椅子に座る男性

気になる年下男性ができたら、毎日がハッピーになる一方で、好きになることが怖くなったり、彼が既婚者の自分を受け入れてくれるか不安になったりして落ち込むことも増えますよね。

彼のことを本気で好きになり、もっと仲良くなりたい、できれば彼との恋愛をちょっぴり楽しみたい…そんな気持ちが高まったら、年下男性と既婚女性との不倫恋愛を叶える方法を知りたくなるはずです。

お互いが、相手のどんなポイントに魅力を感じるのか、年下男性が既婚女性に惚れたときのサインはどのようなものなのかなど、あなたの恋愛に活かせる情報をまとめました。

恋愛が成就して不倫が始まった時の注意点も紹介しているので、あなたが傷つかないためにも必ず目を通してくださいね。

結婚しているからトキメク?既婚女性が年下男性を気にしてしまうポイント

若さを感じる言動が自分を若返らせてくれる気がする

笑顔の男性

自分より若い男性は、バイタリティがあり見ているだけで元気をもらえるものです。

そんな彼と接していると、自分も若くなったような気分にさせられて、同年代の人と接している時には感じられない、楽しさや刺激をもらえます。

女性は、結婚すると安定を重視するようになる一方で、どこか寂しさや退屈さを感じて過ごしています。

若い男性は、そんな既婚女性のわずかに残った好奇心を刺激してくれるのが魅力です。

最初は「彼と話していると、独身時代に戻ったような気分になれて楽しい」という軽い気分から始まり、徐々に「彼ともっと話したい」「彼に会いたい」という気持ちが高まっていき、恋愛感情に発展していくことは多いでしょう。

