仕事中の男女

職場に素敵な既婚男性がいて、自分が好意を持たれているか知りたい人や、職場の既婚者を好きになってしまった人へ。

職場で、既婚男性が好意を持つ女性にとる行動や言葉をご紹介します。

多くの男性は、気になる女性に決まった行動を取るようになります。

あなたが気になっている男性の行動や言葉と照らし合わせて、彼の本音をチェックしてみましょう。

また、女性が好意をもたれていると勘違いしがちな既婚男性の態度もまとめています。

相手が職場の人だと、好意を持たれていると誤解して暴走すると、その後仕事がし辛くなることがあるので、勘違いしないためにもアプローチを始める前に確認しておいてください。

もし、彼と上手くいったときのために、社内不倫のルールも把握して、あなたのこれからの社内恋愛の参考にしてくださいね。

気になる女性にとる態度は隠しきれない!職場の既婚男性が好意を持つ女性についしてしまう行動

頻繁に話しかけたり社内メールでコンタクトしたりしてくる

仕事中にスマホを見る男性

人を好きになると、男女関係なく好きな相手と少しでも話したいとおもうようになります。

あなたも好きな人ができたときは、少しでも長くお喋りできないかと試行錯誤するのではないでしょうか。

既婚男性も同じで、気になる女性には頻繁に話しかけるようになりますし、2人になったタイミングでは会話を長引かせようとして、自然と質問が増えていきます。

話しかけるのが難しい職場環境の場合は、社内メールで緊急性の低い質問が届くようになり、個人的なやり取りを始めようとしてくる男性もいるでしょう。

また、話している最中も、他の女性と比べて明らかに嬉しそうにしているのも、好きな女性に既婚男性がとる行動のひとつです。

いくつになっても、結婚していたとしても、男性は好きな女性と話すのは嬉しいものなのです。

残業や帰宅時間を合わせて一緒に会社を出るタイミングを狙う

スーツ姿の男性

2人きりの会話を狙うなら、一緒に残業をしたり退社時間を合わせたりするのが一番です。

既婚男性が気になる女性と2人きりになろうとするなら、必ずこの時間を狙うでしょう。

女性が残業になりそうなら、一緒に残業をして会話を増やしたり、同じ時間に退社できるよう調整して帰るタイミングを合わせたりと、少しでも2人の時間を作ろうとします。

女性側が既婚男性を意識していなければ「最近、よく時間が合うな」という程度にしか感じないかもしれません。

既婚男性は、立場上あからさまに女性社員にアプローチはできません。

独身なら、食事に誘ったり仲のいい職場の仲間数人で飲みに行ったりしても自由ですが、既婚者は気軽に女性社員を誘えないものです。

既婚男性が気になる女性社員にアプローチをする初期段階は、このように2人で少し話す程度のものになるでしょう。

今以上に好きになるのが怖くて距離を置くようになる

窓の外を見る男性

職場での不倫は、男性にとってかなりリスクの高い行為です。

仕事は男性の人生の中で、大きなウェイトを占めています。

もちろん女性も、仕事に真剣に取り組んでいますが、男性は本能的に職場での立場や評価に敏感になりやすいので、気になる女性社員がいても慎重になる人が多いのです。

こうした理由で、職場で気になる女性ができても、今以上彼女を好きにならないよう避ける既婚男性も少なくありません。

できるだけ相手に深入りしないよう、会話を避けたり一緒に行動しないよう気を付けたりするので、女性は嫌われているのではないかと誤解することもあります。

飲み会では自然な流れを装って隣や近い席に座ろうとする

お酒を飲む女性

男性も女性も、気になる人がいると意識していなくても自然と相手の近くに行ってしまうものです。

この行動は、多くの人が経験しているのではないでしょうか。

こうした心理は、開放的になりやすい社外で相手に会うときに、特に起きやすい特徴があるので、飲み会や会社のイベントなどで出やすい行動です。

社外で活動するとき、なぜかいつも近くに来てくれる既婚男性は、あなたを気になっている可能性が高いでしょう。

こうした機会が増えていくことで、親密になっていき不倫に発展することも少なくありません。

残業の差し入れや出張のお土産を個人的に渡そうとする

ドーナツを食べる女性

男性は、好きな女性には何かしてあげたいとおもうものです。

純粋に相手の役に立ちたいという心理や、相手の気を引きたいという心理からくることもありますし、恩を売って相手をコントロールしたいという男性もいるでしょう。

どんな心理があるにせよ、気になる女性や仲良くなりたい女性に対して、男性は相手が喜んでくれることをしたくなります。

