花を送る男性

職場や趣味の集まりで、年下男性から「好意を持たれているのかな?」とおもうことはありませんか?

気が付くとよく目があったり頻繁に話しかけてきたり、自分のことを好きなんじゃないかとおもうような年下男性の行動に、ドキドキしているあなたへ。

年下男性が既婚女性に好意を持っているときのサインや、勘違いしやすい行動などを見て、彼があなたに好意を持っているのかどうかチェックしてみましょう。

彼の好意が本物かどうか分かったら、これからどのように接していけばいいのか、ということまでまとめています。

年下男性の行動は、時に既婚者が勘違いしてしまうようなものもあります。

彼が好意を持っていると誤解してアプローチしないよう、ここでしっかり彼の気持ちを確認してください。

実は多い年上人気!年下男性から既婚女性が好まれる理由

自分を甘やかしてくれそうな包容力

凛とした女性

男性は基本的に甘えん坊なので、自分を甘やかせてくれそうな女性を好きになりやすい傾向にあります。

女性に甘えたいと思っている男性は、自分がミスをしてもさりげなくサポートしてくれたり、でしゃばらず周囲の人を見守ったりしている女性の姿は、とても魅力的に映ります。

年下男性が発する言葉も、年上の女性は否定せず受け入れてくれるので、男性にとって安心してなんでも話せる相手にもなります。

なんでも話せる相手とは、誰でも一緒に居たいとおもうようになり、その気持ちがいずれ恋愛感情に発展することもあるのです。

優しいだけでなく、男性を安心させられる包容力は、年下の男性から好まれる理由になります。

話題が豊富で恋愛以外の会話も楽しめる

マグカップを握る男女

年上で結婚や出産を経験している女性は、経験値が高いことから話題が豊富です。

恋愛の話でも色んなパターンを知っていますし、恋愛以外に関することにも知識が豊富なので、自然と会話が盛り上がります。

もちろん知識や会話スキルには個人差があるのですが、やはり1年でも長く生きて経験が豊富な方が、話にも説得力や深みが出ます。

年下男性から見ると、有意義な会話ができる年上の既婚女性はとても魅力的に見えるのです。

特に、今まで同年代や年下の女性とばかり付き合っていて、仕事やお金の話をしてもイマイチ盛り上がらなかった経験のある男性には、年上女性との会話は充実したものになるでしょう。

