口を押える男性

不倫をしている彼は、あなたに奥さんの話をしてくれますか?

不倫をしていると彼の夫婦仲が気になるのは当然です。

しかし、家族に関する質問をしても、上手くはぐらかされたり「言いたくない」と言われたりして落ち込んでしまうことは多いですよね。

こんな男性の行動に疑問を持っているあなたへ、不倫相手に嫁の話しをする男性としない男性、それぞれの心理についてご紹介します。

加えて、彼の夫婦仲が良いのか悪いのかチェックする方法もまとめているので、気になるなら彼の行動と照らし合わせてみましょう。

不倫で感じている不安や不満は早めに解消して、彼との関係を今以上に良いものにしてくださいね。

夫婦仲を隠したい?不倫相手に嫁の話をしない男性の心理

貴重な不倫相手との時間を妻の話で浪費したくない

時計を見る男性

男性は、女性に比べて不毛な会話を避けたがる傾向があります。

今の自分に必要のない会話や、話題に出しても答えの出ないような会話は避けたがるので、不倫相手に嫁の話をするのを無駄だと感じる男性は多いものです。

男性の奥さんの話しは、不倫相手との貴重な時間を過ごすのに、それほど必要ではありません。

男性は、好きな女性になった女性ができると、嫁に興味がなくなり不倫相手のことをもっと知りたいと思うようになるので、家庭のことを話題に出している時間を惜しいと感じる男性もいるでしょう。

ただでさえ、不倫相手との時間は短く貴重なものです。

毎日会えるカップルは稀ですし、長時間デートできない不倫カップルがほとんどです。

そんな貴重な時間を嫁の話しで消耗したくないと感じる男性は、わざわざ不倫相手に自分の奥さんの話しをしないものです。

誤解を招いたりボロが出たりして不倫相手に責められたくない

悩む男性

男性は、女性に比べて会話が苦手な人が多いので、奥さんの話をして不倫相手に誤解を与えたり、間違った言葉選びをしたことで責められたりしたくないとおもうものです。

これまでに、言葉遣いで奥さんや彼女とケンカになった経験のある男性は、特にこの傾向が強く出ます。

女性は、たった一語の間違いを責めることがあります。

例えば「君でもいい」と「君がいい」では、女性の受け取り方はまったく違いますよね。

男性は、女性ほど言葉のコミュニケーションを大切にしていないので、何気ない会話の中で、こうした言い間違いをよくしてしまうものです。

奥さんの話ともなれば、少し言葉のチョイスを間違っただけで、不倫相手を悲しませたり怒らせたりする可能性があるので、夫婦関係がどうであれ話題に出すのを避ける人もいます。

