ノートを書く女性

夫の不倫を疑い始めたら「離婚」という言葉が頭をよぎるのではないでしょうか。

夫が他の女性と関係を持っていたら、一緒に生活できないと思うのは当然で、不倫をしていることが事実だとしたら、離婚をするしかないと考える女性は多いでしょう。

しかし、離婚をするとしても、そう簡単に決断はできませんし、離婚すると決めても何から準備すればいいのか分かりませんよね。

離婚は、あなたの人生を大きく左右するイベントですし、子供がいれば尚更判断に迷うはずです。

夫の不倫を疑っているけど何をしていいのか分からない、夫の不倫が発覚したので離婚について知りたい、という妻に不倫の確認方法などについてまとめました。

離婚をすると決意したら、離婚する前にすることと離婚後にすることをリストにして分かりやすく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

離婚や不倫のことでショックを受けている人は「後悔しない心の整理の付け方」も紹介しているので、一度ゆっくり考えるきっかけにしてください。

離婚を後悔しないために、夫に離婚を切り出す前にチェックしてください。

夫の異変に気がついた…離婚をするべき?その前に不倫かどうか確かめるためのやることリスト

夫のスマホをチェックして不倫の証拠を見つける

テーブルに置かれたスマホ

スマホのチェックは、不倫の証拠を見つける方法としては基本です。

スマホを見るのはルール違反という人もいますが、ルール違反を疑われる夫の素行を確認するためなので、仕方ないと割り切った方がいいでしょう。

ただし、夫の行動が怪しいと感じてスマホを見た場合、ほとんどのケースで妻の勘が当たることになります。

つまり、不倫が現実になるということです。

不倫相手とのLINEや、仲良さそうに写っているツーショット写真などを見ると、夫と今までのような関係に戻ることはできなくなります。

あなたが夫と離婚したくないと思っているなら、スマホは見ない方がいいという考え方もできるので、スマホをチェックする時は、不倫が確定する覚悟をした上で、よく考えてから行動に移してください。

Googleマップのタイムラインをチェックする

ドライブ中の車内

Googleマップには、タイムライン機能があり、スマホを持っている本人が1日どのような動きをしたのかチェックできます。

夫のスマホを開くことができたら、Googleマップアプリを開き「タイムライン」を確認してみましょう。

タイムラインは、ロケーション履歴をオンにしておかなくては表示されないので、用心深い男性は履歴をオフにしていることもあります。

その場合は表示されないので、不倫は他の方法で確認してください。

ロケーション履歴をオンにしていると、その日だけでなく過去どのような行動をしたか表示されるので、不倫の証拠が残っている可能性があります。

タイムラインは、パソコンでもチェックできますが、相手が夫でも他人のアカウントにログインするのは違法になるケースがあります。

その点を理解した上で、夫に不倫を疑っていることがバレないよう、慎重に行動してください。

財布やバッグの中身を確認する

男性のバッグの中のスマホ

財布やバッグの中にも、不倫の証拠が残っていることがあります。

夫が何気なく入れているレシートがあれば、次のような証拠が残っているかもしれません。

  • 店の住所が、いつもは行かない場所のものである
  • 飲み物やスイーツなどが2つずつ購入されている
  • 残業と行っていた時間に職場から遠い場所で買い物をしている

これらは、不倫の痕跡だと考えられるので、日付や店の住所などは入念にチェックしてください。

可能であれば、写真に残しておくか詳細をメモで残しておくと、今後出てきた証拠と照らし合わせることができます。

他にも、一緒に行ったことのないお店のポイントカードや、見たことのないクレジットカードなどを発見したら、不倫を始めてから作った可能性があります。

もちろん、財布に入っているお金の金額でも、違和感が出てくるでしょう。

想定している金額より確実に少ない、無駄に多く入っている、というのは不倫でお金の流れが今までと変わったからかもしれません。

男性の中には、いつも使っているバッグに、うっかり不倫相手の小物を入れていたり、彼女からの手紙やメッセージを持ち歩いていたりする男性もいるので、それらで不倫が確定することもあります。