また、既婚女性は若い男性に対して、率先して自分の話をしません。

既婚女性が話すとなると家族の話題が中心なので、独身の男性が楽しめないだろうと考えて、聞き役に徹することが増えます。

「昨日、〇〇のカフェに行った」「〇〇で女子会だった」など、男性からするとどうでもいい話をする人が少ないので、その点でも男性は話しやすさを感じてくれます。

考え方に幅があり自分のすべてを受け入れてくれる

会話する男女

経験値の高い既婚女性は、自然と考え方に幅が出るので、他人の個性や特徴を受け入れやすくなります。

同年代の女性から嫌がられるような個性でも、年上の女性なら長所だとさえ感じられることもあるので、男性は自分を受け入れてくれたことに喜びを感じます。

例えば、貯金が趣味で一般的にケチと言われるような男性は、独身女性からはあまり好ましく思われない傾向が強いものです。

しかし、旦那との結婚生活を経験している既婚女性からすると「若いうちから貯金をできるなんて、堅実で素晴らしい」とおもえます。

他にも、結婚したくないという男性の気持ちは、独身女性に理解してもらえなくても、結婚を経験している女性には理解できる部分も多いでしょう。

このように、独身女性には嫌がられるようなことも、年上の既婚女性には受け入れてもらえることが多いので、男性は喜びを感じて好意を抱くようになることがあります。

自分を応援してくれて成長や成功を喜んでくれる

笑顔の女性

既婚女性にとって、年下の独身男性はとても可愛く見えてしまいます。

年下男性が努力している姿や成長する姿を見るのは、とても楽しくマンネリになった日常に刺激を与えてくれます。

こうした理由で、既婚女性は会社や趣味のサークルなどで、年下男性を励ましたり褒めたりすることが増えるでしょう。

男性は、自分を応援したり褒めてくれたりする人に好意を抱きやすいので、その感情が恋愛に発展することも少なくありません。

男女ともに、若いころは自分が褒められたい、成長したい、という気持ちでいっぱいです。

年齢が上がり、結婚したり親になったりすると、自分ではなく他人を応援したりサポートしたりする側になっていくものです。

これまでの恋愛で、我の強い女性にうんざりしている男性は、年上の既婚女性がしてくれる、さりげない応援やサポートに好感を持ちます。

また、自分を応援してくれる人には、成果が出ると報告したくなるので、一緒に成長を喜んでいるうちに恋愛感情に発展するということも少なくありません。

落ち着いている面と少女のような面のギャップが可愛い

クリスマスの女性

年上の女性というのは、男性から見るととても落ち着いているように感じます。

さらに相手が既婚女性となると、余計に人生経験が豊富で大人の女性というイメージを持つようになります。

しかし、実際にはいくつになっても人には幼い部分がありますし、結婚しているからといって、完璧な大人になれているわけでもありません。

失敗して落ち込むこともあれば、子供のような無邪気な表情を見せることもあります。

しっかりしているように見えても、年下の男性に頼ることもありますし、屈託ない笑顔で感謝の気持ちを伝えられることもあるでしょう。

こうしたギャップが自然に出せることから、年上の既婚女性に惹かれてしまう男性は少なくありません。

ギャップというのは、恋愛において強い武器になります。

それを、意図せず作り出せる年上の既婚女性は、男性には魅力的に見えることが多いのです。

同世代や独身女性にはない色気がある

見つめる女性

年上の既婚女性に対して、男性は言葉では表現できない色気を感じるものです。

女性の色気というのは、豊富な経験から湧いてくるものでもありますし、品のある仕草や責任感のある立ち振る舞いなどから感じられるようになるものでもあります。

また「他の男のもの」「手を出してはいけない相手」という特徴も、既婚女性に危険な色気を感じるポイントになることもあります。

単純に、アダルトビデオなどの影響で人妻というだけで、性的に色気を感じる男性も少なくないでしょう。

そんな色気を感じる年上の既婚女性には、体だけの関係を持ちたい男性も寄ってきますし、本気で好きになってしまう男性もいます。

他の男のものを奪うという特別感がたまらない

振り返る女性

既婚女性がモテる理由のひとつに、他の男性と結婚しているという特別感が挙げられます。

結婚しているということは「付き合えない存在」「恋愛してはいけない人」ということなので、それが逆に相手に惹かれる原因になることがあるのです。

また、年上の女性というのも、恋愛をするには難しいというイメージを持っている男性もたくさんいます。

「自分を男として見てくれないかもしれない」「頼りないと思われそう」などと思って、年上女性を口説けない男性も少なくありません。

このように「既婚者」「年上」という、恋愛をするには難しいと感じる2つのポイントが、逆に男性の闘争心を掻き立てて、好意を持たれる理由になることが多いのです。

注意したいのが、闘争心や遊び心だけで近寄ってきた男性は、付き合うことになったら冷めてしまうことがあります。

強引に迫られても、あなたが傷つく可能性があるので、流されて体の関係を持たないように慎重に行動しましょう。

さらっと見逃してしまいがちな年下男性からの好意のサイン

年上の女性や既婚者でもOKという趣旨のことを言ってくる

グッドサインをする男性

年下男性と話していて、次のような言葉が増えてきたら、あなたに好意を持っている可能性があります。

  • 俺、年上の方が恋愛は上手くいくんですよ
  • 既婚者の女性って落ち着いていて癒される
  • もう年下の女と付き合うのは面倒
  • 年下って恋愛対象になりませんか?
  • 僕の友達の彼女は年上で幸せそうですよ