そもそも不倫相手と会っているときは妻のことが頭にない

キスをする恋人

不倫相手に夢中になっている男性は、デート中は彼女のことで頭がいっぱいになり、奥さんのことを考える余裕がなくなります。

そもそも、男性は女性に比べて2つのことを同時に行うことが苦手な生き物なのです。

仕事に集中すると、恋人や家族のことは一旦頭の中から消してしまいますし、趣味に没頭すると食事するのも忘れてしまう人は少なくありません。

家庭と不倫も同じで、不倫相手といるときは、家族のことを考えず目の前のことに集中します。

また、既婚者は不倫相手との時間が十分取れないので、余計なことを考えている余裕がありません。

このように、男性の中には不倫相手とのデートでは、家族のことをすっかり忘れていて、彼女に嫁の話をしない人もいるのです。

嫁の話をすると不倫相手が嫌な気持ちになりそうだから

風を受ける女性

男性は、不倫相手に嫁の話をすると、彼女を悲しませてしまいそうだと心配して、あえて話題に出さないものです。

これは、不倫相手に嫁とのエピソードを隠したいからではなく、彼女に対する思いやりからくる行動です。

日頃から、不倫相手に優しい男性なら、このタイプの男性でしょう。

デート中、マメに話しかけてくれたり、気遣ってくれたりする男性なら、嫁の話をしないことはあまり気にしない方がいいでしょう。

嫁の話しをしないことに、どうしても不安を感じてしまうのなら、落ち着いているときに相談するとしっかり答えてくれるはずです。

結婚生活と不倫は完全に切り替えて考えるようにしている

自信のある男性

男性は、仕事やプライベート、家族や趣味などを切り替えて考えようとします。

切り替えのできる自分をカッコいいとおもっている人も多いですし、実際に上手く切り替えのできる男性は素敵ですよね。

不倫をするときも同じで、家族と過ごしているときと不倫相手との時間は、完全に切り替えたいとおもっていて、あえて不倫相手に家族の話をしない人もいます。

このタイプの男性は、不倫相手に隠したいことがあるのではなく、デート中は彼女とだけ向き合っていたいと考えます。

稀に、上手く切り替えをしながら不倫をしている自分に、酔っているだけの男性もいます。

どちらにしても、不倫相手に家族のことを隠そうとしている訳ではありません。

不倫に罪悪感を持っているから嫁の話をすると苦しくなる

考える男性

不倫に強い罪悪感を持っている男性は、嫁の話をすると苦しくなるので、できればしたくないとおもうものです。

嫁に関する良い話をすれば、目の前の不倫相手にも申し訳ない気持ちになりますし、嫁にも罪悪感が強くなります。

逆に、嫁の愚痴や欠点を不倫相手に話すのは、嫁に悪いとおもうのでできません。

不倫は、罪悪感が強いと心から楽しめなくなります。

不倫相手にも「できない話題」があるのは心苦しいものです。

このように、割り切って不倫ができず罪悪感を持っている男性は、不倫相手に嫁の話をしなくなります。

別れた後のことを視野に入れていて個人情報はなるべく言いたくない

話を聞いていない男性

不倫を遊びや割り切った関係だとおもっていて、いずれ別れることを想定している男性は、不倫相手に自分の話をしたがりません。

不倫相手とトラブルが発生したとき家族に迷惑がかからないよう、嫁や子供の詳細な情報は言わずに関係を続けようとします。

このタイプの男性は、嫁の話しだけでなく仕事や友達の話もしたがりません。

不倫相手が質問しても、曖昧な返事をしたり上手くはぐらかされたりするでしょう。

秘密主義の男性と特徴は似ていますが、自分のことを話すのが苦手な人は、不倫相手が質問をしたことには、自分なりにしっかりとした返事をしてくれます。

しかし、不倫を遊びだとおもっている男性は、不倫相手がどんなに不安がっていたとしても、嫁の話はしたがりません。

「どう返事したらいいのか困る」不倫相手に嫁の話をしてくる男性の心理

不倫相手に嫁の愚痴を聞いてもらって優しく癒されたい

マグカップを握る男女

不倫をしている男性の多くは、嫁に不満を抱えています。

今まで嫁に不満がなかった男性も、不倫を正当化したい気持ちが出てくると、嫁の嫌な所を探して愚痴を言いたくなるものです。

どんな理由であれ、嫁に不満を持っている男性の中には、不倫相手に愚痴を言って「優しくしてほしい」「共感して欲しい」と思う人もいます。

もし、既婚男性の口から嫁の愚痴しか出てこない場合は、この心理が強いでしょう。

ただし、こうした心理で嫁の悪口を言っている男性に対して、不倫相手が一緒に文句を言うのはNGです。