若々しい肌や体型にドキドキできる

笑顔の男性

年下の男性は、年齢に差があるほど見た目に惹かれるようになります。

自分や旦那と比べて、肌はキレイですし髪にも艶があります。

体型は特に違いが出やすく、引き締まった腕やお腹にドキドキする既婚女性も多いでしょう。

既婚女性が、若い男性の見た目に惹かれてしまう分かりやすい例としては、男性アイドルグループや、パフォーマーのファンに既婚女性が多いことが挙げられます。

彼らの美しい見た目や鍛え上げられた筋肉は、既婚女性をドキドキさせ、忘れかけていた女性らしさを呼び覚ましてくれます。

このように、日常生活の中でも、若い男性に刺激をもらっている既婚女性は少なくないでしょう。

既婚女性のことも1人の女性として扱ってくれる

会話をする男女

結婚を経験していない若い男性は、既婚者と独身者の区別が曖昧なので、既婚女性も1人の女性として扱ってくれます。

日常生活では、どうしても「○○さんの奥さん」「○○ちゃんのママ」という肩書きが、既婚女性にはついて回ります。

結婚した女性は、家族が円満に社会生活を送れることを重視するようになるので、自分らしさを出せなくなってしまう既婚女性も多いでしょう。

そんな環境の中で、自分を1人の女性として扱ってくれる年下男性の存在は、既婚女性に喜びを与えてくれます。

個人的に興味を持ってくれたり、か弱い女性として心配されたりすると、日頃は出さないようにしていた自我が目覚め始めます。

同年代や年上の男性では得られない新鮮さ

枯葉で遊ぶ男性

若い男性の持つ感性は、同年代や年上の男性にはない魅力があります。

考え方や物事の捉え方なども、既婚女性には新鮮だと感じるポイントが多いので、接しているだけで新しい発見があるでしょう。

まだ幼いと感じる考え方をしていることもありますが、既婚女性にはそれすら気になるポイントになります。

「私にもそう思っている時があったな」「まだ夢を持っていて素敵だな」など、会話をしているとワクワクできるでしょう。

この気持ちは、年下男性との年齢差があればあるほど、新鮮で魅力的に感じられるようになります。

欠点や失敗が年下男性なら可愛さや愛嬌になる

年下男性の欠点や失敗は、既婚女性には可愛さや愛嬌に見えます。

年上や同年代の男性が失敗すると情けないと感じるようなことも、年下男性なら応援したい気持ちになってしまうものです。

また、一般的に欠点になるようなことも、既婚女性には魅力に映ることも少なくありません。

自信家、優柔不断、自己中、真面目すぎるなど、本来なら欠点になるような性格でも、年下男性ならなぜか許せてしまう上に、魅力的にさえ見えてしまうこともあります。

年下の可愛さと時折見せる男らしさのギャップがたまらない

怒る男性

年下男性は、既婚女性から見るととても可愛い存在です。

バカにしているのではなく、挙動のひとつひとつがいい意味で青臭く魅力的に見えるのです。

そんな可愛い男性が、時折見せる男らしさや頼りがいに、一瞬で心を持っていかれる既婚女性は少なくありません。

仕事のミスをさりげなくカバーしてくれる、困っていると笑顔で手助けしてくれるなど、日頃可愛い存在だと思っているだけに、男らしさとのギャップが大きく魅力的に映ります。

また、2人が仲良くなるにつれて、男性的な部分を見る機会が増えるのも、既婚女性にはたまらないポイントでしょう。

少し頼りないと思っていたのに、強引に誘われたり真っ直ぐな瞳で見つめられたりすると、既婚女性が一線を越えてもいいと思えるほどハマってしまうでしょう。

知っておくと絶対役に立つ!年下男性が年上既婚女性に興味を持つポイント

人生経験が豊富で会話が楽しい

笑い合う恋人

既婚女性は人生経験が豊富な人が多いので、会話の内容もおのずと充実してくるようになります。

同年代と話していて物足りなさを感じている男性ほど、既婚女性と深い会話ができるのを楽しいと思ってくれるでしょう。

また、既婚女性は、自然と相手に合わせる術を身に着けている人が多いので、自分の話をせず相手の聞き役に徹することができるのも、年下男性を楽しませられるポイントになります。

同年代の女性が、自分の話しばかりすることにうんざりしていると、自分の話をニコニコと聞いてくれる既婚女性との会話は、独身女性とは全く違った楽しさを感じられるはずです。

軽い相談をした時や、困っている時のアドバイスなども、独身女性と既婚女性では深さや説得力が違います。

それを知った年下男性は、何か困ったことがあれば独身女性ではなく既婚女性に相談するようになり、自然と関係が親密になっていきやすいでしょう。

同年代の独身女性にはない余裕

メガネを外す女性

既婚女性の大きな魅力のひとつが、独身女性が持ち合わせていない気持ちの余裕です。

結婚すると、いい意味で競争心や見栄がなくなるので、他の女性と競い合ったり自分を必要以上に良く見せようとしたりすることがなくなります。

また、男性が好感を持つのは、決まったパートナーがいるので他の男性に媚びない所です。

男性の前で態度が変わる、過剰に頼ったり甘えたりする、思わせぶりな態度をとる、といったことがなく、男女分け隔てなく接する態度は男性に好印象です。

他にも、既婚女性と一緒に仕事をしている男性は、トラブルの際の対処の仕方などに好感を持つ人も少なくありません。

いつもは競争心がなく穏やかな性格なのに、いざという時は落ち着いてテキパキ行動できる既婚女性に、年下男性は人としての魅力を感じるのと同時に、女性としても素敵だと思うようになります。

年上の落ち着きと少女のような無邪気さの二面性

笑顔の女性

年齢が上がったことや、既婚者になって生活が安定したことで、女性は言動に落ち着きが出てくるようになります。

さまざまな経験もしているので、ある程度のことなら冷静に対処できるようになりますし、周囲に迷惑を掛けるような言動もなくなっていきます。

その一方で、既婚女性の中にも少女のような純粋さが残っており、それをストレートに出せるのも魅力のひとつです。

嬉しい時は素直に喜ぶ、好きなことは無邪気に好きと言える、ツラい時は意地を張らないなど、あざとさや計算のない既婚女性が見せるストレートな表現は、年下男性に素敵なギャップとして映ります。

