夕日を見る恋人

不倫相手と別れて「これで良かった」と自分を慰めても、忘れられず苦しい毎日を送っていると、不倫相手との復縁が頭をよぎります。

不倫はいけないことだから、という理由で別れたとしても、寂しさから「不倫でもいいから彼と会いたい」という気持ちになることもあるでしょう。

ただ、せっかく別れられたのですから、本来ならそのまま新しい男性との恋愛をスタートさせるのがベストです。

このように、別れたつらさと常識の間で復縁するか悩んでいるなら、ここで復縁したときのメリットとデメリットをチェックしてみましょう。

別れてからの心理もまとめているので、彼がどんな気持ちなのか、他の女性は別れた後どんな気持ちになるのか、冷静な気持ちで確認してください。

客観的に不倫や別れ、復縁について見ていくと、あなたが今後どうすべきかが見えてきます。

さっそく、不倫相手と復縁すべきかどうか考えてみましょう。

別れた不倫相手と復縁したいと思う男性心理とは?

日常が退屈になり刺激が欲しい

孤独な男性

既婚者にとって、平穏な日常というのは安定と安心を感じられる反面、没頭できる趣味などがなければとても退屈なものです。

そんな退屈な日常の中で、一度でも不倫という刺激を味わってしまうと、不倫をする前の退屈な日常に戻るのが難しくなります。

不倫相手に会う前のワクワクする気持ちや、相手と関係を深めるときに感じるドキドキ感は、既婚者の日常ではなかなか味わえません。

不倫は麻薬と似ていると言われますが、実際に一度不倫をしてその快感を知ると、なかなか抜け出せなくなってしまうものです。

男性は、不倫相手と別れてすぐは「これでよかったんだ」と思えても、しばらく退屈な日々が続くと、また不倫の刺激を味わいたくなって不倫相手との復縁を考え始めます。

別れたことを後悔している

落ち込む男性

不倫相手と別れた理由が、家族に嘘をつき続けることへの疲労、不倫はいけないという道徳心、不倫相手への申し訳なさなどだった場合、彼はまだあなたに未練がある状態です。

別れてすぐは納得できていても、時間が経つにつれて「別れたのは失敗だった」「こんなに好きだとは思わなかった」と、別れを後悔し始めることがあります。

人によっては、不倫を解消したことで家庭が上手くいくと思っていたら、逆に奥さんの嫌なところが目に付いて、関係が悪化する夫婦もいます。

仕事への気力を失ったり、毎日が途方もなく退屈に感じたりするのも、別れを後悔する原因になります。

このように、別れたこと自体を後悔していたら、また復縁したいと思うようになります。

癒されてストレスを解消したい

顔を寄せ合う恋人

不倫をすることで癒されていた人や、ストレスを解消していた人は、不倫が終わってしまうと、それらを発散できず抱え続けることになります。

特に、家庭や仕事が上手くいっていなかった男性は、不倫で不満を解消していたと思われるので、別れた途端にストレスが重くのしかかってきます。

別れるまでは、それほど重要な関係だと自覚できていなかっただけで、実はかなり助けられていたと分かると、男性はすぐにでも復縁したいという気持ちになるでしょう。

忘れようと思うほど未練が高まる

顔を覆う男性

私たちには、禁止されるほどその対象が気になってしまう、という心理現象が起きることがあります。

あなたにも、次のような経験はありませんか?

  • ダイエットを始めた途端に甘いものが食べたくなる
  • 閲覧注意と書かれていると見たくなる
  • 〇〇しなさいと言われるとやる気がなくなる
  • 袋とじを無性に見たくなる
  • 試験の前になると掃除がしたくなる