共感して欲しいとおもっていても、不倫相手が嫁の悪口を言い出すと「それほど悪い嫁ではない」という思考になってしまいます。

共感しながらも、少し奥さんをかばうくらいに抑えておいた方がいいでしょう。

不倫相手に信頼して欲しいから自分のありのままを話すようにしている

グッドサインをする男性

不倫相手を本気で好きになっている男性は、相手に隠し事をしたくないという心理から、聞かれていなくても嫁の話をするようになります。

正直な男性なら、嫁とどんな会話をしたか、どこに一緒に出掛けたかなども詳しく話すこともあるでしょう。

不倫相手としては、そんな話をされると複雑な気持ちになりますよね。

ただ、男性としては不倫相手に嘘をつきたくない、信頼して欲しいという一心で嫁の話をしているだけです。

彼の話の内容が、楽しそうでもなく愚痴でもなく、単なる報告のようなものであれば、この心理である可能性が高いでしょう。

他にも、自分のことをよく話してくれる男性なら、嫁の話をするからといって責めない方が、良い関係を築けるようになります。

嫁や家族の話をして離婚する気がないことを分かってもらおうとしている

シャツを着た男性

嫁の話しを頻繁に出す男性の中には、不倫相手をけん制したい気持ちがある人もいます。

家族の話を積極的に話題に出して、遠回しに不倫相手に「俺の領域には入ってこないで欲しい」「君は単なる遊びだ」ということを分からせたい心理です。

「今週は、家族で毎年行ってるところに旅行なんだよ」

「嫁は気が強いけど、嫁としてはデキる女なんだよ」

「子供が〇歳になったら、嫁と引越しをしようかって話しているんだ」

このように、前向きな話しや楽しそうな話し、嫁を褒めるような話をする男性は、不倫相手に本気になってほしくないとおもっている可能性があります。

このタイプの男性は、不倫相手が「奥さんの話しはしないでほしい」とお願いしても、なかなかやめてくれないはずです。

単純に世間話の延長として嫁の話が出てしまうだけで深い意味はない

コーヒーショップの男性

単にデリカシーや思いやりのない男性は、深い意味もなく奥さんの話を不倫相手にしてしまいます。

他の面でもデリカシーがないと感じることも多いなら、このタイプの男性でしょう。

体型のことを遠慮なく言ってきたり、欠点をズバリと指摘してきたりするなら、嫁の話にもそれほど深い意味はないとおもって付き合った方が上手くいきます。

このタイプの男性は、嫁の話をすることで不倫相手が傷ついていることを理解していないので、どうしても聞きたくなければハッキリ彼に伝えましょう。

あなたの気持ちを理解できれば、彼は嫁の話をしなくなるでしょう。

嫁を会話の中に出して不倫相手を嫉妬させたいとおもっている

怒る男性

不倫相手からの愛情をもっと確認したいとおもっている男性や、自分に自信がない男性は、不倫相手を嫉妬させたくて嫁の話を出すことがあります。

嫁から愛されていることを自慢気に言う男性もいるので、不倫相手としてはツラいでしょう。

嫁の話を出す以外にも、不倫相手を試すような言動をしたり、他の女性からアプローチされていると言ったりするなら、単にヤキモチを焼かせたいだけです。

家族の話をされるのが嫌なら、不安になることや悲しくなることなどを、ハッキリと彼に伝えた方がいいでしょう。

不倫は、ただでさえ不安定な関係なので、ヤキモチを焼かせるような言動をされると、いずれケンカやすれ違いが増えて上手くいかなくなります。

奥さんが友達や兄妹のような関係になっているから隠す必要性を感じない

笑い合う恋人

奥さんに、恋愛感情や女性としての魅力をまったく感じていない男性は、悪気なく嫁の話をする傾向があります。

嫁は、既婚男性の中で「オンナ」という意識がないので、不倫相手に話をするのにも抵抗を感じないのです。

女性が父親や兄弟の話をするように、既婚男性は家族の1人である嫁の話をします。

話しの内容に色気がない場合や、彼の表情に悪気がまったくない場合は、嫁は単なる家族の一員であって、不倫相手に隠すような人ではないと無意識でおもっているのでしょう。

このタイプの男性にも、奥さんの話しをされるのは嫌だと、ハッキリ伝えた方が2人の関係は上手くいきます。

彼が奥さんをどうおもっていても、不倫関係にある女性不安で聞きたい話しではないということを、彼に理解してもらいましょう。

※期間限定

不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

奥さんと子供がいるのに不倫相手にハマる!嫁の話をしない既婚男性の特徴