独身女性や若い年齢の女性は、素直に気持ちを表現するのが苦手な人が多い傾向にあります。

恥ずかしさや意地が出てしまうからですが、この行動が行き過ぎると男性を疲れさせてしまうので、二面性のある既婚女性は素直に可愛いと思えてしまうのです。

無理がなく自然体な生き方

笑顔の女性

結婚したり年齢が上がったりすると、徐々に他人の目を気にしなくなり自然体で生きられるようになります。

この特徴は、マイナスに作用すると、羞恥心がなくなりオバサン化に繋がりますが、プラスに作用すると男性から好印象を持たれるようになります。

独身の頃は、どうしても他人の目や意見が気になって、自分らしさを押し殺してしまったり、挙動不審になったりすることが多いものです。

結婚して落ち着いてくると、他人の目が気にならなくなり、自分らしく自然に振舞えるようになりますし、言動に一貫性が出てきます。

このように無理のない自然体な女性の姿は、男性にとても可愛らしく映るものです。

どんなことでも話せる安心できる雰囲気

凛とした女性

包容力を感じさせる既婚女性は、年下男性が何でも話せるような安心感があります。

同年代の女性に相談するのが恥ずかしいようなことでも、既婚女性にはなぜか話せてしまうという男性はたくさんいるでしょう。

既婚女性も、さまざまな経験をしているので、少々のことで驚いたり好奇な目で見たりすることがなくなるので、年下男性との会話の中でギクシャクすることも少ないでしょう。

特に、年下男性が話しやすいと感じるのが、他の人にはなかなか言えない家族の話です。

既婚女性は、年下男性の立場にも、家族の立場にも立てるので、的確で愛情あるアドバイスができます。

男性は、自分の弱みを他人になかなか言いません。

しかし、一旦弱みを見せられた相手に対しては、特別な感情を持つようになります。

それが、親友のような感情の時もあれば恋愛感情に発展することもあります。

どちらにしても、何でも話せる既婚女性の存在は、年下男性にとって特別なものになるでしょう。

自己主張しない慎ましい態度や周囲への気配り

キレイな女性

いい意味で自己主張が少なく慎ましいのも、既婚女性の魅力のひとつです。

結婚すると、旦那や子供の成長に合わせて、自分のしたいことや理想を変えなくてはいけない場面が多々あります。

自己主張ばかりしていると家庭が上手く回らなくなるので、既婚女性は自然と周囲の人や環境に合わせるための協調性が高まっていきます。

この特徴は、家族から離れた場所でも発揮されるので、既婚女性が仕事や趣味の集まりで強く自己主張をして、周囲の人を困らせることは少ないでしょう。

周りの人をよく観察して、自分の意見を言えるようになるので、自然とその姿は他人に慎ましく見えるはずです。

また、周囲への気配りも自然とできるようになるので、その点でも独身女性にはない魅力を発揮できます。

他の男のモノというのが闘争心を沸き立たせる

抱き合う恋人

既婚女性の魅力のひとつに、他の男性のもので恋愛をしてはいけない相手だというものがあります。

既婚女性は、結婚していることは恋愛にマイナスになりそうだと考える人が多いので、意外に感じるかもしれません。

しかし、年下男性の中には、手の届かない相手だからこそ落としたい、人のものだから奪いたいと思う人も少なくないのです。

「好きになってはいけない」

「旦那がいるから自分のことは恋愛対象に思ってくれない」

「両想いになれても障害が多い」

こうしたマイナスの状況が逆に男性の闘争心を掻き立て、既婚女性を本気で好きになるきっかけになることもあります。

人は、禁止されていることほど好奇心を刺激され、手を出したくなってしまうものです。

若い頃は、特にその気持ちが強いので、すんなりカップルになれる女性ではなく既婚女性が気になることも多いのです。

後腐れなくセックスを楽しめる

愛し合うカップル

セックスが目的で、既婚女性に近付いてくる年下男性もいます。

既婚女性には守るべき家庭があるので、将来のことを考えずに付き合えるのは魅力です。

特に、20代になると独身女性は結婚を意識して男性と付き合うようになるので、結婚に興味のない男性には荷が重い関係になります。

