怒る男性

男性は、好きな女性や彼女ができて独り占めしたい気持ちが高まると、マーキング行動をするようになります。

マーキングの方法は人それぞれなので、男性の心理や目的、よく見られる言動などを見てみましょう。

見落としているようなことが、意外と男のマーキング行動だったということもあります。

また、マーキングされたい女性のために、彼氏にマーキングされる女性の特徴とマーキングを促す行動をご紹介します。

彼氏がなかなかマーキングしてくれなくて寂しさを感じているなら、ぜひ参考にしてくださいね。

男のマーキング行動とは?男性心理や目的を説明!

他の男性が彼女に手を出さないよう自分の存在をアピールしたい

こぶしを握る男性

男性のマーキング行動のほとんどは、好きな女性の周りにいる男性に対するけん制が目的です。

自分という彼氏がいることを周囲に知らしめて、好きな女性に手を出す男を減らしたい、もしくはゼロにしたいという目的でマーキングをします。

そのため、普段はしないのに周囲に人がいる状況でベタベタしたり、2人にしか分からない話をしたりして、周囲に自分の存在をアピールします。

2人でいる時より、周りに人がいる時の方が、スキンシップやイチャイチャする頻度が高くなる男性は、マーキングをしている可能性大。

周囲の男性にアピールできない環境にいる場合は、キスマークを付けたり、プレゼントしたアクセサリーをつけさせたりすることでマーキングします。

離れていても自分のことを考えていて欲しい

考える男性

マーキングは、周囲の男に対するけん制だけでなく、彼女に対して「自分のことを常に考えていてほしい」という心理でやってしまうこともあります。

アクセサリーをプレゼントしたり、キスマークをつけたりするのが、これに該当します。

また、ペアグッズを持つのも、彼女に対して自分の存在を主張したい気持ちが隠れていることがあります。

男性は、彼女に「離れていても俺のこと考えててよ」なんて言葉は、言えない人がほとんどです。

しかし、女性と同じように男性も「好きな人には、常に自分のことを考えていて欲しい」という気持ちを持っています。

こうした心理から、好きな女性にマーキング行動をします。

自信がなく彼女に裏切られる不安がある

線路でうなだれる男性

自分自身や、現在の2人の関係に自信がない男性は、気持ちが安定している男性に比べてマーキングをしたがる傾向があります。

精神的に安定している男性は、彼女と離れていても自分を忘れたり浮気したりする不安を、それほど持たないものです。

また、そうなったとしても仕方ないという気持ちを潜在的にもっているので、無理に相手を束縛したり、マーキングしたりすることがありません。

一方で、自分に自信のない男性や、まだ2人の関係に不安を抱えている男性は「彼女が、自分から離れてしまうのではないか」という不安を常に抱えているので、マーキングをするようになります。

服を脱がないと見えないところにキスマークをつけたり、自分好みの下着をプレゼントしたり、彼女のSNSで自分の存在を主張したりするのも、自信のない男性がしがちなマーキングです。

自信のない男性は、元々そのような性格の場合もあれば、過去に彼女に裏切られた経験から自信をなくしているケースもあります。

このような男性は、マーキング以外にも束縛が激しい傾向があるので、上手くやっていくには相手を安心させる思いやりが必要になります。

自分の女だというのを周りの男に見せつけたい

キスをする恋人

男性のマーキング行動の多くは、女性を本気で好きだからやってしまうのですが、中にはそうではない心理の男性もいます。

男性の中には、たくさんの女性と関係を持っていることを、周りの男性に自慢したい人がいます。

このタイプの男性は、周りの人にアピールするために、女性にマーキングすることがあるのです。

女性には理解し難い心理ですが、男性の中には実際そんな人がいます。

そんな心理の男性は、本気で好きでもない女性に対して、キスマークをつけたり人前で肩や腰を抱いたりします。

女性は、そんなマーキング行動をされると愛されているような気がしますよね。

しかし、単に男性が、周りの人に「自分がモテることをアピールしたいだけ」の可能性もあります。

そんな男性は、2人きりの時は冷たかったり、自分の都合を優先してばかりで思いやりがなかったりするので、愛されているかどうかはマーキング以外の行動で判断しなくてはいけません。

