怒る男性

不倫している既婚男性を本気で好きになってしまったら、いけないことと分かっていても、離婚して自分だけを見てほしいと思うようになりますよね。

「休日も一緒にいたい」「時間や人目を気にせずデートがしたい」そんな欲が出てくると、彼に離婚する気があるのか、本音では今後のことをどう思っているのか気になり始めます。

不倫という関係上、ストレートに「離婚するの?」と彼に聞くのは、催促しているようですし聞いたところで本音は言ってくれないでしょう。

そこで、彼の言葉や行動から本気度を確かめてみましょう。

どんなに取り繕っても、人や言動には本心が出てしまうものです。

不倫相手に本気になっている男性は、どんな言葉を頻繁に使うようになるのか、離婚を真剣に考え始めた男性が家族にとる行動などチェックして、彼の言動と照らし合わせてみ打てください。

同時に、既婚男性が離婚する兆候が見えたとき、あなたができる離婚を決意させるテクニックも紹介しているので、事前に把握しておきましょう。

男性が重要な決断をするとき間違った行動をしないよう、しっかり確認してくださいね。

既婚男性が離婚してまで一緒にいたいと思う不倫恋愛の特徴

価値観が似ていて居心地がいい

愛し合う恋人

不倫をする男性は、心のどこかで奥さんと心が通じ合えていない不満を抱えています。

結婚生活を送る中で、男性も女性も価値観や考え方が状況によって変化していきます。

結婚した当初は、誰よりも価値観が合うと思っていた相手でも、生活をしていく中で徐々に溝ができてくる夫婦は多いものです。

そんな男性にとって、価値観の合う不倫相手の存在は、離婚を考えさせるほど大切なものになります。

考え方が似ていると、何をするにもスムーズに物事が進みますし、ケンカもなく穏やかな関係が築けます。

言い争うことも、何かを我慢したりさせたりすることのない関係は、既婚男性にとって居心地がよく素晴らしいものに感じられるので、離婚して不倫相手と一緒になりたいと思いはじめます。

運命を感じる関係

手を握る恋人

既婚男性は、恋愛から遠ざかっている期間が長ければ長いほど、ロマンチストになる傾向にあります。

結婚で、女性の素の部分を目の当たりにしているからこそ、不倫相手の女性にはロマンチックなものを求めてしまいがちです。

そんな男性にとって、不倫相手との運命的な出会いや、運命を感じさせる共通点というのが、離婚を考えるきっかけになることがあります。

運命的といっても、フラッと立ち寄った店で出会った女性、久しぶりに同窓会で再会した初恋の人、通勤でよく顔を合わせる女性と別の場所で出会う、といったシチュエーションで十分です。

男性が運命を感じれば、それは運命的な出会いになります。

出会いが普通でも、運命だと感じるほど価値観が合う、共通点が多いといったことでも、男性は不倫相手を特別な女性と感じるようになるので、離婚してでも一緒になりたいと思い始めます。

一緒に向上できる関係性

笑い合う恋人

仕事や趣味、生活の面で向上していける女性といると、男性は刺激的な未来を想像したり、ヤル気が出たりします。

例えば、不倫相手の仕事に関するアイディアや目標を聞いていると応援したくなりますし、将来性を感じて相手への興味が深まります。

女性も、実現可能な夢や目標を持っている男性の方が素敵に見えますよね?