かといって、誰とも付き合わなければ寂しいですし、性欲も溜まってしまいます。

そんな男性にとって、将来のことを考えず恋愛やセックスを楽しめるベストな相手が既婚女性です。

既婚女性には家庭があるので、束縛もされませんし頻繁にデートをする必要もありません。

適度な距離を保ったままで、会いたい時に恋人のようにデートやセックスが楽しめるのは、自由でいたい男性にとってベストな関係です。

既婚女性側も、同じようにセックスを楽しむ相手が欲しければ、とてもいい関係が築けるでしょう。

逆に、既婚女性が本気になると、このタイプの男性はすぐに離れてしまうので、ハマりすぎないように注意しなくてはいけません。

気になる人がいるなら知っておくべき。年下男性に仕掛ける年上女性に好意を抱かせるテクニック

若作りはせず年相応の魅力を追求する

メイクをする女性

年下男性を好きになると、相手に合わせようと必死になって、若作りをする既婚女性がいます。

20代の彼と仲良くなりたいからといって、30代なのにミニスカートを着たり若い女性が好むメイクをしたりすると、あなたの魅力は一気にダウンしてしまいます。

既婚女性の若作りは男性にかなり評判が悪いので、既婚者の品と年相応の魅力を追求するようにしてください。

30代以上の女性は、若々しさを追求しても無理があるので、艶っぽさを意識すると年下男性から憧れられる女性になれます。

「年相応」がイマイチ分からない場合は、同じ年代の芸能人を参考にしてください。

髪型やメイク、ファッションなどを参考にすると、あなたの年齢に合った魅力が高まります。

彼の気持ちを察して居心地よくしてあげる

考える女性

若い頃は、相手のことを考えるより、自分がどうしたいのかを優先することが多かったのではないでしょうか。

独身で年齢が若い頃というのは、どうしても「彼に会いたい」「もっと好きになってほしい」など、好きな人主体ではなく常に自分主体で行動してしがちです。

そんな若い女性と差をつけるなら、相手主体で行動することがおすすめです。

彼が何を望んでいるのかを観察し、それを叶えてあげることで、あなたと居ると居心地が良いと感じさせるのです。

黙って側に居て欲しいのか、元気づけて欲しいのか、気分転換したいのかなど、相手をよく観察していると分かってくるはずです。

それを叶えてあげることで、年下男性はあなたといると居心地が良いと感じるようになり、ずっと一緒に居たいと思ってくれるようになるでしょう。

彼のワガママを笑顔で受け止める

両手を広げる女性

独身女性が相手ならケンカになるような彼のワガママも、可愛いとさえ思えてしまうのは既婚女性の特権です。

旦那がいるからこそ、年下男性にいい意味で期待をしないので、どんなワガママでも笑って受け止めてあげられるはずです。

彼との関係が深まってきたら、ワガママや自己中は寛容に受け止めて、無理なことを要求されたら落ち着いて説得しましょう。

独身女性のように、同じ熱量で言い返してケンカになってしまうと、既婚女性の魅力が半減してしまいます。

彼が、どんなことでも受け止めてくれることに安心感を抱くようになれば、あなたは彼の特別な存在になれるでしょう。

独身女性では気づかない所に気付いてあげる

振り返る女性

年齢が上がった女性は、細かい所や他人の小さな心の動きなどに気付けるようになっていきます。

他人は気付かなくても、ボタンが取れかかっているなど服装の乱れを指摘し直してあげるのは、独身女性ではなかなかできないことです。

これは、同年代の女性がすると嫌味になることがあるのですが、既婚女性がすると気遣いと受け取られやすいものです。

また、彼に元気がない、やけに嬉しそうなど、わずかな言動や表情の違いに気付けるのも、既婚女性に多い特徴です。

誰も気付いてくれないのに「今日は体調悪いの?」「何だかすごく嬉しそうだね」など、的を得たことを言われると、年下男性はあなたの細やかな気遣いに好印象をもってくれるでしょう。

彼以外にも、周囲の人に気配りをしてあげることで、それを見た彼から素敵だと思われることもあるので、気になる彼だけでなく周囲の人への優しさや気配りは忘れないようにしてください。

