顔を覆う男性

大切な人は失ってから気付くと言います。

特に男性は、別れた後に彼女が大切な人だったと気付くことが多いと言われています。

なぜ男性は、付き合っているときではなく、失ってから彼女の大切さを理解するのでしょうか?

男性が、彼女を失った後に大切な人だったと気付く時期やきっかけを見ると、別れた後の男性の気持ちが分かってきます。

また、なぜ男性は彼女のありがたみを忘れるのかも解説します。

さらに、男性が失った後に大切さに気付く女性の魅力や、大切な人を失うまで気付かない男性の特徴などもご紹介。

別れた男性を見返したい人も、復縁を願っている人も、男性心理を深く理解すれば願いが叶いやすくなりますよ。

男性心理の移り変わりを説明!本気で好きだったと失ってから気付く時期

別れて1〜2ヶ月はフリーを満喫する気持ちが優っている

踊る男性

彼女と別れた男性は、1~2か月ほどの期間はフリーになったことを満喫します。

一時的に落ち込んだとしても、今まで別れるかどうか悩んでいたはずなので、何かに開放された気分になる人がほとんどです。

新しい女性との出会いを求めて、合コンなどに参加する男性もいますし、友達付き合いも積極的になっていきます。

趣味や仕事に熱中する人もいるでしょう。

この時期に、見極めを間違ったかもしれないことにうっすらと気付いていても、男性は自分の判断は正しかったと思いたい気持ちから、彼女との別れを正当化する方に注力します。

そのため、失った彼女を無理にでも嫌いになりたくて、周囲の人に悪口を言ってしまったり、彼女のLINEをブロックしたりする人もいるでしょう。

この時期は、失った彼女に対して本気で好きだったかどうかなど考えないので、自分の気持ちに気付くことは少ないでしょう。

3ヶ月ほど経つと徐々に別れたことが実感できてくる

孤独な男性

彼女を失って3ヶ月ほどすると、彼女のいない生活に慣れてくるのと同時に、自分の気持ちに気付き始める男性が増えていきます。

別れた後に、元カレから最初に連絡がくるのも、この時期が多いでしょう。

別れたことを実感し始めて、もう彼女に触れたりワガママを言ったりすることもできないことに気付くと、男性は急激に寂しさや孤独を感じることがあります。

彼女が自分の事を忘れてしまうことに対して、苦しさを感じてしまう男性もいるはずです。

自分から振った場合は、彼女の悪かった所は薄れていき、良い所ばかりを思い出すようになるのも、別れて3ヶ月ほど経った時期です。

この時期に、新しい彼女がいなかったり、好きな人ができなかったりしていれば、失った彼女への気持ちが大きくなっていきます。

逆に、新しい恋愛をしていると、そちらに夢中になっている可能性が高いので、まだ失った彼女への大切さには気付けないでしょう。

大切な人を失って半年後が喪失感のピーク

線路でうなだれる男性

別れてから半年間、失った彼女との接触がない生活をおくっていると、男性は本当に彼女が自分の人生からいなくなってしまったことを実感します。

これは、振った側か振られた側かは、あまり関係ありません。

自分から振った場合でも、一時的に彼女の大切さを見失っていただけのケースも多いので、半年後に振ったことを後悔することも珍しくありません。

彼女と別れて半年経つと、友達との付き合いや合コンにも飽きがきてしまうので、その点でも彼女の大切さが分かる時期になります。

ただし、この時点で新しい恋愛が始まっていれば、そちらに気を取られている可能性が高いので、まだ失った彼女への愛情に気付けないでしょう。

もしくは、新しい彼女ができたことで、さらに失った彼女がいかに大切な人だったのか実感できる瞬間が出てくることもあります。

別れて半年以上経つと今の生活に慣れてくる

仕事をする男性

別れて半年以上経つと、彼女のいない生活に慣れてくるので、今まで感じていたような苦しさは薄れていくでしょう。

しかし、事あるごとに失った彼女を思い出すことはあります。

思い出の場所に行ったときや、思い出のものを見たとき。

一緒に過ごした誕生日やクリスマスが来たとき。

仕事や人間関係で落ち込んだり悩んだりしたとき。

こうしたときは、失った彼女との思い出が鮮明に蘇ってきて、手放してしまった彼女への愛情に気付きます。

半年間で、他の女性となかなか上手くいかなかった男性は、この時期に本気で復縁を考え始めることも多いでしょう。

1年以上経つと良い思い出になるか激しい後悔になるか分かれる

考える男性

別れて1年以上経つと、多くの男性は失った彼女に愛情が残っていても、いい思い出になっていくでしょう。

特に、新しい恋愛がスタートして、その人と上手くいき始めたら、失った彼女は「過去の魅力的だった恋人」という位置付けになります。

一方で、彼女を失って1年間で、新しい恋愛に進めなかった男性や、彼女への愛情に気付いたのにプライドが邪魔してアプローチできなかった男性は、激しい後悔を抱くようになります。