特に夢や目標がなく、現状に甘んじていたり、仕事の愚痴が多かったりする男性には、人生を掛けてまで一緒にいたいとは思わないはずです。

それと同じ感情を、男性も持っているのです。

今の生活に停滞や退屈さを感じている男性ほど、向上心を持っている女性に惹かれて、どんどんハマっていき、離婚してでも一緒にいたいと思うようになります。

何でも話し合えて癒される

笑い合うカップル

夫婦の会話がなくなっている男性や、奥さんがヒステリックで冷静な会話ができず困っている男性は、不倫相手が何でも話せる女性だと離婚を考えるようになります。

どんなことでも落ち着いて会話ができる人とは、何か困ったことやトラブルがあっても、早い段階で解決できます。

不倫相手に何でも話せれば、2人の関係も常に安定するようになるので、既婚男性はストレスを感じず一緒の時間に癒されるようになります。

不倫はスリルを感じられるのが魅力なのですが、付き合いが安定してきたら、男性はスリルではなく癒しを求め始めます。

その感情を満たしてくれる不倫相手がいると、離婚について真剣に考えるようになるのです。

不倫相手が自立している

海を見る女性

不倫相手が自立してると、既婚男性はハラハラすることが多くなるので、離婚して不倫相手を自分だけのものにしたいと思うようになります。

連絡をしても、すぐには返信が返ってこない。

自分と会っていない日は、悠々自適に趣味やしたいことを楽しんでいる。

男女問わず友達が多い。

仕事に真面目に取り組んでいて経済的にも自立している。

こうした特徴を持っている女性は、男性が不倫という関係では安心できず、離婚を急ぐ傾向にあります。

自分が目を離すと、どこかに行ってしまうのではないか、他の男に取られるのではないかと心配になるのです。

不倫相手が依存体質だったり、恋愛以外の楽しみがなかったりすると、焦って離婚しなくても大丈夫だと男性は高を括るようになってしまいます。

不倫相手が愛情深く必要とされている実感がある

顔を近付けるカップル

離婚を決意するほどの感情は、相手の愛情の深さにも関係しています。

不倫相手が自分のことを一途に愛してくれていると、自分もその愛情に応えたいと思って、離婚が頭をよぎるようになります。

また、必要とされていると実感できることも、既婚男性には大きな魅力です。

結婚すると、奥さんや家族に大切にされていないと感じることも多く、家庭での存在価値を見失っている人も少なくありません。

このような状況に不満を感じている男性は、自分を全力で必要としてくれる相手のところに行きたいと思うようになります。

割り切った関係から本気の恋愛になったとき既婚男性がデート中によく出す言葉

次は〇〇に遊びに行こう

予定を書き込んだカレンダー

不倫関係にある既婚男性が、次のデートの約束を積極的にするようになるのは、遊びから本気になってしまったサインです。

不倫は、次の約束ができない不安定な関係です。

既婚男性にとって、いつパートナーに不倫が疑われるか分からない状況では、不倫相手に軽々しく次に会う約束ができません。

特に、遊びや割り切りで不倫をしている男性は、次の約束はほとんどせず、前日や当日に「会える?」と連絡してきます。

そんな不倫関係にあって、次の約束を積極的にしてくるのは、不倫相手ともっと会いたい、他の男に取られたくないという心理があるからです。

もう、バレてもいいと思ってる

夕日を見る男性

パートナーにバレてもいいと言い出すのは、不倫相手に本気で、さらに離婚を考えている男性がよく言う言葉です。

バレるような場所でデートをするとき「こんな所で会うのは危ないよ」と言うあなたに「もう、バレてもいいんだ」という男性は、離婚を現実的に考え始めている可能性が高いでしょう。

離婚は、そう簡単にできるものではありません。

既婚男性にとっては、人生の中で数回ある人生の岐路と言ってもいい程の決断になります。

奥さんの浮気や、完全に愛情がなくなっているなど、離婚したいとおもうような理由があれば勢いで離婚を切り出せます。

しかし、今までの生活とそれほど変わらない状況で離婚を切り出すのは、かなり勇気が必要なのです。

このような既婚男性の状況から「不倫がバレた方が勢いで離婚できるかもしれない」という心境になることがあります。

ただし、無責任にバレていいと言う男性もいるので、言葉のトーンや他の行動などと合わせて、本気で言っているのか判断してください。

後悔したくないから

遠くを見る男性

男性が自分に言い聞かせるように、デート中「後悔しないようにしなくちゃ」「後悔するのはいやだから」などと言うようになったら、本気度が高く離婚を考えている可能性が高いでしょう。

