告白する男性

あなたが社会生活を送っていると、男性から「好意をもたれているかも?」と思う瞬間があるでしょう。

やたらと話しかけてくれる男性や、家族のことを聞き出そうとしてくる男性、頻繁に食事に誘ってくれる男性が現れると、好意を持たれているかもしれないことに戸惑うことも出てきます。

しっかり告白されれば、あなたも対応しやすいのですが、そうでなければどう対処していいのか分からなくなりますよね。

自分に好意を持ってくれているような、旦那以外の男性の行動に戸惑っている既婚女性は必見。

既婚女性と苦しいほど好きになってしまった男性の行動や、LINEなどの特徴を見てみましょう。

彼と照らし合わせると、あなたのことを本気で好きなのかどうかが分かってくるはずです。

また、好意を持たれたときの対処法も合わせてチェックしておくと、今後2人の関係を壊さずスムーズに対処する方法も分かります。

叶わぬ恋…既婚女性を好きになってしまいやすい男性の特徴

独身の女性との恋愛が上手くいかない

悩む男性

これまで、独身女性との恋愛が上手くいかなかった男性は、既婚女性に惹かれやすい傾向にあります。

例えば、彼女が仕事のことを理解してくれない、会話が恋愛や結婚のことばかり、変な駆け引きをしてくるので疲れる、などで辟易している男性は、女性と付き合うことに消極的になってしまいます。

こうした悩みを持っている男性にとって、既婚女性は安心して付き合える異性になるでしょう。

最初は、既婚者ということもあり、女性としてではなく友達として会話や相談をするようになり、独身女性にはないような落ち着きや包容力、視野の広さなどを知ると、女性として魅力を感じるようになります。

これまで苦痛に感じていた独身女性への不満の多くを、既婚女性はクリアーしているので、恋愛に悩んでいる男性にとって、理想的な女性に見えることがあるのです。

結婚にまったく興味がない

破かれた婚姻届

結婚に興味のない男性は、結婚適齢期の独身女性と付き合うとストレスを感じることが多くなります。

結婚に興味のない女性ならいいのですが、そうではない女性と付き合っていると、日々プレッシャーに悩まされますし、結婚への考え方の相違でケンカをすることも増えます。

結婚への考え方が違うことで、別れるカップルも多いので、結婚適齢期を迎えている独身同士の恋愛が難しいことが分かります。

彼女と毎回のように結婚に対する考え方で上手く行かない男性は、結婚したいと言わない既婚女性に気持ちが傾くことがあります。

結婚に興味がない男性も、女性とは付き合っていたいと思います。

しかし、独身女性と付き合うと結婚で揉めてしまうので、既婚女性の方が自分には合っていると思うようになり、既婚女性が恋愛対象になっていきます。

束縛やベタベタした関係を嫌う

孤独な男性

独身男性の中には、女性からの束縛や過干渉を嫌う人がいます。

それが原因で恋愛に消極的になっていたり、女性と付き合っても長続きしなかったりすることが多いのですが、このタイプの男性には既婚女性の接し方が魅力的に感じることがあります。

既婚女性は、男性を束縛したり必要以上に干渉したりすることが少なくなります。

束縛を嫌う男性が既婚女性と話していて、束縛をしないドライな考え方や寛容な考え方に共感すると、相手に好意を持つようになることもあります。

都合の良い相手を探している

話を聞いていない男性

既婚女性は、都合のいい相手として見られることも多いものです。

男性の中には、既婚女性は欲求不満だと思っている人もいますし、不倫願望があると勘違いしている人もたくさんいます。

また、既婚女性は家庭を持っているので、男性への要求も少なく後腐れがないので、割り切った関係やセフレには最適だと思っている人が多いのです。

実際に、割り切った関係の男性と、不倫で結婚生活のストレスを発散している女性もいますが、本当にごくわずかです。

恋愛に癒しを求めている

孤独な男性

独身女性と既婚女性の大きな違いは、他者に対する寛容さです。

もちろん、すべての女性がそうではありませんが、家族に合わせて生活スタイルを変えていく既婚女性は、他人に対して寛容になり、自然と相手に合わせる技術を身につけている人が多いものです。

