椅子に座る男性

40代の男性といえば、芸能人でも大活躍している人が多く、20代から同年代以上の女性から絶大な人気があります。

一般の40代男性も、若い年代には出せない落ち着きや色気に加えて、既婚者は清潔感がありガツガツしていないので、とても魅力的に見えます。

仕事でも責任のある立場にいる男性が多いので、尊敬から愛情に発展してしまう女性も多いでしょう。

そんな魅力的な男性と不倫関係になりたい、今付き合っている不倫関係の彼をもっと夢中にさせたいと思っているなら、ここで40代の既婚男性に的を絞ったアプローチの方法を見てみましょう。

40代の男性は、万人に通用する恋愛ノウハウでは通用しないことがたくさんあります。

しっかり予習をして、今後の恋愛に活かしましょう。

片思いの40代既婚男性を振り向かせる本気の誘惑方法

相手を褒めて男としての自尊心を満たしてあげる

グッドサインをする男性

40代になると、既婚男性は次のような理由で自信を失っている人が多い傾向にあります。

  • 体の衰えや老化を感じている
  • 褒められることが極端に減る
  • 妻から男として見られなくなった
  • 自分の人生を振り返り始める
  • 責任が重く思うような仕事ができない

40代の既婚男性は、こうした理由から自尊心が低くなることが多いので、自分を褒めてくれる女性といると、居心地の良さを感じます。

褒めるといっても、若い年代なら「凄い」「かっこいい」と言っても喜ばれますが、40代になると単純な褒め言葉では心が動きません。

40代の既婚男性を褒めるなら、他人が気付かないようなポイントを攻めると、周りの女性に差をつけられます。

具体的には「気配りできて素敵ですね」というよりは「本当は、すごく苦労してるのに周囲にそれを見せない所、本当に尊敬します」といった褒め言葉の方が、40代の自尊心を高められます。

また、具体的な言葉で褒めるのも重要で「かっこいいですね」より「切れ長の目が男らしくて素敵です」と言った方が伝わりやすいでしょう。

自尊心が低くなっている40代の男性には、褒めることで距離を縮めましょう。

積極的なアプローチより慎ましさの方が好まれる

振り返る女性

20~30代の男性なら、積極的にアプローチする方が、不倫関係に持っていきやすいのですが、40代の既婚男性は守るものが多いので、女性の方から積極的にアプローチされると引いてしまうことがあります。

体だけの関係や一夜限りの関係なら、ノリが良くて自分に執着しない女性でもOKなのですが、本気で愛されたいと思うなら慎ましい態度を心がけましょう。

年代的に「男性の方がリードすべき」「草食系男子なんて男じゃない」という考え方の人が多いので、肉食系の女性にはあまり魅力を感じません。

彼にアプローチするなら、女性の武器を使ってガンガン攻めるというよりは、相手がアプローチしてくれるのを待つスタンスの方が、40代との恋愛は成功しやすくなります。

すぐに結果を求めずじっくり関係を深める

デートする恋人

40代の既婚男性は、一生の中で「守りの体制」に入っている人が多いものです。

30代までは、仕事や趣味、女性関係に貪欲に突き進んでいても、40代になると築き上げた家族との関係、仕事上での立場、購入した自宅や車などの財産などを守る態勢に入るのです。

