夕日を見る恋人

既婚者でも、人を好きになってしまうことがあります。

その好きになった相手も既婚者の場合、どんな恋愛になるのか、仲良くなるにはどうすればいいのか、そもそも本気で両想いになれることなんてあるの、などなど色んなことが頭をかけめぐるのではないでしょうか?

お互い既婚者の場合、両想いになって関係がどんどん深まればダブル不倫になります。

ダブル不倫は、とてもリスクの大きな行為です。

できることなら、密かに既婚男性を想って、関係を深めるのを我慢するのが賢明な判断です。

しかし、どうしても好きな気持ちが抑えられず、我慢する方が不健全な状態になってしまったら、ダブル不倫が始まるときのアプローチの仕方や既婚者同士の心の繋がりを作る方法など知って、恋愛を楽しむしかありません。

既婚者の彼と急接近できたときのために、ダブル不倫のルールや本気になったときのサインや行動もチェックして、これからのあなたの恋愛に活かしてくださいね。

既婚者同士で恋愛が始まりやすい場所

久しぶりに同級生に会える同窓会

仲間との乾杯

同窓会は、常に不倫が始まりやすい場所の上位に君臨しています。

同窓会から不倫に発展しやすい理由には、次のようなことが考えられます。

  • 好きだった人や初恋の人などに会える
  • 元彼、元カノなどと再会する
  • 当時好きだったと告白される
  • お酒が入って気分が開放的になる
  • 同窓会に来る人は家庭が安定していてマンネリになっていることが多い
  • 同級生に会うドキドキ感が恋愛の高揚感に似ている
  • 共通の話題が多く会話が盛り上がりやすい
  • 相手のことをある程度分かっている安心感がある
  • 気分が若い頃に戻って冷静さを失いやすい

ザッと挙げただけでも、これだけの不倫になりやすい理由があるので、同窓会で不倫がスタートしやすいのは間違いありません。

不倫を描いたドラマや映画でも、相手との出会いは同窓会や同級生との久々の再会であることが多いので、少し期待して同窓会に参加する人も多いのではないでしょうか?

子供の学校のPTA活動

ミーティング前のオフィス

子供の教育の場が絡む場所で不倫がスタートするのは、倫理的にどうなのかと思うかもしれませんが、実は不倫カップルが成立しやすいのがPTA活動です。

不倫になりやすい大きな理由は2つあります。

ひとつ目は、PTA活動に参加できる男性は、時間に余裕がある人や時間の都合をつけやすい人であるという点です。

時間の都合がつきやすいということは、生活や金銭的にも安定している人が多いということです。

不倫をするには、ある程度の時間と金銭の余裕が必要です。

このような男性が参加しているという点で、不倫になりやすいことが考えられます。

ふたつ目の理由は、女性が堂々と外出できる用件であるということです。

PTA活動と行って出てくれば、それが飲み会であれ堂々と出られますし、遅くなっても責められることがありません。

時間がかかることも多いので、活動後に男性としばらく時間を共にしていても怪しまれることがありません。

こうした理由から、不倫になりやすい場所のひとつになっています。

残業や飲み会で不倫のきっかけが多い職場

会社のオフィス

職場で始まる不倫は定番なので、詳しく説明するまでもないでしょう。

職場の人とは毎日顔を合わせるので、共通の話題で会話が盛り上がりやすく、同じ志を持っていることから、仲間意識が芽生えやすいのが不倫が始まりやすい大きな理由です。

よくあるシチュエーションとしては、仕事の相談をしているうちにお互い好意を持つようになる、残業が頻繁に一緒になることで親密な関係に発展する、仕事のサポートをしてもらった感謝や尊敬の気持ちが恋愛感情になっていく、などがあります。