彼女を喜ばせたいというサービス精神

風船を持つ女性

マーキングするのには、彼女を喜ばせてあげたいという心理や目的の男性もいます。

ペアグッズを持ったり、彼女の部屋に自分の私物を置いたりするマーキングの中には、彼女が喜んでくれるからやっているだけで、マーキングをしているという意識がない男性もいます。

マーキングは、周囲の人に自分の存在をアピールし、彼女に他の男が近寄ってこないようにする目的がほとんど。

しかし、この心理のマーキングは、彼女への思いやりやサービス精神が目的になっています。

女性の中には、彼氏からマーキングされることに喜びを感じる人が少なくありません。

愛されていることを実感できますし、常に彼とつながっているような感覚に喜びを感じるものです。

そんな彼女の気持ちを察した男性は、彼女を喜ばせたい一心でマーキングします。

彼女を信用できず浮気を防止したい

夕日を見る男性

彼女に浮気された経験がある男性や、元カノの浮気で破局した経験のある男性は、彼女が浮気しないように、自分の彼女にマーキングすることがあります。

浮気された経験がなくても、彼女への愛情が高まりすぎると、男がみんな彼女を狙っているような気持ちになることがあります。

また、彼女が流されやすいタイプだったり、イマイチつかみどころのない性格だったりすると、彼氏は不安になってしまうものです。

そんな状況の男性も、彼女が浮気しないか不安でマーキングして事前に予防線を張ろうとします。

少し怖い話ですが、既婚者の女性と付き合っている男性が「旦那とセックスをしないように」という意味で、女性にマーキングをすることもあります。

これは、女性側が既婚男性にすることもありますよね。

このように、自分以外の人とのセックスを予防するために、マーキングする人もいるのです。

男のマーキング行動としてよく見られる行動や発言

周囲の人の目があるところで彼女の体を触る

抱き合う恋人

マーキングの最大の目的は周囲の男性へのアピールなので、周りに人がいる状態で彼女の体を触るのは、マーキングでよく見られる行動です。

肩や腰を頻繁に抱いて、自分の方に引き寄せる。

髪や頭を触る。

冗談めかしてハグをする。

このような行動は「彼女が好きでずっと触っていたい」という気持ちもありますが、周りに人がいる状態でしたがる場合は、マーキングの可能性が高いでしょう。

ここまであからさまな行動でなくても、コソコソと彼女の耳元で話そうとしたり、服の乱れを直してあげたりなど、小さな行動でマーキングをすることもあります。

程度の差はあっても、人前で体を触ろうとするのは、男性のマーキングでは代表的な行動です。

飲み会に行く時は送迎しようとする

車を運転する男性

彼女が、飲み会や遊びに行くとき、頼んでいないのに送迎しようとする男性の行動も、一種のマーキングの可能性があります。

自分から進んで送迎しようとするのは、自分の存在をこれから彼女と一緒に過ごす人たちにアピールしたいからです。

マーキングしたい男性は、彼女を送る理由を「危ないから」「お前のため」などと言うでしょう。

あくまでも、自分が不安でマーキングをしたのではなく、女性の為に送迎しているというスタンスを守ろうとします。

しかし、実際は自分の存在を、彼女の周りの人にアピールして手を出そうとする男をけん制するのが目的です。

送迎することになったら、わざわざお店の前で彼女を下したり、迎えにきたら彼女の友達を一緒に自宅に送り届けたりして、自分の存在を彼女の周囲の人にアピールしてマーキングします。