そんな行動のひとつがプレゼントです。

社内で、既婚男性が気になる女性に自然な形でなにか渡すとなると、差し入れやお土産という形になるでしょう。

社外での仕事や残業をしていたらスイーツやコーヒーを差し入れてくれたり、出張に行ったら簡単なお土産を買ってきてくれたりと、気になる女性にはマメに物を渡すようになります。

既婚者なので、社内の女性に大げさなプレゼントはできません。

そんな男性が女性になにかしてあげようとすると、差し入れやお土産が増えるという行動になります。

いけないと分かっていても特別扱いをしてしまう

仕事をする男女

男性は、仕事とプライベートをしっかり分ける人が多いのですが、中には気になる女性への気持ちが高まりすぎて、つい特別扱いをしてしまう人がいます。

他の社員には厳しいのに、好きな女性には優しく指導したり、質問されたら必要以上にサポートしたりと、分かりやすく特別扱いをしてしまうことがあります。

相手の女性にとっては、とても仕事がしやすい環境になりますが、周りの社員が不倫を疑ったり嫉妬をしてきたりする危険があります。

もし、既婚男性にあなたが特別扱いされているなら、彼の優しさに甘えすぎないように注意しましょう。

気になる女性にとる態度は言葉で分かる!職場の既婚男性が好意を持つ女性にかける言葉

毎日の挨拶のときに表情を見て「今日は〇〇だね」

スーツを着る男性

男性は好きな女性の変化に敏感なので、表情を見ただけでいつもと違うことに気付けるようになります。

「今日はなんか楽しそうだね」

「元気ないけど、大丈夫?」

「お疲れ様、疲れてるみたいだからゆっくり休んでね」

このように、挨拶のとき表情を見て一言添えてくれるのは、あなたの変化に対して敏感に気付いてくれているということです。

挨拶のときだけでなく、すれ違うときなども一言声をかけてくれることも多いので、好意を持ってくれているのは分かりやすいでしょう。

もっと彼女をサポートしたい「困っていることはない?」

話を聞いていない男性

男性は、好きな女性をサポートしたいという気持ちが強いので、女性が仕事で困っていることや悩みがないか、頻繁に聞いてくるようになります。

もちろん、実際困っていることがあればすぐサポートしてくれるようになるでしょう。

「ここの取引先の〇〇さんには困ってない?」

「あの資料作成、難しかったらすぐ相談してよ」

「最近元気ないけど、何か悩み事とかあるの?」

このように、既婚男性に気になる女性ができると、心配するような言葉が増えていきます。

他の社員にも同じような態度なら、単に面倒見がいいだけですが、特定の女性だけに優しいのは好意を持っているからです。

ハードワークが続いていたら「体は大丈夫、無理するなよ」

グッドサインをする男性

気になる女性がハードワークをしていたら、心配になって見過ごせないのが既婚男性です。

彼女の顔が疲れていたり、長時間残業をしていたりすると、心配になってつい声を掛けてしまいます。

声掛けをして、女性が無理をしているようなら、仕事を手伝ったり悩みを聞いたりしたがるので、自然と既婚男性と過ごす時間が長くなるでしょう。

こうした、女性を心配する一言から、不倫に発展することも多いものです。

最初は、本心から女性を心配して声をかけていた既婚男性も、2人の時間が増えていくと、それ以上の関係を望むようになります。

何気ない会話の中で「休みの日には何してるの?」

座っている男性

男性は、好きな女性のことならどんなことでも気になるものです。

「休みの日は何をしているのか」

「休日はどんな人と過ごしているのか」

「1人のときはどんな趣味を楽しんでいるのか」

好きになった女性のことは、些細なことでも気になって相手につい質問してしまいます。

また、好きな女性には自分の休日の過ごし方や、趣味に関して話したがる男性もいるので、2人の会話は自然と盛り上がるようになるでしょう。

休日の過ごした方を聞いているうちに、話しの流れでデートをすることになる既婚男性も多く、そこから不倫に発展することも少なくありません。

差し入れを渡しながら「これ好きだったよね」

グッドサインをする男性

男性は、自分の興味のあることに関しては高い記憶力を発揮します。

好きな女性に対しても、些細なことを覚えているので、相手の女性は驚くこともあるでしょう。

そのひとつが、差し入れに好きな物を買ってきてくれることです。

会話の中で一度だけ好きだといった店のスイーツ、他の人との会話の中で美味しいと話していた店のコーヒーなど、差し入れに女性が好きなものを買ってきて「これ好きだったよね」と言って渡してくれることもあるでしょう。