このような心理になっている40代の既婚男性は、流れやノリで不倫に走ることは少ないので、魅力的な男性であればあるほど、不倫へのハードルは高いでしょう。

こんな彼にアプローチするなら、焦って恋愛関係になろうとせず、まずは人として信頼関係を築くのを優先させましょう。

人として信頼関係を築き、あなたが彼の領域を脅かすことはないと理解してもらえれば、徐々に心を開いてくれるようになります。

守りに入っている男性を振り向かせるには、じっくりと時間をかけて信頼関係を築いた方が、結果的に恋愛関係になるのに近道です。

彼の話に興味を持ってどんどん話をさせる

コーヒーショップの男性

あなたの周りの40代男性は、語るのが好きな人が多くないでしょうか。

人と接していても、興味のあることを深く語り合うのを好みますし、自分語りも大好きです。

そんな40代の男性を良い気分にさせるには、彼の話に興味を持ってどんどん自分の興味のある話をさせることです。

自分に興味を持ち、さらに話を一生懸命楽しそうに聞いてくれる女性に、40代の男性は強い好意を抱くようになります。

2人で会った後も気分が良いので、もう一度会いたいと思ってくれるでしょう。

何度も、彼の話を聞く機会を作っていれば、恋愛関係に発展する可能性が高まります。

努力や葛藤している姿を見せる

勉強する女性

40代になると、自分の成長の速度が緩やかになっていくので、後輩や若い人材を育てることに喜びを感じるようになります。

年齢が上がるにつれて、世話を焼いたり説教したりする人が増えるのが良い例です。

女性に対しても、器用でどんなことでもスマートにこなせる女性より、少し不器用でも何かに一生懸命努力している女性に惹かれる傾向にあります。

この心理を理解した上で、まずは彼の得意分野を知ることから始めましょう。

彼の得意分野が分かれば、それについて質問や相談をしてみてください。

彼は、頼られたことの嬉しさと、あなたを成長させたいという気持ちで、熱心に教えてくれるはずです。

ただし、相談したからには、しっかり成長することも大切です。

自分の指導で成長していく女性と接しているうちに、恋愛感情が芽生えていくことはよくあります。

ドキッとさせて彼の恋愛対象になる

手を握る恋人

しっかり信頼関係が築けてきたら、彼の恋愛対象になるきっかけを作らなくてはいけません。

40代の既婚男性は、女性を性的な目で見ることがなくなっていきます。

女性には、そのガツガツしていない所も魅力的なのですが、何も仕掛けなければ関係は進展しないので、ドキッとさせるようなハプニングを自分で起こさなくてはいけません。

一番簡単な方法は、ボディタッチです。

ボディタッチを増やしていくと、徐々に男性の中であなたを異性として意識する気持ちが芽生えてくるでしょう。

他にも、言葉で分かりやすく好意を伝える方法もあります。

いつもとは違った雰囲気で、しっかり目を見ながら「○○さんみたいな彼氏が欲しいな」「○○さんって、本当に理想の人です」などと、あからさまに好意を伝えてみましょう。

好意を伝えるといっても、既婚者に正面から告白するのはナンセンスです。

イエス、ノーが言える言葉ではなく、自分の好意をただ相手に伝えるという方法がいいでしょう。

その後は、普段通りに適度な距離を保って接していれば、彼の方からアプローチしてきてくれる可能性が高くなります。

40代既婚男性が本気になる相手の条件

礼儀正しく上下関係を理解している

笑顔の女性

40代の男性にとって、礼儀正しい人は性別を問わず好感が持てるものです。

特に、年下の女性が礼儀正しくしている姿には、ギャップも重なってかなりの好印象にうつります。

具体的には、次のような女性の行動が40代の既婚男性に一目置かれるようになります。

  • 目上の人への挨拶は立ち止まって目を見て挨拶をする
  • 挨拶をする時に帽子をさりげなくとる
  • お茶の入れ方を知っている
  • ビジネスマナーをしっかり理解している
  • 人の厚意に対して嫌味にならないお礼ができる

これらの礼儀を知らない人が多いので、さりげなくできるだけで年配の人には好かれます。

40代の男性も、礼儀正しく上下関係を理解できている女性に対して好感を持ち、その気持ちはいずれ「こんな女性と付き合いたい」「彼女のことをもっと知りたい」という気持ちに発展しやすくなります。

