同窓会での乾杯

同窓会の後に始まる不倫は、今やスタンダードになっています。

ドラマや映画でも、不倫が始まるシチュエーションで多いのが、同窓会への参加や同級生との久しぶりの再会です。

キラキラしていた学生時代の仲間たちと再会し、ドキドキしたり驚いたりする時間は、日常では味わうことのできない楽しいものです。

当時好きだった人や元恋人に再会することもあり、あの頃の気持ちが蘇ってしまうこともあるでしょう。

しかし、同窓会で始まる不倫は、短期間で終了することが多く、関係を持ったことを後悔している人が多いのが事実です。

あなたも、同窓会から始まった不倫を清算したいとおもっているかもしれません。

ここでは、同窓会で不倫が始まりやすい理由や、同窓会で感じるトキメキの正体をチェックして、あなたが感じたトキメキの理由を冷静に分析してみましょう。

そして、不倫を清算したいと思っているなら、同窓会不倫の上手な終わらせ方も見てください。

今後も顔を合わせるかもしれない相手なので、できるだけキレイに後腐れなく別れる方法を知って、スムーズに友達に戻りましょう。

同窓会は不倫のスタート地点?同窓会に行くと不倫がはじまる理由

当時好きだった人や元恋人に再会できる

自信のある男性

同窓会では、当時好きだった人や元恋人に再会することがあり、そこから不倫に発展するケースが多々あります。

当時は上手くいかなかった関係も、大人になった今なら上手くいくような気持ちになって、お互いの気持ちが高まり不倫関係へと発展してしまうのです。

一度好きになった人なので、好きになるハードルは低めですし、一緒に過ごしている時間も多いことから思い出話も盛り上がります。

ですから同窓会で意気投合すれば、その日のうちに不倫関係になる人も少なくありません。

その日のうちに不倫関係にならなくても、連絡先を交換して頻繁にコミュニケーションを取っているうちに、相手を好きになってしまい不倫が始まることもあります。

当時好きだったと告白される

花を渡す男性

同窓会で不倫が始まるシチュエーションに、異性から当時好きだったと告白されるケースがあります。

「当時言えなかったけど、お前のこと好きだったんだ」「学生の頃は、あなたに片思いしてたんだよね」などと言われたら、嬉しくない人はいないでしょう。

特に、既婚者になって恋愛から遠ざかっている人にとって、当時のこととはいえ好きだと告白されるのはキュンとするものです。

相手に好きだったと言われると、人は不思議なもので自分も好意を持つようになります。

お互いが好意を持ち、同窓会をきっかけに連絡を取り合うようになると、そこから不倫が始まることも多いのです。

他にも、告白とまではいかなくても「当時からずっと可愛いとおもってたよ。全然変わってないな」「あの頃からキレイだったけど、もっとキレイになったな」などと褒められるのも、キュンとするシチュエーションです。

若い頃に気持ちが戻る

両手を広げる女性

学生時代の同級生に会うと、気持ちが当時に戻って若さを取り戻したような気分になります。

この気持ちが影響して、誰かを好きになったり愛されたりすることを諦めていた既婚者も、再びドキドキする気持ちを味わいたいと思うきっかけになります。

当時に戻ったような気分になると、既婚者であることを忘れて、不倫を始めてしまう人も多いようです。

この感情は、年齢が上がれば上がるほど沸き上がりやすく、30代後半以上の男女に強く影響を与えます。

共通の話題や悩みで盛り上がれる

笑い合う恋人

同級生とは共通の話題があるので、異性と上手く話せない人でも、簡単に盛り上がれて楽しい時間が過ごせます。

その楽しさは、大人になって出会った人たちとはまったく違うものなので、相手を特別な人と感じやすい状況ができあがります。

話していると「こんなに笑ったのは久しぶり」「こんなに自然体でいられるのは、この人が運命の人だからかもしれない」という思いが湧き上がることもあり、そこから相手に特別な感情が湧いてきます。