「人生は一度きりだからね」「俺の人生だ」など「人生」と言うフレーズが増えるのも、離婚を本気で考えている男性の特徴です。

離婚は、男女ともに人生を変える決断です。

中には、離婚するか悩み過ぎて、激痩せしたり心労で体を壊したりする人もいるほどです。

このような大きな決断をしようとしている男性は、無意識に後悔や人生という言葉を口にするようになります。

このような言葉が出てくるようになったら、あまり深く問い詰めず、デート中は男性を笑顔にすることと癒してあげることに注力しましょう。

本当にごめんね

困る男性

待たせているのが申し訳ないと思うのは、相手のことを本気で好きだからこそです。

割り切って不倫している女性に対して、男性は相手も割り切って付き合っていると考えるようになるので、待たせている、苦労を掛けているという意識が湧きにくくなります。

しかし、本当に好きな女性に対しては、不倫でツラい思いをさせていることに罪悪感を持つので「ごめんね」という言葉が出てしまいます。

既婚男性に謝られたとき、相手を責めるのではなく、、笑顔で「こうして会いに来てくれるだけで十分だよ」と健気な言葉を返すと、不倫相手はどんどん夢中になってくれます。

不倫をしている女性はツラいですが、既婚男性も人知れず悩んでいることもあるので、お互いが思いやれる関係になれると、2人の関係はさらに良くなります。

逆に甘い言葉を言わなくなる

口を押える男性

男性は、本気になった女性には無責任なことや嘘が言えなくなります。

軽々しく「いずれ離婚するから」「結婚したいね」などと言えるのは、不倫相手と一緒になるのに現実味がなく、嘘をついている実感がないからです。

しかし、現実的に離婚や再婚を考えるようになると、逆に言葉に出さなくなります。

最近、彼が甘い言葉を言ってくれなくなったからといって、愛が冷めたと誤解しないでください。

実は、本気であなたを幸せにするために、動き始めてるかもしれないのです。

既婚男性が離婚することを考え始めたときの家族に対する態度や行動

言動が冷たくなる

孤独な男性

離婚を真剣に考え始めた男性は、奥さんへの言動が明らかに冷たくなります。

目を合わせなくなる、会話をしなくなる、LINEやメールが簡素になるなどの行為が、徐々にエスカレートしていくこともあります。

普段の接し方も変わりますが、これまでと大きく変わるのはケンカの仕方です。

今まで奥さんが怒ると無口になっていた旦那が、急に怒鳴って反論するようになる。

怒りっぽい旦那が、怒鳴らず冷静に悪いところを指摘するようになる。

ケンカになると言い合わず、家を出ていくようになる。

「離婚よ」というと折れていた旦那が、すんなり受け入れるような言動をする。

このような変化が起きるので、奥さんはすぐに旦那の心境の変化に気付くでしょう。

別居を提案する

鍵の刺さったドア

離婚を切り出す前に、別居を提案して冷静になる時間を持とうとする男性もいます。

話し合いをしようとしても、奥さんがヒステリックになって話しができない場合や、何度話し合っても分かり合えず、会話が平行線になってしまう場合は、別居してそれぞれが1人で考えるのがベストな方法でしょう。