このような心理を「カリギュラ効果」と言い、私たちは日常的にこの心理現象を経験しています。

不倫をやめた後は、このカリギュラ効果が起きやすい傾向にあります。

一度別れた不倫相手に対して「これ以上好きになってはいけない、もう忘れよう」と思えば
思うほど、相手のことが気になり会いたくなってしまうのです。

カリギュラ効果が高まっていくにつれて、男性は不倫相手と復縁できないかと模索するようになります。

不倫相手とセックスがしたい

愛し合う恋人

不倫とセックスというのは、多くの場合セットになっています。

どんなに純粋に愛し合っていると言っても、多くの男女はセックスがなければ関係を深めることはないでしょう。

セックスレスの家庭に不倫が多いというのも、その事実を物語っています。

ただ、体の関係を重視することは、決して悪いことではありません。

男性の中には、体の相性がいいというだけで、奥さんと離婚して不倫相手を選ぶ人もいます。

それほど、男性にとってセックスというのは重要なものなのです。

不倫相手に復縁を求める男性の心理に、セックスがしたいという気持ちが大きく関係していることも少なくありません。

ただし、不倫相手に本気ではない男性も、セックスをしたいだけで復縁を求めてくることがあります。

それは、一度不倫関係にあった相手の方が、手っ取り早くセックスができるからです。

その点は、女性側がしっかり見極めなくて受け入れるか判断しなくては、男性の都合のいいだけの関係になってしまいます。

別れた不倫相手が魅力的に見える

振り返る女性

道徳心や罪悪感から不倫をやめた場合は、相手への好意はまだ残っている状態です。

その状態で不倫相手を手放すと、付き合っていたとき以上に相手が魅力的に見えてくるものです。

この心理は、不倫以外でも多くの人が経験しているはずです。

自分の大切にしていたものを思い切って手放した途端、急に執着心が大きくなるという心理です。

この心理は、毎日顔を合わせる職場不倫などが、特に起きやすくなります。

昨日まで不倫関係だった相手が、まるで他人のように接してくると、相手への執着心が強くなり復縁を考えるようになります。

実際に、別れたことで不倫相手が自分磨きを始めてキレイになることもあります。

ダイエットやメイクを変えたりすることで、女性は見違えるようにキレイになるものです。

そんな不倫相手を目の当たりにすると、すぐにでも復縁したいと思うようになるでしょう。

不倫相手を他の男に盗られたくない

嬉しそうに笑う女性

不倫相手に執着心が残っていると、相手が新しい恋愛をして他の男と付き合うのが許せないという心理になる人もいます。

男性は、女性より独占欲が強いので、別れてからも自分を好きでいて欲しい、他の男のものになってほしくないという心理になりやすいのです。

しかし、男性は結婚をしている以上、相手の行動を制限することはできないので、復縁という形で相手をつなぎ止めようとします。

不倫から抜け出したいと思っている女性には、とても残酷な話ですが、復縁を狙っているのであれば、この心理を上手く活用するといいでしょう。

別れた後に、さりげなく男性との飲み会の写真をSNSに投稿したり、合コンや婚活に参加したりしてみるのもおすすめです。

ただし、彼への当て付けのように行動すると、彼に嫌われたり自分が傷ついたりすることも多いので、前向きな気持ちで異性との交流を増やしてください。

男として必要とされたい

寄り添うカップル

不倫をやめた男性は、1人の男性として求められることはなくなります。

当然のことですが、会社でも家庭でも既婚者は恋愛対象としては見られず、男として寂しい日常に戻ってしまいます。

既婚男性が不倫をやめると、奥さんへの隠し事がなくなるので生活が安定する一方で、男として必要とされなくなる寂しさを抱える、というジレンマに陥るのです。

一度、男として女性から必要にされる心地よさを味わうと、男性はそう簡単に不倫前の生活に戻れなくなります。

こうした心理から、不倫相手と復縁したいと思うようになっていきます。

新しい不倫相手を探すより安心

話を聞いていない男性

不倫で刺激や恋愛の楽しさを知った男性は、不倫相手と別れてもすぐに不倫したくなることがあります。

しかし、新たに不倫相手を探すのは大変なので、言い方は悪いですが手っ取り早く復縁を選んだ方が、手軽に不倫を再開できます。

このように、相手は誰でもいいと思っている男性も復縁を望むことがあるので、本気で不倫相手を好きになってしまった女性からすると厄介です。

今までバレずに付き合えた女性は安心感もありますし、彼女の性格を理解できているので、上手く行かせる方法も分かっています。

本当に自分を好きで復縁をしたがっているのか、とりあえず誰でもいいのか、女性側が見極めなくてはいけません。

別れた後に復縁したいと感じる未婚女性の心理とは?