相手も、同じような気持ちになっていたら、そこから次の約束をして不倫へ発展していきます。

また相手の素性が分かっていることから、悩みを赤裸々に話しやすいのも、不倫をスタートさせやすい要因になります。

家庭の悩みや、同じ年齢だからこそ感じるストレスなど、共感できることが多いので、ダブル不倫が多いのも同窓会不倫の特徴です。

お酒の勢いで開放的になりやすい

パーティーのお酒

お酒が入る場所では、普段でも不倫が始まりやすいものです。

その上、同窓会となると、いつもはお酒を控えている女性も、同級生ばかりという安心感からお酒の量が増えてしまうこともあります。

その開放感は、いつもなら冷静な判断ができてしまう人でも、つい間違いを起こしてしまうほどです。

今まで、不倫なんて自分には無関係と思っていた人でも、楽しさとお酒の勢いで不倫が始まりやすくなります。

酔った勢いで、その日のうちにホテルに行くカップルもいますし、ノリでキスやハグをしたのが不倫のきっかけになるカップルもいます。

素性の分かっている安心感

会話をする男女

不倫が始まるときは、一般的に相手の素性を知り、人間関係ができた上で深い関係になります。

しかし相手が同級生の場合は、学生時代を共にしていることで素性は分かっていますし、人間関係の構築もできている状態なので、最初から警戒心はありません。

不倫の最初のステップを踏まなくていいので、同窓会では不倫がスタートするまでのハードルが異常に低くなります。

不倫関係になるスピードも早いので、同窓会で意気投合したら、その日のうちに不倫が始まることも少なくありません。

同級生は、実家の場所や両親を知っていることもあるので、その安心感は不倫をスタートさせるには大きい要因になります。

達成されなかった恋へのリベンジ

嬉しそうに笑う女性

学生時代、片思いをしていた人や気になっていた人には、心のどこかで未練や後悔が残っているものです。

付き合ったものの、若さが原因で上手くいかなかった相手なども同様です。

当時、叶わなかった不完全燃焼の恋は、相手に会うことで、くすぶっていた炎が燃え上がるように、気持ちが高まってしまいます。

このような状況になると、叶わなかった恋をリベンジしたいという気持ちになり、自然と相手にアプローチしてしまい不倫がスタートします。

逆に、相手にこのような気持ちがあると、猛アプローチをされて不倫を始めてしまうこともあります。

同窓会に行って不倫が始まりやすい人の特徴

家庭やパートナーに不満を抱えている

孤独な女性

不倫を始める人の多くは、家庭やパートナーに不満を抱えています。

パートナーとケンカが多い、会話が少ない、セックスレス、自分を理解してくれないなど、結婚すると細かな不満が積もっていくものです。

そんな状況で同窓会に行くと、同級生の異性がパートナー以上に素敵な人に見えてしまいます。

その上「キレイになったね」「相変わらず可愛いね」などと褒められると、日頃パートナーから褒められないこともあり、気分が良くなるものです。

家庭が上手く行っていれば、このような褒め言葉に乗ることはありませんが、パートナーから愛されている実感がないと、他の異性の褒め言葉にときめいてしまうのです。

また、家庭が上手くいっていない状態で、当時付き合っていた人や好きな人に再会すると「この人と上手く行っていたら、今頃どうなっていただろう」と想像してしまいます。

その想いが恋愛感情に変化し、不倫へと発展していくこともあります。

異性へのボディタッチが多い

デートする男女

ボディタッチが多い人は、相手に好意を持たれやすく不倫が始まりやすい傾向にあります。

男性でも、いやらしさがなく自然と女性に触れることができる男性はモテます。

同窓会で、やたらと近くの異性にボディタッチをしている人がいたら、不倫を始めやすい人だとおもっていいでしょう。

この特徴を理解して、不倫を始める参考にすることもできます。

女性なら、狙っている男性に自然とボディタッチをして距離を縮めます。

隣に座っているときは、ヒザが当たる距離を保つと男性が誘いやすくなります。

男性の場合は、ボディタッチというより、エスコートという名目でボディタッチをするといいでしょう。

お互い立って話しているときに、周囲の人から守るように、そっと背中や腰に触れてエスコートすると、女性をキュンとさせられます。

お酒が好き

乾杯する女性

お酒が好きというのも、不倫に走りやすい人の特徴です。

そもそも、お酒が飲めない人は、同窓会で開放的になることも少なく、常に冷静な判断ができます。

しかし、お酒が好きでノリのいい人は、お酒の勢いや場の雰囲気に流されやすいので、誘われると勢いで不倫がスタートしやすい傾向にあります。

同窓会の当日は何もなくても、盛り上がった異性と「また一緒に飲もう」ということになり、日を改めて再会するきっかけもできます。

飲み会が増えると、それだけ不倫が始まるきっかけも増えるので、同窓会での出会いが不倫に発展しやすくなります。

日常生活が退屈

悩む女性

家庭に大きな不満はなくても、平凡すぎる毎日を送っていると、人は徐々に退屈になってくるものです。

その退屈さを理由に不倫を始める人はいませんが、このタイプの人は外部から刺激的なことがやってくると、冷静さを失いおもわず手を出してしまいます。

次のような人は、外部からの刺激に弱いのでセルフチェックしてみましょう。

  • 毎日が同じルーティンの繰り返し
  • 没頭できる趣味がない
  • 友達付き合いが希薄
  • 新しいことを始めるヤル気が出ない
  • 生活のために仕事に行っている
  • 常に「このままでいいのか」という不安がある