子供がいる夫婦は、奥さんではなく旦那の方が実家に帰ったり、会社の近くのマンスリー物件を探して、しばらくそちらに引越すこともあります。

この時期に、上手く別居できたからといって、不倫相手と半同棲のようになると、慰謝料を払った上に離婚を拒否されることがあるので注意が必要です。

一人の時間を持つようになる

車を運転する男性

急に一人旅やドライブ、趣味に没頭する時間を持つようになるのは、離婚を考えている男性の特徴的な行動です。

悩みや考え事があると、女性は他人に話して解決しようとしますが、男性は一人になってじっくり考えようとします。

外に出ていけない事情がある男性は、部屋に籠ったり、深夜まで寝ずに何かを考えたりしていることが増えるでしょう。

帰宅時間が遅くなる男性も多く、仕事帰りに一人になって、離婚すべきか、どう切り出すか、子供はどうすべきかなどを考える時間を持とうとします。

根が真面目な男性は、この時期子供のことなどを考えて、体を壊す人やストレスからくる脱毛などに悩まされることもあります。

身辺整理を始める

2つのゴミ箱

急に、身の回りの不要なものを大量に捨てるようになったり、通帳の記帳などをし始めたりするのも、離婚を前にした男性がやってしまう行動のひとつです。

身辺整理を始めるのは、すぐ引越しできるようになどの理由もありますが、多くの場合は心の整理をつけようという心理が影響しています。

他にも、加入している保険の確認や整理をする、住んでいる自宅の契約などを確認する、といった行動を始める男性もいます。

不倫がバレたり夫婦喧嘩などで突発的に離婚の話にならなければ、身辺整理を始める人は多いようです。

夫婦関係が破綻していると、夫のこのような行動に文句を言ったり、バカにしたりする奥さんもいます。

それが離婚への気持ちに拍車をかけて、男性が奥さんに離婚を切り出すきっかけになることもあります。

実家に帰る頻度が増える

歩く男性

男性は、離婚のことを両親に相談する人は少ないのですが、両親の考え方を聞きたくて実家に帰る頻度が上がることがあります。

遠方の場合は、電話連絡が増えていくでしょう。

子供がいる場合は、親権の問題などで、両親のサポートが必要になることがあります。

それほど多くありませんが、母親側に子供を育てる能力がない、母親が親権を放棄する、といったことがあれば、離婚後仕事をしながら子育てしなくてはいけなくなります。

そうなると、一人では手が足りなくなることが予想されるので、両親の意見を聞こうとするのです。

理由をつけて妻の実家に行かなくなる

話を聞いていない男性

離婚を考えていると、妻の実家に行くのが嫌になり、何かと理由をつけて付き合いを避けるようになります。

夫婦が、パートナーの両親に会いに行くのは、今後の付き合いを円滑にするためです。

しかし、離婚して付き合いがなくなるかもしれないと考えるようになると、妻の両親に会いに行く理由がなくなってしまうのです。

実家に行く話が出ると、仕事や体調不良を理由に行くのを避けるようになり、他の親戚付き合いも希薄になっていきます。

帰宅時間が遅くなる

車を運転する男性の腕時計

帰宅時間が遅くなるのも、離婚を考えている男性の特徴です。

一人で今後を考えるためでもありますが、奥さんと顔を合わせたくないという理由が大きいでしょう。

離婚前になると、夫婦が冷め切っていることもありますし、帰宅の遅さや対応の冷たさを奥さんから責められることもあるでしょう。

どんな家庭状況であれ、離婚したいと思っていると、奥さんの顔を見たくなっていき、帰宅時間が遅くなったり休日も用事を作って出かけるようになります。

結婚指輪をしなくなる

机に置かれた結婚指輪

結婚指輪をしなくなるのも、結婚生活に見切りをつけたい男性がとってしまう行動です。

奥さんから「指輪どうしたの?」と聞かれても、何かと理由をつけてしなくなります。

結婚指輪をしないのは、離婚したい意志からくるものでもありますし、周囲の人への対策でもあります。

離婚した途端に指輪をしなくなるのも体裁が悪いので、結婚しているうちから外して、周囲の目を慣れさせようとする心理もあります。

給料を自分で管理するようになる

計算機とお金

離婚を考え始めると、奥さんにお金を管理させるのも嫌になり、自分で管理を始める男性もいます。

突然「これから給料は俺が管理するから、生活費がいくらいるのか言って」と言い出して、奥さんと喧嘩になってしまうこともあるでしょう。

給料を奥さんに管理させるというのは、相手を信頼し一緒に家庭を築いていこうという意思がなくてはできません。

奥さんへの愛情が完全になくなったり、家庭を築いていく意思がなくなったりすると、急に給料を渡すのが惜しくなってしまい、全額渡さなくなってしまいます。

愛情がなくなるのと同時に「俺のお金を、隠れて貯めこんでいるのではないか」という不信感も湧いてくることがあるので、離婚を決めた男性はお金の管理法に口を出し始めるようになります。

既婚男性が離婚する兆候が見えたときに離婚を決意させるテクニック

一度距離を置いてみる

風を受ける女性

彼が離婚を考えているようなら、一旦距離を置いて、ゆっくり家族と向き合う時間を作ってあげるのも思いやりです。

不安になるかもしれませんが、考える時間を与えてあげた方が、彼は後悔のない決断ができます。

また、しばらく会わないようにするのは、態度が変わった旦那さんを怪しんで、奥さんが探偵などに依頼した場合の対策としても有効です。

離婚の話し合いをしている時期は、彼夫婦にとってかなりデリケートな時期になるので、あなたはできるだけ控え目にしていた方が話はスムーズに進みます。

連絡頻度を下げて見守る

スマホを持つ男性の手

彼が離婚で悩んでいるようなら、あなたからの連絡は最小限にして、考える時間を増やしてあげることも必要です。

彼が家族と向き合っている時間は、とても不安に感じるかもしれません。

しかし、その時間をゆっくり与えてあげることは、あなたと彼の今後に良い影響が出ます。

もし、連絡を控えようと思ったら、彼が誤解しないように、事前にしっかり話し合っておきましょう。

しばらくは、こちらから連絡しないけど、嫌いになったりいじけたりしているわけではないことや、ケジメを付けるには1人で考える時間が必要だと思うことなどを話しておいてください。