1人になって寂しい

孤独な女性

彼氏と会えなくなれば、未婚の女性は単純に寂しさに襲われるようになるので、孤独感から彼と復縁したいと思うようになります。

いつも連絡があった時間にスマホが鳴らない、毎週会っていた時間がフリーになる、イベント時には一緒に祝ってくれる人がいない。

こうした環境になると、寂しくなるのは当然です。

不倫関係にあったときも、未婚女性は寂しさを感じることが多かったでしょう。

しかし、彼氏がいて1人で過ごすのと、彼氏がいないから1人で過ごすのは、気持ちが大きく違います。

彼に未練がある

悲しむ女性

彼が嫌いになって別れたのではなく、不倫という関係が嫌で別れたのなら、相手に未練が残っているはずです。

未練が残っていると、いつまでも前向きになれませんし、何をしていても集中できなくなってしまいます。

彼との思い出の場所、彼からのプレゼントなど、彼を思い出すトリガーがあれば、その都度悲しい気持ちになります。

毎日の生活が、彼への未練でつらくなると、一度は見切りをつけられたのに、不倫でもいいからまた付き合いたいと思うようになります。

他の男性と比べてしまう

喧嘩する恋人

彼を好きな気持ちが消化できていないと、他の男性と会っていても、つい彼と比べてしまったり彼を思い出したりして、恋愛に前向きになれません。

この状況が長く続くと、彼ほど好きになれる男性はいないと思えてくるので、復縁への想いが強くなります。

気持ちを残したまま別れた人というのは、思い出が美化されて実際より素敵な人のように思えてしまいます。

その幻想と目の前の男性を比べたら、別れた彼の方が素敵に見えるのは当然です。

それが分かっていたとしても、好きな気持ちはどうしようもないので、彼への気持ちはどんどん大きくなっていくでしょう。

不安を紛らわしたい

悩む女性

1人になると、女性は将来への不安を感じることがあります。

友達からの結婚や妊娠の報告、両親からのプレッシャーなどで、将来への不安はさらに大きくなります。

本来なら、不倫をきっぱりやめて、将来のある男性と付き合った方がいいのですが、「もしかしたら、彼の気持ちが変わるかもしれない」という期待があると、なかなか他の男性に目がいかなくなります。

また、不倫であっても彼氏がいるという事実は、不安を少し和らげてくれます。

このような不安な気持ちを解消したいという心理から、不倫相手への復縁を望む人もいます。

彼1人だけ幸せになるのがイヤ

抱き合う恋人

少々怖い心理ですが、理解できる女性は多いでしょう。

既婚の男性は、不倫が終わっても家庭があるので、気持ち次第ですぐに幸せな環境に戻ることが可能です。

しかし、未婚の女性が幸せを手に入れるためには、これから他の男性と出会って付き合うというプロセスが必要になります。

そうなると、既婚男性だけが幸せになるような気がして、復縁という形でそれを阻止しようとしてしまいます。

このような心理で復縁するのは、実はとても危険なのですが、好きという気持ちより恨みや嫉妬という気持ちは強くなりやすいので、つい行動に移してしまう女性も少なくありません。