ストレートな言葉で彼をドキッとさせる

笑い合う恋人

思ったことをストレートに言っても、変に受け取られないのも既婚女性の特徴と言えます。

例えば、仕事を手伝ってくれた年下男性に対して「本当に助かった!○○君、大好きだよ~」「いつも本当に頼りになるよ、○○君は良い男だよね」などと言っても、相手に嫌な気持ちを抱かせません。

ただ、男性は女性にストレートに褒められると嬉しいもので、既婚女性の方に深い意味がなくてもドキッとしてくれることはあります。

この特権を上手く使って、気になる男性がいればストレートな言葉で感情を伝えてみましょう。

もちろん、本気で愛情を伝えるのではなく、お礼や褒め言葉のついでに「大好き」「カッコいい」などと加えるのがポイントです。

同性に言うように爽やかに伝えれば、相手にその気がなくてもギクシャクすることはありません。

既婚者だけが使えるギャップを利用する

ミステリアスな女性

既婚女性に対する年下男性のイメージは、大人で落ち着いているというものがほとんどでしょう。

どんなに天然な性格の女性でも、年上というだけで男性からは落ち着いているイメージを持たれるものです。

そんなイメージを持っている年下男性と仲良くなるには、ギャップを上手く使う方法があります。

落ち着いていて常に冷静なイメージを壊すように、彼に悩みや弱みを見せるのです。

会話の中で、彼に悩みを相談したり、ツラい気持ちを打ち明けてみたりすると、彼の中であなたに対するギャップが生まれて、見る目が変わることがあります。

ギャップを引き立たせるためには、常に周囲の人にはポーカーフェイスで接していなくてはいけません。

他の人にも愚痴や悩みを話しているような女性は、ギャップを感じさせることはできません。

周囲の人には普段通りに接して、彼にだけポロッと弱い部分を見せると、ギャップと自分にだけ話してくれたという特別感を抱かせることができます。

ボディタッチで性的興味を持たせる

カフェにいる恋人

あなたに離婚する気が全くなく、年下男性とは割り切った付き合いを望んでいるのなら、ボディタッチで性的興味を持たせてみましょう。

ボディタッチをする上で注意したいのは、既婚女性からあからさまに性的アプローチをされたり、ベタベタ触られたりするのを嫌う男性が多いということです。

ボディタッチも、やりすぎると嫌われる原因になるので、あくまでも自然にさりげなく行うことが大切です。

会話の中で腕を軽く触ったり、乱れた髪型をサッと直してあげたり、肩についているホコリを取ってあげるなど、自然なボディタッチが理想的です。

あなたに、少しでも興味を持ってくれている男性なら、あなたからのボディタッチで気分が良くなり、徐々に性的興味を持ってくれるようになれば、逆に彼の方からアプローチが始まる可能性が高まります。

よく見れば分かるはず。年下男性が惚れてるサインはコレ!

ラインやメアドを聞きマメに連絡してくれる

スマホを持つ男性の手

好きな人ができると、まずは相手と2人きりで話すフィールドが欲しくなるので、ラインやメアドを聞かれるでしょう。

その理由として「仕事のことを相談したい」「話していると楽しいから友達になりたい」など様々あると思いますが、個人的な連絡先を聞かれた時点で好意があるのは明白です。

その上で、マメに連絡がくるようになったら、惚れられていることは間違いないでしょう。

必要な連絡以外に「今日は何してたんですか?」「今仕事終わって帰っています」など、どうでもいい内容のメッセージが来るようになったら、2人の関係はあなた次第だと言えます。

そんな年下男性と不倫関係になりたい場合は、あなたもマメにメッセージを送って、信頼関係を強めていきましょう。

ただし、すぐに食いつくとガツガツしたイメージを持たれることがあるので、最初は彼からのメッセージに返信する程度の留めておくと安心です。

家族といる時は返信しないなど、自分なりのルールを作っておくと、自然と恋愛の駆け引きができるようになるので、彼の気持ちを高めるためにも、浮ついた気持ちが家族にバレないためにも有効です。