そんな既婚女性に接していると、安心感や癒しを得られる男性も多く、接しやすいという感覚が、徐々に好きという感情に変化することもあります。

女性に癒されたいと思っている男性や、女性に合わせてばかりの恋愛に疲れを感じている男性は、既婚女性に惹かれやすい傾向にあります。

刺激のある恋愛を求めている

抱き合う恋人

普通の恋愛に飽きてしまった男性は、既婚女性に興味が出てくることがあります。

独身女性と恋愛しても、結局は同じことを繰り返すだけだと考える男性にとって、既婚女性は落としにくい女性ですし、付き合えた場合はスリルのある恋愛ができそうだと思うようになります。

他の男性のものという立場も、男性の闘争心を掻き立てることがあるので、平凡な恋愛に飽きた男性は、既婚女性に夢中になることが多いのです。

考え方も、独身女性と既婚女性でが微妙に違うので、それを新鮮に感じることも多いでしょう。

既婚女性を好きになって苦しいと感じている男性がとる行動や態度

態度が日によって変わる

既婚女性を好きなだけなら、会うと毎回嬉しそうに会話をしたり、他の女性と話すときよりテンションが高くなったりするだけですが、苦しいほど好きになってしまうと、あなたと接するときの態度が不安定になります。

本気で既婚女性を好きになった男性は、好きな人と会話ができて嬉しいと思う日もあれば、既婚者を好きになってはいけないと思って避けるようになったりする日もあるので、態度が一定していないことが多くなってしまうのです。

本気になればなるほど、この傾向は強くなるので、あなたは接しづらいと感じることも増えるでしょう。

しかし彼の態度が不安定だということは、彼の中で日々葛藤が起きていて、あなたを好きな気持ちをどうすればいいのか、真剣に悩んでいるということです。

どうでも良いことで頻繁に連絡してくる

スマホを持つ男性の手

どうでも良いことで頻繁に連絡してくるようになるのも、あなたを好きな男性が、ついやってしまう行為のひとつです。

他の人に聞けば分かるようなことでも、わざわざあなたに聞いてきたり、どうでもいい報告をしたりして、少しでもあなたと接点を持とうとしてきます。

あなたが既婚者だということで、好きだと伝えられないもどかしさが、こうした行動を起こさせるようになっていきます。

他にも、どう返事をしていいのか分からないLINEが増えたり、内容がイマイチ分からない電話が掛かってきたりするのも、彼の心の葛藤が分かる行動の特徴的なものと言えます。

頻繁に目が合うのに暗い表情をしている

シャツを着た男性

好きな人と目が合うと、嬉しくて笑顔になったり、表情で会話をしようとしたりしますが、好きすぎて苦しくなっている男性は、目が合っても嬉しそうな表情はしなくなります。

あなたを見ていても、叶わない恋だと思って切なくなっているときに目が合ってしまうので、どうしても明るい表情ができなくなってしまうのです。

あなたも、叶わない相手に片思いをした経験があれば、この気持ちが理解できるのではないでしょうか?

無邪気に好きだと思っている相手とは違い、どんなに好きになっても叶わない相手を見つめるときは、嬉しさと切なさが共存して、笑顔にはなれないものです。

褒めることが多くなる

コーヒーショップの男性

あなたを褒めることが増えるのも、好意を持っている男性のしがちな行動です。

表面的なことを褒めてくれるのではなく、内面的なことや精神面でのことなどを褒める男性は、あなたに深い関心や愛情を持っていると思っていいでしょう。

例えば「○○さんと居ると安心できます」「こんなに気が利く女性はあまりいないよ」など、誰でも分かるような見た目を褒めるのではなく、好きな人だけが気付くようなポイントを褒めてくれる男性は、あなたに好意を持っていると判断しましょう。

あなたを褒めてくれるときの表情や、目の動きでも、本気で好意を持ってくれているかどうかが分かるので、褒めてくれたときの彼の表情もしっかりチェックしてください。

旦那と競うように自分をよく見せようとする

スーツ姿の男性

既婚女性を本気で好きになると、彼のライバルはあなたの旦那になります。

あなたが旦那の話をしているとき、対抗するように自分の話をしてくる男性は、あなたのことを真剣に思っている可能性が高いでしょう。

何も思っていなければ、目の前の女性の旦那と張り合おうとする男性はいません。

例えば、あなたが「旦那は仕事が好きだから」と言った一言に対して、何も思っていない男性なら「いいですね」と一言で終わってしまうものです。

しかし、あなたの旦那をライバルだと思っている男性は「僕も仕事が好きで、今度○○の試験を受けようと思っているんですよ」などと、旦那にマウントを取るような発言をします。

