スーツ姿の男性

「上司から女性として好かれている気がする」

「気になる上司が、私のことをどう思っているか知りたい」

そんなあなたに、上司が好きな子にとる態度やサインをご紹介します。

仕事中や休憩時間、飲み会などで上司が好きな子にとる態度や、独身上司の本気のサインを知ると、上司があなたをどう思っているのか分かります。

また、ただの部下として可愛がっている態度と、好きなサインは間違いやすいので、その点も解説しています。

最後に、上司が好きな子にとる態度をされている場合、どう対処すべきかも紹介しているので、今後の上司との関係の参考にしてくださいね。

職場で仕事中に上司が好きな子にとる態度

あからさまに仕事の振り方や待遇に違いが出る

説得する男性

職場に好きな人ができると、上司はあからさまに好きな人への仕事の振り方や待遇が変わることがあります。

男性は、社会的な評価を気にする一方で、女性を好きになると単純な行動をすることがあるのです。

好きな女性には、自分と接する仕事を振るようになったり、待遇が他の社員より良くなったりします。

男性は、仕事と恋愛を割り切れる人が多いのですが、男性の性格や相手への気持ちの大きさによっては、他の社員が気付くほど対応に差が出ます。

そのため、好きになられた女性は、他の社員との人間関係が悪くなることもあります。

「上司に媚を売っている」

「2人は公私混同しているのでは?」

「可愛がられて調子に乗っている」

ただ好きになられただけなのに、このような噂を流されて苦しむ女性もいるでしょう。

仕事のできる男性は他の人たちの前では厳しく接する

説得する男性

仕事のできる男性は、部下を好きになったとしてもあからさまに好きな人だけ待遇を良くすることはありません。

それより、みんなの前ではあえて厳しく接して、2人きりになってフォローするという行動を起こすことが多いでしょう。

仕事のことを優先できる男性は、1人の女性を特別扱いすると、相手に迷惑が掛かることも分かっていますし、仕事に悪影響になる可能性があるのも十分理解しています。

それだけに、好きな女性に対して、特別優しくしたり自分の気持ちを優先して仕事の振り方を変えたりすることはありません。

しかし、好きな気持ちを完全に隠せないのが男性です。

そのため、自分では意識していなくても、他の社員に好きな女性がいるのを悟られないよう、あえて厳しく接してしまうのです。

他の人より厳しくされる女性は、他の社員よりきつく言われることにストレスを抱えたり、嫌われているのではないかと不安になったりすることもあるでしょう。

しかし、厳しい態度は男性の好きな気持ちの裏返しかもしれません。

自分の仕事の補佐をさせたり積極的に頼みごとをしたりする

自信のある男性

上司が好きな人と、できるだけ多く関わりを持ちたいと思うのは、職場であれプライベートであれ同じです。

男性は部下を好きになったら、少しでも関わりを増やしたくて、自分の補佐的な仕事をさせたり、積極的に好きな女性に仕事を依頼したりするようになります。

それも、難しいものではなく簡単な仕事がほとんどで、仕事を終わらせると他の社員以上に褒めるようになります。

上司は、好きな女性に仕事を依頼して関わりは増やしたいと思っているものの、相手にストレスになるようなことはしたがりません。

そのため、仕事はたくさん振るようになりますが、すぐに終わるような仕事や簡単な作業、好きな女性が得意としていることなどに限られてきます。

男性によっては、好きになった女性を成長させたいという気持ちが湧いてきて、少々難しい仕事を振ることもあります。

しかし、好きな人に難しい仕事をさせても、最後までしっかりサポートするのも、好きな人に対して上司がとってしまう行動の特徴です。

頻繁な差し入れをしたりお土産を買ってきたりしたがる