背伸びをして頼られようとする

見つめる男性

年下男性が既婚女性のことを好きになると、頼られたくて背伸びをするようになります。

元気がないと「どうしたの?」と聞いてきますし、困っているとすぐサポートしてくれるようになるでしょう。

そんな時は、彼の好意に甘えて感謝の気持ちを十分伝えてください。

男性は、好きな女性を満足させることで自尊心を高める特徴があります。

あなたが、年下男性と恋愛関係になりたければ、その特徴を理解して、お世話をするのではなく頼ることも必要です。

あなたに感謝されると、年下男性はもっとあなたのことをサポートしたいと思うようになり、恋愛感情が高まっていくはずです。

恋愛相談や過去の恋愛話をする

海を眺める男性

好きになった既婚女性に、恋愛相談や過去の手痛い恋愛話をするのも、相手を好きになった年下男性がやってしまうことのひとつです。

「今付き合ってる彼女と別れたい」

「元カノが本当にワガママで困った」

「恋愛するのが怖くて積極的になれない」

こうした恋愛に関する弱みを見せて、既婚女性との距離を縮めたい、もっと親密になりたいと思うのです。

また、恋愛の話を既婚女性に持ち出すことで、相手の恋愛観や相手が自分をどう思っているのか知りたいという心理もあります。

年下男性が会話の中で、あなたへの恋愛相談が増えてきたら、あなたに好意を持っているサインです。

ただし、恋人と上手くいくためのアドバイスをもらおうとしている時は、年上の女性であるあなたに友達として相談したいだけなので、先走ってアプローチしないよう気を付けてください。

家族や旦那のことを知りたがるようになる

疑問を持つ男性

年下男性は、好きになった既婚女性のことは何でも知りたがるようになります。

特に、彼女の家庭や旦那のことが気になり、事あるごとに家族の話をするようになるでしょう。

「旦那さんと上手くいってるの?」

「夫婦喧嘩とかしないの?」

「どうして結婚したの?」

こうした質問をしては、何かを考えるような表情をすることが多いでしょう。

今後、年下男性と仲良くなりたい場合は、彼に旦那や家族のことを聞かれても、あまり詳しく話さないようにしましょう。

男性は、家族のことを聞いてくる割に、詳しく答えると不機嫌になることもあれば、急に既婚女性への興味を失ってしまうこともあります。

家族の話は、少し聞かされる程度ならいいのですが、あまり詳しく知ってしまうと、恋愛感情を持っていることに罪悪感を抱いたり、急に既婚女性が所帯染みて見えたりすることがあるのです。