大きな不満はなくても、上記に思い当たることがあれば、不倫のきっかけがあると流されやすい人です。

慢性的なストレスがある

拗ねる女性

ストレスを抱えている人も、不倫をしやすい傾向にあります。

仕事での人間関係、パートナーからのプレッシャーなど、慢性的にストレスを感じていると、心のどこかに「現実から逃げたい」という感情を抱えることになります。

休日、上手くリフレッシュできればいいのですが、結婚すると十分休むことも、気分転換に出かけることも、そう簡単にはできなくなります。

上手くストレスを発散できない状態が続くと、冷静な判断ができなくなり、現実逃避をするように不倫に走りやすくなるのです。

また、不倫には抗うつ剤に似た作用があるので、ストレスが溜まっている人ほど、のめり込みやすいという話もあります。

女(男)として見られない寂しさを感じている

悲しむ女性

結婚すると、周囲の人から女や男というカテゴリーで見られなくなります。

当たり前のことなのですが、異性から異性として見られないことに寂しさを感じている既婚者はたくさんいます。

同窓会では、日頃の肩書は関係なく、全員の接し方が学生時代に戻ってしまうものです。

「〇〇さんの奥さん」や「〇〇会社の部長さん」という見方ではなく、ただの女や男として接してもらえるので、寂しさが解消されるような気分になります。

同窓会で「〇〇ちゃん」「〇〇くん」と呼ばれるだけでも嬉しくなってしまう人は、不倫に走りやすいでしょう。

不倫している友達がいる

3人の女友達

不倫をしている友達がいると、不倫に対するハードルが低くなります。

本来なら、不倫は法律を犯すことなので、手を出そうという気持ちは起きにくいものです。

しかし、身近に不倫をしている人がいると「誰でもやってるんだよね」「友達も幸せそうだからいいよね」と、不倫に肯定的な思考になっていきます。

ちょうど、未成年のタバコやお酒に対する感覚と似ていますね。

悪いことと分かっていても、友達が楽しそうに不倫をしていたら、罪悪感が薄れてつい手を出してしまいます。

不倫への憧れがある

キスをする恋人

男性の中には、いまだに浮気は甲斐性と思っている人も多いので、不倫に憧れを持っている人は少なくありません。

また不倫に関するドラマや映画が増えたことで、秘密の関係に憧れを持つ女性も増えています。

特に、既婚女性の不倫を扱ったドラマが増えたことで、不倫にまったく興味のなかった既婚女性の中にも「ちょっとくらいなら」という気になっている人もいます。

確かに、ドラマや映画では、不倫がとてもキレイに描かれていることが多いので、憧れてしまうのはしょうがないかもしれません。

このタイプの人は、日頃は意識していなくても、同窓会で異性と良い雰囲気になると、ドラマの主人公になったような気がして、つい流されて関係を持ってしまいます。

向上心が強い

香水をつける女性

向上心が強い人は、不倫のような不毛なことはしないようなイメージがあるかもしれません。

しかし、もっといい環境で暮らしたい、いつまでもキレイな女(いい男)でいたい、人から愛されたいと思っている人は、不倫しやすい傾向にあるのです。

しっかり目的を持って、それを実現するための向上心を持っている人は、不倫には手を出しません。

不倫にハマってしまう人は、明確な目標がなくとりあえず「今以上」を目指している人です。

このタイプの人は、同窓会で話が盛り上がる人や、パートナーより優れたところを持っている人がいると、自分のものにしたいと思うようになります。

その感情は、自分や相手が結婚していても関係ありません。

また、自分を異性として扱ってくれることに気分が良くなってしまうのも、このタイプの特徴です。

褒められたり誘われたりすると気分が良くなって、そのまま不倫関係に陥りやすくなります。

再会で感じるトキメキの正体

単純な緊張感

綺麗な女性

同窓会に行くと、みんな自分を覚えているか、同級生たちがどんな風に変わっているのかと、ドキドキするものです。