求め合う二人が復縁するために必要な準備

必ず冷却期間を持つ

開いたスケジュール帳

不倫をしていると、すぐに別れたり復縁したりするカップルがいますが、大抵の場合最終的に別れることになります。

どんなにお互いが復縁を願っていたとしても、しっかり冷却期間を持つことは必要です。

最低でも、3ヶ月ほどは1人の時間を過ごして、別れる前より魅力的になっていなくてはいけません。

その努力をせずに復縁すると、また同じ結果になり不毛な時間を過ごすことになります。

既婚男性の方は、不倫が長引いてもさして悪い影響はありませんが、未婚女性の方は未来のない恋愛を繰り返すことで貴重な時間を無駄にします。

進展のある恋愛にするためには、別れている期間に2人のことや今後の人生について考える期間は必要です。

また、別れる前より少しでも成長や変化をしていなくては、復縁後も建設的な関係は築けません。

外見だけでなく、内面も成長してから復縁する方が、将来一緒になれる可能性が高まります。

別れた原因を冷静に考える

目をつぶる女性

別れた原因を把握できないまま復縁すると、また同じように別れることになってしまいます。

何度も別れを繰り返していると、いずれどちらかが疲れてしまい、結局は上手く行かず完全に別れることになるので、本気で不倫相手を好きならこの事態は避けるべきです。

別れるときも復縁するときも、慎重に考え行動に移さなくては、他の不倫カップルと同じように無駄な時間を過ごすだけの関係になってしまいます。

別れた原因がハッキリすれば、今後の付き合い方も分かってきます。

別れた原因が漠然としすぎていて見えてこなければ、ノートに付き合っていたときのことを箇条書きで書き出してみましょう。

彼の好きなところや嫌いなところ、自分が反省すべき点、2人が別れた原因につながっていることなど、思いつくまま書き出してみましょう。

思考を視覚化すると、本当の問題が見えやすくなります。

別れた原因を解消する

両手を広げる女性

別れた原因が分かったら、次は復縁する前に、その原因を解消しておく必要があります。

例えば、2人の温度差が原因で別れることになったら、どちらかに合わせなくてはいけません。

あなたの方が恋愛への温度差が高ければ、少し落ち着いて恋愛以外のことに目を向ける必要があります。

また、彼の束縛が別れの原因なら、彼と話し合って解消してもらわなくてはいけません。

復縁する前にそれを伝えて改善してもらわなくては、復縁後も同じ結果になってしまいます。

別れた原因が解消されれば、以前より深く愛し合うことができます。

別れる前とは違う自分になる

ランニングする女性

2人が別れる前と同じ状態で復縁したら、結果も当然同じことになります。

復縁をするなら、別れる前より相手にとって魅力的になっておかなくてはいけません。

一番分かりやすく変化が出せるのは外見です。

ファッションやヘアスタイルなどを見直して、今以上に自分に似合うものを研究すると、新たな魅力が出せるようになります。

内面を成長させるには、仕事に真剣に向き合う、人脈を広げる、趣味に没頭する、などが有効です。

仕事に関しては、明日からでもすぐ取り組めることなので、ぜひ今まで以上に仕事に一生懸命向き合ってみてください。

付き合い方なども、以前しっくりいかなかった点を反省して、復縁後に改善していくと、前よりいい関係が築けます。

本当に復縁すべきかしっかり考える

思いに耽る女性

復縁に動き出す前に、本当に復縁すべきなのか、いま一度しっかり考えてみましょう。

どんなにお互いが好きでも、彼が既婚者である以上、復縁したところで不倫であることは変わりません。

不倫にハマってしまうと、女性は婚期を逃してしまうことも多く、復縁したからといって輝かしい未来が待っている訳ではありません。

相手の男性も、復縁したことで家庭が壊れてしまうこともあるので、本当に相手を好きなら復縁が最善の方法なのかをじっくり考えてください。

とはいえ、好きな気持ちは理性や常識では抑えられないこともあります。

どうしても復縁する場合は、あなたや彼のリスクを回避する方法を考え、マイナスにならないような付き合い方を考えてください。

女性の場合は、彼と復縁しても婚活したり合コンしたりして、異性と出会う機会は持つようにすると、婚期を逃して後悔するリスクを減らせます。

不倫相手と復縁した時に既婚男性と未婚女性が得るメリット

もう一度会えるようになる

顔を近付けるカップル

不倫相手に未練があれば、また恋人に戻れること自体が大きなメリットになります。

好きな人と会えないつらい毎日から解放されて、また不倫相手に会えるようになると、不倫でもいいと思えるほど幸せな気持ちになるでしょう。

しかし、この「不倫でもいい」という気持ちが、不倫を長引かせる原因になることもあるので、自分の価値を下げるようなことはしないように注意してください。

不倫を復活させることは、薬で言えば痛み止めのようなものです。

あなたや彼の、根本的な悩みが解消されたわけではないので、不倫という特別な関係であることは忘れず、気持ちが落ち着いたら今後のことを真剣に考える時間を設けるようにしてください。