差し入れ以外にも、飲み会のときに好きなものを覚えていて、聞かずに注文してくれることもあるので、相手の既婚男性が気になっている女性なら、とても嬉しくなるはずです。

恋愛や家庭の話をする合間に「既婚者でも恋したいって思うよ」

椅子に座る男性

既婚男性は、女性への気持ちが高まってくると、相手が既婚者でも付き合ってくれる人なのか、試すようなことを言うようになります。

「既婚者でも恋したいって思うよ」

「結婚してなかったら○○さんみたいな子と付き合いたかったな」

「友達に不倫してる子とかいないの?」

このような言葉を使って、相手の女性がどんな反応をするのか確認し、既婚者でも受け入れてくれそうならアプローチを強めるようになります。

女性が既婚者の恋愛を非難したり、不倫に嫌悪感を持っていたらあきらめますが、そうでなければ2人の距離はどんどん近付いていくでしょう。

女性を褒めるときに「〇〇ちゃんの彼氏になる人は幸せだろうね」

コーヒーショップの男性

お互い、なんとなく好意を持っていることが分かってきたら、徐々に踏み込んだ言葉を使うようになるでしょう。

既婚男性が社内の気になる女性に自分の気持ちを伝えるときには、パートナーになったことを想定したような話をするようになります。

「○○ちゃんの彼氏は幸せだろうね」

「○○ちゃんが奥さんなら、家に帰るのが楽しくなるだろうね」

このように、自分が彼氏だったらという話や、相手の女性が奥さんだったらという話をして、距離をどんどん近付けるようになります。

勘違いを招く!既婚男性が女性に対して好意を持っていると勘違いしてしまう態度

笑顔で挨拶したり会話したりするとき愛想よくしてくれる

笑顔の男性

笑顔で挨拶してくれる男性や、愛想よく会話してくれる男性が、必ずしも相手の女性に好意を持っているとは限りません。

特に、職場の女性が相手だと、仕事をスムーズに進めるために良好な関係を保とうと、愛想よく接する男性は多いものです。

女性の扱いに慣れている既婚男性なら、上手く女性を使う方法も理解しているので、気持ち良く仕事をしてもらうために優しく笑顔で接するものです。

他にも、ただ単に不特定多数の女性からモテたい、カッコいいとおもわれたいという心理から、愛想よくする男性もいるので注意しなくてはいけません。

好意を持たれているとおもってアプローチしたら「そんなつもりないよ、職場だよ?」などと、あっさり振られて気まずくなることがあります。

笑顔が多いのは自分だけなのか、他の女性社員にはどう接しているのかチェックして、好意があるのか愛想がいいだけなのか見極めましょう。

会社を休んだり早退したりすると連絡をくれる

スマホを見る男性

会社を休んだり早退したりしたとき、LINEやメールで体調を心配するメッセージが来ると「もしかして、彼に好意を持たれてる?」と感じてしまいますよね。

しかし、上司や同僚でマメな男性なら、単に仲間として心配している可能性が高いので、好意を持っているとおもうのは気が早いでしょう。

職場の仲間が体調を悪くすると、自分の仕事に影響が出ることがあるので、今後の見通しをハッキリさせたいという気持ちで体調を心配する男性もいます。

あなたが休んでも、まったく仕事に影響のない既婚男性や、直属の上司や近しい同僚でもないのに連絡が来る場合は、好意を持たれている可能性が高いでしょう。

家族や趣味などのプライベートな話を聞いてくる

疑問を持つ男性

女性の家族の話や恋愛の話、休日の過ごし方など、プライベートな話を聞かれると好意を持たれているのではないかと誤解してしまうことがあります。

しかし、何を話していいか分からない既婚男性は、女性社員に対してプライベートな話を聞いてくることがあるので注意が必要です。

会社の休憩中に2人になったときや、取引先に一緒に出掛けるときなど、仕事の話が尽きてしまったらプライベートな話をするしかありません。

普段は普通に接している男性なら、プライベートな話を聞かれたとしても好意があるわけではないので、誤解して相手を意識するようになったり、変に避けたりする必要はありません。