不倫とまではいかなくても、職場の上司や同僚にキュンとした経験がある人は多いでしょう。

毎日会う職場の人は、好きな気持ちが一度芽生えると抑えられなくなるので、ダブル不倫が始まりやすいという特徴もあります。

友達の結婚式や二次会

結婚式の新郎新婦

友達の結婚式や二次会も、不倫が始まりやすい場所のひとつです。

男性も女性も結婚式にはドレスやスーツで着飾って出席します。

さらに、式場の素敵な雰囲気も手伝って、誰でも普段より外見が華やかで魅力的に見えます。

お祝いの場ということで、お酒を大量に飲むことになるので、普段より開放的になってしまう人も多いでしょう。

また、共通の友達が結婚すると、元恋人や以前親しかった人たちと再会することもあります。

懐かしさからハメを外してしまうことも多いので、不倫に発展しやすくなります。

お客とスタッフという関係

宅配業者の男性

以外と多いのが、自宅に出入りする業者さんや、よく行くお店の店員さんとの不倫です。

具体的には、リフォームや新築を依頼した建築関係者、よく行く美容室やショップのスタッフ、家に出入りする宅配業者などがあります。

近年では、自分から業者さんを誘う肉食系の主婦も多く、逆に旦那さんが業者さんと自宅で不倫をする事例などもあります。

素敵な業者さんが自宅に出入りしたり、買い物に行くと会ったりすると、退屈な毎日を送っている人は一気に生活にハリが出るはずです。

彼に会える日はオシャレをして、楽しく会話できたら1日が輝きに満ちていくようになります。

そんな気持ちが高まっていくと欲が出てきて、彼に触れたい、キスをしたい、とエスカレートして不倫に発展していきます。

趣味や勉強会の仲間

陶芸をする手

趣味や習い事、仕事関連の勉強会なども、不倫が始まりやすい場所になっています。

趣味や習い事で出会う人とは、共通の話題が多く、同じ目標を持っているので気持ちが通じやすい点が、相手に恋愛感情を抱きやすい理由です。

また多くの場合、趣味や習い事は個人で入会して活動するので、周囲の人は夫や妻としての顔、父親や母親の顔を知りません。

このように、日常と離れた場所で会う人には、一人の男性や女性として扱ってもらえるので、独身に戻ったような気分になり、不倫が始まっていきます。

趣味関連の仲間は、個人的な連絡先を聞きやすいことも、既婚者同士が仲良くなりやすい理由にもなっています。

SNSなどのインターネット

パソコンする女性

インターネットから始まる不倫も、近年ではスタンダードになっています。

ネットで不倫が始まるきっかけには、出会い系サイトやアプリ、ネットゲーム、SNSで元恋人や知り合いとの再会などがあります。

ネットで知り合った異性は、日常生活とは無関係な人が多く、割り切った付き合いになりやすいので、パートナーにバレるリスクも低いのが、この不倫の特徴です。

そのような背景から、1人と長く不倫関係を続けるというより、短期間で相手を変えながら不倫をする人も多いようです。

近年では、逆にネットで出会った異性と、精神的なつながりを重視したプラトニックな不倫をする人も増えています。

ナンパや合コン

お酒を飲む女性

意外に思うかもしれませんが、ナンパや合コンがきっかけで、ダブル不倫が始まるカップルもいます。

ナンパと言っても既婚者の場合は、道で声を掛けるのではなく、居酒屋で隣通しになって仲良くなったり、バーで声を掛けたりすることを言います。