年月が経っていて、今更連絡できないという状況になっているので、彼女への想いは不完全燃焼のまま、心の中でくすぶり続けることになります。

このような状態では、新しく恋愛できるチャンスがあっても、失った彼女と比較してしまい上手くいかないことも多いでしょう。

このように、彼女を失ってから1年経つと、男性心理には大きな差が出てくるようになります。

他に好きな人ができて別れた場合は気付くまでの時間がさまざま

外を見る男性

彼女を失ってすぐに新しい彼女ができた場合や、浮気や乗り換えで新しい彼女と付き合った場合は、失った彼女への愛情に気付くまでの時間に差が出ます。

誰でも、新しい人との恋愛は夢中になってしまうので、その時期には失った彼女への想いは見えなくなっています。

その彼女との関係が良ければ、そのまま失った彼女は思い出になっていきますし、すぐに新しい彼女と上手くいかなくなれば、失った彼女への気持ちが高まっていきます。

ほとんどのケースで、恋愛は半年くらいまで楽しいことばかりなので、その時期までは失った彼女に対する意識は薄いはずです。

しかし、半年ほど経って新しい彼女への気持ちが落ち着いてくると、今度は冷静に失った彼女と新しい彼女を比較し始めて、失った彼女の方が良いとおもったら、その時点から別れたことを後悔し始めます。

中には、1~2年新しい彼女と付き合ったり、複数の女性と遊んだりしてみたのに、どうしても上手くいかず、そのとき改めて失った彼女への気持ちに気付く人もいます。

彼女が大切な人だったと失ってから気付くきっかけ

彼女と過ごしたイベントを迎えたとき

誕生日ケーキの火を消す女性

恋人と別れた後、失った人を思い出すこととして代表的なものが、恋人と一緒に過ごしたイベントを迎えたときです。

一生懸命料理をしてくれた、自分の誕生日。

2人で幸せな時間を過ごしたクリスマス。

新しいことを始めたとき、彼女に支えてもらった季節。

こうした素敵な思い出が残っているイベントを迎えると、そのときの記憶が鮮明に蘇ってきて、大切な人を失ったことを実感します。

男性は、別れる時は彼女のマイナス面ばかりに目が向いています。

しかし、別れて時間が経ってくると、マイナス面は徐々に薄れていき、彼女のプラス面を思い出すようになります。

その気持ちが大きくなるのが、彼女と過ごしたイベントを迎えたときです。

彼女の一途さを思い出すものを見たり触れたりしたとき

プレゼントを渡す女性

一途な彼女と付き合っていた場合、別れてからそれが分かる場所やものに触れた時、男性は失ったものの大切さに気付きます。

付き合っていたときのLINEを何気なく見てしまったり、自分が大変だった時期に2人で撮った写真を目にしたりすると、一途に自分に向き合ってくれていた彼女を鮮明に思い出すことになるでしょう。

男性は、女性と比べて前の彼女との思い出を取っておく習性があります。

そのため、付き合っていた時のことを思い出す機会も男性の方が比較的多いものです。

当時が鮮明に思い出すようなものを見たり、彼女を思い出させるようなものに触れたりすると、男性は失った彼女の大切さに気付きます。

共通の友達が別れた彼女のことを褒めているのを聞いたとき

仲のいい友達

彼女を失った後に、共通の友達が彼女を褒めているのを聞くのは、男性は自分が手放した人がどれだけ大切な人だったか気付くきっかけになります。

男性は、自分の気持ちも大切にしますが、社会的評価も女性以上に重要視するものです。

周囲の人の評判の良い女性に魅力を感じやすいので、別れた後も彼女の評価が高いことを知ると、大切さに気付きやすくなります。

一緒にいる時間が長くなると、客観的に相手を見れなくなるので、良い所が分からなくなってしまうものです。

そのため、相手の魅力が薄れてしまって別れたものの、第三者は彼女を魅力的だと思っていたことが分かると、大切な人を失ったと後悔するようになります。

他の女性と付き合ってストレスを感じたとき

ケンカするカップル

彼女を失って、他の女性と付き合ってみたら、思っている以上にストレスを感じたときも、男性は別れた彼女への気持ちが強くなります。

新しい彼女の束縛が激しくて、優しかった過去の彼女の良さに気付いたり、何人の女性と付き合ってみても幸せを感じられなかったりすると、それがきっかけになり失った彼女をいかに愛していたのかに気付きます。