他にも、子供好きをアピールしたり、結婚したら奥さんを大切にすると言って来たり、何かと旦那と競うような発言が多くなるのも、あなたに好意を持っている男性がしてしまう行動のひとつです。

既婚女性を困らせるような言動をする

孤独な男性

既婚女性への気持ちが強くなると、男性は相手を困らせるような言動をすることがあります。

それは、自分を気にして欲しいという気持ちや、あなたの気持ちを確かめたいという思いなどが重なり、自分でもどうすることもできず行動してしまうのです。

例えば、家族団らんの時間を狙って電話をしてきたり、既婚女性が行動しづらい日曜日に約束をしようとしてきたりと、あなたを困らせるような行動をする男性は、かなりあなたに夢中になっていると思っていいでしょう。

相手を困らせる言動をしてしまうのは、冷静な判断ができなくなるほど、相手を好きになっているからです。

困らせることは分かっているのに、どうしてもやめられない状況なので、彼も苦しんでいることは理解してあげましょう。

相談や悩みを聞き出そうとする

会話する男女

好きな女性ができると、相手をサポートしてあげたいと思うのが男性です。

あなたに「最近旦那さんと上手くいってる?」「何か困ったことはない?」などと頻繁に聞いてくるのは、相手があなたを好きだからです。

通常、男性は他人のいざこざに巻き込まれることを嫌います。

他人のことに無関心ですし、相談や悩みを聞かされても面倒だと思う人が大半です。

しかし、好きな人の悩みなら聞きたいと思ってしまうのが男の性です。

あなたが少しでも暗い表情をしていると「どうしたの?何かあった?」と、すぐに声を掛けてくれる男性は、あなたのことをよく見ていて、サポートしてあげたいと思っています。