お酒が入ると開放的になるので、普段なら一緒に飲もうと言われても断る既婚女性も、ノリで声を掛けられた男性と仲良くなってしまうことがあります。

また、合コンなどでダブル不倫が始まることも、近年では増えています。

既婚者でも若々しい人が増えたことで、人数合わせで合コンに呼ばれて異性と出会うこともありますし、既婚者同士をターゲットにした合コンもあります。

そこで知り合って仲良くなり、連絡先を交換して交流を深め不倫に発展していきます。

既婚者同士の心の繋がり方はこうして始まる。ダブル不倫恋愛をスタートするアプローチ方法

2人で話す機会を増やす

散歩をする男女

ダブル不倫の入り口は、会話を増やすことから始まります。

お互いに好意を持っていても、相手のことを良く知らなくては、関係を深めることはできません。

また、既婚者はパートナーとの会話が減っていることが多いので、楽しく会話ができる異性には好感を持ちやすいので、相手にアプローチするには会話は必須です。

会話が増えて相手のことが理解できてくると、お互い意識しなくても自然と2人で過ごす時間が増えていき、お互いが望めばさらに深い関係に発展していきます。

LINEやメールで個人的に連絡する

スマホを持つ男性の手

個人的にLINEや電話をするようになると、そこで今以上に親密になり、いずれ2人で会う約束をして会うようになっていきます。

最初は必要最低限のやり取りから始まって、本気で相手を好きになると「おはよう」「今、仕事が終わったよ」などの、日常会話をやり取りするようになります。

不倫相手からの個人的なLINEは、毎日届くだけで生活にハリが出ますし、久しぶりに感じるドキドキは、どんな趣味にも変えられないものになるでしょう。

こうしたやり取りの中で、ある程度お互いの気持ちを確認するカップルもいますし、明確に好意を伝え合わなくても雰囲気や流れで不倫に発展していくこともあります。

相談をする、される関係になる

会話をする男女

こちらからアプローチするには、相手に相談を持ち掛けて2人だけの時間を増やすのが、簡単で確実に心の距離を縮められる方法です。

相談された方は、頼られることに喜び感じることと、2人だけの秘密ができることで、相手に好意を持ちやすくなります。

逆に、相手に相談されたときは、真剣に相談にのって相手の味方になることで、心の距離が縮まります。

仕事のことや家庭のことなど、一人の人として気兼ねなく話し合える関係になると、恋愛に発展した後も、体以外のつながりが持てる、かけがえのない存在になっていくでしょう。

好意があることを態度で伝える

振り返る女性

人は自分に好意を持ってくれる相手を意識してしまい、関りを続けるうちに好きになりやすい傾向にあります。

あなたも、それほど親しくない人に告白されたのをきっかけに、相手を意識し始めて、結局好きになってしまった経験はありませんか?

既婚者同士の恋愛でも、この作戦は使えるアプローチ法です。

好意を態度で伝える具体的な方法としては、次のようなものがあります。

  • 相手の良いと思ったところは積極的に褒める
  • 目線を送って目を合わせる頻度を増やす
  • 周囲の人とは違う接し方をする
  • 「好き」「かっこいい」の言葉を会話に盛り込む
  • 会えたら嬉しさを分かりやすく表現する