そこまで考えてくれるあなたに、彼はきっと感謝してくれるはずです。

彼が、連絡して欲しいと言ってくれれば、様子を見ながら柔軟に対応してください。

デート中は楽しむことに集中する

仲のいい恋人

彼が離婚について悩んでいる時期は、あなたはデートを楽しむことのみに集中しましょう。

離婚のことに口を出すのも、彼の気持ちを探ろうとするのも、悩んでいる彼にとっては負担になります。

彼は、あなたと会うことで癒されたり、悩みから一時的にでも開放されたりすることを望んでいます。

それを叶えてあげることが、待っている女性にできることです。

変に明るく振舞う必要はないので、今までと同じように、ただの恋人同士のように彼と思い出を作ってください。

彼は、あなたとの時間を糧に、離婚に向けて話し合いを進めてくれるでしょう。

奥さんへの不満をあなたが埋める

料理をする女性

これまで彼から聞いていた奥さんの不満を思い返して、あなたがその不満を満たしてあげると、彼の気持ちは大きくあなたに傾くでしょう。

例えば、家事をまったくしないという不満を持っていたら、キレイに掃除した部屋で手料理を作ってもてなしましょう。

奥さんが彼の行動にいちいち文句を言ってくる、という不満を持っているなら、あなたは彼のすることに共感し褒めてあげればいいのです。

奥さんに対抗するのは、決して良いことではありません。

しかし、彼の気持ちを変えるには、時にあざとくなることも必要です。

彼に勘付かれない程度に、奥さんの欠点をあなたがカバーして、彼の気持ちをあなたに誘導しましょう。

女らしさを全面に出す

メイクをする女性

彼の気持ちを自分に傾けたいなら、女らしさを全面に出すことを忘れないでください。

結婚すると、女性は自分のために時間を使えなくなってしまいます。

ヘアスタイルやメイクに時間を掛けていられませんし、お風呂もゆっくり入れないほど忙しい主婦もいます。

そんな奥さんと差をつけるには、女らしさを全面に出すしかありません。

前項と同様に、奥さんに対抗するような行為は本来いけないことですが、彼の気持ちを変えるには、この方法が一番有効です。

爪の先までしっかり手入れをして、いい香りを漂わせ、いい女でいることに全力を掛けましょう

ただし、香水は彼の奥さんに不倫がバレる危険があるので、薄めにつけるようにしてください。

奥さんが女性らしさを忘れていれば、彼の気持ちはあなたにどんどん傾いていくでしょう。

離婚について口を出さない

秘密を持つ女性

離婚について口を出さないのも、不倫相手のマナーです。

夫婦の間には、他人には分からないことがたくさんありますし、10組の夫婦がいれば悩みや解決法も10通りあります。

何も知らない人が、周囲から口を出しても、良い解決法が見つかるわけではありません。

彼に離婚の兆候が見え始めたら、とにかく相手のことに首を突っ込まず、黙って待ってあげましょう。

大好きな彼が悩んでいると、何かしてあげたいと思うでしょう。

しかし、こればかりは彼が自分で解決しなくてはいけない問題です。

男性の性格次第では、口を出されることで不倫相手が嫌になって、不倫をやめてしまうこともあるので注意してください。

セックスを楽しむ

愛し合うカップル

男性を突き動かすには、理性的に考えさせるのではなく、本能に訴えることも有効な方法です。

セックスは、男性の脳にダイレクトに快感を伝えるので、難しいことを考えることなく「この女とずっと一緒に居たい」「彼女を他の男にとられたくない」という気持ちにすることができます。

今までセックスに受け身だった人は、自分から彼が楽しんでくれるような提案をしてみるのもいいですし、彼が好む趣味に付き合ってあげるのもいいでしょう。

ただし、不倫をする男性には稀ですが、淡泊な男性にはあまり効果がないので、性欲があまりない彼の場合は、他の方法を試してください。

彼を迎える準備ができていることをさりげなく伝える

嬉しそうに笑う女性

離婚するとなると、男性はさまざまなことを考え悩みます。

住む場所はどうするのか?

子供の負担はどうカバーすればいいのか?

養育費を払いながら再婚できるのか?