このように、年上や既婚者であることに好意的というだけでなく、付き合うには最高だといったことを言うようになるのは、年下男性からの恋愛OKのサインです。

既婚女性は、年下の男性が好意を持ってくれているなど思っていない人が多いので、自分の立場に好意的なことを言われても、気を使われていると感じる人が多いものです。

確かに、ただ友達や仕事仲間としていい関係を築きたくて言っている人もいますが、中には「俺を恋愛対象として見て欲しい」という気持ちで言っている人もいます。

社交辞令か好意なのか見極めるには、他の項目を参考にして、該当するものが多いかどうかで確認してください。

下の名前やあだ名で呼んで距離を近付けようとする

笑顔の男性

男性が女性を下の名前やあだ名で呼ぶのは、少しでも心の距離を近付けたいという気持ちからです。

「○○さん」と相手を苗字で呼んでいると、どうしても2人の関係に壁ができてしまいます。

呼ばれた方も、苗字より名前を呼ばれる相手の方が、親近感が湧いてくるはずです。

年下の男性は、気軽に年上の既婚女性を「○○ちゃん」と名前で呼ぶのは難しいのですが、それをあえてやろうとするのは、もっと仲良くしたいという気持ちのあらわれの可能性が高いのです。

自分に好意があるのかどうか見極めるには、他の女性をどう呼んでいるかをチェックしてみましょう。

他の女性も名前やあだ名で呼んでいるなら、親しみやすいキャラクターの男性というだけです。

しかし、あなただけ呼び方が違うのなら、彼はあなたに特別な感情を持っているとおもっていいでしょう。

家族のことや旦那との関係を聞いてくる

散歩をする男女

男性は世間話が苦手ですし、無関心な人の家庭事情には興味がないので、既婚女性に夫との関係や家族のことを聞いてくることは少ないものです。

それなのに、家族や夫について聞いてくるのは、かなりあなたに興味をもっているからです。

女性は、興味のない相手でも、世間話の一環として家族の話を聞くことがありますよね。

「息子さんって何歳になりましたか?」「旦那さんの帰り遅いんですか?」など、それほど興味がない相手にでも会話をもたせるために聞いてしまいます。

それが普通の女性にとって、男性から家族の話を聞かれても、世間話の一環だと思ってしまうことが多いのですが、男性は世間話で他人の家庭のことを詳しく聞く人は少ないのです。

家族と面識のある男性なら、近況が気になって質問してくることもあるでしょう。

しかし、既婚女性に対して、面識のない家族のことを詳しく聞きたがる男性は少ないので、あなたに家族のことを頻繁に質問してくる男性は、好意を持っている可能性が高いといえます。

緊急ではない相談や質問をしてくることが増える

テーブルの下の男女

男性は、好きな女性と少しでも会話を増やそうとして、質問や相談をしてくることがあります。

仕事で緊急を要することや、重要度の高い質問ではなく、今聞かなくてもいいことや誰に聞いても分かるようなことを聞いてくるのは、あなたに男性が好意をもっているサインです。

また、仕事や人間関係、恋愛に関する相談などをしてくるのも、相手と話したいという気持ちや、心の距離を縮めたいという気持ちからです。

女性も、好きな男性には質問や相談が増えるので、この気持ちは理解できますよね。

年下の男性が、あなたに質問や相談が多くなってきたら、単なる同僚や友達だと流さず、他の言動も注意深くチェックしておきましょう。

LINEなどで個人的なやり取りをしようとする

スマホを持つ男性の手

男性は、人間関係で面倒が起きるのを嫌う傾向があるので、恋愛感情のない既婚女性とは個人的なやり取りをしようとはしません。

既婚女性とLINEや電話でやり取りをしていると、旦那や周囲の人に誤解されて面倒なことになる可能性があることは、多くの男性が理解しています。

そんな女性と、わざわざ個人的な連絡をしようとする男性は少ないので、あなたと個人的に連絡を取りたがる男性は、好意を持っている可能性があります。

LINEや電話で、世間話やどうでもいい日常会話をするのは、独身男性にはリスクのあることです。

しかし、それを冒してまで個人的な連絡をしようとするのは、あなたと今以上に仲良くなりたいからです。

どんな場面でも自分がリードしようとする

座っている男性

仕事やプライベートで年下なのを感じさせないように、年上の女性をリードしようとする男性は、相手に好意を持っている可能性があります。

年下の男性は、年上の女性に対して年齢でコンプレックスをもつことがあります。

相手に頼りないとおもわれないか、子供だとバカにされないか、などと考えてあらゆる場面で女性をグイグイ引っ張っていこうとします。

中には、年下の可愛らしさを武器にしようとする男性もいますが、相手の女性に本気になればなるほど、女性から頼られたいとおもうようになり、自分がリードしたくなるものです。