届けられないプレゼント

男性は、好きな女性にはプレゼントをしたがります。

しかし、相手が職場の女性となると、堂々とプレゼントを渡すのは難しいものです。

現時点で、付き合ってもいない女性にプレゼントを渡すのは、どんな環境でも難しいですよね。

そこで、男性は、好きな女性に頻繁に差し入れをしたり、出張や旅行に行ったときにお土産を買ってきたりするようになります。

お土産は、他の社員にバレない環境であれば、好きな女性にだけ特別なものを買ってくることもあるでしょう。

この行動は、純粋に好きな女性を喜ばせたいという心理の他に、プレゼントをして相手をコントロールしたいという心理が隠れていることもあります。

もちろん、どちらも相手を好きだからこそ、やってしまう行動。

現時点で、仲がいい場合は、好きな女性の誕生日には簡単なプレゼントを準備する上司もいるでしょう。

仕事がデキることをアピールしようとする

椅子に座る男性

男性はいくつになっても、好きな女性には自分をカッコいいと思って欲しいもの。

そこで、職場で好きな人ができた上司は、相手に自分がどれだけ仕事ができるかアピールしてくるでしょう。

アピールの方法はさまざまで、これまでの仕事の成功体験を話す人もいれば、周りの人がどれだけ自分より劣っているか話す人もいます。

好きな人の仕事をサポートすることで、仕事ができることをアピールする上司もいますし、好きな人の失敗を上手くフォローして女性にアピールする上司もいます。

周囲から評価されるようなことがあれば、まずは好きな女性にそれを知って欲しいと思うのも、職場の人を好きになった上司の心理です。

上司が、他の人から賞賛されている時、頻繁に目が合う場合は、好きな女性が自分を見ているかチェックしているのです。

出勤や退勤のタイミングを合わせようとする

電車を待つ女性

出勤や退勤のタイミングを合わせて、社外での接触を増やそうとするのも、職場の女性を好きになった上司がしがちな行動です。

人を好きになると、出勤時に好きな人と会話をしてテンションを上げたいと思いますよね。

また、仕事で疲れていても、帰宅するときに好きな人と接したら、仕事のストレスは吹き飛ぶはずです。

恋愛をすると、年齢や男女の差はなく、多くの人がこのような気持ちになるので、好きな人と出勤や退勤時間を合わせて、少しでも接点を持とうとするのです。

さらに、帰宅時間を合わせて一緒に帰ろうとするのには、チャンスがあれば食事や飲みに誘いたいという気持ちもあるでしょう。

2人で出かけることは難しくても、退勤時に一緒になると自然な形でプライベートな話ができるのも、上司にとっては嬉しい時間になるはずです。

実際に、仕事帰りに食事に誘うのも、上司が好きな女性にやってしまう行動です。

休み時間や飲み会などで上司が好きな子にとる態度

飲み会のときなどに自然と隣や近くの席を陣取るようになる

テーブルの下の男女

飲み会やフランクなミーティング、ランチなどで好きな人と一緒になった時、自然と近くの席に座るのは、上司がついやってしまう行動です。

好きな人の近くを陣取ってしまう行動は、意識的にやっていることもありますが、ほとんどが無意識でやっているはずです。

人は、自分が興味のあることや人、強い関心を持っているものに対して、無意識に目がいったり体が近付いていってしまう習性があります。

そのため、好きな人ができた上司も、体が自然と強く意識している好きな人に近付いてしまいます。

飲み会では近くの席に座ったり、ミーティングでは隣や向かいの席を陣取ったり、複数人で歩いていても自然と隣や後ろを歩いたりするのは、好きな人にやってしまう行動です。

また、男性が飲み会の時に好きな人の近くに居たがるのは、女性と接したいという気持ちだけでなく、他の男から好きな女性を守りたいという気持ちや、多少の下心もあるでしょう。