GPS発信機を仕込んで夫の行動を把握する

車を運転する男性

これまでは、夫のスマホにGPSアプリを入れて、行動をチェックするのが定番でした。

しかし、今や不倫する男性にGPSアプリは周知されているので、アプリを入れることで妻が不倫を疑っているのがバレやすくなっています。

妻が不倫を疑っているのを夫に知られると、不倫を見抜くのが今以上に難しくなるので、GPSアプリはあまりおすすめできません。

夫の行動をGPSでチェックしたければ、少々高価になりますがGPS発信機を購入して、夫のバッグに仕込むか車に設置する方がいいでしょう。

子供用でリーズナブルなものも売られているので、あなたの予算や用途に合ったものを選んでください。

夫が会社を出た後、意味のない場所に頻繁に立ち寄っていれば、そこが不倫相手の家や、デート前に落ち合う場所の可能性があります。

GPSで、夫が日頃どのような行動をしているのか分かれば、興信所などを利用するとき効率的に不倫の証拠を集められるようになります。

車をチェックして違和感がないか確認する

車でキスをするカップル

日頃、夫が車を使っているなら、車にも不倫の証拠が残っていることがあります。

チェックすべきは、次のような項目です。

  • 助手席のシートの位置に違和感がないか
  • 女性のものと思われる落とし物や髪の毛がないか
  • 車内のニオイにこだわっていないか、ニオイを変えていないか
  • ガソリン代が上がっていないか
  • 車内を妙にキレイにしていないか

男性は単純な人が多いので、急に車内の掃除を入念にするようになったり、ニオイを気にしたりするようになったら、怪しいと思っていいでしょう。

極端な人では、車を買い替えようと思い始める男性もいます。

夫が、車を頻繁に使っている場合は、時間を見つけて車内をチェックしてみましょう。

クレジットカードの利用明細を確認する

クレジットカードを出す男性

クレジットカードの利用明細にも、不倫の証拠が残っていることがあります。

仕事だと言っていた日に、レストランやホテルの利用履歴などがあれば不倫をしている可能性がかなり高いでしょう。

不倫相手へのプレゼントの購入にクレジットカードを使う人もいるので、利用履歴は入念にチェックしてください。

近年では、キャッシュレス化が進んでいるので、デートの支払いがクレジットカードの明細には残らないことが増えました。

クレジットカードの明細だけを見るのではなく、バーコード決済に使っている額もチェックしておくといいでしょう。

また、キャリア決済を利用して、スマホでデート代を出している可能性もあるので、携帯料金の額も日頃から確認して、料金に変化がないか用心深く見てみてください。

夫が利用しているSNSを熟読する

スマホに表示されたアプリ

夫がSNSを利用しているなら、改めて写真や文章をしっかりチェックしてみましょう。

何か、不倫のヒントになる証拠が残っているかもしれません。

夫の投稿だけでなく「いいね」や友達からのコメントも、必ず確認してください。

毎回、同じ女性がアクセスしているようなら、その女性の投稿も必ず見てみましょう。

その女性の写真に、夫の持ち物が映りこんでいたり、同じ日に同じ場所に行ったりしていれば不倫相手である可能性が高いでしょう。

不倫で離婚をする際、夫と不倫相手の両方に慰謝料を請求したければ、相手を特定しなくてはいけないので、SNSで見つかれば後々証拠集めが楽になります。

帰宅時間や遅くなった言い訳を日記につける

ノートに文字を書く女性

夫を怪しいと感じたら、今日から帰宅時間や遅くなった時の理由などを、日記に書いておきましょう。

文章にしようとすると面倒なので、箇条書きでOKです。

日記が面倒な場合や、夫に見つかる可能性がある場合は、スマホのメモアプリでもいいでしょう。

夫の行動を書き出していると、規則性が見えてくることもありますし、後日話に矛盾が出てくることもあります。

夫の行動パターンが事前に分かっていれば、今後興信所などに調査を依頼する時も便利なので、不倫を疑い始めたら、まずは日記をつけ始めてください。

趣味や嗜好に変化がないかチェックする

スマホとイヤホン

不倫相手にハマると、趣味や嗜好に変化が出る男性は少なくありません。

不倫相手に影響されて新しい趣味を始める人もいますし、趣味を理由に外出する頻度があがる人もいます。

急に、聞いている音楽のジャンルに変化が出る男性も多いので、今まで聞かなかったようなアーティストの曲を聴くようになる男性もいます。

他にも、今まで興味がなかったドラマを見始めるようになったり、食の好みが変わったりするなど、急に趣味や嗜好に変化が出てきた時は、不倫をしている可能性が高いでしょう。