同窓会が始まれば、久しぶりに顔を合わせる人たちに驚いたり、驚かれたりとテンションが上がっていきます。

このような緊張感は、「吊り橋効果」に似た影響を与えます。

吊り橋効果とは、吊り橋のようなドキドキする場所で出会った異性に対して、恋愛感情を抱きやすく現象のことです。

脳が、恐怖や不安でドキドキしているのを、恋愛感情と錯覚してしまうのです。

この現象と同じように、久しぶりの再会に緊張しているだけなのに、恋愛のときに感じるドキドキと脳が勘違いして、目の前にいる異性に好意を持っていると錯覚してしまいます。

当時の自分へのトキメキ

勉強する女性たち

学生の頃は、大きな夢を持っていたり、何かに一生懸命になっていたりしたはずです。

当時の自分は、今の自分が見るとキラキラした存在ですし、大きな可能性を秘めていました。

そんな自分への思い出が、恋心に発展することがあります。

本来は、当時の自分へのくすぐったいような思い出やトキメキなのですが、その気持ちを恋心と勘違いしてしまうのです。

同窓会で、会う異性が素敵に見えるのは、こうした作用もあります。

学生時代とのギャップに対する驚き

外を見る男性

学生時代とのギャップがある異性には、驚いて興味が湧くものです。

当時は冴えない人だったのに、同窓会で再会したら垢抜けて素敵な大人の男性になっていたら、誰でも「どんな人生を送ってきたんだろう」と興味が出るものです。

その驚きや興味が、恋愛のトキメキと似ていることから、相手に好意を持っていると錯覚してしまいます。

逆に、あなたの変化にも魅力を感じる異性が出てくる可能性があります。

相手の猛アプローチで不倫が始まったら、本当に恋愛対象として好きになってくれた場合もありますが、過去とのギャップに興味を持ってくれただけかもしれません。

自分のことを理解してくれている嬉しさ

デートする恋人

学生時代を共にしていると、同級生が自分のことを理解してくれていることに嬉しくなる瞬間があります。

例えば、頻繁に遊んでいた同級生が「お前、虫が苦手だったよな」「〇〇好きだったよね」などと言ってくれると、自分のことを分かってくれていることに嬉しくなるものです。

キュンとするシチュエーションでは、料理を注文するとき「お前、昔から生もの苦手だったよな?」と言って、あえてそれを避けて注文してくれると、女性ならキュンとします。

また男性の場合は「〇〇くんって、唐揚げ好きだったでしょ?」と言ってお皿によそってもらうと、自分のことを分かってくれていることにトキメキます。

このように、自分のことを理解した上で気遣ってもらうと、相手への高感度が急上昇してしまいます。

同窓会から始まった不倫の同級生ならではの楽しみ方

思い出の場所をデート

散歩をする男女

同級生とデートするなら、一緒に過ごしていた学生時代に通ったお店や、思い出の場所に行くと盛り上がります。

大人になってから思い出の場所に行くと、当時とは違った風景に見えて、新鮮な気持ちになれるものです。

当時通っていた学校の近くをお散歩デートしたり、みんながよく集まっていた公園で遊んでみたりすると、懐かしさも手伝って十分楽しめるでしょう。

また、こうした過去を振り返って自分見つめ直す時間は、人生にもいい影響も出ます。

思い出を振り返るデートは、同級生だからできる特別なデートなので、同窓会で不倫が始まったら、思い出の場所に出かけてみましょう。

同級生グループでお泊りデート

キャンプをする男女

同窓会をきっかけに、同級生と集まる機会が増えるものですが、そのグループに参加するのも楽しいデートになります。

自分たちが発起人になって、プチ同窓会をするのもいいでしょう。

グループで行動すれば泊まりで遠出しても、パートナーに怪しまれることはありません。
みんな、気心しれた人たちばかりなので、単純に旅行としても楽しめますし、ついでに2人
のお泊まりデートもできます。