言葉で好意を伝えると、相手の気持ちが固まっていなければ断られたり避けられたりする危険があります。

しかし、態度で好意を示すだけなら、答えを聞く必要はありません。

男性は、自分に好意を持ってくれている女性が気になるようになり、次第に自分も相手のことを毎日考えるようになっていき、恋愛感情が芽生えてきます。

ボディタッチでドキドキさせる

ソファーに座る男女

ボディタッチは、好きな人へのアプローチ法としては大道ですが、相手が既婚男性となる最強の効果があります。

既婚者になると、他の女性に触れることや触れられることが極端に減ります。

独身の頃とは違い、倫理的にも既婚者は異性に触れてはいけないと禁止されているような状況なので、異性との触れ合いには過剰に反応するのも既婚者特有です。

会話の中で腕や背中を触る、ホコリを取る振りをして髪や肩に触れる、同じ資料を見るときに顔を近付けるなど、体を接近させる行為は男性をドキドキさせます。

これから既婚男性にアプローチを始めるなら、不自然にならない程度にボディタッチを活用しましょう。

既婚者同士の心の繋がりを作るには大切なこと!ダブル不倫のルール

パートナーにはバレないように行動する

女性の下着

不倫をするには、パートナーにバレないことを第一に考えなくてはいけません。

不倫は、好きな人と天国のような時間を過ごせますが、パートナーにバレた途端、地獄が始まります。

不倫が始まって、最初にパートナーに怪しまれる行動は、服や下着の購入です。

今まで無関心だったのに、急に下着を新調するようになると、パートナーは違和感をおぼえます。

急にオシャレをするようになったり、美容室に行く頻度が上がったりするのも、不倫を疑われる行動です。

不倫が始まると、ついウキウキしてやってしまう行動なので気を付けましょう。

不倫を長く続けたい人も、離婚を考えている人も、絶対に不倫がパートナーにバレないよう、慎重に行動してください。

お互いの家庭に口出ししない

秘密を持つ女性

ダブル不倫が始まったら、相手の家庭に口を出してはいけません。

相手の家庭のことを詮索したり、パートナーの文句を言ったりするのもタブーです。

不倫相手と会うときは、まるでお互い家庭など持っていないかのように過ごすのが、心を通わせるためには必要です。

相手から家庭のことを話してくる場合は、聞いてあげるくらいはOKです。

しかし、あなたの方から家族を思い出すような話しを始めるのはやめましょう。

お互い、独身気分に戻れるのが、ダブル不倫の魅力のひとつです。

それを理解しておかなくては、短期間で不倫は終わってしまいます。

周囲から怪しまれる行動はしない

デートする恋人

パートナーだけでなく、周囲の人に怪しまれるような行動も避けるようにしてください。

不倫の噂が立つと、人間関係に悪影響が出ますし、すぐにパートナーの耳にも入ってしまいます。

特に、職場や子供関係の集まりでは注意が必要です。

やけに楽しそうに2人だけで話すことが多くなったり、帰る時間を合わせたりしていると、すぐに怪しまれます。

不倫が楽しすぎて我を忘れ、周囲の人にダブル不倫がバレると、思わぬ制裁が待っていることがあるので気を付けてください。

パートナーと比較しない

考える女性

恋愛の基本ですが、目の前の男性を他の男性と比較するのは絶対にタブーです。

特に既婚男性に対しては、旦那を比較するような言葉は口にしないよう注意しましょう。

旦那を上げて不倫相手を下げる比較はもちろんですが、逆の比較も実はあまり良いものではありません。

「旦那より素敵」「旦那よりセックスがいい」などの言葉は、一時的には相手を喜ばせることができます。

しかし、相手の意識の中には、旦那と比較されているという違和感が残ります。

その違和感は、いずれあなたへの不信感になることもあるのです。

他人との比較は、恋愛になんのメリットもないので、いい比較も悪い比較もしない方がいいでしょう。

守れないルールを作らない

タスクリストへのチェック

ダブル不倫をすると、相手を独占したい気持ちから2人だけのルールを作るカップルがいます。

例えば「パートナーとはキスしない」「帰宅前に必ず電話する」「週に1度は必ずデートする」といったルールです。

こうしたルールは、2人が盛り上がっているときには楽しく感じるかもしれませんが、付き合いが長くなるともめ事の原因になります。

既婚者同士の恋愛は、ただでさえ継続が難しいので、その場に合わせて柔軟に行動しなくては長続きしません。

それなのに、守れないルールを作るのは、お互いの首を絞めることになります。

特に、パートナーの絡むルールは、いずれストレスになるのが目に見えているのでNGです。

お互い家庭を一番に考える

幸せそうな家族

ダブル不倫を長く続けたいなら、お互いに家庭を第一に考えるようにしましょう。

例えば、どちらかの家族の体調が悪ければ、どんなに会いたくてもデートは中止して帰宅しましょう。

家族の行事やイベントも、不倫でおろそかにしないようにしてください。

家庭を第一に考えて付き合うと、不倫相手が家族に帰ってしまうのではないかという不安を感じるかもしれません。

しかし逆で、家族から引き離して、無理に一緒に居ても、彼はあなたと居ても家族が気になってしまいます。

しかし、彼の家庭を尊重すると、彼は帰宅して家族と過ごしていても、あなたのことばかり考えてくれるようになります。

彼の家庭を大切にすることは、彼や彼の気持ちを大切にすることでもあるので、長く愛される彼女でいられます。

リスクを十分理解して我を忘れない

拗ねる女性

ダブル不倫は、お互い既婚者なのでスリルも2倍で燃え上がる関係ですが、その分リスクが大きいことを忘れてはいけません。

ダブル不倫がバレたときの代償には、次のようなものがあります。

  • 家庭が崩壊する
  • 親権を取られる可能性が高まる
  • 周囲の人との人間関係が破綻する
  • 慰謝料を請求される
  • 不倫相手と会えなくなる
  • 職やキャリアを失う危険がある