2人きりになるチャンスがあると逃さない

仕事の話しをする男女

お昼休憩などで、好きな女性が1人でいるタイミングがあると、上司は少しでも関わりを増やしたくて短時間でもチャンスを逃しません。

1人のタイミングには、すぐに話しかけてきますし、話始めると軽い挨拶程度では終わらないことがほとんどです。

飲み会でも、1人で帰ろうとすると駅まで送ってくれたり、席を立つと少し時間をずらしてグループの外で2人になろうとしたりします。

男性は、気になっている女性の動向をチェックしている人が多いので、1人のタイミングでやたら一緒になる上司は、あなたのことを好きだと思っていいでしょう。

忙しい職場の場合でも、好きな女性がコピーに立ったときや外回りに出る瞬間など、一瞬でも2人きりになろうとします。

飲み会では酔っている他の男性から守ろうとする

お酒を飲む男女

職場の飲み会で、女性は度々嫌な思いをすることがあります。

強く言えない上司や先輩に、困るような言動をされることもありますし、酔った職場の人が悪絡みしてくることもあります。

男性は、好きな女性がそのような状態になっていると、すぐに助けてくれます。

酔っている相手を引き離して、精神的なフォローをしてくれることもあるでしょう。

そもそも、近くに座って他の男性を寄せ付けないようにしている上司も多いはずです。

遠くの席に座っていても、好きな女性が困っていたら、すぐに駆けつけてトラブルから守ってくれます。

プライベートな質問を頻繁にするようになる

会話をする男女

通常、職場だけで関わる人たちには、あまりプライベートな話をしないものです。

全体的に人間関係の深い職場なら、相手のプライベートな話をすることもあるかもしれませんが、大抵の職場では仕事以外の所で職場の人と接することはあまりないはずです。

そんな職場で好きな女性ができた上司は、相手が嫌がらない範囲で、女性のプライベートなことを聞きたがるようになります。

「休みの日は何してるの?」

「最近趣味を始めたいんだけど、〇〇さんの趣味は何?」

「友達と遊ぶ時は、どんな所にいくの?」

このように、当たり障りのない内容でプライベートに関する質問が増えるのは、相手が好きな女性や興味を持っている女性だからです。

近年、セクハラに関して厳しくなっているので、上司だからといって突っ込んだ質問はできなくなっています。

そのため、当たり障りはないけれど、女性のプライベートが分かるような質問が増えていきます。

仕事以外のプライベートな話をしたがる

笑顔の男性

職場で好きな女性ができた男性は、相手のことを知りたがるのに加えて、自分の話を好きな女性にするようになります。

自分の趣味や休日の過ごし方、彼女がいないことなど、仕事とは関係ない話が増えていきます。

それは、自分のことを好きな人に知って欲しいという心理からです。

男性は、好きな人との距離を縮めるために、自己開示をするようになるものです。

自分のことを相手に開示することで、自分を理解してもらい、心の距離を近付けようとするのです。

無事に帰宅したかどうかを確認する連絡がくる

スマホを見るスーツの男性

仕事や飲み会で遅くなった時、上司から「無事に帰った?」などの連絡がくることがあります。

これは、上司としての管理責任として、部下の帰宅を心配している可能性もありますが、そこまで気の回る男性は少ないものです。

お互い大人ですし、仕事上の関係なので、職場を出たり飲み会が解散したりした時点で、それぞれが自分の行動に責任を持つ、というのは多くの人が認識していることです。

上司はそれを分かっているので、わざわざ部下の女性に帰宅を確認する連絡をすることは、ほとんどありません。

そんな中で、飲み会や会議、残業などで帰宅が遅くなった時に、無事を確認する連絡をするのは、相手を部下ではなく女性として心配している男性の行動です。

※期間限定

不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

脈あり度高め!独身上司が好きな子にとる態度や本気サイン

いけないと分かっていても好きな子を目で追ってしまう

男性の目

男性は、好きな人ができると、相手を無意識に目で追ってしまいます。

しかし、職場という環境上、自制している男性は少なくないでしょう。

特に、既婚者の場合は、職場に女性ができても付き合うことはできませんし、不倫をするにも高リスクになるので、目で追うという行動はあまりしません。

一方で、上司が独身であれば、そうした制限は少なくなるので、好きな女性を目で追ってしまうことが多くなります。

好きな女性が仕事している姿や、ランチを美味しそうに食べている姿など、部下を好きになった独身上司は、女性を常に目で追ってしまいます。

そのため、上司と目が合う頻度も増えていくはずです。

目が合うときに、上司が優しい表情をしていたり、アイコンタクトしてきたりする場合は、さらに好きでいる可能性が高まります。

些細な見た目や表情の変化に気付いて声をかける

コーヒーショップの男性

独身上司は、好きな女性を目で追ってしまうと言いましたが、その流れで相手の変化にも気付きやすくなるので、女性の変化に敏感になります。

髪型や持ち物が変わると、すぐに気付いて声をかけてしまいますし、好きな気持ちが高まっている男性の中には、香水や柔軟剤などの匂いの変化に気付く人もいるでしょう。

また、男性は、好きな女性の表情の変化にも敏感になります。

疲れているような表情をしていたら「何かあったのか」と声をかけてくれることもあれば、元気な表情をしていたら「良いことあったの?」と嬉しそうに言ってくることもあるでしょう。