人は、比較対象がなければ、その人の良さが分からなくなってしまうものです。

それは逆も同じで、どんなに悪い相手でも、付き合っているときは分からず、別れて他の人と付き合ってみてから、いかに過去の恋人がダメな人だったのか気付くこともありますよね。

比較対象ができた後で、やっぱり失った彼女の方が良かったと分かったとき、男性は愛していた彼女を失ったことに深く後悔します。

彼女のSNSで努力している姿や充実している姿を見たとき

スマホを持つ男性の手

多くの男性は、別れた彼女のSNSをチェックします。

恋愛感情があるケースもあれば、単にどうしているのか気になって見てしまう人もいます。

どちらにしても、男性は過去の彼女の動向を気にする傾向があるので、SNSをチェックして元カノのことを知りたくなるものです。

男性が失った彼女のSNSを見たとき、彼女が別れたツラさを乗り越えて、頑張っている姿をすると、男性は改めて彼女の魅力を再確認します。

何かに一生懸命取り組んでいる姿を見れば「別れなければ俺が応援してあげられたのに」という感情になりますし、充実しているようなら「今も付き合っていれば、俺も楽しかったんだろうな」という気持ちになるでしょう。

失ったことを少しでも後悔していたら、SNSが復縁したくなるきっかけになることは多いでしょう。

別れた原因が自分にあったことに気付いたとき

孤独な男性

男性が彼女と別れる時、ほとんどの人は相手に責任があったと思っています。

特に、振る側になった男性は、相手に嫌な所や合わない所があるから、別れたいという気持ちで別れを切り出します。

これは、女性も同じなので気持ちは理解できますよね。

そのため、彼女を失った当初は相手にはマイナスイメージしか持っていません。

しかし、一旦離れて冷静になると、彼女に悪い所があったのではなく、恋愛が上手くいかなくなった原因が自分にあったと分かってくることがあります。

そうなると、彼女に対するマイナスイメージは消えて、自分を責めるようになります。

それと同時に、相手を責めて別れてしまった罪悪感や、素敵な女性を手放してしまったのではないかという後悔の気持ちが湧いてくることもあるでしょう。

別れた原因が相手にあれば、別れを後悔することもないのですが、冷静になったら自分に原因があったと分かると、誰でも恋人を失ったことに後悔しますよね。

傷つくことや大きなストレスを抱えるようなことがあったとき

夕日を見る男性

彼女を失っても、自分の人生が上手くいっていれば、それほど後悔することはありません。

もちろん、相手への深い愛情に気付くと後悔に繋がりますが、自分から別れを告げた場合は、これ以上無理だと判断しているので、別れてしばらくは後悔することは少ないでしょう。

しかし、彼女を失ってから、自分が傷つくようなことや大きなストレスを抱えるようなことが起きると、優しかった彼女を思い出して、失ったものの大きさに気が付きます。

会社が倒産して職を失ってしまう。

人間関係が上手くいかなくなって孤独を感じる。

新しい彼女と上手くいかず、お互い傷つけ合って別れた。

病気やケガで体を壊してしまった。

別れた後にこうしたことが起きると、過去に癒してくれていた失った彼女への気持ちが大きくなっていきます。

勝手なようですが、人は落ち込んだ時こそ、本当に大切な人が分かるものです。

※期間限定

不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

失ってから気付く男性心理やありがたみを忘れる理由を解説!