左手の薬指に合うリングをプレゼントしてくる

影がハートになったリング

アクセサリーを送るのも、男性のマーキング行動の可能性が高いのですが、薬指にはめるためのリングを贈る男性は、マーキングだと思って間違いありません。

左手の薬指にリングをしていれば、周囲の人に彼女が結婚を考えているような男性がいる、ということを誇示できるので、分かりやすいマーキングといえます。

マーキングのために指輪を贈る男性は、彼女を周囲の男から守りたいだけなので、必ずしもペアで購入するわけではありません。

マーキングのためにリングをもらうというのは、女性側からすると少し寂しい気もしますよね。

ただ、薬指のリングを贈る男性は、マーキングしたいだけでなく、結婚まで考えている人がほとんどです。

結婚願望のない男性が、マーキングだけで女性に指輪を贈ることはありません。

彼女と結婚する気がなければ、リングを贈って自分が結婚したいと誤解されたくないはずです。

また、彼女がその気になって、結婚したいと言われ始めると面倒だと考える男性もいます。

こうしたことから、彼女にマーキングとはいえ指輪を贈るということは、彼女が結婚したいと言い始めても受け入れる気持ちを持っているということです。

周りの誰より彼女のことを知っていようとする

スマホを見る男性

彼女になった女性や、好きな女性に対して、誰よりも自分が彼女のことを知っていようとするもの、マーキングの一種です。

彼女のことを誰よりも知っていると周囲の人に印象付けて、他の人が入ってこれない関係性を構築することでマーキングします。

彼女が話していると「それは知ってる」と言ったり、スケジュールを話していると「毎週月曜日は〇〇の日だろう」などと訂正したりして、自分が彼女のことを知っていると頻繁に主張してきます。

一見、マーキングのように見えないかもしれませんが、これは女性同士でもよく行われるので、経験している人も多いのではないでしょうか?

女性同士の場合は、ある人に対して、自分が一番の友達で何でも知っていると周囲の人たちにアピールして、1人の人を自分だけの友達にしようとする女性がいませんでしたか?