礼儀を知らない人は、一過性の不倫はできますが40代の男性が、人生をかけるほど本気になることはありません。

落ち着いた年齢の男性を本気にさせたければ、礼儀と最低限のマナーは身に着けておきましょう。

これは、あなたの人生にとっても有益なことなので、ぜひ今日から意識してみてください。

気持ちが安定していてワガママを言わない

山登りをする女性

40代になると責任のある立場に立っている人や、家庭で重たい悩みを抱えている人が多いので、自分が振り回されるような女性には本気になりにくいものです。

女性の可愛いワガママは恋愛のスパイスになりますが、40代でしかも既婚者となると面倒な関係になりそうな相手とは、距離を置いてしまいます。

どんなにあなたが素敵な女性でも、本気になる前に壁を作られてしまうので、不倫が始まって信頼関係ができるまでは、ワガママは控えておいた方がいいでしょう。

ただ、ワガママと相手を信用して頼ることは全くの別ものなので、仕事やプライベートの相談などは、相手の負担にならない程度に積極的にやっていきましょう。

自然体でポジティブに生きている

ランニングする女性

40代の既婚男性が本気で好きになるのは、自然体でポジティブな考え方ができる女性です。

男性は、年齢が上がると自分を取り繕っている女性のことを見抜けるようになっています。

結婚して、女性と長年一緒に生活していれば、女性が本来どのような特徴を持っているのか理解できているので、猫をかぶってもすぐバレてしまいます。

一時的に楽しむ不倫なら、それでもいいのですが、40代になると自分を取り繕っている女性には本気にはなれません。

また、ネガティブな女性も既婚男性には重い存在になります。

40代になると、仕事や家庭で抱えている悩みやトラブルが重たい内容が多いので、不倫相手までネガティブだと疲れてしまいます。

40代を本気にさせる女性は、誰にでも自然体で接することができて、大抵のことは笑って乗り切れるポジティブな女性です。

頼られることは男性の喜びになるので、彼を気持ち良くさせる程度に甘えてください。

精神的、経済的に自立していて生活が安定している

笑顔の女性

若い年代の既婚男性からは、メンヘラ気味の女性や少々ワガママな女性の方が、刺激があって愛されやすい傾向にあります。

何でも言うことを聞いてくれる女性は、都合よく使われたり、甘えられて男をダメにしたりして、恋愛が上手くいかないことも多いでしょう。

しかし、40代の既婚男性にとっては、自立していて依存しない女性の方が付き合っていて居心地が良く、長く愛される傾向にあります。

精神面でも経済面でも自立していれば、不倫関係になっても相手に罪悪感を抱くことが少ないので、いい関係を長く築けます。

程よく自分に頼ってくれて、自分が家族と一緒に居る間は自分の時間を有意義に過ごせているような強さのある女性の方が、40代の男性には大切にされます。

外見の派手さより清潔感を重視する

凛とした女性

男性は年代に関係なく、相手の第一印象で「遊べる女」と「本気になる女」を分ける傾向があります。

女性も、相手のイメージで「誠実そうで家庭向き」「浮気しそうだから遊ぶにはいいかも」などと、最初から自然と振り分けをする人がほとんどです。

特に40代になると、見た目が派手でセクシーな女性は、最初の印象で「本気になれる女」から除外されやすいものです。

仕事や趣味で頻繁に会える相手なら、そのイメージを覆すことができますが、たまにしか会えない相手なら、彼が一度抱いたイメージを変えることは難しいでしょう。

40代は無意識で「本気になれる女」と認定するのは、清潔感があって誠実なイメージがある女性です。

自分のキャラクターや年齢に合ったファッションや髪型、キレイに手入れされた靴や持ち物、周囲の人から愛される性格を意識した方が、既婚男性には愛されます。

男性と会話が楽しめる知識を持っている

笑い合う恋人

20~30代の既婚男性は、不倫に性的なことを期待していることがほとんどです。

しかし、40代になると不倫に精神的な結びつきを望むようになります。

不倫といっても、セックスをして終わりというドライな関係ではなく、楽しい時間を共有し向上心を持って付き合いたいと思う人が多いのです。

このような心理の男性は、不倫相手との会話も無意識に重視しているので、話が噛み合わない相手には本気になれず、短期間で不倫は終わってしまうでしょう。

逆に、会話が面白く何時間話していても飽きない相手には本気になりやすいので、40代の彼を本気にさせたければ、セックス以外の時間を充実させることは必須です。

自分の生活やペースを脅かさない

目をつぶる女性

40代になると、仕事でも私生活でも抱えているものが大きいので、生活を脅かすような相手には自然と壁を作って付き合います。

仕事では役職がついている人も多く、責任のある立場になっていることがほとんどです。

私生活でも、自宅を購入している人や子供が思春期を迎えている人が多い時期なので、自分の感情を無視して突っ走ってしまうような女性には、本気になることは少ないでしょう。