人はそもそもありがたみを忘れやすい生き物

仲の悪くなった恋人

毎日、呼吸ができることや水を飲めることに感謝している人はほとんどいませんよね。

それは悪いことではなく、私たちにとって普通のことで、何かあったときに感謝するのが一般的です。

こうした特徴はパートナーに対しても同じで、付き合いが長くなってくると、居てくれるのが当たり前になって、ありがたみを忘れてしまいます。

彼女の愛情や気遣いに対しても、最初は感謝できていたのに、いずれ当たり前になって気付くことすら無くなっていきます。

そのため、付き合いが落ち着いてくると、彼女より他の女性が気になり始めたり、彼女の悪い面ばかり見えるようになったりして、別れを決断することがあります。

ただ、失ってみると当たり前だったことが、そうではなかったことに気付き大切さを再確認します。

仕事や人間関係のことで悩みが多いと恋愛まで頭が回らなくなる

仕事をする男性

男性は、女性と比べてマルチタスクが苦手な傾向があります。

女性は、仕事に集中していても、一方で彼氏のことを考えたり、仕事が終わってから気持ちを切り替えて恋愛を楽しむのが得意です。

しかし男性は、気になることがあると恋愛に集中できないだけでなく、恋愛自体が面倒になってしまうこともあります。

自分のことで精一杯になっているとき、彼女から楽しい話をされても、悩みを相談されても、全てが面倒な話に聞こえてしまうことも珍しくないのです。

男性には、上記のような特徴があるため、彼女への愛情や相性は関係なく、自分の状態次第で別れを選択してしまうことがあります。

その瞬間は、他のことで頭がいっぱいなので、別れることが正解だと思い込んでしまいます。

ただ、別れた後に男性の状況が落ち着いてくると、どうして別れたのか分からなくなり、彼女の大切さが徐々に身にしみてくるでしょう。

いい女は男性に悟られないように気遣いができる

笑顔の女性

男性が失ってから大切さに気付くような女性は、男性に悟られないように気遣いができる人が多いものです。

そのため、付き合っているときは感謝することができないのに、一度離れてみると相手の良さが分かります。

離れた時は分からなくても、他の女性と付き合ってから失った彼女の良さを知ることも多いでしょう。

このタイプの女性と付き合った男性は、別れた後になかなか本気になれる女性と出会えなくなる人も多いものです。

人は、比較対象がなければ、良さも悪さも分からないものです。

例えば、同じ会社に長く勤めていると、その会社が良いのか悪いのか分からなくなってしまいます。

しかし、転職して他の会社に移ると、以前の会社がどうだったのか明確に分かってきます。

恋愛も同じで、比較対象がなければ相手の良さが分からなくなります。

さらに、男性に悟らせないように気遣いできる女性と付き合うと、男性は比較対象ができて初めて、失った彼女の魅力に気付くのです。

男性は減点法で恋愛をする傾向が強い

怒る男性

男性は、付き合った直後が愛情のピークで、その後は減点法で付き合いが続くと言われています。

ちなみに、女性はどちらかと言えば加点法で恋愛する傾向があります。

最初は、なんとなく付き合っても、年月が経っていくにつれて相手への愛情が深まり、少々の欠点には目をつぶるようになり、良いところばかりを覚えているようになりやすいのです。