一緒に出掛けるときは自分が積極的にリードしたり、食事や飲み会で奢ってくれたりするのは、年下の男性があなたに好意をもっている可能性があります。

自分の家族や過去のことを話してくれるようになる

ソファーに座る男女

男性は、好意をもっている相手に自分の話をしたがります。

それは、相手に自分のことを知ってほしい、理解して欲しい、という心理からです。

恋愛感情をもっている相手には、家族や過去の話をしたがるのも男性の特徴です。

家族の話や過去の話には、気恥ずかしい内容も含まれます。

それでも、相手と親密になりたい気持ちから、つい話をしてしまいます。

ただし、既婚女性は年下の男性にとって、親しみやすく安心して相談ができる相手になりやすいので、誤解してしまうこともあります。

相談の中でも、恋人の愚痴や彼女と仲良くなるための相談をしてくる男性は、好意があるのではなく相談しやすいだけなので、間違わないようにしなくてはいけません。

常に気にかけてくれて些細な変化に気付いてくれる

コーヒーショップの男性

男性は好きな女性のことが気になって、常に観察するようになります。

いつも気にかけているので、小さな変化にも気付いて褒めたり心配したりしてくれるようになります。

また、他の人は気付かないような表情の変化に気づいてくれる男性もいます。

少し暗い表情をしていると「どうしたんですか?」と心配してくれて、嬉しいことがあった日は「今日は楽しそうですね」と分かってくれます。

こうした小さな変化に気づいてくれるのも、好意を持っている男性特有のサインです。

女性は、結婚するとなかなか自分の変化に気付いもらえないので、この年下男性の行動は嬉しいですよね。

勘違い厳禁!年下男性の好意だと勘違いしそうな行動

仕事などで甘えたり頼ったりしてくる

仕事をするチーム

年下の男性に頼られたり甘えられたりすると「もしかして、彼って私のこと好きなんじゃない?」と思うこともあるでしょう。

しかし、年下男性の中には甘え上手な男性もいますし、年が離れていると姉や母親のような気持ちで甘えることもあります。

中には、自分の仕事が面倒で優しい既婚女性に甘えて、自分が楽をしようとする男性もいます。

それを勘違いすると、関係がギクシャクしてしまうことがあるので注意が必要です。

特に、相手が仕事関係の人なら、なおさら注意しなくては仕事に支障が出ることもあります。

甘えてくれるからといって、恋愛感情がある訳ではないことも多いので気をつけてくださいね。

恋愛相談や彼女の愚痴を言うのは既婚者が人生経験豊富だから

海を眺める男性

年下の彼から恋愛相談をされるのは、自分に好意があるからだと誤解してしまうことがあるかもしれません。

「彼女が仕事への理解がないんですよ」

「彼女に、もっと大人になってほしいんですけど」

「今後も付き合っていけるか不安なんです」

こんな相談をされると、頼られていることが嬉しくなって、自分に好意があるのではと誤解してしまうことがあります。

しかし、独身男性が恋愛相談をするのは、既婚女性が経験豊富だと思っているからです。

相談をしている時点で彼女と別れるつもりはないので「俺の彼女も○○さんみたいだったらいいのに」などと嬉しいことを言われても、誤解しないようにしましょう。

若い男性は基本的に優しいので恋愛感情だと誤解しない

笑顔の男性

男性は、基本的に自分の奥さんや彼女以外の女性には優しいものです。

何年も結婚生活をしている旦那で慣れていると、年下の男性はとても優しく感じるでしょう。

困っていれば手助けしてくれますし、嬉しい言葉をかけてくれることもあります。

こうした優しさは、既婚女性にはとても新鮮で嬉しくなりますよね。

特に、男性の優しさを好意だと誤解しやすいのは、30代以上の既婚女性です。

30代以上で、旦那が自分より年上だと、未だに亭主関白に憧れている男性も多いので、家庭では旦那のワガママに困っている女性が多いものです。

そんな旦那との生活に慣れていると、外で男性に優しさに舞い上がってしまうことがあるので注意してください。

ランチやお茶に誘うのは既婚者が恋愛対象外だから

レストランのディナー

若い男性の中には、そもそも既婚者は女性として見ていない人も多いので、先輩や友達として普通にランチやお茶に誘ってくることがあります。

特に20代~30代前半の男性は、女性と対等に接するのが普通の世代なので、彼女以外の女性でも下心なく仲良くする男性が多いのです。

また、既婚女性はそもそも恋愛対象に入れていない男性も多く、独身女性より誘いやすいと感じている男性も少なくありません。

自分が既婚女性から男として見られていると思っていない男性も多いので、気軽に食事に誘ってしまうこともあります。

彼にランチに誘われた、社食でいつも隣に座ろうとする、飲み会では常に近くにいる、といったことは、必ずしも好意があるからではない場合もあるので気を付けてくださいね。

目があったり褒めてくれたりするのは機嫌をとっているから

笑う男性

若い男性の中には「年上の既婚女性は気難しい性格」というイメージを持っている人がいます。

悪いイメージを持っている男性の中には、意地悪でヒステリックな女性を想像していて、最初から付き合いづらいと決めつけている人もいます。