彼が不倫相手に対して、結婚生活に理解を示し家族を優先させてくれていると感じることができれば、不倫関係は長続きしますし本気になってもらえる可能性も高まります。

「それじゃあ、都合の良い女じゃない」と思うかもしれませんが、彼への愛情や思いやりを持っていれば、自然と彼の負担にならないような付き合い方になっていくものです。

その気持ちを既婚男性が理解してくれれば、不倫関係から本気になり、略奪婚などに発展していくことが多くなります。

既婚男性が手放したくない女性が持つ驚愕の共通点!不倫男が虜になる女とならない女の違い

40代既婚男性の本気度を感じられる態度

奥さんにバレないように行動するようになる

サングラスの男性

40代になると、不倫相手に本気になっても、浮かれて我を忘れることは少なくなります。

自分の周囲の人や環境のことを考え、今後どのように動くのがベストか冷静に考える人が多いので、不倫相手に本気になって将来を考え始めると、今まで以上に慎重に行動するようになるでしょう。

不倫がバレて離婚になれば、家族を不幸にしますし、不倫相手の負担も大きくなります。

奥さん次第では、意地になって離婚してくれないこともあるので、不倫相手との恋愛を続けることができなくなることも予想できます。

現在の結婚生活に満足できず、不倫相手と本気で一緒になりたいと思っていれば、極力円満に離婚して、不倫相手の負担がない状態で正式に付き合いたいと思う人の方が賢明です。

このように、具体的に不倫相手との将来を考え始めた男性は、本気になる前より慎重に行動するようになります。

お金と時間を可能な限り使ってくれる

時計を見る男性

40代の既婚男性は、使えるお金と時間に制限がある人がほとんどです。

多くの場合、奥さんとお財布を一緒にしている人がほとんどですし、これまで毎日のルーティンが決まっている人も多いでしょう。

この状況では、自由にお金も時間も使えないので、不倫相手に使いたくても限度があります。

しかし、本気になった男性は、どうにかしてお金や時間を捻出して不倫相手を喜ばせようとしてくれます。

飲み会やランチの回数を減らしてプレゼントをくれたり、10分だけでも顔を見に来てくれたりと、自分の限界まであなたに尽くしてくれるでしょう。

ただ、これが当たり前を思っていると、彼が不倫疲れを起こしてしまい、関係が短期間で終わってしまうことがあるので、感謝の気持ちをしっかり伝えることと、無理をしないように思いやりを持ってあげることは必要です。