口下手で自分の話を自発的にするのが苦手

孤独な男性

口下手な男性は、不倫に限らず自分の話をするのが苦手です。

これまでの恋愛や結婚生活で、自分の口下手が原因で女性とケンカになったり責められたりした経験があると、自然と自分の話しをしなくなっていきます。

特に、誤解を生みそうな話題は避けるようになるので、不倫相手に嫁の話しや家庭内での出来事は極力しないのです。

言葉のコミュニケーションは、女性がおもっている以上に、男性には苦痛になることがあります。

男性は、自分の気持ちを上手く言葉にできなかったり、おもっていることとはまったく違ったニュアンスの言葉を使ったりすることがあります。

それが原因で、人間関係が円滑に行かない経験をする人もたくさんいます。

口下手が原因で嫌な経験をしていると、どんどん自分のことを話さなくなるので、不倫相手に奥さんの話を出さなくなります。

真面目で安易に人の噂話や他人の批判を口にしない

孤独な男性

根が真面目で、安易に他人の噂話や批判を口にしない男性は、嫁の話も気軽にしないものです。

相手が不倫相手だからではなく、会話の相手が職場の人や自分の両親であっても、嫁に関する話しをすることは少ないでしょう。

その場に居ない人の話が好きな女性は多いですが、男性の中にはそれを毛嫌いする人が少なくありません。

生真面目な男性は、話題に出す相手が誰であれ、無欠席裁判をしているような気分になるので、その場にいない人の話しを極力しません。

嫁の話しだけでなく、他人の話しをしたがらない男性は、この性格のである可能性が高いでしょう。

仕事やプライベートを完全に分けて考えるようにしている

仕事をする男性

物事を上手く切り替えできる男性や、切り替えるのが当然だとおもっている男性は、結婚生活と不倫も、キッパリと切り離して考える傾向があります。

こうした特徴は、元々の性格の場合もありますし、本人が意識してやっている場合もあります。

このタイプの男性は、嫁の話だけでなくデート中は仕事の話もほとんどしません。

プライベートな話をしないことを、男の美学だとおもっている傾向も強いので、仕事が終わってからも会社のことばかり話している男性を、批判するようなこともあるでしょう。

どんなことでも、切り替え上手で「今」に集中したいとおもっている男性は、不倫相手に嫁や家族の話をしません。

プライドが高く他人の前では素の自分を見せない

困る男性

プライドが高い男性にとって、夫婦仲が悪いことはかっこ悪く、他人には話したくない話題です。

日頃から、情けない姿を見せないようにしている男性や、強気で負けず嫌いなところがある男性は、夫婦仲が良くても悪くても、周囲の人に嫁の話しはしたがりません。

これまでの失敗談を話すことがほとんどなく、成功した話しばかりをしたがる男性は、プライドが高いので自分のプライベートな話しは避けるでしょう。

嫁の話をすることがあっても、自分が優位に立っていることを少し話す程度です。

話題にするのが苦痛なほど夫婦関係が上手くいっていない

疲れた女性

夫婦関係が上手くいっていない男性の中には、現状を情けないと感じていて、嫁の話しを口にするのも嫌になっている人がいます。

奥さんが身の回りの世話をしてくれない、家庭では無視されている、小言や文句を言われてばかりいるなど、男として情けない家庭の状況は、あまり他人には話したくないものですよね。

不倫相手に、あえて夫婦関係が悪化していることや、奥さんの愚行を話したがる人もいますが、大抵の人はかっこ悪い話を好きな女性にはしたくないとおもうものです。

他にも、仮面夫婦として過ごしていたり、家庭内別居をしていたりする場合は、話題に出すほどコミュニケーションをとっていないので、嫁を話題に出せない男性もいます。

「妻とうまくいってない」は嘘?本当は夫婦仲がいいことが分かる既婚男性の態度や言動

女性の悩みや体のことに関して詳しく気配り上手

寄り添う恋人

女性特有の悩みや、女性の体について詳しい男性は、これまで奥さんとよく会話をしていて、思いやりを持って接してきたはずです。

女性の人間関係や生理などの体調については、女性に関心を持ち、相手の言葉をしっかり聞いていなくては理解してあげられません。

女性の話しを聞いてあげられる男性や、お互いを理解しようと努力できる人は、夫婦関係もある程度良好に保てていることが多いものです。

優しいだけなら誰でもできますが、女性を理解してあげるのは、男性にとって難しいことなので「この人、女性に理解があって優しい」と感じるなら、奥さんにも同じように接している可能性が高いでしょう。