別れる前より愛が深まることがある

草原を見つめる男女

一度別れて、お互いが相手の必要性を再確認した場合は、別れる前より愛情が深まることがあります。

「不倫はいけないことだから」と別れてみたものの、会えない日々が続くと「もう、彼(彼女)がいない人生は考えられない」と思えてくることがあります。

それをお互いが感じれば、愛情はさらに深まりその勢いのまま略奪婚などに発展することもあります。

離れたからこそお互いの大切さが実感できて、さらにお互いが別れても必要としていることが分かれば、2人の関係は大きく変化する可能性もあります。

別れる前より素直になれる

笑い合う恋人

別れるときに、お互いの気持ちをぶつけあったカップルは、復縁後肩の力が抜けて素直に向き合えるようになるケースがあります。

不倫関係では、お互いが自分を取り繕っていることも多いので、どこか気を張っている部分があった2人も、別れを経験したことで鎧が脱げて、ありのままでいられるようになるのです。

素直に向き合えるようになると、会っている時間も安らげるようになるので、より愛情が深まる可能性もあります。

男女は、修羅場で絆が深まることもあります。

壮絶な別れを経験したからこそ築ける関係というのもあるので、以前よりいい関係になれれば復縁はメリットになります。

寂しさや孤独感から解放される

顔を寄せ合う恋人

別れている時期に、寂しさや孤独感でいっぱいになっていた人は、復縁するとその苦痛から解放されて、また恋人との素敵な時間が訪れます。

これはメリットでもありますが、もし寂しさを紛らわすだけで不倫をしているのなら、リスクがあまりにも大きすぎるので、早めに清算した方がいいでしょう。

どうしても相手が好きで別れられないのなら、奥さんにバレて何らかのペナルティがあったとしても、自分を納得させることができます。

しかし、単に寂しいから付き合っていたのなら、慰謝料や周囲からの批判は、とても辛いものになるでしょう。

少しでも自分の愛情に疑問があるなら、本当に彼を愛しているのか、ただ寂しくて相手は彼でなくてもいいのか、自分の気持ちと向き合ってみる必要があります。

未練を残さなくなる

海を見る女性

好きな人と中途半端な気持ちで別れると、相手にいつまでも未練が残ってしまいます。

未練は、時間が経つほどに重くなっていくこともあるので軽視できません。

不倫相手に未練が残っていれば、もう一度付き合ってみることで、未練がなくなった状態で不倫を終えることができるかもしれません。

復縁して上手く行かなかったときは「二度目もダメだったのだから、本当に結ばれない相手だったんだ」と納得できるようになります。

復縁しなければ、この気持ちにはなれないので、その点では将来的にメリットになるでしょう。

不倫相手と復縁したからこそ起こる既婚男性と未婚女性のデメリット

不倫関係が長引く

キスマークのついた手帳

せっかく不倫を清算したのに、また復縁すると不倫関係はズルズルと長引いてしまいます。

別れてもまた付き合えるという実績は、相手の男性に安心感を与えるので、離婚してまで一緒になろうという気持ちを萎えさせることもあります。

これは、不倫をしている女性にとっては、かなり大きなデメリットとなるでしょう。

あなたも割り切っていればいいのですが、本気で既婚男性を好きなら、安易に復縁するのはおすすめできません。

一度お手軽に復縁できる女になると、今後彼の気持ちを離婚までに奮い立たせることが難しくなります。

どうしても復縁したいなら、しっかり考える時間を設けて、彼がどうしても復縁したいと思うようになってから、復縁に向けての行動を起こした方がいいでしょう。

別れを繰り返すようになる

悲しむ女性

別れては復縁するという状況は、カップルによってはクセになることがあります。

別れは悲しいものですが、復縁するときは少し新鮮さが戻るので、2人に付き合い始めた当初のような情熱が戻ってきます。

これを一度経験すると、マンネリになると別れては情熱を取り戻すというのを繰り返すようになります。

このような関係は、将来のことを考えるととても不毛な時間です。

お互いが遊びとして楽しんでいるのならいいのですが、片方が本気の場合は別れるたびに傷つき、いずれ精神的に疲れて不安定になることもあります。