また、男性は興味のない女性の話しはすぐ忘れてしまうので、何度も同じことを聞かれるようなら、好意があるのではなく話すことがなかっただけだと判断しましょう。

誰にもできない相談や質問をしてくる

口を押える男性

年下の部下や同年代の同僚に多い行動ですが、誰にも言えない相談をしてくるからといって、必ずしも脈ありとは限りません。

ただ単に、安心して話せる相手だとおもっているだけのケースや、相談や質問で職場内の人間関係をスムーズにしようとするケースもあります。

気になる女性に対しては、今以上の関係を求めている男性が多いので、相談や質問は2人きりのときを狙ってきます。

残業で2人きりになったとき、帰り道が一緒になったとき、2人で相談と称して食事に行ったときなど、誰にも聞かれない状況で相談をしてくるはずです。

しかし、単に話しやすいとおもっているだけなら、他の社員に聞かれる可能性のある休憩中やランチのときなどに、普通に話し始めることが多いでしょう。

相談や質問の内容より、相談されるときの状況を思い返してみて、女性として好意を持たれているのか、単に仲良くしたいだけなのか判断してください。

会話していても目を合わせない、素っ気ない態度をする

自信のある男性

目を合わせてくれない男性や、素っ気ない態度をする男性に対して「あれ、これって好き避け?」と勘違いしてしまう女性がいます。

確かに、既婚男性が社内の女性が気になり始めると、これ以上好きにならないように好き避けすることがあります。

ただし、苦手な女性に対しても、既婚男性は似たような態度を取ることがあるので、好き避けだと勘違いしないようにしなくてはいけません。

好き避けなのか嫌われているのかチェックするには、次の項目に該当するか確認してください。

  • 頼みごとをしたら快く引き受けてくれる
  • 楽しく会話をすることがある
  • 困っているとサポートしてくれる
  • 仕事の相談をすると答えてくれる
  • 周囲の人にはあなたへを評価する言葉を言ってくれている

上記に該当するなら、好き避けの可能性が高いので安心してください。

逆に、あなたが仕事で困っていたり相談したりしても、他の人に頼んで欲しいと言われるようなら、嫌い避けかもしれません。

嫌われているとおもったら、これまでの態度を振り返って改善すれば十分挽回できます。

仕事ぶりや日頃の態度を褒めてくれる

笑顔の男性

仕事ぶりや仕事中の態度などを褒めてくれるからといって、必ずしも既婚男性が好意を持っているとは限りません。

特に、既婚男性が上司の場合は、部下を褒めてヤル気を出させようとおもっている可能性が高いので、褒められることと恋愛感情は関係ないことが多いものです。

既婚男性が異性として意識している女性には、見た目や服のセンスなど個人的なことを褒める傾向があります。

しかし、職場の仲間として見ている場合は、仕事や仕事中の態度を褒めるので、勘違いしないように注意しましょう。

優しくエスコートしたり女心を理解してくれたりする

手を差し伸べる男性

既婚男性は、妻という女性と毎日生活しているので、独身男性に比べて女性のエスコートが上手いのは当然です。

女性の気持ちに敏感な人も多く、女性特有の悩みなどにも理解があります。

独身男性と比べると、既婚男性の女性への理解の深さは、自分に好意があるのではないと勘違いしてしまうことがあるほどです。

こうした既婚男性の態度は、単に女性との生活に慣れているからできることであって、優しくしている女性に好意を持っているわけではありません。

中には、女性社員に優しくして、自分の評価を上げたいだけの男性もいます。

今まで、独身男性とばかり接してきた女性には、既婚男性の優しさが特別のように見えるかもしれませんが、誰にでも同じように接している可能性があるので、よく彼を観察してください。