ただ、理解のある旦那に対して、ワガママ放題になってしまう嫁もいるので、この場合は既婚男性が離婚を考えている可能性があります。

他の特徴と照らし合わせて、彼がどんな夫婦関係なのか探ってみてください。

平日の夜や休日は連絡をしても返信がほとんどこない

スマホを操作する女性

平日の夜や休日など、既婚男性が家にいるであろう時間に連絡しても、ほとんど返信が来ない場合は、夫婦仲はそれほど悪くないとおもっていいでしょう。

これは、男性が離婚する気があるのかないのかが分かる、一番簡単な方法です。

既婚男性が不倫相手に本気になると、危険だと分かっていても、家族といる時間だろうが仕事中だろうが、彼女からの連絡に返信してしまうものです。

不倫がバレないよう慎重に行動している男性でも、不倫相手に夢中になっていると、奥さんにバレないよう細心の注意を払った上で、可能な限り返信してくれます。

ただし、奥さんとの離婚を考えている男性は、不倫がバレて不利にならないよう、自宅では完全に不倫相手との連絡をシャットアウトすることがあります。

そんな男性は、事前に不倫相手にそれを伝えていますし、連絡がこないことについて寂しいと言えば、しっかり理由を話してくれるでしょう。

そうした気遣いもなく、家族と一緒にいるときは不倫相手にまったく構わない男性は、離婚して不倫相手と一緒になろうという気はないはずです。

不倫相手から不安や不満を言われてもリスクを冒すことがない

椅子に座る男性

夫婦仲が良く離婚をするつもりがない男性は、不倫がバレるリスクを最小限にしようとします。

これはとてもシンプルな理由で、人は今後一緒にいるつもりの人を優先して考えようとするからです。

あなたも、これから縁を切ろうとおもっている人や、辞めようとおもっている会社に一生懸命尽くすことはありませんよね?

もし、不倫相手とこれからずっと一緒にいようとおもっているなら、多少のリスクを冒しても、相手の不安や不満を解消しようと動くものです。

しかし、それをまったくせず家族や奥さんを優先するのは、夫婦仲が悪くなく離婚の予定もないからでしょう。

もちろん、不倫という関係上、どんなに不倫相手を好きでも家庭を優先させなくてはいけないことは多々あります。

離婚をするにも、不倫がバレてしまうと話しがこじれてしまうので、計画的に話を進めたい場合は、家族を優先することもあります。

ただ、まったく不倫相手を優先せず、危険を冒すのを避けてばかりの男性は、今後も家族と離れるつもりはないでしょう。

長時間のデートやお泊まりは絶対にせずライフスタイルを変えない

車を運転する男性の腕時計

長時間のデートやお泊りをしないのも、離婚するつもりがない男性によく見られる特徴です。

「嫁とは上手くいっていない」と言いながら、デートを短時間でそそくさと切り上げ、お泊りなどまったく考えていない男性は、夫婦仲は普通か良好に保っているとおもっていいでしょう。

夫婦仲が本当に悪くなると、既婚男性は自宅に帰るのも嫌になりますし、少しでも長く不倫相手と一緒にいたいとおもうようになります。

不倫がバレないよう慎重に行動する男性でも、どうにかして長時間一緒にいようとしたり、お泊りを計画してくれたりするはずです。

そんなリスクを冒さず、まるでスポーツジムにでも来たかのように短時間で帰ってしまう男性は、夫婦仲が悪いわけではなく、不倫ではセックスや恋愛を楽しみたいだけでしょう。

奥さんとの関係や気持ちを聞くと曖昧な返事しかしない

座っている男性

奥さんとの関係を聞いても、具体的に教えてくれず曖昧な返事をする男性は、夫婦仲が悪いわけではないはずです。

夫婦というのは、一度関係が悪化すると相手が憎くなってくるものです。

隠そうとしていても、気を許している人に嫁のことを聞かれると、つい不満を口にしてしまう人が多いので、具体的な話しを聞けるはずです。

「もう何か月もまともに会話をしていないんだ」

「早く帰っても、どうせご飯もないし嫁は寝てるよ」

「セックスレスで俺はリビングのソファーで寝てるんだ」

夫婦仲が悪くなっている男性は、こうした具体的な不満を言うようになります。

しかし、奥さんの話を聞いても具体的な話しはなく、曖昧なことしか言わないのは、不倫相手に言うほどの悪いエピソードがないからです。

デート中も奥さんへの連絡を定期的にしている

電話をするスーツの男性

夫婦仲が良い既婚男性は、定期的に奥さんに連絡をしています。

強制的に奥さんに連絡をさせられている可能性もありますが、それでもマメに連絡をするのは、夫婦関係を良好に保つための行為です。

夫婦仲が本当に悪化していれば、相手から連絡がくるのも連絡をされるのも、うっとうしく感じるようになります。

男性は、本当に気持ちがなくなった相手に時間を使うのを嫌がるので、既婚男性がなんと言い訳していても、定期連絡をしているうちは離婚をする気がないとおもっていいでしょう。

また、不倫相手に分かるように連絡をしている時点で、家庭を優先していることが明確なので、その点でも今後離婚して不倫相手と一緒になろうという気はないことが分かります。