あまり家庭のことや自分の考えを話さなくなる

窓の外を見る男性

不倫相手に本気になった男性は、家族のことを徐々に話さなくなります。

男性は、自分の意識の向いていることに集中しやすいので、興味が家庭ではなく不倫相手に移っていると、興味の薄れていることに関して話さなくなるのです。

不倫が始まると、既婚男性が不倫相手に奥さんのことを愚痴ることがあります。

それを聞くと、不倫相手は奥さんと上手くいっていないんだと安心しますが、残念ながら奥さんの悪口を言う男性は、まだ不倫相手に本気になっていません。

意識が奥さんに行っているので、離婚をすることまで考えていないということです。

しかし、興味が不倫相手に集中していると、奥さんのことはどうでもよくなってしまうので、会話にも出てこないようになります。

聞けば答えてくれることもありますが、不倫相手に本気になると、男性は家族の話をどんどんしなくなっていくでしょう。

重たい内容の相談にも乗ってくれるようになる

会話をする男女

男性は、基本的に他人の悩みに無関心な生き物です。

特に、ダラダラと続く生産性のない女性の悩みや愚痴を聞くのは、苦痛だという男性は多いでしょう。

また、遊びの相手の悩みを聞くのも、男性にとっては重いと感じてしまうので、話していても上の空だったり、軽く流されたりするでしょう。

しかし、本気になった不倫相手に対しては別です。

悩みを真剣に聞き、解決しようと助言をしたり自分で動いたりしてくれるようになります。

仕事をサポートしてくれるようになる

仕事をする男女

本気になった不倫相手に対して、仕事を全力でサポートしようとするのも、40代既婚男性の特徴です。

同じ職場なら、仕事で悩んでいれば相談にのりたがりますし、困っていれば進んでサポートしてくれるでしょう。

違う仕事をしていれば、自分の知っている人脈を紹介してくれたり、お客さんを連れてきてくれたりすることもあります。

不倫相手に本気になっていなければ、不倫がバレる危険を冒してまで仕事をサポートしたいとは思いません。

これからもずっと一緒にいたいと思っているからこそ、自分も彼女の仕事を支えてあげたいと思うのです。

離婚に向けて行動を起こすので精神的に不安定になる

孤独な男性

不倫相手との将来を真剣に考え始めた男性は、少しずつ離婚に向けて行動を起こすようになります。

その為、不倫相手にしばらく会えないと言い出す男性もいるでしょう。

離婚の話し合いが始まると、精神的にも肉体的にもツラい期間に入ります。

子供がいればなおさら、軽い気持ちで離婚できないので、大きな罪悪感やストレスを抱えることもあります。

そんな男性は、あなたと会っていても暗い表情をしていたり、急にイライラするようになったりすることもあるでしょう。

この態度は、あなたと本気で付き合いたいので、離婚に向けて行動している証拠です。

本当に不倫相手を幸せにしたいと思えば、楽しいばかりの関係ではいられなくなります。

彼が離婚するために動き出し、精神的に不安定になっていたら、あまり首を突っ込まず癒してあげることに集中しましょう。

40代既婚男性が本気になったときに送るライン

ラインがマメになり何でもないことでも連絡がくる

スマホを見るスーツの男性

40代の男性にとって、ラインやメールは面倒なツールです。

興味がある人はマメですが、ほとんどの男性は文字を入力するのが面倒で仕方ないでしょう。

そんな男性でも、不倫相手に本気になるとマメにラインをするようになります。

仕事の休憩時間や待ち時間があれば「仕事頑張ってる?」「今○○に来てるよ」などと、どうでもいいラインを頻繁に送ってくれるようになるので、楽しいやり取りができるでしょう。

男性は、自分が楽しいと感じることに関しては凝り始める人も多いので、ラインを続けていると女性以上にスタンプや絵文字に詳しくなっていく人も少なくありません。

1日に何度も彼からラインがくるようになり、画面がスタンプや絵文字で華やかになっていれば、相当あなたを気に入っているということです。

「今日も頑張れよ」などの応援のラインが増える

スマホを見る女性

40代の既婚男性は、とにかく自分の好きな人や気にかけている人をサポートするのが大好きです。

不倫相手に対しても、本気で好きになると「応援したい」「支えてあげたい」という気持ちが強くなるので、自然と応援するようなラインが増えていきます。

男性はとても分かりやすいので、不倫にセックスしか求めていなければ、ラインのメッセージはエッチな内容ばかりになります。

ラインのメッセージが「早く○○ちゃんを抱きしめたいよ」「今度は○○のホテルに行こうか?」といった、セックスに結びつくようなものばかりなら、相手の男性は不倫相手にはセックスしか求めていないということです。

一方で、不倫相手に本気になった男性は、エッチな内容のメッセージに比べて、応援や心配のラインの方が多くなります。

たまに、上司や親のような内容のラインが送られてくるかもしれませんが、それはあなたのことを大切に思っているサインなので、しっかり受け止めてあげましょう。

質問が増えて内容をいつまでも覚えている

スマホを持つ男性の手

好きな人に対して質問が多くなるのは、40代の既婚男性も同じです。

不倫相手のことをもっと知りたい、何を考えているのか理解したいという気持ちが高まると、ラインでも当然あなたへの質問が多くなります。

男性があなたに本気になるにつれて「今なにしてた?」という軽い質問から、今日の仕事のことや家族のことに至るまで、色んな質問ラインが送られてくるようになるでしょう。

また、男性は好きな人や好きな物については高い記憶力を発揮するので、あなたの答えをいつまでも覚えていることも少なくありません。

何か月も前にラインで送ったことを覚えてくれていて、驚かされることも多いでしょう。

「可愛い」「会いたい」などストレートな表現が増える

スマホを見る女性

40代の男性は、不倫が始まった当初は不倫相手に壁を作っていても、本気になるとストレートな愛情表現をしてくれるようになります。

年齢が上がると、恋愛で駆け引きをしたり相手を探ったりすることが面倒になっていきますし、恋愛に関しては若い頃よりロマンチックになる人も多いので、恥ずかしい言葉でもストレートに言ってくれるようになるでしょう。