微妙な変化なので気付きにくいポイントですが、今までの夫の行動を思い出しながらチェックしてください。

離婚前にしておかないと大変!不倫が原因で離婚を決意した時の離婚準備でやることリスト

離婚後の生活費を試算し準備しておく

計算機とお金

離婚をしようと決心したら、まずは離婚後の生活ができるかどうかを試算しておきましょう。

次の項目を、ざっくりと埋めておくと、だいたい必要な生活費が分かってきます。

  • 離婚した後に住む予定地の家賃の相場
  • 家族の食費や日用品費
  • 水道・電気・ガスなどの光熱費
  • 子供に掛かる費用(教育費や塾、習い事など)

小・中学校や保育園は、ひとり親になると助成制度があるので、概算に入れなくてもいいでしょう。

最低限必要な生活費が分かれば、あなたが離婚後稼がなくてはいけない額も分かるので、離婚後の仕事選びが具体的に見えてきます。

今の仕事で、離婚後の生活費が賄えそうなら安心して離婚に踏み切れます。

もし、あなたが働けない環境にいれば、実家などに相談してサポートしてもらえるか話し合っておきましょう。

また、離婚後は、ある程度貯金がないと不安な毎日を送らなくてはいけなくなります。

慰謝料や養育費などを当てにしていると失敗しやすいので、ないものと考えて計算してください。

目安としては、概算で出した生活費の3~6ケ月分ほどの貯金があると、ひとまず安心です。

離婚前に準備できれば、事前に貯金もしておきましょう。

離婚原因や慰謝料を請求するための証拠を準備する

カメラと写真

離婚をしたいと思っても、第三者でも納得できるほどの理由がなければいけませんし、相手が離婚を承諾しなければ、あなたの意志だけでは簡単に離婚ができません。

不倫やDV、モラハラなどで離婚したいと言っても、証拠がなく夫が「そんなことはしていない」と言えば、残念ながら離婚はできないのです。

スムーズに離婚するためには、必ず離婚の原因となるものの証拠が必要なので、離婚を切り出す前に、証拠集めをしておきましょう。

それらの証拠は、相手に慰謝料を請求するための証拠にもなるので、この作業はとても大切です。

不倫なら、夫が不倫相手と肉体関係があることを証明しなくてはいけません。

LINEやスマホの写真では、証拠にならないケースがあるので、ラブホテルに入る瞬間などの写真が必要になります。

金銭的な問題で興信所に頼めない場合は、小さな証拠をできるだけたくさん集めることが必要なので、離婚を切り出す前に行動を起こしてください。

不倫で離婚になった際もらえるお金について理解しておく

女性の財布

夫の不倫で離婚になった場合は、次のようなお金がもらえます。

  • 慰謝料
  • 養育費
  • 財産分与
  • 婚姻費用(離婚しなければ別居した後でも生活費がもらえる)