健康的で規則正しい生活をしている

趣味を楽しむ男性

夫婦関係が上手くいっている男性は、自然と健康的で規則正しい生活をするようになります。

ライフスタイルがある程度決まっていて、それを崩すことが少ないので、体も健康ですし言動にもゆとりが感じられます。

一方で、夫婦仲が悪くなると、生活が乱れてしまう人がほとんどです。

家に帰りたくなくなるので、飲んで帰ることが増えたり仕事で遅い帰宅をするようになりますし、帰宅が遅くなれば就寝時間もバラバラになり、常に寝不足のような状態で過ごすようになります。

既婚男性が常に元気で、規則正しい生活をしているようなら、夫婦仲はそれほど悪くない可能性が高いでしょう。

嫁の話をしない不倫相手の既婚男性と奥さんの夫婦仲を知るためのチェック方法

身の回りのことをどれだけ自分でしているのか聞いてみる

シャツとアイロン

奥さんの方に愛情がなくなると、まず手を抜き始めるのが旦那の身の回りの世話です。

シャツのアイロンがけや夕食の支度など、嫁がやっていないようなら、夫婦関係は冷めている可能性が高いでしょう。

その場合は、奥さんの仕事などもチェックすると確実です。

奥さんも仕事をバリバリこなしている人なら、身の回りのことを既婚男性がしていてもおかしな話ではありません。

また、子供が小さい場合も、手が回らない可能性があります。

しかし、奥さんが専業主婦や短時間のパートなどをしているのに、彼が身の回りのことを自分でしていることが多いようなら、夫婦仲が悪いか既婚男性が大きな不満を抱えているはずです。

嫁が旦那の身の回りのことをしないということは、旦那が嫁に生活費を渡さないのと同意です。

収入が同じくらいで家庭に入れているお金も同じ程度であれば、家事も折半にしていることが多いですし、生活費を旦那がメインで稼いでいるなら、家事は嫁がメインでなくてはどちらかに不満が出てきます。

家事と家庭に入れている生活費のバランスが悪い夫婦は、夫婦仲も悪いとおもっていいでしょう。

奥さんの話をしているときや話した後の表情をしっかり確認する

考える男性

既婚男性が奥さんの話をしたとき、内容に関わらずどんな表情をしているか確認してください。

「嫁とは別に何もないよ」と言っていても、表情が暗かったり悲しそうな顔をしていたりしたら、言葉の裏に色んな感情が隠れています。

不倫相手の奥さんに関する質問を遮ったとしても、それが暗い表情なら話をしたくないほど夫婦仲が悪くなっているサインです。

逆に、奥さんの悪口を言っていても、どこか楽しそうだったり親しみを感じたりしているような表情なら、奥さんへの愛情はなくなっていないことが分かります。

不倫をしていると疑心暗鬼になって、相手の言葉に振り回されてしまうことがあります。

しかし、人は意外とシンプルなので、言葉ではなく表情に本音がでることがよくあるものです。

既婚男性の夫婦仲を知りたい場合は、彼の言葉ではなくその前後の表情をしっかり判断しましょう。

デート中の奥さんからの連絡頻度をチェックする

スマホを持つ男性の手

デート中にほとんど奥さんから連絡がこない男性は、夫婦仲が冷え切っていることが考えられます。

お互い関心がなく、パートナーが何時に帰ろうがどこに行こうが気にならない夫婦は、不倫デート中もLINEや電話がありません。

夫婦関係が冷めている既婚男性は、奥さんの話を聞いても「知らない」「分からない」と言うことが多く、それも嘘ではありません。

本当に、嫁に関心がなく会話もそれほど多くないので、なにをしているのか、どこにいるのか分からないのです。

ただし、他の電話もならない場合は、着信音を切っているだけの可能性もあるので、判断が難しくなります。

常に慎重に行動する性格の男性も、不倫デートをする前には、事前に連絡が取れないことを嫁に伝えている可能性もあるので、電話やLINEだけでは判断できません。

しかし、電話やLINEの頻度に気を配っておくと、なんとなく彼の夫婦仲が分かってくるので、どんなに口で「嫁とは上手くいっていない」と言っていても、連絡が来ているならしっかり夫婦生活を送っているということが分かります。