こうしたイメージを持っている男性は、既婚女性を怒らせないように機嫌をとろうとします。

ストレートに言えば、腫れ物に触るような態度をとるのです。

常に気にしているから目があう頻度も多くなりますし、気を使って褒め言葉を使うことも増えます。

このような男性は稀ですが、以前年上の既婚女性とトラブルになった経験のある男性は、偏見を持っていることがあるので注意してください。

職場で親しくするのは単に癒しを求めているだけ

職場のミーティング

職場で懐いてくれている年下男性がいると、とても可愛く見えますよね。

よく話しかけてくれたり、仕事のことを頻繁に相談してきたりすると、結婚して女性として見られなくなっているのも手伝って、嬉しくなってしまうのは当然です。

しかし、年下の男性が職場で既婚女性に親しくするのは、単に癒しを求めているだけというケースも少なくありません。

忙しくストレスの多い職場では、感情の安定している既婚女性が、男性の癒しの存在になることがあります。

愚痴ったり弱音を吐いたりしても、既婚女性なら笑って元気づけてくれるので、男性は恋愛感情ではなく癒されたいと思って親しく接してくるのです。

年下男性が年上既婚女性にタメ口で話すときの心理

年下を意識させたくないという背伸び行為

自信のある男性

年下男性がタメ口で話す理由のひとつに、年下だと意識されたくないという心理があります。

既婚女性に異性として好意を持っている男性なら、背伸びして大人の男に見られたいという気持ちがあるでしょう。

男性は、好きな女性を守りたい、頼られたいという気持ちがあるので、年下であることはマイナスポイントだと思い込みがちです。

そんな気持ちから、年上の女性にタメ口を聞いて背伸びをしようとするのです。

また、タメ口の理由が好意ではなく「舐められたくない」という気持ちからくることもあります。

日頃から、突っかかるような態度をしているなら、恋愛感情ではなく年上の女性に負けたくないという背伸びの場合もあります。

タメ口で距離を縮めてもっと仲良くなりたい

会話をする男女

敬語を使っていると、いつまでも異性との距離は近付きません。

特に男性が年下で、相手が年上の既婚女性なら、男性の態度次第で今後の仲の良さは変わります。

男性側が、もっと既婚女性と仲良くなりたいとおもうなら、タメ口で接して距離を縮めなくては、既婚女性からアプローチすることは少ないでしょう。

このような状況から、年下の男性がタメ口を使うのは、既婚女性との距離を縮めたいという気持ちからくることもあります。

2人きりのときだけタメ口になるのは確実に好意がある

告白する男性

周囲に人がいるときは敬語なのに、2人きりになったときだけタメ口になるのは、かなり高い確率で、彼はあなたに好意をもっているとおもっていいでしょう。

2人きりのときだけタメ口になるのは、周囲の人にはあなたへの好意を知られたくないという気持ちと、あなたとの距離を縮めたいという気持ちの両方が共存している状態です。

あなたが既婚者なら、周囲の人に好意を知られるのは気まずいので、できるだけバレないように行動します。

しかし、ずっと敬語を使っていると、なかなか関係を深められないので、2人のときだけタメ口になるという行動になってしまうのです。

単に上下関係に対する意識が低く敬語が使えない

枯葉で遊ぶ男性

社会経験が乏しい人は、敬語が上手く使えないことがあるので、特に意味もなくタメ口を使う男性もいます。

相手の男性が趣味のサークルなどで出会った場合には、余計にこの傾向が強くなります。

会社ではなんとか敬語を使えている男性も、プライベートでは気が抜けて、年上でも関係なくタメ口で話してしまいます。

日頃から、破天荒な面があり、誰にでもタメ口で話している男性は、このタイプの可能性が高いので、好意だと勘違いしないようにしましょう。

既婚女性は恋愛対象ではないのでどうでもいい

悩む男性

男性は、恋愛対象だと思っていない女性や、無関心な女性に対しては、かなりドライな態度をとる人がいます。

女性は、協調性があるので無関心な相手でも話を合わせたり、相手を不快にしないような態度をとったりしますが、男性は女性ほど協調性がありません。

興味がない相手には態度があからさまに素っ気なくなる人もいるので、深い意味はなく年上の女性でもタメ口で話すことがあります。

普段から、あまり協調性のない男性なら、タメ口にあまり意味はないと思っていた方がいいでしょう。

既婚女性が若く見えるので自分より年下だと誤解している

花屋で働く女性

年上の既婚女性にタメ口を使うのは、単に相手を年下だと誤解してるだけ、というケースも少なくありません。

仕事や趣味で出会った場合、自己紹介で年齢まで伝えることはあまりないので、相手の見た目で年上なのか下なのか判断します。

既婚女性が童顔で、明らかに見た目で自分の方が年上だと判断したら、しっかり確認しないままタメ口で話すことがあるでしょう。

女性からすると、嬉しい誤解ですよね。

男性は、自分から女性に年齢を聞くのは躊躇してしまうので、誤解したままタメ口で関係が続いていくこともあります。

なにかキッカケがあって、自分が年下だと分かっても、一度タメ口で関係を築いてしまったら、途中から敬語にするのは難しいので、そのままフランクな関係が続いていくでしょう。