立場や不倫相手との関係でも、リスクの内容は変わります。

不倫で周りが見えなくなって、冷静さを失ってしまうと、地獄のような結末が待っていることもあります。

どんなにお互い本気で愛し合っていいても、離婚をしていない以上不貞行為になります。

それを忘れず、常に慎重に行動してください。

割り切った関係に留める

抱き合う恋人

ダブル不倫を楽しむには、どこかで割り切らなくては、家族と過ごす時間や不倫相手と会っている時間が苦痛になります。

自分が離婚すれば解決するのなら楽ですが、相手も離婚する必要があるので、相手にその意思がなければ、苦しみから解放されることはありません。

稀に、ダブル不倫が始まって本気になり、すぐにお互い離婚して結ばれるカップルもいます。

しかし、それは本当に稀なケースで、多くの場合、どちらかが離婚したくないと思っていて、気持ちに温度差が出て別れることになります。

不倫相手と長く良い関係を続けたいなら、会っているときは情熱的に愛し合っても、どこかで冷静に割り切る気持ちを持つようにしましょう。

気持ちが抑えられなければバレる前に離婚する

離婚をする夫婦

どうしても不倫相手への気持ちが抑えられなくなったら、パートナーにバレる前に夫婦関係を清算しましょう。

逆に言えば、それほどの情熱がなければ、不倫相手への気持ちはどこか現実味がなく、本気ではないということです。

「相手が離婚してくれなかったらどうするの?」などと考えているうちは、不倫相手に本気になれていないということなので、一度1人で冷静に考える時間を作りましょう。

家庭があるから恋愛が楽しい、不倫相手が愛おしく感じる、ということもあります。

ダブル不倫を制裁なしで続けるなら、割り切るか離婚するかの二択しかありません。

バレればすべてを失うので、そうなる前にどちらを選ぶか決めて、冷静に行動しましょう。

既婚者同士の心の繋がりを感じる本気の恋愛になった時のサイン

質問が多くなる

疑問を持つ男性

本気で人を好きになると、誰でも相手のことをもっと知りたいと思うようになるので、自然と質問が多くなっていきます。

体だけの繋がりなら、相手の気持ちや環境まで興味が出ないので、質問より自分語りが多くなったり、会話が少なくなったりします。

「学生時代は何が好きだったの?」「今日の仕事はどうだった?」など、質問が多くなってると感じたら、相手が本気になっているサインです。

また、あなたが相手に質問したとき、しっかり答えてくれるかどうかでも本気度が分かります。

聞いたことについて真剣に応えてくれる人や、隠さず何でも話してくれる人は、あなたを信頼し本気で好きになっているということです。

逆に、自分の話しをしなかったり話しをはぐらかしたりするようなら、本気度がまだ高まっていないか、好きでもまだ信用できていないことが考えられます。

連絡がマメになる

ラインを送る男性の手

好きな人とは少しでも多く連絡を取りたくなるので、本気になると既婚者でも連絡がマメになります。

ただ、お互い家庭を持っているので、普通の恋人同士のように頻繁に連絡はできません。

そんな中でも、帰宅時間を遅らせて電話をしてくれる、仕事中マメにLINEをしてくれる人は、あなたへの本気度が高いと言えます。

また、連絡の内容にも本気度は現れます。

仕事や家事を応援する言葉や、前向きでポジティブな報告が多い男性は本気度が高めですが、エッチな会話ばかりしようとする人は、いくらマメでも目的がセックスである可能性が高いでしょう。