慰謝料や養育費は、離婚前に夫と話し合って金額を決定するか、話し合いで決着がつかなければ協議離婚や裁判へと進みます。

分かりにくいのが財産分与ですが、次のものが財産分与の対象になることを理解しておきましょう。

  • 現金や結婚した後に2人で蓄えた貯金など
  • 結婚後に購入した不動産
  • 家具、家電
  • 美術品、アクセサリーなど
  • 夫の年金、退職金

離婚をする時に、個人が詳細に財産分与のことを理解し請求するのは難しいので、不明なことが多ければ、弁護士などのプロに間に入ってもらうといいでしょう。

不倫で離婚をする際にもらえるお金は、あくまでも知識として理解しておくだけで、離婚後の生活費の当てにしないよう注意してください。

弁護士に相談して有利に離婚する方法を調べる

弁護士の男性

スムーズかつ有利に離婚を進めたいなら、弁護士に相談するのがベストです。

弁護士費用が準備できれば、信頼できる人を探して相談しますが、費用がない場合は「法テラス」を利用してください。

法テラスは、国が設立した機関で、一定の条件をクリアーすると無料でプロに離婚相談ができます。

無料にならなくても、弁護士事務所などに相談するより安価で相談できるので、金銭的に余裕がない場合は、お住まいの地域の法テラスに、一度問い合わせをしてみましょう。

プロに有利に離婚できる方法を聞いておけば、忙しい主婦でも効率的に離婚の準備ができます。

1人で考えて行動すると、証拠集めや夫との交渉などに失敗することも多いので、一度相談しておくと安心です。

離婚の条件を考えノートなどに書き整理しておく

タスクリストへのチェック

離婚の条件は、離婚を切り出す前の冷静な状態で、一度じっくり考えておく必要があります。

考えるべき項目には、次のようなものがあります。

  • 親権はどちらが取るのか
  • 養育費の額や支払ってもらう期間
  • 家や車などの分割方法
  • 慰謝料の額と支払い方法
  • 夫婦の共有財産と処理方法
  • 加入している保険と離婚した際の変更内容

他にも、親権が取れた場合の、子供との面会頻度や、残っているローンの支払い方法なども、ノートに書き出して希望を明確にしておきましょう。

分からない項目があれば、相場や一般的な対処法を調べて、それを元に書き出してください。

あなたの希望はしっかり主張すべきですが、あまりにも現実味のない条件ばかり出すとスムーズに離婚できなくなるので、その点は注意してください。

離婚を切り出す前に持ち物の整理をしておく

クローゼットを整理する女性

持ち物の整理は離婚してからでもいいのでは、と思う人は多いでしょう。

しかし、離婚では肉体的にも精神的にも消耗されることが多いので、離婚後に作業ができないほどダメージを受ける可能性も考えておく必要があります。

不要なものは捨てて、持ち物を減らしておくと、離婚後の引越しが楽になります。

また、持ち物の整理をしていると、思考も整理されるので間違った判断をしなくなるので、その点でもおすすめです。

離婚をした後、夫婦の思い出のものや共有のものを整理するのは、精神的にかなりツラい作業になります。

少しでも精神的な負担を減らすために、ぜひ離婚の前に持ち物の整理を行うようにしてください。

就職や転職は離婚の前に済ませておく

仕事に行く女性

専業主婦で仕事をしていなかった人や、これから転職をしようと思っている人は、離婚後ではなく離婚前に済ませておくことをおすすめします。

離婚をした後は、しなくてはいけないことが多く、気持ちも不安定になりやすいものです。

また、シングルマザーでは就職の間口が狭くなる可能性もあるので、先に仕事先をみつけておく方がいいでしょう。

ただし夫の不倫に気付いて、現時点でも精神的に不安定になっているなら、もう少し待った方がいいでしょう。

しかし、できるだけ面倒なことやストレスを感じることは、離婚の前に済ませておいた方がいいので、離婚後に安定した生活をすぐ送れるように、事前に仕事を安定させておくと、安心して離婚に踏み切れるようになります。