年下男性からの好意に気づいてからの接し方

好意があることが分かっても態度を変えるのはNG

お酒を飲む女性

年下男性からの好意に気付いたからといって、あなたはあからさまに態度を変えないようにしましょう。

年下男性は、あなたが既婚者だということで、尻込みしてしてしまい関係がギクシャクしてしまうことがあります。

相手が自分を好きだと分かっても、接し方や態度は今までと同じようにして、受け身に徹してください。

どんなに好意を持っている女性でも、不倫をする気満々で近付いてこられると、引いてしまう男性もいるので気を付けてくださいね。

あくまでも、既婚者という立場は忘れないようにして冷静に対処してください。

関係をハッキリさせず恋愛気分を楽しんで女子力を上げる

香水をつける女性

年下の男性から好意を持たれるのは、女性としてとても喜ばしいことですよね。

毎日にハリが出て、家事も仕事もヤル気が出ますし、何より自然と自分磨きが楽しくなっていきます。

結婚生活が長くなると、髪型を変えてもネイルをしても、褒めてもらえないことが増えていきます。

中には、旦那は無関心で会話もロクにしていない夫婦もいます。

そんな結婚生活が続いていると、誰かが自分を見てくれていることだけでも嬉しくなり、自分を磨くことが楽しくなります。

ファッションや髪型に気を使うことも楽しくなりますし、それを褒めてくれる人がいると、益々自分を磨きたくなります。

それを利用して、不倫に走るのではなく自分を磨ける環境を保ち続けるのもいいでしょう。

不倫をするのは高リスクですが、ただ友達や職場の仲間として付き合うのは不貞にはなりません。

そんな関係を続けていくことは、あなたの人生に程よい刺激を与え、あなたをキレイにしてくれます。

現実と切り離して割り切った上で恋愛を楽しむ

愛し合う恋人

年下の男性から好意をもたれて嬉しくなると、相手の気持ちを受け入れて一線を越えたいとおもうこともあるでしょう。

結婚して恋愛から遠ざかっていると、顔を見るだけでドキドキしたり、女性として優しく扱われたりするだけで、彼に夢中にしまいますよね。

しかし、離婚しないつもりなら、年下男性にハマりすぎないよう注意しなくてはいけません。

既婚女性は、年下の男性と不倫をするとハマりやすく、結果的に傷つくことも多いのです。

離婚を考えているなら、リスクを冒して本気で不倫に踏み切ることもアリです。

しかし、離婚をする気がなければ、意識してハマらないようにしなくてはいけません。

年下男性はハマりすぎて別れることができなくなることがありますし、あなたが結婚している以上、相手はいずれ別れて他の女性と付き合うことになります。

どう転んだにしても、既婚女性が年下男性に本気になると、痛い目を見ることになりやすいのです。

そうならないために、年下男性と一線を越えるときは割り切って付き合うようにしてください。

好意に気づいても世話をやきすぎないようにする

仕事を頼む女性

年下の男性から好意をもたれると、何でもしてあげたくなるのが年上の既婚女性です。

彼のことが愛しくなって、身の回りの世話をやきたくなったり、仕事を必要以上にサポートしてあげたくなったりするかもしれません。