また、このタイプのカップルは、最終的にお互いを信用できなくなるので、上手くいかなくなることがほとんどです。

軽薄な付き合いになることがある

考える男性

一度別れてしまうと、以前のような神聖な気持ちがなくなり、セフレのような関係になってしまうカップルもいます。

別れても、すぐに復縁できたという実績は、相手の存在価値を低くしてしまうことがあるのです。

例えば、私たちは手放すと二度と手に入らないものには、大きな価値を見出します。

数量限定の時計、国内で数点しかないリング、オーダーメイドのアクセサリーなど、手放すと同じものは手に入らないと思うと、執着心が高まり大切にしようとします。

しかし、一度手放しても、すぐにまた手に入ってしまうと、その物への価値は下がってしまいますよね。

それと同じ現象が、不倫関係でも起きることがあります。

こうならないためには、必ず長めの冷却期間をとり、別れる前とは違う関係性になって復縁しなくてはいけません。

具体的には、別れた日から数日〜1ヶ月程度で簡単に復縁しないようにしましょう。

最低でも3ヶ月ほどは冷却期間をとって、お互いが考える時間を作らなくてはいけません。

不倫がバレて後悔することがある

復縁した後、奥さんに不倫がバレてしまったら、彼とあなたは大きなペナルティを科せられることがあります。

代表的なものでは慰謝料です。

不倫相手に請求される慰謝料の相場は100~200万円といわれています。

さらに、慰謝料を払って彼と一緒になれればいいですが、奥さんが離婚に同意しなければ、彼は離婚できずあなたは1人になってしまいます。

人によっては、彼の家族を傷つけたことで、一生罪の意識に捕らわれる女性もいるので、精神的なペナルティも覚悟しておかなくてはいけません。

復縁後に、このような修羅場になってしまったら、復縁を後悔するのでデメリットと言えます。

友達からの信頼を失う

3人の女友達

不倫に反対していた友達は、あなたが不倫を解消したことで安心してくれたはずです。

しかし、また復縁をして不倫を再スタートしたと知ったら、友達から呆れられて信頼を失う場合もあります。

特に、結婚している友達からは白い目で見られることが多いので、不倫をしていることで友人関係に亀裂が入ることもあるのです。

最初の不倫なら大目にみることができても、別れてまた復縁したとなると、友達が去っていくこともあるのでデメリットになります。

人によっては、不倫で別れたり引っ付いたりを繰り返すことで、誰からも信用されなくなり味方が1人もいなくなるなり孤独になる女性もいます。

この孤独感が不倫相手への執着になり、不健全な関係を築く原因になるので、不倫で復縁するときは、自分を見失わないように注意しなくてはいけません。

不倫相手と復縁する流れと方法

彼の状況をリサーチする

パソコンする女性

復縁へのアクションを起こすには、タイミングがとても重要です。

彼が、不倫の罪悪感から家庭を大切にしようと努力している時期に連絡すると、あなたに好意があったとしても断られる確率が高くなります。

仕事が繁忙期に入っているときや、仕事に集中している時期も外した方がいいでしょう。

男性は、ひとつのことに集中しているときに、他の問題が出てくることを嫌います。

逆に、夫婦関係が悪くなっているときや、仕事が落ち着いている時期なら、ベストなタイミングです。

可能なら、共通の知人やSNSを使って、彼が現在どんな状況なのかチェックしてみましょう。

ただし、リサーチしていることを相手に知られてはいけません。

上手く調査する方法があれば、彼の状況を知ることでベストなタイミングが分かり、復縁できる確率が格段とアップします。

軽い内容のメールやLINEを送ってみる

スマホを見る女性

彼と復縁したいと思ったら、しっかり冷却期間を取った後、まずは当たり障りのないメールやLINEを送って反応を確かめてみましょう。

メールの内容が思いつかなければ、次の例文を参考にしてください。

文頭には「突然メールしてごめんね」という内容を入れてから、本文に移ってください。

  • 引越しで大掃除してたら、借りてた〇〇が出てきたから連絡したよ
  • 以前〇〇を貸してたと思うんだけどそっちにあるかな?
  • 〇〇の予約の方法を知りたいんだけど教えてくれる?
  • もうすぐ誕生日だよね、カレンダー見てて思い出したから連絡したよ