顔色を見て声をかけてくれる

怒る男性

あなたの表情や雰囲気を見て、いつもと違うと分かるのは、あなたを良く観察している証拠です。

「今日どうしたの?疲れてるみたいだけど」「何かいいことあった?楽しそうだね」など、何も言わなくても顔色の違いで声をかけてくれるのは、本気になったサインです。

さらに、その指摘が当たっているほど、あなたのことをよく観察して気にかけてくれているということになります。

微妙な気持ちの変化に気付いてくれるかどうかで、あなたへの関心の強さが分かります。

ワガママを聞いてくれる

グッドサインする男性

不倫相手であるあなたのワガママを聞いてくれるのも、心が繋がり本気になっているサインです。

男性はとても分かりやすいので、遊びの相手や性欲を満たすだけの相手なら、ワガママを満たしてあげようとしません。

相手を満足させるための、時間やお金がもったいないと思うのです。

一方で、好きになった相手には、可能な限り時間やお金を使おうとするので、ワガママを言われても一生懸命叶えようとします。

ただし、相手を試すためのワガママは必ずバレてしまうので、言わないようにしてください。

また相手を困らせるようなワガママや頻繁にワガママを言うのは、彼を疲れさせて、不倫を解消される原因にもなるので控えましょう。

プレゼントをしてくれる

花を送る男性

既婚男性は、家計が奥さんと一緒になっていることが多いので、簡単に不倫相手にプレゼントができない人が多いものです。

そんな状況でも、誕生日やイベントなどでプレゼントをくれるのは、あなたに本気だとサインです。

お金の自由が利く人は別ですが、お小遣いでやりくりしている男性は、奥さんにバレないように、何かを我慢してプレゼントのためのお金を工面している可能性があります。

そのような行為は、不倫相手に愛情がなければできません。

また、プレゼントを買いに行く時間を作るのも、既婚男性には難しいものです。

仕事と家庭を両立させ、あなたとデートしている中で、合間を縫って買い物に行くのは、男性にとって相当面倒な作業でしょう。

そこまでしてプレゼントをくれるのは、あなたを喜ばせたいという愛情がなければできません。

既婚者同士は心の繋がりをこうして確かめる!両想いを確信する行動

異性との関わりに嫉妬するようになる

夕日を見る男性

男性と話していたり仲良くしたりするのに嫉妬するのは、好きな女性にしか発動しない感情です。

愛情と一緒に、両想いであるという自負があり、独占欲が出てきているからこそ、嫉妬という感情が出てくるのです。

あなたが異性と関わっていると、不機嫌になったり、怒ったような口調で何をしていたか聞いたりするときは、彼があなたを本気で好きになっていて、あなたからの愛情も自覚しているサインです。

会っても元気がないときが増える

外を見る男性

関係が深まって不倫がスタートした後、しばらくすると男性に元気がない日が増えることがあります。

これは、あなたへの気持ちが本気で好きだからこそ、悩みが出てくるためです。

離婚する気がまったくなく、軽い気持ちで不倫をしているなら、ただバレないことだけに集中すればいいので、悩みはそれほど出てきません。

しかし、相手に本気になってしまい、もっと一緒にいたい、不倫相手を自分だけのモノにしたいと思い始めると、会っていてもツラくなることがあるのです。

既婚者同士の本気の恋愛は、悩みの質が重く、愛を貫くにはリスクも大きくなります。

それを考えると、ただデートができて楽しいという気分にはなれなくなるのです。

自分の弱い部分を見せるようになる

落ち込む男性

男性は、信頼している相手にしか、自分の弱いところを見せません。

男性は女性と比べて警戒心が強く、下手に弱いところを見せて相手に付け込まれたくないという心理があります。

それでも、あなたに弱い部分を見せてくれるのは、あなたと心が繋がっているとおもっているからこそです。

仕事での失敗、家庭での居心地の悪さ、パートナーとのケンカの内容など、人にはあまり話したくないような内容を話してくれるようになったら、本気で想ってくれているサインと思っていいでしょう。