しかし、あまり世話をやきすぎると、年下男性は急に既婚女性が母親のようにおもえてきて、恋愛感情がなくなってしまうことがあります。

彼は、世話をやいてくれる母親と付き合いたいのではなく、女性として魅力的なあなたに好意を抱いているのです。

自分が男としてあなたを幸せにしたいと思っているのに、逆に世話をやかれるとウンザリしてしまうこともあります。

相手が好意をもってくれていると分かっても、母性を抑えて彼に男として頼るようにしましょう。

年下の男性は、年上のあなたに対して年齢で劣等感を感じていることがあるので、甘えさせるより甘えることに注力してくださいね。

不倫する気がなければ積極的に家族の話をする

幸せそうな家族

年下男性が好意をもってくれていることが分かっても、あなたがそれに応じるつもりがなければ、会話の中で積極的に家族の話を増やせば、自然と諦めてくれることがあります。

相手との関係次第では、ハッキリ断ると気まずくなることがありますよね。

そうなる前に、事前に家族の話を増やしておくと、相手はあなたに恋愛する気がないとおもい、アプローチするのをやめてくれるでしょう。

「この前、旦那とデートしてね…」

「家族といるときが一番幸せ」

「今度、家族旅行で○○に行くのが楽しみで」

こういった内容の話をすると、年下男性からのアプローチはなくなります。

あなたが彼のことを好きになっていても、不倫をする勇気がなければ、家族の話で予防線を張っておいた方が、不倫して後悔するのを回避できます。

進展しない場合はさりげなくチャンスを促す

笑顔でスマホを見る女性

年下の男性から好意を持たれていることが分かって、あなた自身も彼との距離を縮めたいとおもっているのなら、さりげなくチャンスを促してみましょう。

年上で、しかも既婚者の女性にアプローチするのは、男性が積極的になれない大きな要因です。

告白しても断られる可能性が高いので、自分から積極的にアプローチできず、関係がなかなか進展しないことも多いでしょう。

あなたが今以上の関係になりたいとおもっているのなら、自然と2人きりになる時間を増やしたり、相手を褒めて受け入れOKの態度を示したりすることも必要です。

既婚女性の方からアプローチすると、男性を尻込みさせてしまう可能性があるので、あくまでも彼がアプローチしやすい状況を作ってあげるだけです。

何度もチャンスを作っていれば、そのうち彼がなんらかのアクションを起こしてくれるはずです。

年下男性の惚れてるサインを引き出せ!既婚女性が気になる年下彼と不倫恋愛を叶える方法を伝授

年下男性からの好意をキャッチして恋愛を楽しもう

手を繋ぐ恋人

年上の既婚女性は、独特な色気や癒される落ち着いた性格から、年下の男性から恋愛対象として人気があります。

一方で、既婚女性の安心できる雰囲気から、年下男性は恋愛感情がなくても、親しく接してくることもあるので、勘違いしないよう注意が必要です。

年下男性からの好意が本物で、あなたも彼に好意を持っているなら、一線を越えるかどうかはしっかり考えてください。

既婚女性は、年下の男性と付き合うとハマってしまうことが多いので、慎重に関係を深めてくださいね。