どちらにしても、これから仲良くなりたいと思っている年下男性がいれば、家族の話はあまりしないようにしましょう。

やたらと2人きりで会いたがる

散歩をする男女

好きな人と2人きりで会いたくなるのは、年齢は関係なく誰もが同じです。

年下男性も、既婚女性を好きになれば、当然2人で会えるチャンスを増やそうとしてきます。

仕事が同じ場合は、帰りのタイミングや残業がやたらと重なるようになるのも、年下男性が既婚女性に合わせている可能性があります。

あなたも、気になっている年下男性と2人になるタイミングが多いなと感じたら、彼がわざと時間帯や行動を合わせている可能性があります。

今後、彼と恋愛関係になりたければ、2人の時間を思いっきり楽しみましょう。

その際「○○君といると楽しい」など、ストレートな言葉を使って気持ちを伝えると、相手もアプローチしやすくなります。

本気で好きになったら避け始めることもある

孤独な男性

独身男性は、既婚女性を好きになってはいけないという意識があります。

しかも、男性は女性より精神的に弱い部分があるので、振られたり避けられたりすることを、極端に嫌がります。

こうした心理から、年下男性があなたを好きになったとしても、避けるような態度を取ることがあります。

これ以上、好きにならないようにするための予防策です。

あなたが、年下男性との不倫を望んでいるなら、少し積極的に好意を伝えるようにすると、彼は安心してアプローチできるようになるでしょう。

しかし、彼が一生懸命気持ちを切り替えようとしているなら、無理に誘うのは考えものです。

不倫にはリスクが付いて回るので、真面目な彼に迷惑をかけたくないと思っているなら、プラトニックな片思いを楽しむだけにしておくのもいいでしょう。

既婚女性は、好きな人がいるだけでも女子力が上がり、毎日が楽しくなるものです。

どうしても気持ちを抑えられない場合は、2人きりになった時に避けられるようでツラいと伝えてみてもいいでしょう。

彼の態度が一変するかもしれません。

気になる年下男性と不倫関係になったら意識しておくべき付き合い方や注意点

包容力は必要だが母親のようにならない

怒る女性

既婚女性の、どんなワガママでも許してくれるような包容力は魅力ですが、彼に母親を想像させるよう言動はNGです。

例えば「仕事はちゃんとしてるの?」「今のうちに〇〇しないと後悔するよ」など、良かれと思って彼にアドバイスしていると、彼はあなたに母親を重ねるようになり、恋愛が上手くいかなくなります。