飲み会の席でボディタッチされたり下ネタを振ってきたりする

テーブルの下の男女

飲み会のとき、ボディタッチが多い人や下ネタを振ってくる人は、恋愛感情を持っているのではなく、相手の女性と割り切った付き合いがしたいだけの人がほとんどです。

既婚男性は、本気になった女性には純愛のような態度をとりやすいものです。

体の関係を求めるより、精神的なつながりを重視するので、下ネタなど気軽に言えなくなります。

また、職場の女性を好きになったら、軽率な行動をしないのが普通の男性です。

一方で、気軽に下ネタを振ってくる男性は、本気で好きなわけではありませんし、そもそも職場の女性に軽率な行動をする時点で危機管理能力が低いので、できるだけ関わらない方がいいでしょう。

職場の既婚男性が気になる女性と心が通じ合う瞬間

2人で会うことを了承してくれてデートに行ける

デートする男女

職場の外で会うことは、同じ職場の男女が心を通じ合わせる第一歩になります。

職場の仲間とのランチや仕事の打ち上げではなく、2人だけで食事に行ったり、どちらかの趣味に付き合ったりするようになると、既婚男性との距離はかなり近付きます。

男性は、興味のない女性との時間を無駄だと感じやすいので、仕事の仲間とはいえ無理してデートをすることはありません。

特に、既婚男性は仕事と家庭があるので、時間がない人はほとんどです。

ただ仲良くなりたいだけで、職場の女性と外で会うことは少ないでしょう。

相談したいと言われて仕方なく飲みに行くことはありますが、その場合も完全に無関心な相手なら会社内で相談を聞き解決しようとします。

2人で出かけるということは、少なからず相手に好意があるということなので、デートに行くということで相手との心が通じ合うことは多いでしょう。

退社時間が一緒になったときにお互い好意があることを知る

時計を見る男性

たまたま退社時間が一緒になって、歩いて帰っているときや、帰宅が遅くなって食事に行こうという話になったときなど、会話の中でお互いが好意を持っていると分かることがあります。

会社を出ると開放的になるので、職場ではできないような個人的な話しができます。

自分の気持ちも話しやすくなるので、何気ない会話の中にも相手への好意が溢れてしまうことも多いでしょう。

また、何気なく手をつないだり、冗談で恋人のような状況を作ったりしたとき、それを相手が拒否するかどうかでも、好意の有無を確認できます。

相手も同じように好意を持っていれば、そこでお互いの気持ちが分かり、2人の関係は急速に近付きます。

相談をしたりされたりしているうちに一線を超える

会話をする男女

女性が、既婚男性に仕事や恋愛の悩みを相談したのを機に、2人の距離が近付き不倫が始まるというのはよくある話です。

また、既婚男性の同僚が仕事の相談をしたり、妻の愚痴を言ったりすることで、不倫が始まるということもあります。

自分の弱いところを見せるのは、好意のある相手にしかできないものです。

それを聞くのも、嫌いな相手なら面倒なだけです。

相談をしたりされたりするということは、お互い好意を持っているということなので、それが恋愛感情に発展することも少なくありません。

同じプロジェクトでチームになり達成感から距離が縮まる

仕事でのミーティング

仕事で共通の目標や悩みを持つと、話題も増えますし2人の心の距離も近付きます。

さらに、その仕事が成功して同じ達成感を味わうと、普段以上に相手への気持ちが強くなることがあります。

チームの成功を祝して飲みに行けば、仕事で興奮状態にあるので、その勢いで不倫が始まるきっかけができることも考えられます。

飲みに行かなくても、同じ目標を追いかけている間で心の距離が近付き、目標達成したことで開放的になり、相手を誘う勢いがつくこともあります。

LINEで頻繁にやり取りをするようになってから

スマホを見るスーツの男性

仕事の連絡で使っていたLINEが、既婚男性と職場の女性の心を通じ合わせるツールになることがあります。

最初は、他の社員と同じように、連絡事項のみのやり取りをしていても、好きな女性には徐々に個人的なメッセージを送ることが増えていきます。

「今日は疲れたね、大変だったでしょ?」というやり取りから、自宅での過ごし方などに話が及び「今度の休みは何してるの?」という、踏み込んだ話しに発展していくのは、好意をもっているもの同士ならよくあることです。

踏み込んだ話をするようになれば「今度○○に行こうか?」とデートの約束ができるようになり、関係はどんどん進展していきます。

こうして既婚男性は、相手がLINEでの個人的なやり取りを嫌がっていないことで、好意を持ってくれていると理解し、やり取りをする中で心が通じ合っていると確信することもあります。