男性は逆なので、付き合い始めると彼女の悪いところが目につきやすい特徴があります。

もちろん、全ての男性がそうではありません。

ただ、狩猟本能の強く残している男性は、恋愛で彼女を落とした時がピークというのは、理解できるのではないでしょうか。

そんな男性が長く恋愛をしていると、彼女に対しする減点が増えていき、大切さを見失ってしまい彼女を手放してしまうことがあります。

しかし、元々彼女の魅力に夢中になって付き合っているので、離れてみるとその魅力を再確認するのです。

女性の賢さが男性にとって窮屈に感じことがある

悩む男性

女性は、男性より賢い人が多いので、男性は女性との付き合いに窮屈さを感じることがあります。

男性の状況が、自由を求めている場合は、さらにこの気持ちは強くなるでしょう。

男性は、本来自由を好み、子供のように素直な気持ちを残している人が多いものです。

一方で、女性は年齢が上がっていくと、現実的になり賢く人生をメイクしていきたいと思うようになります。

そんな男女の違いが、男性に窮屈さを感じさせてしまうのです。

男性も、賢く立ち回ることは大切に感じているのですが、女性の方が自分より合理的に物事を考えていると、反発心が出てきてしまいます。

彼女の考え方が正しいと分かっていても、それを素直に受け入れられないのです。

このような状況で、息苦しさを感じて彼女を手放すと、冷静になったときに自分の幼さに気付きます。

しかし、付き合っているときは、それを予想するのは難しいので、手放すまではありがたみを感じられないのです。

失ってから気付く…では遅い!最高のいい女だと思われる女性が持つ魅力

彼氏に分からないように気遣いができる

笑顔の女性

いい女は、彼氏に気付かれないように細やかな気遣いができます。

「〇〇してあげたよ」というようなこともわざわざ言わないので、彼氏も彼女から気遣いしてもらっていることに気付けないことが多いでしょう。

そんな彼女と付き合っていると、最初は細やかな気配りに気付けても、そのうち当たり前になり、彼女が何も言わないので何もしてもらっていないような気になってしまいます。

このような魅力を持っている女性は、恋愛で損をしがちなのですが、別れた後は確実に男性を後悔させることができます。

男性は、彼女と別れて初めて、今まで普通にあったものがなかったり、不便を感じたりして、彼女が先回りをして気遣ってくれていたことを知ります。

彼女が自分の部屋を掃除している気配がなかったのに、別れた途端に部屋が散らかり始めたことで、彼女が自分のいないときに掃除をしてくれたことに気付きます。

友達からの評判が良かったのは、彼女が共通の友達に自分のことを良く言ってくれていたことに気付くこともあるでしょう。

このような、彼の目には見えない気遣いができる女性を失うと、男性は失った後に彼女の大切さに気付き後悔することになります。

相手の気持ちを察するのが上手く先回りして動ける

山登りをする女性

相手の気持ちを察するのが上手いのも、男性が失ってから大切さに気付く女性の特徴です。

男性の仕事が忙しくなると、連絡を最低限にして負担のないようにしてくれたり、疲れているようならアクティブなデートをせがまず、自分の方からゆっくりできる環境を作ってあげたりすることのできる女性は、男性が付き合いやすいと感じるはずです。

最初は、そんな特徴に感謝できていても、付き合いが落ち着いてくると、それが当たり前になり特別なこととは思えなくなっていきます。

こうして、良い面は見えなくなり彼女の悪い面ばかり見えるようになったり、恋愛以外のことに集中したり、他の女性に目移りしたりして別れると、彼女の大切さを再確認することになるでしょう。

他の女性と付き合ってみると、自分の気持ちを全く理解してくれなかったり、仕事が忙しくてストレスを抱えてもなかなか解消されなかったりして、彼女がいかに自分の気持ちを察して動いてくれていたかが見えてきます。

失ってしばらくしてから、こうしたストレスを抱えるようになると、男性は失った彼女の魅力を改めて知ることになります。

自分の意見より彼氏の意見を優先して後から文句を言わない

抱き合う恋人

自分の意見より、男性の意見を尊重してくれる女性も、男性は失ってから大切さに気付くものです。

自分の意見を言わない女性は、付き合いが長くなってくると、面白みを感じなくなってしまいます。

男性は本来、狩猟本能があるので、追われる恋愛より追う恋愛が好きですし、若ければ安定した恋愛につまらなさを感じることもあります。

自分の意見に従順に従ってくれる彼女は、最初は付き合いやすいと感じるのですが、年月が経ってくると面白さがなくなって、他の女性に目移りしたり彼女と付き合っていることに疑問を抱いたりします。