突然キスやハグをされる

抱き合う恋人

既婚女性への気持ちが強くなりすぎると、男性は自制心が働かなくなってしまい、好きな女性にキスをしたり抱きしめたりしてしまうことがあります。

相手を困らせる気も、体目的でもないのに、どうしても感情が抑えられなくなってしまうのです。

こうした行動に対して、拒絶する女性もいますが、彼を少しでも好きになっていると、思わず受け入れてしまう既婚女性もいます。

そこから不倫に発展することも多いので、あなたは一時の気の迷いで間違った判断をしないよう、注意してください。

既婚女性の中には、旦那とコミュニケーションを取らなくなり、寂しさを抱えて生活している人も少なくなりません。

そんな状況で、他の男性にキスをされたり抱きしめられたりすると、気持ちが揺れてしまうことがあります。

既婚女性を好きになって苦しいと感じている男性が相手に送るLINE

夫婦関係のことを頻繁に聞いてくる

スマホを見る女性

既婚女性を好きになると、どうしても気になるのが彼女の夫婦関係のことです。

旦那とうまくいっているのか、離婚する気は無いのかなど、些細な事でも気になってしまい、LINEで聞いてくるようになります。

あなたが「旦那とは上手く行っているよ」と返事をすると、返信がなくなったり、素っ気ない返事でLINEが終了したりします。

しかし、少しでも悩みを打ち明けると、長文で返事を返してきたり、あなたを励ますようなLINEを送ってくることが多いでしょう。

好きな人が相手でなくては、男性はこのような行為をしません。

そもそも、LINEやメールは面倒くさいと思っている人が大半なので、LINEで悩みを聞こうとするのは、その人が好きだからこそです。

2人きりで会う約束をしようとする

スマホを操作する男性の手

苦しいほどあなたを好きになっている男性は、どうにかして2人きりで会えるチャンスがないか常に狙っています。

「気になっているカフェがあるんだけど、男1人じゃ行けないから一緒に行ってくれない?」

「○○のコンサートチケットが余っているから行けないかな?」

こうしたLINEを頻繁に送ってきて、どうにか2人で出かける口実がないか探るようになります。

この時点で、あなたに気が無ければ、早めに断ってあげた方がいいでしょう。

曖昧な返事をしていると、いつまでも期待させてしまうことになります。

自分のことや気持ちを長文で送る

スマホを持つ男性の手

自分のことを知ってほしい、理解して欲しいと思うのも、LINEを送る相手が本気で好きな人だからこそです。

少しLINEで会話をしたら、自分のことを長文で送ってくるのは、何とも思っていない人にはできないことです。

また、自分の過去のことや家族のことをLINEしてくるのも、相手に自分を理解して欲しいと思っている男性がよくする行為です。

家族の話は、何とも思っていない人には、なかなかできません。

LINEのやり取りの中で、自分語りを頻繁にしてくる人は、あなたに好意を持っていて、今以上に関係を深めたいと思っているはずです。

わざと旦那がいる時間にLINEを送る

スマホを操作する男性

苦しいほど既婚女性と好きになると、ライバルである旦那に自分の存在を知らせたいと思う男性もいます。

ただ、あなたと付き合っているわけでないので、せめてもの自己主張として、旦那と一緒に居るであろう時間にLINEをするという行動に走ってしまうのです。

あなたを困らせて気を引きたいという心理もありますし、旦那といる時間でも自分を忘れて欲しくないという気持ちもあるでしょう。

通常なら、冷静な判断ができる男性でも、好きな気持ちが高まりすぎてしまうと、相手を困らせてしまうような行為をしてしまうことがあります。

気持ちを抑えたいのに抑えられない…既婚女性を好きになった男性がつい漏らしてしまうセリフ

どうして独身じゃないの?

考える男性

既婚女性を好きになると、男性は最初に「どうして独身じゃないんだ」「なんで結婚してるんだよ」と思うものです。

相手が結婚していなければ、普通の男女のように告白をして付き合うこともできるのに、相手が既婚者だったばかりに、告白することすら罪になってしまうような気持ちになって苦しくなります。

会話の中で、「○○ちゃんが結婚してなかったらな~」「独身だったら良かったのに」などと、ポロッと言ってしまうのは、あなたを好きな気持ちが高まりすぎて、苦しんでいる男性がつい言ってしまうセリフです。

このままじゃ好きになっちゃいそうなんだよな

休憩するビジネスマン

既婚女性を好きになっても、男性は相手に好きだと告白することは多くありません。

その理由は、既婚者を好きになってはいけないという前提があることや、告白しても断られることが分かっているから、もしくは傷つきたくないという自己防衛である可能性もあります。

他にも、自分が告白することで、あなたを困らせたくないという気持ちもあるでしょう。

しかし、好きな気持ちを抑えることができなくなると「好きになっちゃいそう」「好きになりそうで怖い」などと、遠回しな言葉で好きな気持ちを伝えてくるようになります。

あなたに割り切った関係を望んでいる男性は、ストレートに「可愛い」「好きなんだ」と言うことがありますが、本気で好きになった男性ほど、ストレートな愛情表現ができなくなるものです。

家族の話はあまりしないで欲しい

怒る男性

苦しいほど既婚女性を好きになると、相手の家族の話を聞いているのが辛くなります。

「昨日は旦那のお弁当を作ったんだけど…」「最近、旦那の帰りが遅いから…」など、あなたが旦那の話をしていると、暗い表情で「家族の話はやめない?」などと言ってくるのは、あなたのことが好きになった男性が言ってしまうセリフです。

子供の話はよくても、旦那の話になると不機嫌になるのも、あなたを好きだからこその態度です。

他にも、口には出さなくても、あなたが家族の話をすると、その場から立ち去ったり話題を無理やり変えたりするのも、好きな気持ちからくる行動です。

もっと早く会いたかったよ

デスクの上の腕時計

既婚者を好きになった人の定番のセリフですが「もっと早く会いたかった」という言葉は、既婚者を好きになった人の正直な気持ちでしょう。

旦那に出会う前に会いたかった、もっと前に出会っていれば自分が結婚していたかもしれない、などと考えていると、つい相手に「もっと早く…」というセリフを言ってしまうことがあります。