これも、マーキングをして自分以外の友達と仲良くしないようにする心理からくる行動です。

男性の中にも、上記と同じようなマーキング行動で彼女を囲おうとします。

服を脱がないと分からない場所にキスマークをつける

セックスをするカップル

キスマークを付けるのは、マーキングの中で最も分かりやすい行為です。

若い年代では、わざと見える場所にキスマークをつけて、自分の存在を主張したがる人が多いものです。

これは、男性も女性もやってしまう行為なので、2人ともキスマークを付けているというカップルを見ることも珍しくないでしょう。

お互いがマーキングし合うことが、楽しい時期というのもありますよね。

ただ、年齢が上がっていくと、見える場所にキスマークを付けるのは非常識だと分かってきます。

職場にキスマークをつけていくと、周囲から冷ややかな目で見られてしまうこともあります。

そのため、服を脱ぐと分かる場所にキスマークをつけて、マーキングをすることが増えます。

この行為には、彼女に離れていても自分のことを思い出してほしいと言う心理や、相手の浮気を予防したいという心理があります。

高圧的な態度や言葉遣いをするようになる

自信のある男性

2人の時はそうでもないのに、周りに人がいると高圧的な態度や言葉遣いになるのも、男性のマーキング行動のひとつです。

亭主関白のように振舞って、彼女の方が自分に惚れていることを周囲の人にアピールしたい気持ちから、こうした態度に出てしまいます。

他にも、周りの人に自分をカッコ良く見せたいという気持ちもあるでしょう。

女性は、2人きりの時は優しいのに、周りに人がいると高圧的な態度になるので、戸惑うこともあるはずです。

これは、分かりにくいマーキング行動ですが、2人の時と周りに人がいる時で態度が違う人は、マーキングをしている可能性が高いでしょう。

※期間限定

不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

一見すると意味がなさそうだけど実は男のマーキング行動である言動

デートで手を繋ぐのもマーキングの可能性がある

手を繋ぐ恋人

デートで手を繋ぐのは、ほとんどの恋人がやっていることですが、中にはマーキングの意味があって手を繋いでいる男性もいます。

周囲の人たちに、自分たちが付き合っているというのを示すには、ボディタッチをしているのが一番分かりやすい方法です。

そのため、違和感のない「手をつなぐ」という行動で、自分たちが付き合っていることを周囲に主張します。

このマーキングは、知っている人が見ているかどうかは関係ありません。

周囲に付き合っていることを主張して、自分が安心したいという気持ちが大きいので、誰かが見ているからする、というものではありません。

いつもは手を繋がないのに、急に繋いでくるようなことがあれば、彼が2人の関係に不安を感じていてマーキングしているのかもしれません。

思い当たることがあれば、愛情表現をいつもより分かりやすくしてあげると、彼は安心してくれるはずです。

SNSで意味深なコメントをしてくる

スマホを操作する女性

彼女のSNSで意味深なコメントをしてくるのも、マーキングの可能性大です。

特に、自分たちしか分からないようなことを書き込んでくるのは、間違いなくマーキングをしていると想っていいでしょう。

不特定多数の人が見るSNSで、2人しか分からないようなことをこれ見よがしに書くのは、あまり良いものではありません。

しかし、そんなことも無関係にコメントしてくるのは、自分の存在を見ている人たちに周知させたい気持ちがあるからです。

また、SNS用に撮影している彼女の写真に映り込もうとしたり、彼氏がいることを匂わせようとしたりするのもマーキングといえます。

こちらも、その場では分かりにくいマーキングですが、男性は彼女のSNSを見ている他の男もライバルだとおもっているので、コメントや画像で自己主張しようとします。

自分のSNSでラブラブアピールの投稿をする

スマホを持つ男性の手

自分のSNSに彼女との画像を頻繁に乗せたり、彼女への気持ちを書いたりするのも、一種のマーキングです。

自分の周りや共通の知人に向けて「これだけ自分たちはラブラブですよ」というのをアピールして、周囲をけん制しようとします。