そうして、別れを選択するのですが、失ってみると自分を優先してくれていた彼女の優しさや愛情を再確認するようになります。

特に、他の女性と付き合ってストレスを感じると、失った彼女がいかに素敵な女性だったのか分かってくれるでしょう。

ポジティブで嫌なことがあってもプラスに考えられる

両手を広げる女性

ポジティブな性格の女性も、男性は失ってから大切さに気付くものです。

ポジティブな女性は、どんなことでもプラスの面を見ようとするので、男性は最初付き合いやすさを感じるはずです。

愚痴や不満を言うことも少ないので、男性が苦手な女性特有の面倒な会話をすることもありません。

女性は、愚痴を聞いて欲しいという気持ちで、彼氏に延々と解決するつもりのない愚痴や悩みを話そうとします。

男性にとって、解決する気がない話を聞かされるのは苦痛でしかありません。

そんな会話をすることも稀なので、男性はポジティブで明るい女性と付き合っていると、とても気楽な気持ちにでいられるはずです。

しかし、その反面、男性は自分に甘えてくれる女性や応援したくなるほど非力な女性に惹かれるものです。

明るくポジティブな女性は、付き合いやすいのですが、男性に「自分は必要ないんじゃないか」「彼女は1人でも大丈夫だろう」という気持ちにさせます。

そんな気持ちが、別れに発展してしまうことも多いものです。

しかし、彼女を失ってみると、相手のポジティブさに救われていたことや、彼女も本当は悩んだり苦しんだりしていたことを知ります。

近くにいると見えなくなってしまうのですが、離れてみるとポジティブな彼女がいかに魅力的だったか見えてくるでしょう。

そうして、男性は失ってから彼女の魅力に気付き後悔するようになります。

別れた後にいつまでも落ち込まずイキイキとしている

ランニングする女性

別れた後、しばらくは落ち込んでいた彼女が、イキイキと前向きに生活するようになると、男性は彼女を手放してしまったことに後悔しがちです。

別れた彼女が、付き合っている時よりきれいになっていた。

共通の友達から、彼女が仕事で出世したことを聞いた。

たまたま彼女のSNSを見たら、楽しそうに友達と過ごしていた。

このような彼女の姿を見ると、男性は見慣れていた彼女が遠くなったような気がして、失ったことを後悔します。

また、自分は価値のある人を見誤って手放してしまったのではないか、という気持ちでいつまでも未練が断ち切れなくなる男性もいるでしょう。

別れた後に、彼女がいつまでも落ち込んで暗い生活をしている場合、男性は「やっぱり別れて良かった」と思うようになります。

こうした男性心理を考えると、失ってから大切さを気付かせるのは、付き合っている時だけでなく別れた後の行動も大切なのが分かりますよね。

実は男性にモテていたのに彼に一途で断っていた

凛とした女性

男性は、彼女と別れた後に実は彼女がモテていたことに気付くと、必ず失ったことを後悔します。

付き合っていた時は、自分だけを見てくれていて、他の男性の影など少しも見えなかったのに、別れた途端に男性が寄ってきていることを聞くと、平常心ではいられなくなるほど後悔します。

もちろん、男性は自分の決断が間違っていたと思いたくないので、失ってすぐは「これで良かったんだ」と自分に言い聞かせています。

しかし、時間が経つにつれて、自分が手放した女性がとても魅力的だったことに気付き始めると、彼女がいかに大切だったのか思い知ることになります。

さらに、共通の友達から、付き合っている時からモテていたことを聞くと、後悔はさらに大きくなるでしょう。

彼女がモテていたのに、常に自分を選んでくれていたことを知ると、男性は失ったものの価値の重さに気付きます。

失ってから気付く恋愛をしがちな男性の特徴

ひとつのことに集中すると周りが見えなくなってしまう

スーツ姿の男性

不器用な性格で、ひとつのことに集中すると周りが見えなくなってしまう男性は、仕事や趣味に熱中してしまうと、恋愛まで気が回らなくなります。

そうなると、彼女との関係が重たく感じるようになったり、彼女に申し訳ない気持ちが湧いてきたりして、別れを切り出すことがあります。

しかし、集中していたことがひと段落すると、そこでやっと大切な人を失ってしまったことに気がつきます。

恋愛以外のことに集中している間はいいのですが、落ち着くと彼女との思い出が頻繁に蘇ってきます。

そのうち、大切な人のいない毎日に孤独を感じて、恋愛以外のことに集中できなくなってしまう男性もいるでしょう。

さらに、寂しさから他の女性と付き合ってみると、別れた彼女がいかに大切な人だったか気付くこともあります。

不器用な自分を理解して、仕事や趣味に集中していても文句を言わず待っていてくれた場合は、新しい恋愛で過去の彼女の大切さに気付くでしょう。

自分は男として完璧だという強い自信を持っている

窓の外を見る男性

自分に自信を持っている男性も、怠慢から彼女と別れてしまい、失ってから彼女の大切さに気付くことが多いものです。

男として完璧だという自信を持っていると、彼女に対する態度が雑になってしまうことがあります。

自信は、積極性を増して行動的になれるという良い面もありますが、一歩間違うと大切な人への感謝を忘れてしまうことに繋がります。

男としての自信を持つと、彼女と別れてもすぐに次の彼女ができるような気になります。

自信があるので、彼女が尽くしてくれても当たり前と思うようになることもあるでしょう。

このような傲慢な気持ちで彼女と別れると、自分が思っているほどモテなかったり、仕事や恋愛で自信を失うようなことが起きたりして、失った彼女がどれだけ大切な存在だったか分かってきます。