このような集まりを定期的に開催すれば、毎日の生活にもハリが出てきます。

ただし、パートナーに不倫がバレる理由のひとつに、同窓会後から急に出かける頻度が増えるというのがあります。

あからさまに同級生で集まる回数が増えると、すぐに不倫を疑われてしまうので注意が必要です。

同じタイミングで地元に帰る

電車を見送る女性

不倫が始まった同級生の中には、地元が同じカップルもたくさんいるでしょう。

地元が同じなら、実家に帰るという名目で不倫相手と時期を合わせて帰省し、地元でデートするのもおすすめです。

お互いが自分たちの実家に泊まれば怪しまれることはありませんし、両親や兄弟とも親睦を深められます。

住んでいる場所と地元が離れているなら、人目を気にせずデートできるのも嬉しいポイントです。

また不倫相手と遠距離の場合も、地元で落ち合うようにすると、デートがスムーズにできます。

当時に戻って学生デート

夜の遊園地

同級生カップルということで、当時に戻って学生がしそうなデートに挑戦してみるのも楽しいものです。

動物園や遊園地、水族館なども定番ですが楽しいデートができます。

大人になったら行く機会が減るゲームセンターやボーリングなども、久しぶりに挑戦すると新鮮な気持ちになれます。

年相応のデートも楽しいのですが、学生の頃に戻ってデートするのも、刺激的で楽しいものです。

同じ趣味を楽しむ友達デート

カメラを持つ女性

同級生のカップルなら、友達のように一緒に趣味を楽しむデートも盛り上がります。

不倫相手と共通の趣味を見つけるか、一緒に新しく始めてみるのもいいでしょう。

一緒に趣味を楽しんでいるだけなら、万が一パートナーに見られても言い訳しやすくなります。

スポーツ系なら、テニスや野球観戦、マラソン、サーフィンなども男女一緒に楽しめます。

映画鑑賞、食べ歩き、カフェ巡り、カメラなども、一緒に楽しむにはベストです。

また、楽器演奏や写経など、時間を忘れて没頭できるような趣味を探してみるのも、毎日に刺激をプラスできるようになります。

もうやめたい!始まった不倫関係の終わらせ方

リスクを把握して意志を固める

思いに耽る女性

とてもシンプルに考えると、不倫を終わらせられないのは自分の心の中に「不倫をやめたくない」という気持ちが残っているからです。

別れる決意を固めたいなら、「やめたくない」という気持ちを「やめなくちゃいけない」という気持ちに変える必要があります。

その方法はいくつかありますが、すぐできて簡単な方法は、不倫を続けたときやバレたときのリスクを紙に書き出して明確にすることです。

「パートナーと離婚することになる」「慰謝料を払わなくてはいけなくなる」「同級生に白い目で見られる」など、不倫を続けていてパートナーにバレたときのことなどを詳細に考えてみてください。