言った本人も、今更言ったとことでどうしようもないことは分かっているのですが、好きな気持ちが高まりすぎると、言わずにいられなくなります。

不倫の曲でも頻繁に使われるフレーズですが、実際に既婚者を好きになると、この言葉が何度も頭の中を駆け巡ってしまうものです。

どんなことでも相談して欲しい

マグカップを握る男女

既婚女性をどんなに好きになっても、すぐに旦那と入れ替わることも無理ですし、普通の男女のように恋人になるのも難しいものだと、男性はちゃんと理解しています。

しかし、好きな気持ちが抑えられなくなると、相手の特別な存在になりたいと思うようになります。

その気持ちの現れが「どんなことでも相談して」というセリフになります。

「深夜でもいいから、悩んだら電話してよ」「どんなことでも話聞くよ」なども、同じような気持ちで使われます。

恋人になれないのなら、せめて心の支えになってあげたい、彼女が幸せになるようサポートしたいと思って、このようなセリフを言ってしまいます。

女性でも、叶わない恋なら、せめて何でも話せる関係になりたいと思う気持ちは理解できますよね。

男性も好きな女性にとって、どんな形であれ特別な存在になりたいと思うものです。

どうしていいのか分からないんだ

顔を覆う男性

好きな気持ちが抑えられなくなると、相手にストレートな感情をぶつけてしまうこともあります。

自分の気持ちを遠回しに伝えているうちに、感情が高ぶってしまい「もう、君のことが気になって、どうしたらいいか分からない」と言ってしまうのは、本当にあなたが好きで悩んでいるからこそです。

既婚者のあなたとしては、こう言われても返す言葉が見つからないはずですが、相手の気持ちだけは痛いほど理解できますよね。

もし、彼がここまで悩んでいるようなら、ハッキリと断ってあげることも思いやりです。

曖昧な返事をしていると、思わぬトラブルに発展することもあるので気を付けましょう。

どんな関係でもいいから一緒にいたい

告白する男性

あなたを好きな気持ちが高まりすぎて、不倫関係でもいいから一緒に居たいと思うようになった男性は「どんな関係でもいいから一緒に居たい」「離婚しなくていいから彼氏になりたい」と言うことがあります。

本来なら、1番でありたい男性が、苦しいほど既婚女性を好きになると、このような心理になることもあります。

この心理は、女性でも痛いほど理解できるはずです。

既婚者を好きになると、不倫のリスクや危険さを分かっていても、どうすることもできない気持ちになってしまうものです。

このようなセリフを言われると、気持ちが揺れてしまうかもしれませんが、彼のためにも、あなたにその気がなければ、ハッキリと断ってあげた方がいいでしょう。

彼の気持ちを知ってしまった…既婚女性が男性の好意を知った時の対処法

毅然とした態度で断る

風を受ける女性

家庭生活が上手くいっていて、好意を持たれた相手に何の感情も抱けないときは、毅然とした態度で断りましょう。

思わせぶりなことを言ったり、答えをはぐらかしたりすると、後々ストーカー行為などのトラブルになることがあります。

職場などで顔を合わせる相手だと、キッパリ断れないかもしれません。

しかし、曖昧にしている方が、かえって後々大きなトラブルになることが多いので、早めに気持ちがないことを伝えるようにしてください。

また、用心のために旦那に一度相談しておくといいでしょう。

相手の男性が暴走して、旦那に不倫だと誤解されると、とても厄介なことになります。

旦那には、アプローチされている男性がいると一言伝えておくと安心です。

離婚する気がないことを会話の中で伝える

寄り添うカップル

告白をされていなくても、相手が自分に好意を持っていることが分かったら、会話の中で何度も夫婦関係が円満なことを話し、離婚や不倫はしないことを公言しましょう。

「家は珍しく仲良し夫婦だって言われるよ」「旦那は本当に優しい人だから」など、誇張してもいいので、会話の中で相手に伝えておくと、絶対に叶わないと気付き、いずれ諦めてくれるはずです。