男性は、好きな女性を守りたい気持ちが強いので、元気な時よりツラそうにしている時の方が関心を持つものです。

自分にできることがあれば、好きな女性にしてあげたいという気持ちがあるので、女性が疲れている時こそ、サポートしようとしてくるはずです。

終業後や休日に仕事以外の連絡がくるようになる

スマホを見る女性

勤務時間以外に、仕事とは関係ないことで連絡をしてくるのは、かなり女性への気持ちが高まっている独身上司のサインです。

職場での人間関係は、基本的に職場で全て簡潔するものですし、簡潔すべきことでもあります。

もちろん、退職した後に上司や部下から連絡がすることもありますが、基本的には職場の人とプライベートで関わることはありませんよね。

世間的にも、職場の女性に対して、勤務時間以外に連絡をしたり、仕事とは関係ないことを聞いてきたりするのは、あまり良いこととはされないものです。

そのため、なんとも思っていない部下に対しては、極力勤務時間以外に連絡をしないようにしている上司は多いでしょう。

しかし、好きな女性ができて、その女性もなんとなく自分に好意を持ってくれていると感じている独身上司は、チャンスがあれば勤務時間以外に好きな女性に連絡するようになります。

その内容も、最初は仕事の話でも、そのままプライベートな話しになることも多く、連絡しても相手が不快に感じていないと思ったら、徐々に連絡頻度も増えていきます。

仕事以外で2人きりになれるお誘いをするようになる

デートする男女

独身上司は、社内で恋愛禁止などの規定がなければ、職場の女性を好きになることは悪いことではありません。

そのため、部下の女性を好きになったら、デートに誘うこともあるでしょう。

ただ、職場という環境上、ある程度脈あり分かってなければ、2人きりになろうとすることはありません。

相手にその気がないのに、上司が暴走して女性を誘ってしまうと、セクハラやパワハラなどと言われかねませんよね。

特に、仕事のできる男性は、その辺をシビアに考えるので、確実に脈ありかもしくは相手が不快に感じないと十分分かってから誘うものです。

そのため、女性は独身上司に誘われたということは、あなたに対して脈ありだと思っていると考えて対応した方がいいでしょう。

ただし、腰を据えて仕事の話をしたいだけの男性もいるので、一緒にいる時の会話の内容もしっかりチェックして対応してください。

恋愛に関する話を頻繁にしようとする

マグカップを握る男女

人は、恋愛対象の相手には、恋愛の話をしたくなるものです。

女性も、好きな男性と接していると、相手に彼女や好きな人がいるのか、どんな恋愛をしてきたのか、など興味が湧きませんか?