注意したいのは、愚痴や文句とはまったく質が違うという点です。

「俺の嫁のご飯がまずくてさ」「上司が無能で困ってて…」などの文句を頻繁に言う男性は、ただ愚痴っぽいだけです。

そこを間違わないように注意しなくては、既婚男性からストレス発散をするだけの相手にされてしまいます。

先の約束をするようになる

キスマークのついた手帳

一ヶ月先や半年先の約束をしてくるのは、相手と別れる気がなく、心が繋がっていると思っている男性が出す本気のサインです。

ダブル不倫は、とても不安定な関係です。

信頼し合えていなければ、明日会えるかどうかも分からないほどなので、次に会う約束もあまりしません。

また、男性は面倒なことを嫌うので、できない約束をして女性から責められるのを避けるものです。

このような心理から、将来が不安定な相手とは、できるだけ約束をしないようになります。

果たされるか分からない約束でも、相手との楽しい時間を想像して、つい約束してしまうのは、相手に本気でずっと一緒に居たいと思っているからです。

相手の都合を考えるようになる

時計を見る男性

相手の都合を考えて、デートのプランや連絡する時間帯を考えるようになるのも、心が繋がり本気になっている相手にしかしない行動です。

男性にとって、相手を遊びだと思っているなら、自分の都合を押し付けて楽な付き合いをしようとします。

相手が嫌がれば、別れればいいだけなので、女性の都合を考えることはほとんどありません。

しかし、本気で相手を好きになると、忙しい時間の連絡は避けようとしますし、相手が会いたいと言えば、どうにか都合をつけようとします。

将来の話しをするようになる

腕を組むカップル

お互いが本当に「この人しかいない」と思い始めると、将来どうするのか話し合うようになります。

不倫関係では、将来の話しをしないのが暗黙のルールです。

相手が離婚するかどうかなど、不倫の関係では詮索も言及もしないものです。

しかし、2人ともがパートナーへの愛情がなく、不倫相手と一緒になりたいとおもっていたら、将来の話しをするのは自然の流れです。

「俺は離婚しようと思っているけど、どう思う?」「離婚は考えてないの?」などと、真剣に彼が聞いてくるようになったら、あなたとは将来のことを本気で考えるほどの関係だと思っています。

将来の話しが出てくるようになったら、自分の気持ちを正直に話して、意思疎通をしっかり行ってください。

曖昧に返事をすると、後々トラブルになることもあるので、離婚をするのかその気はないのか、ハッキリと答えるようにしましょう。

セックスなしのデートが増える

レストランで食事する男女

心が繋がり、ただ一緒にいるだけでも幸せだと感じるようになると、デートの内容より顔を見たい、会いたいという気持ちが先行するようになります。

不倫相手に好きな気持ちはあっても、セックスありきの関係だと思っていれば、最低でも1~2時間程度会える余裕がなければ、会うのが面倒に感じます。

しかし、本気で好きになると一瞬でも顔が見たいと思うようになるので、10分のデートでも都合をつけようとします。

帰宅するまでの数分だけ一緒に歩く、顔を見るために仕事の合間の数分間どこかに立ち寄るなど、隙間時間で会いにきてくれるのも、本気の男性しかしない行動です。

セックスができない事情があっても、それを受け入れて他のデートプランを考えてくれる男性は、本当にあなたを愛していると思っていいでしょう。

精神的なサポートをしたがる

手を差し伸べる男性

あなたの精神的な不安や葛藤を解消しようと努力してくれる男性も、あなたを本気で好きになっており、心が繋がっていると確信している可能性が高いでしょう。

気のない女性の精神的な不満を聞くのは、正直なところ男性には苦痛でしかありません。

解決策のないような取り留めのない悩みや、すぐに解決しない不満を聞くと、男性はイライラして面倒になってしまうのです。

しかし、本当に大切に思っている女性の悩みは、率先して聞こうとしますし、解決できないか真剣に考えるようになります。

「最近元気がないけど、何か悩んでるの?」などと、相手の方から聞いてくれるなら、本気の恋愛になったサインと思っていいでしょう。

相手のことを考えて身を引く

海を眺める男性

本気で不倫相手を好きになると、相手のことを考えて身を引く男性もいます。

離婚をするリスクや不安は、男性側も既婚者なら十分理解できます。

それを相手に背負わせるのは可哀想だと思って、好きな気持ちを押し殺して別れを選択するのです。

他にも、自分がどうしても離婚できない事情がある場合も、相手に迷惑を掛けたくないと思って身を引きます。

女性からすると寂しいことですが、非常に愛情深く責任感の強い行動です。

多くの既婚男性は、好きな女性ができたらしばらく付き合って、状況がまずくなったら別れればいいと、どこか割り切った気持ちで不倫をスタートします。

しかし、本気で好きになってしまったために、相手の女性のことを考えて別れる男性もいるのです。

既婚者同士の両思いのサインは言葉ではなく行動を重視しよう

草原を見つめる男女

既婚者同士が好きになり、本気かどうか確認するには、言葉ではなく行動や態度が重要なのが分かります。

「好きだよ」「君だけだよ」という言葉は、遊びの男性でも気軽に言えます。

しかし、忙しい時間をぬって会いに来てくれる、ワガママを聞いてくれるというのは、本気で不倫相手を好きでなければできません。

人は誰かを本気で好きになると、どんなことでもできてしまうものです。

あなたも好きな人ができたとき、寝る時間を減らしてでも、彼に会いに行った経験はありませんか?

それでもツラさを感じたことはなかったはずです。

人を本気で好きになるというのは、既婚者でも同じ感情になるものです。

「忙しくてできない」「本当はやってあげたい」という言葉も、信用してはいけません。

相手の行動をしっかりチェックして、彼がどんな不倫を望んでいるのか確認して、今後の付き合い方に活かしてくださいね。