確実に証拠を集めたければ興信所に不倫調査を依頼する

カメラを持つ男性

不倫の証拠を確実に集めて、しっかり離婚と慰謝料を請求したいなら、興信所に不倫調査を依頼するのがベストです。

しかし、興信所の相場は、数十万~100万円程度と高額な上に幅があるので、資金に余裕がなければ依頼するのは難しいでしょう。

ただ、自分で証拠集めをしようとすると、夫に不倫を疑っているのがバレて、全く証拠が集められなくなるケースもあるので、十分注意しながら行動してください。

これから興信所に依頼するなら、最初の興信所で契約せず、数件無料相談に行くようにしてください。

その際は、1人で行かず信頼できる人に付き添ってもらうことをおすすめします。

夫の不倫で気持ちが不安定な時は、興信所の口車に乗って失敗することがあるので、冷静な人に同行してもらいましょう。

子供や自分の姓をどうするか考えておく

歩く子供

多くの母親が離婚時に悩むのが、子供の姓を変えるかどうかという点でしょう。

離婚をすると、あなたは旧姓に戻ることもできますし、元夫の姓を名乗り続けることもできます。

子供も、どちらの姓を名乗ることもできますが、父親か母親、どちらの籍に入るかで性が変わります。

母親は、子供の苗字が変わると、学校で好奇な目で見られるのではないかと不安になるものです。

子供の姓を変えない方法としては、次の2つのパターンがあります。

  • 自分だけ元夫の籍から抜けて旧姓に戻り、子供はそのまま元夫の籍に残す
  • 自分が元夫の姓を名乗り、子供を自分の籍に入れる

子供の苗字の問題は、思っている以上に悩む人が多いので、離婚前に考えておくといいでしょう。

離婚を切り出すタイミングを考えておく

風を受ける女性

離婚を決意して、不倫の証拠も集まり、準備も万全という状態になったら、離婚を切り出すタイミングを考えましょう。

夫が仕事で忙しい時期は避け、2人が落ち着いて話せる週末などを選ぶのがベストです。

離婚を切り出す日を決めたら、前日~数日前に、この日に時間を取ってほしいとお願いし、夫にも何となく心構えをさせておくと、話しがスムーズに進みやすくなります。

現時点で、ほとんど会話をしてくれない場合や、話し合いから逃げる癖のある夫の場合は、事前に約束すると逃げられる可能性があるので、落ち着いていると感じたときに切り出した方がいいでしょう。

話し合いの約束をする時も、離婚を切り出す時も、とにかく冷静に落ち着いた口調を徹底してください。

感情的になると話がまとまりませんし、言い方次第ではあなたが不利になる可能性もあります。

子供がいる場合は、事前に両親や信頼できる人に預けておくと、子供を傷つけることがありません。

離婚の話し合いでは、お互いが感情的になることもあるので、子供にはその現場を見せなくていいように配慮してください。

決まった内容は離婚協議書を作成すると安心

メモを取る弁護士

不倫の証拠も集まり、夫も離婚に同意してくれたら、親権や養育費の額などを話し合い、決まった内容は書面にして「離婚協議書」を作成しておくと安心です。

離婚する時は、話し合いをするのも嫌という状態になっていることが多いので、口約束で物事を決めてしまうことがあります。

しかし、口約束だけでは、離婚後守ってもらえないことがほとんどですし、単なる約束では強制力がないので、後から「しまった」と思っても遅いのです。

また、離婚協議書を作成したら、公正証書にしておくと、その効力を最大にできます。

約束が守られない時は、給料の差し押さえなどができるので、離婚後約束を破られても安心です。

離婚協議書や公正証書の作り方は、ネットでたくさん紹介してありますが、短時間で確実なものを作成したければ、プロに相談する方がいいでしょう。

※期間限定

不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

離婚が成立しても終わらない手続き…不倫が原因で離婚した後の手続きでやることリスト

引越しした場合は住民票を移す

何もないアパートの部屋

離婚を機に引っ越しをする場合は、まず住民票を移さなくてはいけません。

住民票の異動は後からでもできますが、離婚の手続きをする流れで終わらせていた方がスムーズです。

離婚の手続きをしていると、不倫のフラッシュバックに悩まされたり、子供のことを考えて苦しくなったりして、気力が出なくなることがあります。

あまり無理をせず、ツラい時は体を休めたり周囲の人に頼ったりしながら、必要な手続きを済ませましょう。

子供がいる場合の手続きを済ませる

市庁舎の看板

子供の親権を取って離婚する場合は、次の手続きが必要です。

  • 子供の学校や保育園などの転校・転園手続き
  • 戸籍の変更
  • 児童手当や保険の受取人変更
  • 児童扶養手当の申請
  • 各種名義変更

一見、たくさん手続きがあるように感じるかもしれませんが、離婚届を出した流れでできる手続きもあるので、窓口の人に「次はどんな手続きが必要ですか?」と聞きながら進めると、親切にサポートしてもらえます。