男性も同じで、好きな女性と接していると、つい恋愛に関する話ばかりするようになります。

恋愛対象には、自分の過去の恋愛話をすることもありますし、相手に恋愛観を聞くことも増えるでしょう。

あなたに対して、恋愛の話ばかりしてくる独身上司は、あなたに好きなサインを送っていると思って間違いありません。

ただし、恋愛の話が好きな男性というのもいます。

他の女性社員にも恋愛の話をする人は、単に恋愛話が好きな男性なので、他の女性との会話で見極めてください。

彼女や好きな人がいないことをアピールしてくる

海を眺める男性

付き合いたい人や、好きになって欲しい人ができると、男性は自分に決まった相手がいないことをアピールしてきます。

自分がフリーだということを伝えなくては、相手から恋愛対象に入れてもらえないと考えるからです。

「ずっと彼女がいなくて、最近ヤバいなって思ってるんだよね」

「結婚したいんだけど、出会いがなくてさー」

このように、何気ない会話の中で、自分がフリーなのをアピールするようになります。

職場では、恋愛の話はあまりする機会がないので、職場の人に彼女がいるのかどうかなど、知らないことが多いでしょう。

もちろん、独身上司も好きな女性に彼氏や好きな人がいるかどうか知らないはずです。

そんな情報を引き出したいという意図があって、先に自分に彼女がいないことを話す男性も少なくありません。

何気なく話したことや過去の思い出などをよく覚えている

スーツを着る男性

男性は、女性と比べて集中力が高いので、好きな人ができると相手に対して高い集中力を発揮します。

また、凝り性が多いのも男性の特徴です。

コレクターや〇〇専門家などに男性が多いのは、好きなものや好きなことに凝る人が多いからです。

そのため、好きな女性のことに関しては、些細なことも聞き逃さず、一度インプットした情報はいつまでも覚えている特徴があります。

好意を持たれた女性は、独身上司が意外なことまで覚えていることに驚かされることもあるでしょう。

男性は、異性としての興味がない女性に対して、パーソナルなことまでは覚えていないものです。

特に、職場の女性に関しては、プライベートなことまで興味が湧きません。

一方で、好きな女性のことは、かなり詳細なことまで覚えているものです。

職場という環境を考慮して好き避けする男性も多い

夕日を見る男性

独身上司の中には、職場という環境上、好きになってはいけないと思って好き避けする人もいます。

職場恋愛は、一歩間違うと仕事に悪影響が出てしまうことがあります。

上手く付き合うことができても、周りの人との人間関係が悪くなってしまうこともあれば、別れた後に気まずくなってしまうこともあります。

恋愛が上手くいかなかったことを考えると、職場の女性と付き合うことは、かなりリスクが高いことだと思う人は少なくありません。

そのため、職場で好きな人ができても、自分の気持ちを抑えようとするので、好き避けという行動をしてしまいます。

上司という立場なのも、好き避けにつながることがあるでしょう。

自分が部下を誘ったり告白したりすれば、女性は断り辛いのではないか、と心配になるものです。

相手を好きなだけに、困らせたくないという気持ちもあって、相手を避けることもあります。

上司が好きな子にとる態度だけど…部下として気に入られてるだけのサイン

職場では仲がよくてもプライベートでは一切やりとりがない

話を聞いていない男性

職場でどんなに仲が良くても、プライベートで一切関わりのない上司は、仕事仲間という意識以上のものはないと思っていいでしょう。

上司が独身なら尚更で、好きな女性ができたら、出会いが職場であってもプライベートな繋がりを持ちたくなって、アプローチするようになるものです。

男性の中には、人間関係を良くするために、まるで脈ありのような態度をする人もいます。

「今日も可愛いね」と褒めてくれたり、些細な変化に気付いてくれたりと、勘違いしてしまうような行動をする上司もいるでしょう。

しかし、仲が良くても職場限定で、プライベートでは連絡も取り合わないという場合は、部下として可愛がっているだけです。