周囲に向けてラブラブアピールする男性は、2人の関係に自信がないと言われています。

彼女が離れていく不安を抱えていたり、自分の気持ちが彼女だけに向いていなかったりすると、周囲の人たちに仲が良いことを認めてもらって安心したい心理になるのです。

もちろん、ただ彼女と付き合えたことが嬉しくて、周りが見えなくなっているケースもあります。

もし彼が、このようなマーキングをしていて、たまに不安を感じているような素振りがあったら、分かりやすい愛情表現をして安心させてあげましょう。

女性が日常的に使うものをペアにしたがる

財布を出す女性

女性が日常的に使う、定期入れや財布、ボールペンなどをペアにしたがるのも、実はマーキングの可能性があります。

女性側がおねだりしたのではなく、彼の方から自発的にプレゼントしてくれたのであれば、常に自分のことを考えていてほしいという気持ちの現れかもしれません。

マーキングには、周囲へのけん制の意味もあれば、彼女に対して自分の存在を忘れて欲しくないという意味でやってしまうこともあります。

女性は、彼氏からペアグッズをプレゼントされると、純粋に喜んでしまいますよね。

まさか、マーキングだと思っていない女性も多いかもしれません。

しかし、男性の中にはペアグッズを使ってもらうことで、彼女自身いマーキングしていることもあるということです。

彼女の周りの人間関係を常にチェックする

見つめる男性

彼女に関わる人たちを、常にチェックするのも分かりにくいですが男性のマーキングの一環です。

この行動自体がマーキングというよりは、マーキングの準備という意味で、やっていることはほとんどです。

男性は、彼女の人脈の中に、彼女と仲の良い男性や彼女を狙っているような男性がいないか、常にチェックします。

心配になるような男性がいたら、相手を警戒するようになり、チャンスがあればマーキングしようとします。

怪しい男性が来る飲み会には送迎したり、SNSで自分のことをアピールしたりして、他の男性を寄せ付けないような行動につなげていくのです。

「そこまで考えてるの?」と思うかもしれませんが、男性は女性より独占欲が強いので、女性が思いもしないようなマーキングをすることがあります。

離れている間はマメに彼女の行動をチェックする

スマホを見るスーツの男性

行動をマメにチェックするのも、前項と同じようにマーキングの一環の可能性があります。

彼女の行動を事前に知っておき、マーキングが必要であれば行動に移します。

こうしたマーキングでは、彼女に対して「君が心配だから」という口実を使いたがりますし、本人も彼女を守りたいという気持ちもあるでしょう。

しかし、その心理の裏側には、他の男に彼女を盗られたくないという気持ちがあるので、行動のチェックはマーキングの一環でもあるのです。

過去の彼氏の思い出を上書きしようとする

草原を見つめる男女

女性は、彼氏が変わった時点で、元カレのことは完全に過去の人になる人がほとんど。

そのため、彼氏が元カレと張り合うことが理解できない人も多いでしょう。

しかし男性は、現在彼女の周りにいる男性にも、過去彼女と関係のあった男性にも、勝ちたいという気持ちを持っています。

そのため、彼女が元カレと一緒に行った場所に行き、過去の思い出を塗り替えようとしたり、元カレがプレゼントしたものより良いものをプレゼントしたりすることがあります。

これは、嫉妬の気持ちもありますし、彼女に対するマーキングという意味もあります。

元カレを思い出すようなことを排除して、自分のことで彼女をいっぱいにしたいという一心で、過去の彼氏より上のことをしようとするのです。

独占欲というのは、今の人間関係にだけ向かうのではなく、彼女の過去の人にも向いてしまうことがあるのです。

独占したくなる!男のマーキング行動が止められない女性の特徴

外見や行動が華やかでモテるタイプ

ネイルをしている女性

華やかな雰囲気を持っているタイプの女性は、自然と周りの注目を集めるので、付き合っている男性は気が気ではありません。

いつ、他の男性に取られるかとヒヤヒヤして付き合わなくてはいけないので、マーキング行動も増えていきます。

人付き合いが苦手なのに、彼女のコミュニティーに入ってこようとしたり、飲み会は送迎をしたりと、周囲の人たちに自分の存在をしっかりアピールしておかなくては不安になります。