「○○は本当に可愛いな」「こんなに女の子を好きになったの初めてだよ」といった、女性が喜ぶメッセージを送ってくれるので、スマホを見ながら照れることも増えるでしょう。

また、40代の男性は不倫相手に対しても、駆け引きをされるより分かりやすい愛情表現を望むようになります。

会えなくて寂しい時に「最近会ってくれないのは、奥さんが好きだからでしょ?」などと皮肉を言うより「もっと会えたら嬉しいな」と、分かりやすく気持ちを伝えた方が、40代の既婚男性とは上手くいきます。

仕事が忙しくなるとラインの頻度に変化が出ることもある

バッグの中のスマホ

男性は女性と違って、複数のことを同時に進行するのが苦手です。

女性は、仕事も恋愛も同じ熱量でできる人が多いのですが、男性はひとつのことに集中すると、他のことに無頓着になる人が多いので、ラインの頻度も状況次第で変わることがあります。

マメにラインをしていた人が、仕事が忙しくなった途端、連絡頻度が減ってしまうことも多いので、女性は戸惑う場面が出てくるかもしれません。

そんな時は焦らず、彼が仕事に集中できるよう見守ってあげましょう。

他のことに集中しているのに、不倫相手からマメな連絡を催促されると、疲れてしまう男性もいるので気を付けてください。

間違っても「最近どうして前みたいにラインしてくれないの?私のこと飽きたんでしょ」などと相手を責めるようなラインを送ってはいけません。

既婚男性が手放したくない女性が持つ驚愕の共通点!不倫男が虜になる女とならない女の違い

40代既婚男性を本気にさせるための恋愛上級テクニック

恋愛を純粋に楽しみロマンチックな雰囲気を演出する

屋上に座るカップル

40代になると、女性は現実主義な人が増えますが、男性は恋愛に関してロマンチックになっていく傾向にあります。

割り切った大人の関係より、精神的な結びつきを重視して、初恋のように純粋な恋愛をしたがるようになるのです。

そんな40代男性を本気にさせるには、あなた自身も純粋に恋愛を楽しむようにしてください。

変な駆け引きや恋愛テクニックを駆使するのではなく、純粋な気持ちで彼との時間を楽しみ、その時感じた気持ちをどんどん言葉にして彼に伝えましょう。

また、学生時代に行ったようなデートスポットを楽しむのも、40代男性にはおすすめです。

大人になってから行かなくなった、小さめの遊園地や動物園などをデートの場所に選んだり、何もない海を見にドライブしたりするのもいいでしょう。

あなたからも、積極的にロマンチックなデートプランを提案してください。

信頼関係を築いて家庭を壊す気がないことを理解してもらう

草原を見つめる男女

40代は、自分の領域を犯されることに関して、とてもシビアに考える傾向が強くなっている時期なので、仕事や家庭を脅かすような女性には本気になれません。

自分のペースや考え方を軽視されるのも嫌うので、自分の感情に任せて「早く離婚して」「いつ奥さんに別れるって言うの?」などと言う女性にも、本気になることは少ないでしょう。

これは、奥さんの愛情の有無は関係ありません。

これまでたくさんの経験をしている40代の男性は、感情で動いて周囲の人に迷惑をかけるのではなく、計画的に物事を進めたいと思うようになります。

離婚して不倫相手と一緒に居たいと思っていても、若い世代の男性のように無理やり家庭を壊すことはできないのです。

このような心理を理解すると、無理に自分を選んでもらおうと躍起になるより、彼の気持ちを尊重して、家庭を優先して待ってあげられる女性の方が愛されるのは分かりますよね。