稀に、部下に恋愛感情があるのに、環境や立場上、どうしてもアプローチできない男性もいます。

そんな男性は、しっかり悩んでその態度を取っているので、脈ありだと思っても女性側からアプローチするのは控えた方がいいでしょう。

上司を困らせたり、迷惑をかけたりすることがあります。

2人きりになっても接し方がいつもと変わらない

笑い合う恋人

職場に好きな女性ができると男性は、公の場で見せる表情と2人の時だけに見せる表情に変化が出てきます。

表情の違いは、男性の性格によってさまざまです。

みんなの前では、他の社員と同じように接しているのに、2人きりになると親しげになる。

周りに人がいると厳しいのに、2人になると優しくしてくれる。

このように、明らかに周りに他人の目がある時とない時で、見せる態度や表情が違います。

一方で、ただ可愛がっているだけの部下に対しては、周りに人がいても2人きりでも態度に違いはありません。

常に一定の接し方しかしてくれない場合は、恋愛感情を持っているのではなく、部下として可愛いと思っているだけです。

他の人にも同じように接することがある

会社のチーム

男性が、自分に好意を持っているかどうか確かめるには、他の人との接し方の違いを見ると分かりやすいです。

あなただけに優しい。

あなただけに厳しい。

あなただけに気を許している。

こうした場合は、あなたに恋愛感情を持っている可能性が高くなります。

しかし、他の人と接し方に違いがなければ、どんなに上司が優しくても、特別な感情は持っていないと思っていいでしょう。

稀に、他の社員より気が合うという理由で、あなたにだけ態度が違う上司もいます。
その場合は、2人きりの時の態度で見極めてください。

2人きりになっても、態度に変化がなければ、ただ部下として特別に可愛がっているだけです。

個人的なやりとりやボディタッチなど誤解されるようなことはしない

仕事でのミーティング

上司が部下を好きになり、お互いに好意があると認識するようになると、個人的な連絡をするようになったり、自然とボディタッチが増えたりします。

しかし、単に部下として可愛がっているだけの相手には、誤解されてトラブルにならないよう、過剰に仲良くすることはありません。

職場の部下と親しくなりすぎると、トラブルになりやすいことを男性は理解しています。

そのため、相手や周囲の人たちに誤解されるようなことは、極力しないものです。

どんなに上司と親しくても、職場以外の場所でやりとりがない場合や、ボディタッチなどがない場合は、職場の人という一線を設けられていると思った方がいいでしょう。

仕事に関する相談以外は深入りしてこない

仕事をする男性

相談すると、一生懸命聞いてくれるのは、好意を持っている上司の行動です。

恋愛感情を持っていれば、好きな女性に相談されると、どんな相談でも真剣に聞いてくれて解決するまでサポートしてくれるでしょう。

可愛がっているだけの部下に対しても、上司は同じように相談に乗りサポートしてくれます。

しかし、仕事以外の相談に関しては、あまり深く踏み込んできません。

恋愛や職場以外の人間関係に関して、男性は自分のサポート以外の範囲であり、あまり首を突っ込むとトラブルになることがあることを知っています。

そのため、仕事に関する相談には親身になってくれますが、それ以外の相談は曖昧に返されます。

上司が好きな子にとる態度を発見したらどうすればいい?

上司を好きなら好意のサインを出して今以上に仲良くなる

プレゼントを渡す女性

好意のあるサインを出してくれている上司のことをあなたも好きで、この先関係を進展させたいとおもうなら、あなたも好意のサインを送ってみましょう。

男性に好意を伝えるには、次のようなものがあります。

  • 目が合ったらニコッと笑いかける
  • 2人きりになるタイミングを増やす
  • 2人きりになったら、他の社員とは明らかに違う態度で接する
  • 上司が自信を持っているポイントを褒める
  • ボディタッチを増やす