離婚したところで、不倫相手とうまくいくのか?

色んな事が頭を駆け巡り、解決策も分からないまま、しばらくはツラい時期を過ごすことになります。

そんなとき、あなたが彼を安心させる材料を提示できれば、彼は離婚をする決意が固まり始めます。

例えば次のような言葉で、さりげなく彼を迎える準備をしていることを伝えてみましょう。

  • 「もしも住む場所がなくなったら、いつでもここにおいでよ」
  • 「万が一、あなたが何もなくなってここに来てもいいように、今貯金もしてるんだ」
  • 「何かあっても、2人でいれば何とかなるでしょ」
  • 「ぜーんぶ嫌になったら、一緒にどっかに引越ししようか?」
  • 「私が頑張るから、あなたは何も心配しなくていいよ」

これらの言葉は、離婚を考えている男性には、かなり響く言葉です。

どうなっても、必ず彼女が待っていてくれると思うと、甘えるつもりはなくても心強く感じます。

注意点としては、言い方次第で離婚を急かしているように聞こえてしまうので、彼がツラい表情をしているときや、悩みを口にしたとき、さりげなく可愛く言うのがポイントです。

既婚男性が結局離婚しなかったときにあなたが取るべき行動

離婚しなかった理由を聞く

会話する男女

彼が離婚に踏み切れないときは、冷静に優しく離婚しない理由を聞いてみましょう。

責めるような口調で聞くと、彼は本心を言わなくなるので、普段の会話と同じトーンで優しく聞いてみてください。

離婚しない理由が、次のような理由なら、彼はよっぽどのことがなければ離婚しません。

  • 子供が◯歳になるまでは無理だ
  • 俺がいないと家族が生活できなくて
  • 両親が離婚するなってうるさくてさ
  • 会社的に離婚するのは難しい

これらの離婚できない理由は、自分の感情ではなく周りの人や環境のせいになっています。

人のせいにして離婚しないという男性の本音は、自分が離婚する気がないというものです。

一般的に、本当に離婚しようと思っている男性は、周りの人や環境に左右されません。

よっぽど優柔不断な男性でなければ、今の結婚生活に限界を感じているなら、周りの意見や環境は関係なく離婚します。

しかし、周りのせいにして離婚しないというのは、離婚するほど家庭に不満がなく、離婚したいと思うほど不倫相手にハマっていないということです。

中には、本当に離婚できない事情がある男性はいます。

そんな男性は、本気になった不倫相手には、早い段階で離婚できない理由を話しているはずです。

彼に離婚しなかった理由を聞いて、冷静に今後のことを考えてみてくださいね。

本当に彼とこのまま付き合うべきか考える

目をつぶる女性

離婚しない理由や、彼の気持ちが分かったら、このまま付き合うべきか別れるべきか、しっかり考える時間を持ちましょう。

一度、離婚に向けて動こうとしたにも関わらず、結局離婚しなかったということは、今後彼が離婚する可能性はかなり低いでしょう。

不倫は、始まった当初が一番燃え上がり、気持ちは徐々に落ち着いていきます。

夫婦関係がよっぽど悪化しない限り、不倫期間が長くなるほど離婚という選択をしなくなるので、こうした男性の心理も理解して、今後を考えてください。

一度離れて冷静になる

山登りをする女性

不倫関係にある既婚男性が、なかなか離婚してくれないときは、一度距離を置いて冷静になる時間を作ってみましょう。

彼と今後どうするのか考えても、まったく答えがでなければ、彼から離れて他の人の意見を聞くことが悩みの突破口になることがあります。

例えば、他の独身男性と知り合って、彼の誠意のなさに気付くかもしれませんし、逆に彼への愛を再確認して、騙されてもいいから待とうと決意できるかもしれません。

とにかく、一度問題から離れてみないと、客観的に悩みに向き合うことができません。

期限を決めて、2~3ヶ月会わなくなるのもいいですし、長期の旅行に出かけてみるのもいいでしょう。

彼から離れて、あなた自身がこれからどんな人生を歩みたいのか、じっくり考えてみましょう。

他の男性との出会いを探す

乾杯する女性

不倫をしている既婚男性が離婚に消極的になっているなら、他の男性との出会いを楽しんでみるのもおすすめです。

彼と別れられなければ、付き合ったままでいいのです。

合コンや紹介に積極的に出掛けて、他の男性と友達になりましょう。

