に、感謝や愛しさを感じるので、一気に彼女への関心が高まる男性は多いでしょう。

彼女が気になり始めると、付き合っていた時に尽くしてくれたことや愛してくれたことを思い出すようになります。

その感情が高まれば、彼女に連絡したくなる人や復縁したくなる人もいるはずです。

ただし、別れた彼女が自分のことを好きだと知っても、別れた時に揉めてしまったり、その時新しい彼女と上手くいっていたりすると、逆効果になることがあります。

復縁をしたいと考えているなら、彼に好きな気持ちが意図しないタイミングで伝わらないようにした方がいいでしょう。

新たに付き合った彼女に愛されていないと感じて上手くいかなくなった

仲の悪くなった恋人

彼女と別れて、新しい彼女と付き合ったとき、前の彼女ほど自分を愛してくれていないと感じたとき、男性は別れた彼女の良さを再確認することはよくあります。

別れた彼女なら許してくれるようなことで怒られたり、今までケンカにならなかったようなことで新しい彼女とは何度もケンカになったりすると、別れた彼女がいかに愛してくれていたか分かるでしょう。

人の愛情は目に見えないので、怒ったりケンカになったりするから愛されていないわけではないのですが、分かりやすい出来事で、人は愛情を判断しがちです。

別れた彼女とは問題にならなかったようなことで、新しい彼女と揉めたときは、別れたことを後悔するきっかけになります。

別れて後悔してる男性が尽くしてくれた・愛してくれた彼女にされると嬉しい事

LINEや電話をブロックせずにいてくれる

スマホを持つ男性の手

自分の方から別れを切り出した男性は、ほとんどの人が「自分は元カノに恨まれている」と考えるものです。

自分から恋人を振った経験のある人は、理解できるのではないでしょうか?

振った側は、相手から恨まれたり嫌われたりしているだろうと思っているので、別れた後はLINEや電話をブロックされていると思っている人も多いでしょう。

そんな振った側の男性が、別れた彼女に連絡した時、ブロックや着信拒否をせずにいてくれるとホッとするものです。

自分を拒否しているわけではないことが分かると、別れて後悔している男性は嬉しいでしょう。

別れた後も変わらず優しい態度で接してくれる

笑い合う恋人

前項でも説明したように、別れた男性は女性から嫌われているのではないか、という不安を抱えています。

そのため、別れた後に連絡を取ったり会ったりした時に、今まで通り優しく接してくれると安心と喜びを感じます。

男性は女性と比べて、プライドが高い割りに傷つきやすい人や傷つくことを恐れている人が多いので、別れた彼女とはいえ拒絶されるの嫌います。

特に、別れたことを後悔している男性は、別れた後に彼女から嫌われるのはツラいものです。

別れて、嫌われていると思っていた彼女が、今まで通りに話してくれたり体を心配してくれたりすると、男性は喜びを感じます。

落ち込んでいるとき励ましてくれた

マグカップを握る男女

別れているのに、彼女が以前と変わらず落ち込んでいる時に励ましてくれたとき、男性は彼女に優しさが嬉しくなります。

同じ会社や同じ趣味のサークルに入っているなどの状況で、別れた後も顔を合わせる機会がある場合、別れた彼女の対応が良いと男性は別れを後悔しやすくなります。

さらに、男性が落ち込んでいたり元気がないことに気がついたりして、優しく声をかけられると、別れを後悔している男性にとって嬉しい出来事になるでしょう。

自分のことを理解し、別れてからも気遣ってくれる女性は、男性が愛しさを感じるものです。

誕生日などの大切な日にLINEを送ってくれた

スマホを見る男性

別れた彼女が、自分の誕生日にお祝いのメッセージをくれると、未練が残っている男性にとっては、かなり嬉しい出来事になります。

男性の中には、別れたことを後悔していても、プライドが邪魔して自分から連絡できない人が多いものです。

そのため、別れた彼女の方から連絡をしてくれると、関係を再構築するきっかけにできます。

また、自分の誕生日ということで「誕生日一人だから、一緒にご飯に行ってよ」「誕生日を祝ってくれよ」などと、彼女に会う口実が作りやすいのも嬉しいポイントです。

誕生日以外にも、男性にとって大切な日に連絡をしてくれると、自分のことを考えてくれていた事実に、嬉しさを感じる男性は少なくありません。

ひどい別れ方をしたのにまだ好きだと言ってくれる

プレゼントを渡す女性

一途に自分のことを好きだと言ってくれる女性に対して、男性は深い感謝や愛しさを感じるものです。

特に、自分も別れたことを後悔している、尽くしてくれた彼女や愛してくれた彼女が、いつまでも自分を想ってくれているというのは、かなり嬉しいことでしょう。

別れ方がひどければ、その気持ちは余計に大きくなります。

自分の浮気や彼女の乗り換えが原因で別れたり、相手を一方的に悪者にして別れたりしていると、男性は彼女に恨まれていて当然だと思っています。

しかし、そんなひどい別れがあったのに、好きでいてくれる女性の存在は、とても尊い物だと思えます。

ただし、まだ心底後悔していない男性に対して「今でも好き」と言ってしまうと、男性の復縁したい気持ちに火がつかなくなることがあります。

元カレと復縁したいのであれば、あまり好きな気持ちを伝えない方がいいでしょう。

男性は尽くしてくれた女性や愛してくれた彼女と別れると高確率で後悔します

会社を歩く男性

男性が、尽くしてくれた女性や愛してくれた彼女と別れて後悔するのは、付き合っているときに彼女の愛情に慣れてしまうのが大きな原因です。

尽くされることや愛されることに慣れると、いずれそれが当たり前になったり、行き過ぎると鬱陶しくなったりすることもあります。

そうなってから別れると、離れてしばらくしてから彼女の良さを再確認することになります。

彼女の良さに気付くのは、他の女性と付き合った後であることも多いので、別れた彼と復縁したいなら、新しい彼女ができたからといって、すぐに諦めないようにしてくださいね。

少し時期を待てば、彼が後悔して連絡をしてくることもよくありますよ。