告白をされると、断った後が気まずくなるので、その前に予防線を張っておく方法です。

他にも、冷たいようですが「既婚者に告白するなんてありえない」「不倫する人は最低」など、強めの言葉でけん制しておくのもいいでしょう。

冗談にして受け流す

笑顔の女性

あまり良い方法ではありませんが、職場が同じで毅然とした態度が取れないときには、冗談にして受け流し、好意を正面から受け入れないようにするといいでしょう。

何度も受け流していると、一時的にあなたに興味を持った男性や、単に割り切った関係になれないか狙っていた男性は、そのうち諦めてくれるはずです。

しかし、本気であなたを好きになった男性は、冗談にされないよう、正面から告白されることもあります。

そんなときは、しっかりと既婚者だから付き合えないことを伝え、今後も職場の仲間として仲良くしたい旨を伝えましょう。

本気なのか割り切りなのか確かめる

疑問を抱く女性

あなたも少し好意を持っているのなら、本気で好きなのか単に割り切った関係を望んでいるだけか確かめてみましょう。

あなた自身が割り切って付き合える相手が欲しいと思っているなら、相手が割り切り相手を探していてもいいかもしれませんが、セフレのような関係は嫌だと思うなら、相手の気持ちを確認した上で今後の接し方を決めるようにしましょう。

既婚女性を本気で好きになってしまった男性は、次のような態度を見せます。

  • あなたの都合に合わせてくれて自分勝手な言動はしない
  • 体の関係にならなくても会いたいと言ってくれる
  • 落ち込んでいると励ましたり悩みをきたりしてくれる
  • 自分の話を積極的にしてくれる
  • 強引に関係を深めようとすることもある
  • 質問が多くあなたのことを知りたがる

本気の女性に見せる態度は、男性によっても違うので、しっかり彼のことを見て本気なのか遊びなのか判断しましょう。

また本気の男性は、強引にキスやハグをすることはないと思っている人も多いのですが、男性が女性を好きになれば、相手が既婚女性でも衝動を抑えきれなくなることはあります。

強引に迫られたからといって、本気ではないと思わないようにしてください。

どんな性格の男性でも、共通しているのは、好きになった女性は大切にするという点です。

彼から大切にされているという実感があれば、彼が本気の可能性が高いでしょう。

相手に既婚者と付き合うことのリスクを話す

キスをする恋人

相手の男性があなたと付き合いたいと思っていて、断っても納得してくれない場合は、既婚者と付き合うリスクを話して説得しましょう。

相手が本気になっていると、どんなリスクも受け入れるという勢いかもしれませんが、あなた自身が傷つくことや迷惑であることを冷静に話すと、理解してくれることが多いでしょう。

最初に、あなたが付き合う気は一切ないことを伝えた上で、一般論として既婚者と付き合っても、会いたいときに会えるわけではないことや、緊急事態には必ず家族を優先すること、結局は離婚しないことや慰謝料のことなどを話して、理解してもらいましょう。

リスクが分かってくると、既婚者との恋愛がいかに難しいことかが分かってくるので、納得してくれるはずです。

好意があれば適度な距離でときめく関係を続ける

笑い合う恋人

好意を持ってくれた男性に、あなたも興味を持っていれば、たまにデートする相手として良好な関係を続けてみるのもいいでしょう。

その場合は、誰かに見られても堂々としていられる状態で会うのが鉄則です。

2人でランチに行く、グループで遊びに出かける、共通の趣味を昼間に楽しむ、といった程度なら、不倫を疑われることも少ないですし、もし誤解されても堂々と友達だと反論できます。