彼だけに執着して、時間ばかり無駄にしていると、婚期を逃して彼を恨むことになりかねません。

彼も、家庭という自分の人生の基盤はキープしているのです。

あなたも、彼がいなくなったときのために、自分自身の出会いを大切にする権利があります。

年齢が上がっていくと、年々出会いは減り結婚への道は遠のいていきます。

将来、いつかは結婚したいと思っているなら、彼に固執しているのは危険なので、彼以外の男性とも交流するようにしてください。

期限を決めて付き合う

予定を書き込むカレンダー

すぐに不倫相手と別れられない、でも不倫を何年も続けるのは嫌だと思うなら、彼との間に期限を設けるといいでしょう。

「ずっと不倫は嫌だから、半年後のあなたの誕生日までにどうするか決めてね」

「私も将来は結婚したいから、1年経っても状況がこのままだったら婚活始めるから、それは理解してね」

「もう付き合い始めて1年経ったから、後3ヶ月で状況が変わらないのなら、私も今後を考えようとおもってるんだ」

このように、ケンカ腰ではなく冷静に可愛く伝えてみてください。

また彼のことを愛しているということも、しっかり話しておきましょう。

この方法を使うときは、本当にあなたも別れる覚悟を決めてください。

彼を試すために使うと、いい結果にはなりません。

本当に、自分が踏ん切りをつけられる期限を考えて、彼と相談してみましょう。

本音を言い合ってお互いの意志を確認する

会話をする男女

不倫をしていると、どうしても「物分かりのいい女」になろうとして、本音を隠すようになります。

しかし、不倫相手の彼が行動を起こしてくれず、あなたも本音を隠したままでは、いつの間にか「都合のいい女」になってしまいます。

そうならないために、一度彼と本音でぶつかってみるのもいいでしょう。

あなたがどれだけ苦しい思いをしているのか、今後のことがどれだけ不安なのか、彼に思い切ってぶつけてみましょう。

あなたが何も言わないから、この関係に満足していると、彼が誤解しているかもしれません。

もしくは、何も言わないのを良いことに、ズルズルと不倫を続けているだけかもしれません。

彼の本心を知るには、あなたが本心をさらけ出すことも必要です。

あなたが本音を言って、彼が本気で今後のことを話し合ってくれるようなら、彼は本気である可能性が高いでしょう。

しかし、あなたが本音を言った途端別れようとするなら、彼の一番大切なものは家庭だったということが分かります。

都合のいい女にならないためには、大きな掛けに出ることも必要です。

曖昧な態度が続くなら別れる

道を歩く女性

離婚をすると言いながら、まったく離婚の兆候が見られなければ、思い切って別れることも選択肢に入れておいた方がいいでしょう。

不倫をする場合、付き合い始めた数か月が一番燃え上がる時期です。

不倫相手に本気になった男性の多くは、この数か月で将来どうするか考えて、行動を起こし始めます。

そこで離婚ができるかどうかは別問題ですが、何らかのアクションを起こすはずです。

しかし、付き合いが長くなっても「いつかは離婚する」と言っているだけで行動しない男性は、もう離婚する気がないと思って間違いありません。

別居している、離婚できない重大な問題がある、などのケースは別ですが、毎日しっかり家に帰っているのなら、今後大きなきっかけがなければ離婚はしないでしょう。

もし、あなたが彼と付き合って人生を棒に振ってもいいと思っているなら、後悔のないようトコトン付き合うのも、ひとつの愛の形だと思います。

しかし、そこまで腹を括れないのなら、彼が結局離婚せず不倫が解消されたとき、必ず後悔します。

離婚を考えている男性は必ず態度が変化する

考える男性

離婚を真剣に考えるようになると、男性の態度や仕草に必ず変化が出てきます。

家族に対しても、不倫相手に対しても、接し方や話す内容が変化するので、離婚の兆候の見逃さないようにして、今後の振舞い方を考えるヒントにしましょう。

男性がどうしても離婚してくれないときは、甘やかすばかりではなく、時に毅然とした態度を示すことも必要です。

もし別れることになっても、本音を言ったら逃げるような相手なら、早かれ遅かれ上手くいかなくなることは明白です。

しばらくはツラくても、時間を無駄にしなくて良かったと気持ちを切り替えましょう。