ただ想像するだけではなく、紙に書き出して視覚化すると、冷静にリスクを考えられるようになります。

ネットなどで、不倫がバレて地獄を見た人の体験談を見るのもおすすめです。

「こうなったら人生が終わる」と思えるようになると、不倫は意外とあっさり辞められる場合もあります。

連絡を減らして自然消滅

スマホを見る女性

あなたに別れる決心がついていれば、徐々に連絡頻度を減らして自然消滅に持っていくのもいいでしょう。

不倫は、始まるときは勢いです。

どちらかが「付き合ってください」ということはなく、暗黙の了解で始まっていきます。

ですから、本来なら「別れましょう」という必要はありません。

自然消滅できるようなら、何となく会わなくなるという選択をするのも悪いことではないのです。

また自然消滅の場合は、次会ったとき気まずくなりにくいのもメリットです。

次の同窓会などで会ったら「なんか自然消滅になっちゃったね」と軽く言えるので、後は友達として付き合えばいいだけです。

セックスを拒否する

肘を抱く女性

不倫相手を断ち切れない人や、相手が別れに同意してくれない人は、セックスを拒否するようにしましょう。

理由は、体調が悪い、気分が乗らない、不倫への罪悪感があるなど、どんなことでも構いません。

女性は、セックスの回数だけ相手に情が出てきます。

男性は、セックスができるから不倫相手に会っている人が大半です。

恋愛感情とは関係なく、男女には上記のような特徴があるので、セックスをしないことで状況が変わることが多いのです。

あなたがセックスを拒否して、体の関係がなくなれば、相手の方から別れを切り出してくれるかもしれません。

逆に、あなたの気持ちが不倫相手から離れるかもしれません。

不倫とセックスはセットになっているので、片方を断ち切ることで関係が切れる可能性もあります。

別れるのではなく距離を置く

海を見る女性

別れる勇気がない場合や、相手が別れを受け入れてくれない場合は、一度距離を置きたいと提案してみましょう。

「旦那が怪しんでいるから、しばらく会うのはやめよう」といった理由にすると、距離を置くのに違和感がありません。

一度会うのを辞めると、あなたも冷静になり不倫相手への感情が冷めていくかもしれません。

最初は、会いたいという衝動が出てくるかもしれませんが、2か月もすれば落ち着いてきます。

相手から連絡がなければ、そのまま自然消滅でもいいですし、気持ちが冷めきったところで別れ話をしてもいいでしょう。

その際は、会うと気持ちが再燃することがあるので、LINEやメールにするのがベストです。

物理的に会えない環境を作る

開かれた手帳

不倫を辞めたいのに、どうしても不倫相手が忘れられないなら、依存症になっている可能性があります。

不倫が悪いことというのも、不倫がバレたときのリスクも分かっているのに会いたくなるのは、お酒やタバコと同じで依存症になっているからです。

依存症の治療には、物理的に対象から離れるという方法があります。

具体的には、不倫相手に会わないようにするのではなく、どうしても会えない状況を付くるということです。

例えば、次のような方法を試してみましょう。

  • 会う時間がなくなるほど予定を入れる
  • 連絡先を消去して電話番号も変える
  • 遠くに引っ越しをする
  • 副業などを始めて、仕事量を増やす
  • 没頭できる趣味をみつける