見た目だけでなく行動が派手な女性や、行動力のある女性も、彼氏になる人は不安を抱えることが多いでしょう。

人前に立つ仕事や人と頻繁に会う仕事をしている女性も同じです。

人から注目されるような彼女を持つのは、男性にとって嬉しいことです。

しかし、それと同時に独り占めできない不安を抱えてしまうので、このような女性が彼女だと、男性はマーキングが止められなくなります。

常にニコニコしていて性別を問わず人に好かれる

笑顔の女性

常にニコニコしていて、男女問わず人気のある女性も、彼氏はマーキングをやめられなくなります。

彼女が人として人気があるのは、彼氏として嬉しいことです。

しかし、人から好かれるというのは、他の男性からアプローチされるリスクも高いということですよね。

また、社交的ですぐ人と仲良くなる女性も、彼氏の立場になると不安でマーキングしたくなる要因になります。

人見知りで、人と仲良くなるのに時間が掛かる女性なら安心ですが、逆の場合は、いつ彼女が離れていくか分からない不安を抱えなくてはいけなくなります。

このような特徴を持っている彼女の場合、男性はマーキングに必死になってしまうでしょう。

危なっかしい行動をすることがありヒヤヒヤする

髪を広げる女性

言動が危なっかしい彼女も、男性は不安を感じてマーキングが止められなくなります。

突然、衝動的に会社を辞めたり、思い立って急に旅行に出かけたりするなど、行動が予測できずヒヤヒヤする女性は、彼氏に不安を感じさせます。

何をするか分からない不安の中には、突然別れたいと言われたり、突然好きな人ができたと言われたりすることも含みます。

女性も、危なっかしい男性と付き合っていると、常に不安を感じるようになりますよね。

何をするか分からない性格は、新鮮で付き合っていて刺激がある反面、不安を感じてしまうので男性はマーキングを止められなくなるのです。

こんな女性を参考にするなら、自分のことを全て彼氏に話さないようにするだけでも効果的です。

彼が知らない可愛い秘密を持つだけで、彼氏はあなたに不安を感じてマーキングしてくれるようになるでしょう。

自分から男性にマーキングをしないようにする

山登りをする女性

女性の中にも、男性にマーキングをしてしまう人がいますよね。

彼氏にキスマークをつけたり、彼の家に私物を置いたりなど、女性でも男性に独占欲を持つと意識的にでも無意識にでも、マーキングしてしまうことがあります。

そんな女性と付き合っている男性は、自分が愛されていることを実感できるので、自分から積極的にマーキングをしようとおもわなくなっていきます。

恋人同士で、競い合うようにマーキングし合う人たちもいますが、多くの男性は、彼女が自分から離れないと分かると、安心して愛情表現をしなくなっていくものです。

こんな男性の行動は、多くの女性が経験しているのではないでしょうか。

女性が、自分に対してマーキングしないと、男性は心から愛されていることが実感できないので、愛情表現の一環としてマーキングが増えます。

男性にマーキングして欲しければ、あなたの方ができるだけ彼にマーキングしないようにするといいでしょう。

天然で素直なところがあって人から騙されそうな雰囲気がある

両手を広げる女性

天然で人が良く、騙されやすそうな雰囲気がある女性も、男性は不安でマーキングしたくなってしまいます。

騙されやすいということは、NOとハッキリ言えない雰囲気がありますし、流されると断れないような危うさを感じますよね。

そんな女性に対して、男性は自分と離れているときに他の男に騙されないか不安になり、マーキングをして彼氏である自分の存在を主張しようとします。

天然な女性は、男性に人気のある性格なので、そもそもモテる女性が多いでしょう。

その上、彼氏以外の男から強引に誘われると、断れずに浮気してしまいそうな不安があるので、彼氏は常に彼女のことが気になってしまいます。

もちろん、天然だから浮気をするということはないのですが、男性は彼女のことを好きなあまりに、男はみんな自分の彼女を狙っているような気がして、不安からマーキングがやめられなくなるのです。

好きな人にマーキングして欲しいなら…男のマーキング行動を促す方法

彼好みの女性で居続けるための努力を怠らない

エクササイズする女性

男性のマーキング行動の根底にあるのは、彼女を誰にも渡したくないという独占欲からです。

男性の独占欲を掻き立てるには、女性がいつまでも愛される努力を惜しまないことが大切です。

男性は、彼女の内面も重要ですが、外見が自分好みかどうかも重要視します。

綺麗事ではなく、女性も男性の外見は無意識に重要視しているものです。

清潔感のない男性や、自分好みではない男性は、恋愛対象になりませんよね?

男性は、女性以上に外見の好みを大切にするので、外見を磨き続ける努力が必要です。

他の女性と比べるのではなく、あなたが彼好みの女性であり続けることが大切なので、どんなに付き合いが長くなっても、外見を磨く努力をし続けると、いつまでも愛されてマーキングされる女性になれます。

恋愛以外のことで楽しみや没頭できることを持っておく

サーフィンをする女性

恋愛しか楽しみがない女性は、彼氏を安心させることはできますが、マーキングをしたくなるほど独占欲を掻き立てることができません。

付き合い始めたときは、マーキングして自分の彼女だと主張してくれていた彼も、女性が「恋愛=自分」にしか興味がないと分かると、マーキングが徐々に減っていきます。

逆に、恋愛だけでなく趣味や仕事に一生懸命になれる女性は、付き合っている彼氏に常に刺激を与え続けることができます。

恋愛以外のことを楽しんでいれば、新しい場所や人との出会いがあるので、その度に彼は不安になってしまうでしょう。

そんな不安が、マーキングにつながります。

ただし、あまりにも恋愛を後回しにしていると、彼が自信を無くして関係が上手くいかなくなることがあるので注意してください。

何事にもバランスが大切なので、彼氏と一緒にいる時間は彼だけを見て情熱的に愛情を与えるようにすると、よりマーキングしたい気持ちを掻き立てられますよ。

彼氏の言うことや希望を聞き過ぎず自分を優先する

凛とした女性

女性の中には、彼氏ができると自分のすべてを彼に合わせてしまう人がいます。

彼の都合に合わせて自分のスケジュールを立てたり、自分の人付き合いを後回しにしたりして、彼に自分の生活のすべてを合わせてしまいます。

そうなると、彼氏は安心してしまい彼女にマーキングをしなくなってしまいます。

そればかりか、彼女の愛情にあぐらをかいて、彼が愛情を向けてくれなくなったり、他の女性に目移りしたりする危険もあります。

そうならないためには、自分のライフスタイルや、自分の夢や目標も大切にするようにしてください。

彼ばかり優先するのではなく、できるだけ自分のことを優先するようにしましょう。

恋愛以外のことも楽しんで、彼とは別の世界を持つことで、彼氏がマーキングしたい女になれます。

普通の彼女がすることを、あえてしないようにする

見つめる女性

男性と付き合うと、女性は次のようなことをしがちです。

  • 彼氏の部屋に私物を置く
  • 毎日LINEや電話をする
  • 自分の行動を全て彼氏に話す
  • 付き合ってすぐ彼氏を友達や家族に紹介する
  • 愛情を何度も確認する・何度も好きだと言う
  • 彼氏とのデートを優先してスケジュールを立てる