家族や両家実家の行事に定期的に参加しているかどうか

幸せな家族

家族の行事やお互いの実家のイベントに、ちゃんと参加している夫婦は比較的仲が良いと判断できます。

夫婦仲が冷めていると、家族といる時間がとても苦痛になります。

さらに、実家が関わってくる行事ともなると、一緒に参加するのが嫌で仕方なくなるものです。

こうなると、最低限の行事にしか夫婦で参加しなくなるので、家族と一緒に行動することはめっきり減っていきます。

また、遠出の外出も冷めきった夫婦には苦痛でしかないので、一緒に出掛けることはなくなっていきます。

長時間の移動は、仲が良い相手でなくては気まずく退屈な時間になるので、冷めた夫婦は極力避けるようになっていきます。

言葉では、夫婦仲が冷めきっていると言っていても、家族で遠出をしているようなら、夫婦仲は冷めきっているわけではありません。

家族の話を聞いても教えてくれない場合は、直球の質問をするのではなく「最近、どこかに遠出した?」などの話しから、夫婦仲をチェックしてみるといいでしょう。

ただし、愛情はまったくなくても、夫婦が友達のような関係になっていると、一緒に行動することが多いので判断は難しくなります。

楽しい会話のついでに自然な形で家庭の様子を聞いてみる

ソファーに座る男女

既婚男性の家庭の状況を知りたい場合は、あらたまって聞くよりも楽しい雰囲気のときに、自然な流れで質問してみるのがおすすめ。

グルメ番組を見ているときに「家族でラーメンとか食べに行ったりする?」「結婚すると、普通は外食って減るのかな?」というような質問をすると、そこから家族の様子を垣間見ることができるでしょう。

また、友達の夫婦ゲンカの話題を出した後に「そういえば、奥さんとケンカするのってどんな時?」と聞いてみると、彼の答え次第で夫婦仲がよくわかるでしょう。

既婚男性の答えが「家事を手伝ってくれないとか…そんなときかな?」など、浅い内容でケンカしているようなら、夫婦仲は比較的良いのが分かります。

逆に「会話がないからケンカもしないよ」「実家の両親の文句を言ってきて…」など、闇が深いような返答だったら、夫婦関係はかなり悪化している可能性があります。

既婚男性は、どんな話であっても嫁の話は不倫相手にしにくいものです。

改まって聞かれたら、構えてしまって話さない男性も、楽しい会話の中ならついポロッと話してしまうことがあるので、遠回しな質問で夫婦仲を確認してみてください。

しっかり確認したければストレートに彼に聞くのがベスト

愛し合う恋人

奥さんや家族の話をまったくしてくれない既婚男性に対して、大きな不安や悲しさを感じているなら、直接彼に気持ちを話してみるのがベストです。

彼を試すようなことをしても、お互いのためにならないことが多いものです。

「どうして家族の話をしないの?」

「気を使ってくれているのかもしれないけど、何も話してくれないのは不安になるよ」

こうして、不安な気持ちをストレートに話してみると、彼との関係が良くなる可能性があります。

男性は、特に意識せずに家族の話をしていない人もいますし、本当に夫婦仲が悪くて思い出したくないとおもっている人もいます。

こうした回答をもらえれば、不倫相手としては安心できますよね。

ただ、相手が遊びで付き合っている場合は「重い」「面倒くさい」とおもわれてしまい、関係が悪くなることも考えられます。

こうなると質問したことを後悔するかもしれませんが、家族の話を聞いただけで関係が悪くなるようなら、いずれ不倫関係は終わっていたとおもっていいでしょう。

嫁の話をしてくれなくて、いつもモヤモヤしていて、白黒ハッキリさせたい人はストレートに彼に気持ちを打ち明けてみましょう。

嫁の話をしない既婚男性が必ずしも夫婦仲が良いわけではない

手を握る恋人

不倫中の彼が嫁の話をしないからといって、必ずしも不倫相手に隠したいほど夫婦仲が良いわけではありません。

嫁の話題を口にするのも不快に感じている男性や、不倫相手との時間を大切にしたい男性もいるので「仲良しだから奥さんのことを隠しているんだ」と頭ごなしに決めつけるのはいけません。

ただ、本当にあなたを大切に思っている男性なら、嫁の話をしない理由をしっかり説明してくれるはずなので、どうしても不安になるなら彼に相談してみましょう。

また、不倫関係にあるときは、必要以上に奥さんを意識しすぎて、2人の大切な時間をおろそかにしないことも大切です。

奥さんを気にしすぎたばかりに、彼に振られてしまう…なんてことがないよう「今」を大切にすることも忘れないでくださいね。