また、先回りして彼の要求を理解しすぎるのも問題です。

結婚して男性と一緒に生活していると、何となく相手が何を考えているのか分かるようになってきます。

その能力は、適度に使えば「気が利く」となりますが、やりすぎると相手に慣れが出てあなたが疲れてしまいます。

年下男性には、何でもしてあげたくなるかもしれませんが、気が利きすぎるのはマイナスになるので注意してください。

年下男性にはハマりやすいのでバレないよう慎重に行動する

秘密を持つ女性

既婚女性にとって、年下男性は中毒性があり、不倫が始まると相手にハマりやすいので注意してください。

安定した結婚生活や、マンネリになった夫婦関係で退屈さを感じていた既婚女性は、年下男性との不倫が始まると、感情が暴走しやすくなります。

彼との不倫にハマりすぎると「彼と人生をやり直したい」「私に興味のない旦那とは別れて、彼と一緒になりたい」と思い始める人が少なくありません。

不倫を始める前から、夫婦関係が修復不可能なほど壊れていればいいのですが、そうでなければ暴走した結果、後悔することも多いものです。

彼の本気度にもよりますが、独身男性が既婚女性と付き合うのは、既婚者というプレミアがついているからである可能性が高いのです。

あなたが離婚して、そのプレミア感がなくなってしまえば、彼の気持ちが変わってしまうことも少なくないので、早まって結論を出さないようにしてください。

また、ハマりやすいだけに抜け出せなくなってしまったり、別れた後に抜け殻のようになってしまったりする既婚女性も多いので、その点にも注意しなくてはいけません。

年齢を気にせず甘えたり頼ったりする

草原を見つめる男女

年下だからといって、あなたが彼のお世話ばかりしていると、彼はそのうち鬱陶しくなってしまうことがあります。

男性は、好きな女性を満足させることで自尊心を満たす生き物なのです。

世話を焼かれるのは嬉しいものですが、そればかりでは恋愛に価値を感じられず、他の女性に目移りするようになる可能性があります。

男性と少しでも長く愛し合っていたいなら、適度に甘えたり頼ったりすることが必要です。

また、男性は手間をかけた女性ほど、離れられなくなるものです。

自立している女性は、始めのうちは付き合いが楽でいいのですが、手をかけていない分、別れる時はあっさり振られてしまうことが多いものです。

そうならないためにも、彼が叶えられる範囲のワガママを言って、彼の自尊心を高めてあげてください。

自分の価値観を年下男性に押し付けない

困る男性

結婚して経験が増えていくと、価値観が凝り固まっていくものです。

「○〇すべき」「○○するのが常識」という価値観が根強くなっていると、未熟に見える年下男性に、つい自分の価値観を押し付けてしまうことがあります。

価値観は、年代や性別、既婚者かそうでないかで全く違うものです。

それが正しいか間違っているかは関係なく、それぞれが自分の価値観を持って生きているので、あまりに相手の価値観を押し付けられると鬱陶しくなってしまいます。

「ねぇ、こんな時は○○すべきじゃない?」

「こんな時は、○○するのが常識だよ」

「常識的にありえないでしょ?」

既婚女性にこうした言葉が増えていくと、彼が離れてしまうので、彼の価値観を受け入れる寛容さを持って付き合うようにしましょう。

自分が既婚者なのを忘れて彼を束縛しない

抱き合う恋人

既婚女性が年下男性と付き合うと、自分が家族といる時間、彼が何をしているのか誰と一緒にいるのか気になりますよね。

他の女性といるんじゃないか、と不安になる人も多いのですが、その不安を彼への束縛で解消するのはやめましょう。

厳しいようですが、不倫のマナーとして既婚者側が独身者を束縛してはいけません。

自分は旦那と一緒に暮らしているのに、相手には女性と遊ぶのも禁止させてしまうと、年下男性は窮屈な気持ちになっていきます。

既婚女性にとって、旦那に対して「異性」という意識がなくなってしまうものです。

しかし、年下男性にとっては旦那も男性であることは変わりないのです。

そんな自分を棚にあげて、相手の行動や遊ぶ人を制限しようとすると、不倫はアッと言う間に終わってしまいます。

いつでも別れられるようにしておく

思いに耽る女性

年下男性との不倫は、ハマりやすいだけに別れの時は大きなダメージを受けることになります。

どんなに別れる覚悟をしていても、実際に愛し合った年下の男性が自分から離れていくのは、とてもツラいことです。

人によっては、日常生活が送れなくなったり、家族を心配させるほど落ち込んだりすることがあります。

あなたが離婚をしない以上、年下男性との不倫はいつか終わりがくるものです。

既婚女性にとっては、安定した家族があって、その上ドキドキできる彼氏がいるという環境は天国なので、自分から彼を振ることは無いでしょう。

しかし、彼には将来もありますし、独身なら恋愛も自由なので、いずれあなたから離れていくことは確実です。

それを理解しておかなくては、彼と知り合う前より不幸になることがあるので、あまり相手に深入りしすぎないことも大切です。

彼の願望が何なのか事前に理解しておく

愛し合うカップル

年下男性が、既婚女性と付き合う理由にはいくつかあります。

  • 純粋に女性として好きになってしまった
  • 結婚したくないので将来を考えなくていい恋人が欲しかった
  • 他の男のものだから奪いたくなった
  • 単に不倫や人妻に興味があった
  • 後腐れのないセックスがしたかった

大まかに分けると、上記のような理由になりますが、彼が何を期待しているのか理解していないと、今後ツラい恋愛になることがあります。

例えば、彼は本気であなたが好きなのに、あなたはちょっとした息抜き程度で付き合っていれば、後にトラブルに発展することがあります。

逆に、彼が体だけの関係を求めていて、あなたの方が本気になっていたら、後々あなたは深く傷つくことになります。

あなたが傷つきたくない、不倫で後悔したくないと思っているなら、早めに彼がどんなつもりで付き合っているのか知っておいた方が安心です。

今後、冷静に彼の言動を観察していれば何となく分かってくるので、不倫に舞い上がって周りが見えなくならないよう注意してください。

年下男性との不倫は燃えやすいので慎重になろう

自信のある男性

年下男性との不倫恋愛は、とても刺激的で中毒性があります。

純粋な瞳で愛を伝えられたり、少々荒々しく体を求められたりする経験は、既婚女性に強い刺激と幸福感を与えてくれます。

また、年下の男性から惚れられているというのは、既婚女性の自信やステイタスにもなるので、一度始めるとやめられなくなるのも特徴です。

このような年下男性との不倫では、身を滅ぼしてしまう既婚女性が多いのも事実です。

刺激や幸福感が強い反面、感情が暴走して不倫がバレる、彼と別れて何の楽しみもなくなってしまう、別れた後も若い男との不倫を繰り返すなど、思いもしない状態になることが多いので気を付けましょう。

あなたが離婚を考えていないのなら、年下男性とはある程度距離を置いて、冷静に行動できる関係を続けましょう。

彼と付き合いながら、他に楽しみを見つけておくこともおすすめします。

不倫だけが癒しや楽しみにならないようにしておくと、突然の別れがきても上手く乗り越えられるでしょう。