こうした行動をすることで、上司にもあなたの好意が伝わりやすくなるので、上司もあなたを誘いやすくなるでしょう。

ただし、上記のようなサインは、他の社員に気付かれないよう注意してください。

他の社員に見られてしまうと「媚びを売っている」「上司が部下を誘っている」などと、間違った噂を流されてしまうことがあります。

そうならないよう、上司に好意を伝える一方で、冷静さは忘れないようにしてくださいね。

仕事の相談を積極的に持ちかける

拗ねる女性

上司との恋愛を進展させたければ、相談を上手く活用するのがおすすめです。

「相談女」という言葉ができたように、相談という行為は男性と親密になるのに、好都合な行動なのです。

相手が上司なら尚更で、仕事の相談からプライベートな話に進展させていけば、その流れで2人の関係は今以上に深まるチャンスが高まります。

相談する時には、しっかりした内容を準備しておかなくては、仕事に真剣に向き合っていないと誤解されることがあるので、その点だけは注意してください。

上司が真面目な性格なら、好きになっていたのに、くだらない相談をされたことで気持ちが冷めるという危険もあります。

現時点で親しい関係になっていれば、仕事以外の相談をしてもいいでしょう。

好きな女性から相談されると、男性は頼られたことが嬉しくなって、さらに相手のことを好きになるので、上手く相談を活用してください。

上司の好意に甘えてすぎないように注意する

仕事をする女性

上司が好きなサインを出している場合、多少あなたが失敗したりワガママを言ったりしても、許してもらえるでしょう。

しかし、それに甘えすぎると、周囲の人との人間関係が悪くなったり、上司の好きな気持ちが冷めてしまったりする可能性があります。

上司に好きなサインを出されていたら、人一倍仕事を頑張る姿勢でいると、付き合うことになったとき周囲に人たちが応援してくれます。

上司から好かれていると、つい甘えてしまいたくなるかもしれませんが、仕事のときには気を引き締めて、上司や周りの社員に努力している姿を見せてください。

上司にも、職場の仲間にも愛されますよ。

恋愛感情がなければ少し距離を空けて付き合う

仕事に行く女性

上司に恋愛感情がなければ、早めに距離を置いて付き合うようにしてください。

曖昧な態度を取り続けていると、上司を誤解させてしまってトラブルになることもあります。

一度、上司を期待させてしまい、アプローチされた段階で拒否すると、上司の恨みをかうこともあります。

同じ社内にいると、距離を置くというのは難しいかもしれません。

ですが、曖昧にしておくことの方が危険なので、会話は最低限で留めておくようにしたり、可能であれば会話の中で何気なく彼氏がいると言ってみたりして、恋愛感情がないことを上司に上手く伝えましょう。

恋愛感情が高まってしまうと、それを拒否した時に逆恨みされることもあるので、早めの対処をおすすめします。

付き合うと仕事に影響がありそうなら今後の計画を立てる

仕事をする女性

上司があなたを好きなサインを出していて、あなたも上司のことを好きなら、付き合った場合のことを想定しておく必要があります。

職場恋愛は、環境次第では上司もあなたも仕事がし辛くなってしまうことがあります。

周りの人が祝福してくれたらいいのですが、そうでなければ、ありもしない噂を流されたり、好奇な目で見られたりすることもあります。

また、上司が平等に扱っていても、不公平だと言い出す人もいるので、恋愛関係になる際には、かなり慎重に行動しなくてはいけません。

バレると厄介な職場なら、徹底して交際がバレないよう工夫しなくてはいけません。

付き合ってから考えることもできますが、恋愛が始まると冷静さを欠いてしまうことがあるので、事前に何となく付き合った後のことを想定しておくと安心です。

職場恋愛NGなら慎重に行動しなくては後悔する

風を受ける女性

職場の規約や、暗黙の了解で職場恋愛NGの場合は、かなり慎重に行動しなくてはいけません。

職場恋愛NGだからといって、一度高まった気持ちを抑えるのは難しいでしょう。

もし可能なら、リスクをしっかり確認して、慎重に行動しながら恋愛を楽しむことは可能です。

その際、上司もしっかり割り切れる人かどうかは確認しておく必要があります。

男性は嘘が苦手な人が多いので、付き合うとバレバレな行動をしてしまう男性も少なくありません。

そうなると、上司だけでなくあなたも仕事がし辛くなってしまうので、お互いが態度に出さずにいられるかも確認して関係を深めてください。

悩んだら信用できる第三者に早めに相談する

電話する女性

好かれている上司と付き合いたい場合も、上司に恋愛感情がない場合も、困ったことがあれば早めに第三者に相談しましょう。

相談する相手は、必ず信用できる人を選んでください。

上司と付き合いたいと思っているのに、職場がそれを許してくれないようなら、冷静な第三者の意見を聞くと、今後上手くいくためのヒントをもらえるかもしれません。

あなたが上司に恋愛感情がなく、アプローチに困っている場合も、第三者に現状を伝えておくとトラブルになったとき味方や証人になってもらえます。

また、付き合った後も、相談できる第三者を作っておく方が安心です。

恋愛が始まると、2人とも冷静さを失ってしまうことがあるので、冷静な人の意見を聞きながら関係を続けた方がいいでしょう。

あなたが知らないだけで「2人のことが噂になってるよ」などと、教えてもらえることがあるので、早めに対処できるようになりますよ。

仕事中でも上司が好きな子にとる態度を見つけることができる!

シャツを着た男性

男性は、仕事中には恋愛のことは考えていないようにおもえますが、決してそんなことはありません。

部下や職場の女性を好きになれば、隠そうとしても好きなサインを出してしまうものです。

ただし、上司から好きな子にとる態度をされていても、感情的に行動するのではなく冷静に対処してください。

あなたが上司を好きでも、まったく恋愛感情がなくても、冷静に行動しなかったことで思わぬトラブルに発展する可能性があります。

職場でトラブルになると、仕事を続けられなくなることもあるので、まずは上司の気持ちを見極めて、あなたの気持ちが固まったら、冷静に行動して素敵な恋愛をスタートさせましょう。