会いたくなっても会えない状況を作ると、そのうち気持ちが落ち着いてきて、不倫相手のことも冷静に考えられるようになります。

別れたいと思っているなら、パートナーにバレる前に清算するのがベストです。

できることは積極的に試して、不倫相手への気持ちを吹っ切りましょう。

自分の気持ちをメールやLINEで伝える

スマホを持つ手

顔を見たり声を聞いたりすると、別れる決断が揺らいでしまうなら、LINEやメールでキレイに別れる方法を試してみましょう。

会って話をすると、好きな気持ちも湧き出てきますし、興奮して言わなくてもいいことまで言ってしまうことがあります。

お互いが興奮して別れ話がこじれてしまうと、泥沼状態になって別れることになります。

そうならないために、冷静でいられるLINEなどを使って、不倫を清算したいことを伝えましょう。

相手も冷静に受け止められますし、余計なことを言って失敗することもなく、キレイに不倫を終わらせることができます。

最後に素敵なデートをする

自転車に乗る恋人

不倫相手への気持ちが落ち着いているなら、最後に素敵なデートをして終わらせるのもいいでしょう。

不倫は、いつか終わりがくる関係です。

その終わりを引き延ばしてダラダラ付き合うのも、バレるまで突き進むのも、キレイに終わるのも本人の自由です。

あなたがキレイに終わりたいと思うのなら、素敵なデートをしていい思い出にして終わらせると、その後は未練を残すことが少なくなります。

ただし、相手への未練がかなり残っている場合は、素敵なデートをする方が別れられなくなるので注意しましょう。

根本的な悩みを解消する

抱き合う恋人

不倫をするのは、現状に何らかの不満やストレスを抱えているからです。

不倫を辞めたいのに辞められないのなら、不倫相手と別れることは一旦忘れて、自分の問題を解消することに注力してみましょう。

根本的な問題を見つけて、それを解消することで不倫相手や不倫という行為への執着心がなくなっていくことも、よくあるのです。

例えば、あなたの問題がパートナーへの不満やセックスレスが原因なら、一度しっかりパートナーに向き合ってみるのもいいでしょう。

一度時間を作って、冷静に話し合ってみると、解決策が見えてくるかもしれません。

根本的な問題をクリアにすると、あっさり不倫関係を解消できるでしょう。

不倫に変わる没頭できる趣味を見つける

パソコンを操作する女性

不倫は、とても危険な遊びですが、刺激的で辞められなくなってしまう中毒性もあります。

それを上回る趣味を見つけるのは難しいかもしれませんが、不倫を辞めたいとおもっているなら、没頭できる趣味を探してみるのもひとつの解決方です。

可能なら、パートナーと一緒に始められるものを見つけてみるのもいいでしょう。

趣味以外にも、没頭できる副業を見つけるのもおすすめです。

ハンドメイドが好きなら、販売できるレベルまでスキルアップして、ネットやフリマを利用して売ってみるのも、不倫から感情を切り離すのに有効です。

不倫という刺激を忘れようとするのではなく、新しい刺激を入れて追い出すという方法を使った方が、気持ちが切り替えやすくなる人もいるので、悩んでいるなら試してみてください。

環境を変えて気分をリフレッシュする

気持ちよく目覚める女性

不倫を辞めたいなら、思い切って環境をガラリと変えてみるのもいいでしょう。

やりたかった仕事や資格に挑戦したり、思い切って起業したりするのも有効です。

可能なら、引越しすると気分を切り替えやすいので、パートナーに相談してみてもいいかもしれません。

引越しをキッカケに、夫婦関係も改善に取り組んでみるのも、今後の人生にはいい影響を与えるでしょう。

引越しが難しい場合は、不要なものを捨てて、掃除と模様替えをするだけでも気持ちが切り替わります。

住んでいる環境と思考はつながっていると言われています。

思考がまとまらないときは、住んでいる環境を整えることで、自然と思考が固まってくることもあります。

不倫相手としっかり話し合う

会話する男女

あなたが不倫を解消したくても、相手が納得してくれないケースもあるでしょう。

そのときは、相手に納得してもらえるまで、時間を掛けて話し合うしかありません。

不誠実に対応すると、逆上して家族にバラされたり、ストーカー行為が始まったりすることがあります。

相手が冷静さを失うと、あなたの家庭が壊れてしまう危険もあるので、面倒でもしっかり話し合いましょう。

話し合いをするときは、相手に誠実に接しながらも毅然とした態度でいなくてはいけません。

相手を刺激しないように思わせぶりなことを言うと、返って問題が大きくなることがあります。

また、話し合いの場は、お互いが住んでいる場所から離れていて、なおかつ人の多い場所の方が安心です。

話がこじれたら信頼できる第三者に相談する

スーツ姿の男性

別れ話がこじれて、危険を感じるようになってしまったら、信頼できる第三者に入ってもらった方がいいでしょう。

口が堅く、お互いのことを良く知っている人がベストです。

また不倫相手が尊敬している人や仲良くしている人なら、なおさら適任です。

第三者が入ると、不倫相手も冷静に話しができるようになるので、別れ話がスムーズに進むようになるでしょう。

ただし、不倫相手がプライドの高いタイプなら、第三者を入れたことでかえって怒らせてしまうことがあります。

不倫相手の性格を考慮して、問題が大きくならない方法を考えてください。

同窓会から始まる不倫は楽しい反面リスクも大きい

考える女性

同窓会で始まる不倫は、会話も楽しく急激に親密になれますが、リスクも大きくなります。

パートナーにバレれば修羅場になることは確実ですし、同級生にバレたら今後付き合いができなくなることも考えられます。

不倫相手のことを本気に愛しているのなら、不倫がバレても代償を払う価値はあります。

しかし同窓会で好意を持つ相手は、さまざまな心理の影響を受けて、素敵な人だと勘違いしているケースも多いのが事実です。

勘違いの愛情で代償を払うのは、とてももったいないことです。

また素性の分かっている同級生だからと安心して、不用心に受け入れると、想像していた人と違うということもあります。

不倫相手と数年ぶりに会うのなら、人が変わっていてもおかしくありませんし、思い出が美化されていることだってあります。

そんな相手と安易に関係を深めて、別れるときに揉めるというケースもあるので、不倫を始めるときは十分注意が必要です。

現在、上記のようなことで悩み別れを考えているのなら、パートナーにバレる前に早めに手を打ち、スッキリ不倫を解消してください。

別れを引き延ばしても良いことはありません。

あなたに合った別れ方を見つけて、さっそく試してみてくださいね。