一緒に出張に行ったことで普段抑えていた感情が溢れてしまう

電車を待つ女性

気になる女性と一緒に出張になった場合は、仕事だと分かっていても嬉しくてテンションが上がってしまうものです。

社外に出ると開放感があるので、いつもはしないような会話になりやすく、心を通じ合わせるきっかけもできやすい傾向にあります。

実際に、出張に行くと家族の話をしたり、過去の思い出話をしたりする上司や同僚は多いはずです。

普段は理性で抑えていた恋愛感情も、出張で開放的になったことで抑えられなくなることがあるので、好意を持っている女性には気持ちが伝わりやすいでしょう。

また、相手の女性も好意を持っている場合は、出張を機に不倫がスタートすることもあります。

飲み会で一緒になったときに酔った勢いでキスなどをする

キスをする恋人

お互いがなんとなく好意をもっていると、飲み会のときに心が通じ合うきっかけができることがあります。

会社の仲間と飲んだ帰りに、2人だけになりどちらかがハグやキスをして気持ちが通じ合ったり、2人だけで飲みに行ってお酒の勢いでホテルに行ったりすることもあるでしょう。

お酒が入ると誰でも本音が出やすくなりますし、今まで理性で抑えていたことも抑えられなくなることがあります。

こんな状況で、ハグやキスなどのハプニングがあれば、お互いが好意を持っていると理解し合い、そこから不倫に発展していきます。

両思いかもと思う瞬間を職場の既婚男性が見せる雰囲気や行動・態度・ライン・セリフを徹底紹介

職場の既婚男性と不倫を始める時の絶対守るべき社内不倫ルール

スリルがあるからといって社内でイチャイチャしない

会社のオフィス

社内不倫が始まると、相手と顔を合わせる職場でも不倫相手に会えるのが嬉しくてテンションが上がってしまうものです。

しかし、この衝動をしっかり抑えなくては、不倫が周囲にバレて後悔することになります。

職場で視線を合わせたり、ボディタッチが増えたり、物陰に隠れてキスをしたりしていると、すぐに職場で噂になってしまいます。

不倫が始まると、本人たちは周りが見えなくなりやすいので、かなり慎重に行動しなくてはいけません。

中には、職場でセックスをしてしまうカップルもいるので、仕事とプライベートの区別はハッキリ付けるようにしましょう。

社内不倫がバレると、最悪のケースでは2人とも退職しなくてはいけなくなることがあります。

出勤・退社時間、有給を2人で合わせないようにする

時計を見る男性

社内不倫をしているカップルがしがちな行動ですが、出勤時間や退社時間を合わせたり、2人で一緒に有休をとったりするのは危険なので、極力しないようにしましょう。

社内不倫を長続きさせるには、これまでの行動を変えないことが鉄則です。

特に、退社時間には気を付けなくてはいけません。

今まで残業をしなかった人が、いつまでも職場に残ろうとするのは不自然ですし、急に早く帰るようになるのも、周囲の人は違和感を抱きます。

また、なんとなく社内不倫を疑われている状態で、一緒の日に有休をとって休むようなことがあれば、不倫は決定的だと認定されます。

職場が同じだと、お互いの行動に変化が出やすいので気を付けてください。

会社の近くや関係者がいそうな場所ではデートしない

デートする恋人

社内不倫をしていると、会社の近くでデートをする方が効率的ですが、必ず離れた場所まで出かけて会うようにしましょう。

どうしても、会社の近くで会わなくてはいけない場合は、細心の注意を払って行動してください。

一緒にホテルには入らない、ラブホテルではなくビジネスホテルやシティホテルで会う、レストランやバーを利用しないなど、2人でいるところを見られない工夫が必要です。

会社の近くでは、誰が見ているか分かりません。

同じ会社の人以外にも、お客さんや取引先の人などに見られる可能性もあるので、デートはできるだけ遠くでするようにしてください。

効率ばかりを重視した結果、すぐに社内不倫がバレて修羅場になるカップルも多いので、どんなに面倒でも慎重に行動することを忘れてはいけません。

社内では極力2人きりにならないようにする

仕事をする女性

社内不倫が始まったら、一緒に残業したり外回りに2人で行ったりするのは、極力避けるようにしなくてはいけません。