メールを送るときに注意して欲しいのは、奥さんにバレる危険があるなら他の連絡手段にすることです。

LINEなどより、ログインの必要なSNSのメッセージなどを使うと安心です。

連絡に返信がなかったら、しばらく期間を空けて再度連絡してみましょう。

返事を催促するように、短期間で何度もメールを送ると逆効果になるので気を付けてください。

重い内容や、ネガティブな内容のメールもNGです。

突然「あなたが今でも忘れられない」という趣旨のメールを送ると、男性は構えてしまい返信が来ないことがあります。

また、彼の声が聴きたくて、久しぶりの連絡に電話を使いたくなるかもしれません。

しかし、奥さんと一緒にいるかもしれませんし、突然の電話に動揺して拒否されることもあります。

彼を少しでも困らせると復縁に悪影響を及ぼすので、彼への思いやりを忘れないようにしましょう。

友人として関係を復活させる

笑い合うカップル

連絡が取れるようになったら、まずは友達から交流をスタートさせましょう。

例えば、「もしよければメル友になってくれない?」「たまに友達として食事に付き合って」といった感じで、今より一歩彼に近付きましょう。

既婚男性の方は、あなたを嫌っていなければ快く応じてくれるはずです。

この時点で、相手も復縁を望んでいればデートの約束ができるかもしれません。

ただ、焦ると復縁は遠のいてしまうので、時間を掛けてゆっくり距離を縮めてください。

また、恋人の雰囲気を出すのも失敗につながりやすくなります。

「あなたのことは分かってる」というスタンスで会話を進めると、男性は復縁する気が失せてしまいます。

新しい人と関係を築くように、慎重に会話を進めてください。

2人で会う時間を増やす

会話する男女

友達として交流が復活したら、徐々に2人で会う機会を増やしましょう。

居心地の良い関係に戻れれば、復縁も目の前です。

このとき、体の関係になるような場所にいくのは、あまりおすすめできません。

彼と手っ取り早く距離を縮めるにはいいのですが、お互いの気持ちが分からないうちにセックスをすると、そのままセフレのような関係になってしまう危険があります。

あくまでも、友達としてじっくりと信頼関係を築いていきましょう。

思い出の場所に出かける

デートする恋人

定期的に会えるようになってきたら、2人の仲が良かった頃、よく行った思い出の場所に出かけてみましょう。

相手を好きだったときに見た風景は、好きな気持ちを蘇らせることがあります。

思い出の場所をデートしながら、当時の楽しかった思い出を話すと、彼との距離はグッと近付くはずです。

当時を振り返って、感謝の気持ちや会えたことの喜び、別れに至った反省点などを伝えると、彼の気持ちに大きな変化が起きるでしょう。

彼に気持ちをぶつけてみる

風船を持つ女性

お互いが気兼ねなく会えるようになったら、復縁したい気持ちを彼にぶつけましょう。

「不倫関係でもいいから一緒に居たい」「他の男性と会っていてもあなたと比べてしまう」といった、一途さを感じさせる言葉の方が、彼に届きやすいでしょう。

「寂しいから復縁して」「彼氏ができないから付き合って」という、自分本位な言葉はNGです。

気持ちを伝えても、彼の答えがNOなら、きっぱり諦めて新しい恋愛に進みましょう。

彼がOKしてくれたら、晴れて復縁成功です。

遊びでもいいならアプローチ法が違う

キスをする恋人

不倫相手との今後の付き合い方が、遊びや割り切った関係でもいいと思うなら、これまで紹介したアプローチとは違った方法を試さなくてはいけません。

遊びでいい場合は、連絡のやり取りができるようになった時点で、割り切った関係でいいので会いたいという旨を伝えましょう。

「あなたとのセックスが忘れられない」「私も婚活しながら付き合うから気負わなくていい」と伝えれば、彼も気軽にあなたと会えるようになるかもしれません。

ただし、彼が真面目な性格の場合や、あなたとの関係で恋愛を重視していた場合は、逆に引かれてしまうので相手の性格次第で成功率が変わります。

不倫相手との復縁はメリットとデメリットをよく考えて

顔を寄せ合う恋人

不倫相手との復縁は、メリットやデメリットをしっかり考えて行動に移すか決断してください。

本当なら、せっかく不倫が解消できたのですから、そのまま将来のある男性を探した方が独身女性にはプラスになります。

しかし、冷静に考えても彼と一緒にいたいなら、準備を怠らず2人の関係が別れる前より良好になるような復縁をしましょう。

既婚男性は、そう簡単に次の不倫相手を見つけることはないので、焦らず慎重に復縁へのステップを踏みましょう。