感謝の気持ちや褒め言葉はストレートに伝える

愛し合う恋人

大人になると、遠回しな表現や相手を試すような言動は面倒に感じるものです。

結婚している男性は女性の気持ちをある程度理解しているので、女性の素直じゃない言葉に対して「そういうのはいいから」と冷めてしまいます。

嬉しい気持ちも寂しい気持ちも、できるだけストレートに相手に伝えた方が、男性はあなたとの時間に居心地の良さを感じるでしょう。

また、不倫関係になっても、相手を褒めることは忘れないようにしてください。

男性は、女性に褒められることで自信をつけ、自分の自尊心を高めてくれる女性を大切にします。

40代の既婚男性を本気にさせたいと思うなら、これまでの恋愛テクニックは忘れて、どんなことでもストレートに分かりやすく彼に伝えることを心がけましょう。

刺激と癒しを使い分けて一生側に居たい女になる

愛し合うカップル

20代や30代の男性は、不倫に刺激や快楽を求めている人がほとんどです。

妻とはできない恋愛やセックスをして、非日常を味わうことが不倫の楽しみの大半を占めます。

40代になると、不倫には刺激と一緒に癒しを求める人が多くなるので、刺激的な恋愛だけしかできない女性との関係には、すぐに疲れが出てしまいます。

かといって、家庭的で癒されるだけの女性も不倫には不向きです。

夫婦生活がマンネリになっている既婚男性にとって、癒される女性は最初こそ可愛い存在ですが、刺激がなければ結婚生活との差がなくなり飽きが出てしまいます。

この2つの心理を理解して、刺激と癒しを上手く両立させなくてはいけません。

彼が疲れている時や悩んでいる時、仕事が忙しい時は癒しに徹して、彼に余裕がある時は可愛いワガママを言ったり、ロマンチックなデートに連れ出したりと工夫しましょう。

また、情熱的なセックスをすることも、不倫相手を本気にさせるには大切な要素です。

40代の夫婦はセックスレスになっていることが多いので、性的な不満を抱えている男性は、情熱的で刺激のあるセックスにハマってくれるでしょう。

セックスは回数ではなく質を重視する

セックスをする男女

40代になると、持ち物や住環境の質にこだわる人が増えます。

金額やブランドではなく、如何に機能的で上質なものを使っているのか、ということを重視して物を選ぶようになっていきます。

セックスも同じで、若い頃は回数や人数を重視していた人も、年齢が上がるにつれて内容を重視するようになります。

ロマンチックな雰囲気やお互いの感情、セックス中に交わす言葉や終わった後の愛情確認など、1回に充実感のあるセックスを求めるようになるのです。

今まで経験できなかったようなセックスを求める人も多く、不倫相手に少し無茶な要求をしてくる人もいるでしょう。

ただ、40代になると無理強いすることは少なくなるので、自分がストレスなく応じられるものなら、一緒に楽しんでみましょう。

あなた自身も、新しい快感を得られるかもしれません。

40代を本気にさせたければ、受け身ではなくあなた自身がセックスを楽しむ気持ちを持つようにするといいでしょう。

古風さと新鮮さのバランスを上手く使いこなす

笑顔の女性

40代の男性は、徐々に頭が固くなり始めるので、新しいものを嫌う傾向があります。

分かりやすい例では、言葉遣いや最低限の礼儀が分かっていない相手に対して、心を閉ざしてしまうところです。

どんなに可愛い女性でも、品のない流行り言葉を使っていると、その時点で関係を深めたいと思わなくなってしまいます。

40代と不倫関係になって、長く愛されるには古風な面は必ず持っていなくてはいけません。

その反面、新しいものが好きな特徴を持っているのも、40代の特徴です。

新しい家電が好きで、スマホも最新の機種を持ちたいと思っている男性は多く、時代に取り残されたくないという危機感を持っている人もたくさんいます。

そういった意味では、新しい情報を与えてくれる人は、40代男性にとって貴重な存在です。

この両方の心理を満たせれば、一生一緒にいたい不倫相手になれるので、古風な面を持ちつつ、彼に新しい情報を与えられる女を目指してみましょう。

40代の既婚男性を本気にさせるにはバランスが重要

抱き合うカップル

40代の既婚男性は、両極端な心理を持ち合わせている人が多いものです。

安定しすぎた家庭に不満を持っているのに、刺激的すぎる不倫相手は困る。

礼儀や言葉遣いにはうるさいのに、応援やサポートをしたくなる女性の方が好き。

古風な人や物は好むのに、新しい物や情報が大好き。

こうした両極端な心理を理解して、満たせるようになると本気で愛される女性になれます。

難しそうに見えますが、彼をよく観察していれば、丁度いいバランスが分かってくるはずです。

日頃話している内容や、他の人のことについて語っている言葉をしっかり聞いて、どんどん恋愛に活かしてください。

きっと、彼が夢中になる女性になれますよ。