男性が自信を持つのは良いことですが、彼女の大切さを見失ってしまうような自信を持つと、別れた後に失った人の存在の大きさに気付くことになります。

女性が自分のものになると思いやりを持てなくなる

海を眺める男性

女性と付き合い始めると、自分のものになった気分になり思いやりを持てなくなってしまう男性も、大切な人を失って気付く恋愛をしがちです。

言い方は悪いですが、釣った魚にエサをやらないタイプというと分かりやすいでしょう。

この特徴の男性は、付き合って彼女が自分に惚れたと分かると、徐々に思いやりがなくなり自分勝手に振る舞うようになります。

女性は、一度好きになってしまうと、男性のワガママも受け入れてしまう人が多いので、男性のワガママはどんどん加速していきます。

その延長で、自分勝手な理由で彼女に別れを告げることもあるでしょう。

女性は、このタイプの男性と別れると、最初はツラくても目が覚めて徐々に、男性から気持ちが離れていきます。

一方で男性は、ワガママな理由で別れたものの、自分を愛して寛大な目で見てくれていた女性に対して、別れたことへの後悔の気持ちが湧いてきます。

他人や周りの環境の不満ばかり目に付いて感謝できない

こぶしを握る男性

他人や周りの環境に不満ばかり持っている男性は、恋愛でも同じような失敗をしがちです。

彼女の良い所ではなく、悪い所や劣っている所ばかりに目が行くので、感謝を忘れて接し方が雑になってしまいます。

そのため、彼女の方から振られたり、もっと良い彼女がいるような気がして自分の方から彼女と別れたりして、後から大切な人を失ったと気付き後悔します。

感謝できない人は、自分が相手にしてあげたことはよく思えていて、相手にしてもらったことは忘れやすいので、別れる時は被害者のような気持ちになっていることもあります。

しかし、別れてみると彼女に尽くしてもらったことが多いことに気付き、後になってから失った彼女の大切さに気付くのです。

関係が落ち着いてくると他の女性に目移りしてしまう

デートする男女

浮気性の男性も、失った後に彼女の大切さに気付くものです。

浮気性の男性は、最初は彼女の夢中になりますが、関係が落ち着いてくると他の女性に目移りし始めます。

浮気をしないまでも、他の女性に気が行って彼女を大切にできず、関係が悪くなって別れた場合、男性は高確率で後悔します。

どんなにモテる男性でも、心から愛してくれる人と出会うのは難しいものです。

それなのに、目移りして大切な人の見極めに失敗してしまうと、その後何年も素敵なパートナーができず失った彼女を引きずってしまうこともあります。

せっかちでよく考えずにすぐ行動に移してしまう

遠くを見る男性

せっかちな性格で、思い立ったらすぐ行動してしまう特徴のある男性は、彼女を勢いで振ってしまうことが多いので、失ってから大切さに気付く恋愛をしがちです。

「もう別れたい」と思っても、それが一時的な感情であるケースは非常に多く、その後仲良くなって結婚するカップルはたくさんいます。

また、相手に嫌なことをされても、少し落ち着いて冷静に考えると、自分がそもそもの原因だったと反省するようなこともよくありますよね。

このように、少し落ち着いて考えるということができないせっかちな男性は、別れた後に彼女がどれだけ大切だったかに気付いたり、彼女に非がなかったことを知ったりして別れを後悔します。

また、一時的に他の女性を好きになって、相手に夢中になって別れた場合も、高確率で大切な彼女を失ったことを後悔します。

失ってから気付く男性心理を理解してあなたの大切さに気づいてもらおう

夕日を見る男性

男性が、どんなタイミングであなたの大切さに気付いてくれるか分かると、今後復縁したい人にとっては、身の振り方が分かりやすくなるはずです。

連絡が途絶えているなら、彼の誕生日や彼が落ち込んでいると分かったタイミングで連絡するといいでしょう。

また、あなた自身も自分磨きをして、SNSを上手く活用すれば、彼の方から連絡してくることも十分あり得ます。

復縁を望んでいなくても、自分と別れた男性がどんな気持ちなのか分かると、乱れていた心が落ち着きますよね。

どんなにひどい別れ方をしていても、一度は惚れた女性なので、男性が別れてすぐにスッキリあなたのことを忘れることはありません。

この男性心理を理解して、今後の恋愛に活かしてくださいね。