彼女にこのような行動をされると、男性は自分が愛されていることに満足する一方で、彼女からの愛情に安心してマーキングしなくなります。

彼女にマーキングしなくても、自分から離れないだろうと高を括るようになるからです。

彼にマーキングされ続ける女になりたいなら、彼を心から安心させないようにしなくてはいけません。

そのために、普通の彼女がするようなことを、あえてしないという方法もあります。

ただし、あまりにも距離を感じる付き合い方をしすぎると、健全なパートナーシップが築けなくなってしまうので、バランスは大切にしてくださいね。

愛情表現に緩急をつけて彼を安心させない

キレイでセクシーな女性

彼女が、ストレートに愛情表現してくれることは、男性にとって大きな安心と幸せにつながります。

しかし、常に愛情表現をしていると、彼が安心してマーキングしてくれなくなってしまいます。

そうしないためには、愛情表現に緩急をつけるようにするといいでしょう。

例えば、彼と会っているときは、ストレートに愛情表現をするのに、離れているときは好きとも愛しているとも言わないようにするなどです。

駆け引きをしなくても、恋愛以外のことを楽しんでいれば、自然と愛情表現に緩急ができるので、彼氏をいい意味で安心させない女性になれます。

男性は、ある時は情熱的になったり、ある時は距離を感じたりする女性を、追いかけることに幸福を感じます。

それと同時に、独占欲なども湧き上がるので、マーキングをしたくなってしまうのです。

家庭的な面を少し見せて離れたくない女になる

料理を作る女性

男性がマーキングをしたくなる女性は、絶対に手放したくないと思う女性です。

絶対に手放したくないから、他の男を寄せ付けないよう、手の込んだマーキングをしてくるのです。

男性にそう思わせるには、少し家庭的な面も見せておいた方がいいでしょう。

彼が疲れたり悩んだりしているときは、手料理を作って癒してあげると、あなたへの彼の愛情が深まるはずです。

彼の友達と会うときは、気を利かせて動くようにすると、他の女性ではダメだと思ってくれるようになります。

このように、家庭的な面も見せておくと、男性はあなたを手放したくなくなりマーキングが増えていくでしょう。

ただし、注意したいのは家庭的な面ばかり見せて、彼を安心させてしまうことです。

彼の母親のように、身の回りの世話をし過ぎると、男性はマーキングしなくなってしまうので注意してくださいね。

彼の性格を把握してやり過ぎないよう注意する

抱き合う恋人

マーキングをさせるには、彼に不安感を持たせる必要があります。

しかし、やりすぎると彼に自信を失わせたり、彼に軽い女だと軽蔑されたりすることがあるので注意してください。

マーキングされると、愛されていることを実感できますが、信頼関係を築けなければ、いずれ2人の関係はすれ違うようになります。

心から、彼を安心させないことは必要ですが、信頼関係が築けない程、振り回してしまうと恋愛が長続きしません。

最悪の場合、愛されているのに結婚相手としてはNGというイメージを植え付けてしまう危険もあります。

マーキングさせたい一心で、あまり彼を振り回しすぎないように、彼を思いやりながらバランスよく彼の独占欲を刺激するようにしてくださいね。

男のマーキング行動は本能的なもの!

愛し合うカップル

男性がマーキングするのは、本能的なものが大きいので、そこを理解して刺激できれば、いつまでもマーキングされ続ける女性になれます。

ただし、バランスがとても大切なので、彼を振り回しすぎないようにしてください。

彼にマーキングさせることばかり考えて、いつまでも信頼関係が築けないと、恋愛は上手くいかなくなってしまいます。

あまり駆け引きをせず、あなたが自分らしく楽しい毎日を送っていれば、彼は自然とあなたを独り占めしたい気持ちになり、どんどんマーキングしてくれるようになりますよ。