旦那以外の男性と、適度にときめく関係を続けていると、女を忘れずにいられますし、毎日が楽しくなります。

ただし、相手がそれで納得してくれないケースも多いので、その場合は、しっかり関係を断つしかありません。

不自然にならないように距離を置く

道を歩く女性

どうしても相手の好意を受け入れられない場合は、不自然にならないように会う頻度や連絡する頻度を少なくしてみましょう。

ハッキリと告白されていない場合は、こちらから断ることができません。

しかし、行動を見ていると自分に好意を持ってくれていることは明らかという状況のときは、この方法がベストです。

人は、顔を合わせなくなった相手には、徐々に興味が薄れていくものです。

あなたに会わなくなったことで、彼が他の女性を見る機会も増えるので、普通の恋愛をスタートする可能性も高くなります。

もし、会わなくてもいい方法があれば、彼と顔を合わせない工夫をしてみましょう。

信頼できる第三者に入ってもらう

会話をする男女

何度断っても、相手の男性が諦めてくれないときは、信頼できる第三者に間に入ってもらうことも検討してみましょう。

相手の気持ちが行き過ぎてしまうと、家庭に悪影響を及ぼすことがあります。

相談できる人がいないときは、旦那でもいいので、他の人に説得してもらって、早めに諦めてもらうよう行動を起こしてください。

人は、誰かを好きになりすぎると、冷静な判断ができなくなることがあります。

既婚者を好きになると、難しい恋という状況が、余計に相手を狂わせてしまう可能性もあるので、あなた1人で対処していては、危険な状況になるケースも考えられます。

相手の好意がエスカレートしないよう、あなたが少しでも恐怖を感じたら、第三者に入ってもらって、彼を説得してもらうようにしてください。

自分も好きになりそうならリスクを考える

思いに耽る女性

男性に好意を寄せられると、何とも思っていなかった相手でも、意識してしまい好きになることがあります。

特に既婚女性は、男性に好意を持たれることが少なくなるので、純粋に愛情を示してくれる男性を、好きになりやすい傾向はあります。

もし、あなたは相手の男性を好きになりそうなら、不倫のリスクを再確認しましょう。

あなたが彼の好意を受け入れて、万が一不倫関係になった場合は、大きなリスクを抱えることになります。

旦那に不倫がバレると、幸せだった日常がすべて壊れてしまいますし、家族を深く傷つけることになります。

一度失った信頼は、二度と元に戻ることはないので、少しの遊び心で大きな後悔をすることも十分考えられます。

こうしたリスクを考えると、安易に不倫という選択をしなくなるでしょう。

もし、現在の夫婦関係に不満があることで、彼に惹かれているのなら、先に夫婦関係を見直してからにしましょう。

悩んだときは彼と一度デートしてみる

イベントを祝う

あなたが既婚で、彼が独身の場合は、一度デートしてみるのもおすすめです。

あなたも少し彼が気になっていて、キッパリ断れない状況になっていたら、気持ちを無理に抑える方が不倫に走りやすくなってしまいます。

そうならないために、彼とデートして彼の考え方をできるだけたくさん聞いてみましょう。

恐らく、独身の彼の話を聞いていると「それってどうなの?」「まだまだ子供だな」と思うことが出てきます。

どうしても、既婚者と独身者では考え方に違いが出てくるので、その点が明白になると、あなたの気持ちも一気に冷めるはずです。

まだ、相手のことを本気で好きになっていなければ、冷静な判断ができるので、下手に気持ちを抑えるより、一度しっかり向き合った方が、キッパリを彼を拒否できるようになります。

婚外恋愛を楽しんで生活にハリを出す

香水をつける女性

相手の男性が受け入れてくれれば、適度に婚外恋愛を楽しむ方法もあります。

旦那に不満があるけど、離婚までは考えていないと言う状況なら、たまに彼とデートしたりLINEを楽しんだりすることで、生活にハリが出ますし家庭の悩みが薄れていきます。

ただし、この方法は大きなリスクを伴うので、事前にリスクを把握した上、自己責任で行ってください。

また、相手が本気になって離婚を迫ってくることもあるので、相手の性格も十分考慮しましょう。

あまりにも、あなたに本気になっているようなら危険です。

婚外恋愛を家庭円満に活かしている女性も多いので、たまにデートでドキドキする相手がいると、日常が華やかになるはずです。

男性から好意を持たれたら早めに対処しよう

海を見る女性

好きな気持ちは、抑えていた期間が長くなるほど強くなってしまい、自分ではコントロールできなくなってしまうものです。

旦那以外の男性から好意を持たれていると感じたら、早めに夫婦円満であることを相手に伝えたり、他の男性には興味がないことを公言したりして予防線を張っておきましょう。

もし、相手の男性にあなたも好意を持ってしまったら、まずはリスクを考えて深みにハマらないように注意してください。

旦那以外の男性との恋愛は、女としての喜びを呼び起こしてくれますし、夫婦関係では得られない幸福感が得られます。

ただし、その代償も大きくなるので、相手の好意を受け入れるときは、慎重に考えて行動に移してくださいね。