今まで一緒に外回りをしていた場合は、そのままの行動を心がけて、帰社時間が遅くならないよう注意しましょう。

よくやってしまうのが、休憩時間が一緒になったときに、いつまでも仕事に戻らないことです。

好きな人と話していると時間があっという間に過ぎてしまうので、意識しておかなくては周囲の人たちにすぐ気付かれてしまいます。

「あの2人、最近よく一緒にいるよね」と職場で噂になり始めると、周囲の目が厳しくなるので、すぐに不倫がバレてしまいます。

そうならないためにも、職場で2人きりにならないよう気をつけましょう。

第三者には絶対に社内不倫のことを話してはいけない

目をつぶる女性

社内不倫をするなら、2人の関係は誰にも話さないようにしましょう。

どんなに仲の良い同僚でも、第三者に話すとそこから不倫がバレることがあります。

また、不倫を知っている人が社内にいると、2人がギクシャクしてしまうことがあるので、行動の不自然さから周囲に不倫を疑われるようになる可能性もあります。

仕事には関係ない友達でも、不倫の場合は極力話さないようにした方が、2人の関係は長続きします。

社内では今までと同じ接し方を貫く

仕事をする男性

社内不倫がバレる原因のひとつに、普段の接し方に変化が出ることが挙げられます。

話すときの態度、目が合ったときの表情、仕事の割り振り方など、今までと違う行動を起こすと、すぐに周囲の人に好奇な目で見られるようになります。

社内不倫がバレると、デートどころではなくなってしまうので、絶対にバレないようにするためにも、社内では徹底して今までの関係を貫きましょう。

職場の人たちは、本人たちが思っている以上に、小さな変化に敏感です。

例えば、既婚男性の上司と目が合った女性社員がニコッと笑っただけで、不倫だと気付く人もいます。

不倫をしている本人は何気なくやっていることでも、周囲の人は不審がってしまうので、今までの行動を変えないようにしてください。

不倫の証拠を徹底して残さないようにする

カフェのレシート

社内不倫がバレて、職場に居辛くなるのを避けたいなら、証拠になるようなことは徹底して残さない工夫が必要です。

社内不倫で残しやすい証拠には、次のようなものがあります。

  • 不倫だと分かる内容が掛かれたメモや付箋
  • 不倫デートのときのレシート
  • 2人で映った画像や動画
  • 職場の人はしないようなやり取りのLINE
  • 2人で持っているお揃いのもの

これらのものは、既婚男性の奥さんに見られても、職場の人に見られてもアウトです。

寂しさを感じるかもしれませんが、既婚男性がLINEのやり取りなどもその都度消去し、2人の画像は自分のスマホに保存しないなどの工夫は必須です。

周囲の人の人間関係を円滑にしておく

団結する会社のチーム

社内不倫を始めると、周りが見えなくなって態度が急変してしまうことがあります。

特に多いのが、上司と不倫を始めた女性です。

上司と深い関係になったことで、自分も偉くなったような気分になって、周囲の人に横柄な態度を取り始めることがあります。

中には、怒られない安心感から、仕事の手を抜き始める人もいます。

こうした態度は、周囲からの反感をかってしまい、不倫の噂を流されたり悪意のある暴露をされたりする可能性もあります。

また、身近な人といい関係を築いている女性は、社会的な評価を大切にする男性には愛される傾向にあるので、不倫関係も上手くいきやすくなります。

こうした理由から、社内不倫が始まったら職場の仲間との関係を、今まで以上に良好に保つようにしてください。

気になる上司と不倫関係になるために知っておくべき社内不倫の暗黙のルールと男性心理

社内不倫はルールを守って安全に楽しもう

仕事をする男女

社内不倫が始まると、今まで仕事が苦痛だった人も会社に行くのが一気に楽しくなります。

その分、気持ちが浮かれて不倫がバレやすくなってしまうので、その点は十分気を付けなくてはいけません。

社内不倫をきっかけに、仕事に本腰を入れてキャリアアップしている女性も多いので、既婚男性といい関係になったら、今後の仕事への姿勢を見直してみるのもおすすめです。

職場の既婚男性と付き合うのはリスクが高いので、その点をお互いが理解して、節度ある行動を心がけて、いつまでもドキドキできる関係を続けてくださいね。