国民年金と健康保険の加入や変更をする

書類にサインする男性

離婚をすると、国民年金や健康保険の加入や変更手続きが必要になります。

現在、会社に勤めていて社会保険に加入しているなら、会社に離婚した旨を伝えると年金の変更をしてもらえます。

自営業やフリーランスの人や、これまで夫の扶養に入っていた人は、役所の年金保険課で国民年金の変更手続きをしなくてはいけません。

こうした手続きは、離婚届を提出した流れで手続きすることも可能なので、事前に必要なものを聞いて役所に出向くと効率的です。

国民年金は、離婚後支払いが困難になる場合は、免除申請ができます。

窓口に行く前に、電話で相談し必要書類を確認してから出かけましょう。

各種住所変更や名義変更をする

パスポートを持つ女性

離婚をして苗字や住所が変わった場合は、各種変更が必要になります。

離婚して変更手続きが必要なものには、次のようなものがあります。

  • 運転免許証
  • 加入している各種保険
  • 銀行口座やクレジットカード
  • パスポート

運転免許証を先に変更しておくと、他のものは焦らずついでのタイミングで変更していくと効率的です。

離婚した後で、精神的にもツラい状況での手続きなので、無理のないスケジュールで済ませていきましょう。

離婚すると決めたら手続き以外にも大切なこと!後悔しない心の整理の付け方

夫と再度しっかり向き合い話し合いをする

マグカップを握る男女

離婚を決める前、以外とやっていないのが夫婦の話し合いです。

特に、夫が不倫をして離婚を決めた場合は、ショックから話し合いができないまま離婚を決めてしまう人が少なくありません。

夫が不倫相手に夢中になっていると、話し合いもままならないケースも多いでしょう。

しかし、可能な限り夫と話し合いをして離婚を決めなくては、離婚して落ち着いてから後悔することがあります。

何度も話し合いの場を設けて、もう再構築は難しいのか、離婚する場合の養育費はどうするのかなど、出来るだけ顔を合わせて話し合いをしましょう。

夫と建設的な話ができなくても、それ自体が「再構築は無理だった」という、後々の気持ちの落とし所になります。

離婚すると「もっとこうしていればよかったのか?」「〇〇をすれば離婚にならなかったのかも」などと後悔することがあるので、そうならないためにも夫と離婚まえに話すことは大切です。

離婚後の収入源を確保しておく

仕事をする女性

離婚をして後悔している人のほとんどは、離婚をきっかけに金銭的に苦しくなった人です。

暮らしが困窮すると心が荒みやすくなり、過去を後悔することが増えます。

逆に、生活に金銭的な余裕があると、少々のことでは後悔しなくなるので、離婚後も前向きに生活できます。

こうした理由から、離婚後の収入源はしっかり確保してから離婚に踏み切らなくてはいけません。

現時点で収入源がない場合は、就職先が決まるまで離婚は待った方がいいでしょう。

ただし、夫の不倫で慰謝料を請求したい場合は、時効が3年なので、そのことは念頭に入れておきましょう。

また、離婚をしないと精神的にツラい場合も、時期を待っているとストレスからうつ病などになってしまう危険があるので、自分の気持ちと向き合って決断してください。

可能であれば、あなたが離婚後お金に困らない準備をした上で、離婚に踏み切ってください。

何も決まっていないのに早まって別居しない

スーツケース

夫婦で何も決めていない時点で、実家に帰ったり別居したりするのは危険です。

あなたから一方的に別居を始めると、場合によってはあなたが有責になるケースもあるので、離婚についてあらかた話し会いがまとまるまでは、別居をしないようにしてください。

特に、夫が不倫した場合は、別居をすると証拠集めができなくなりますし、不倫を増長させることにも繋がります。

不倫でショックを受けて、1秒でも一緒に居るのがツラいという状況でなければ、早まった別居は避けるようにしましょう。

感情的になっている間は離婚届を出さない

破かれた婚姻届

感情的になった勢いで離婚をすると、多くの場合、後悔することに繋がります。

感情的になると視野が狭くなるので、知らぬ間に不利な条件を呑んでしまうこともありますし、本当は夫への愛情が残っていたと、後から気付くこともあります。

不倫が分かったり大喧嘩をしたり、今までのストレスが爆発したりして離婚を決意しても、一旦落ち着く時間を設けて、冷静に離婚すべきか考えて離婚届を提出してください。

もし、勢いで離婚届を書いてしまったけど、もう少しじっくり考えたいと思ったら、すぐに「離婚届不受理申出書」を役所に提出しましょう。

離婚届不受理申出書は、役所に行ってその場で記入し提出することができます。

郵送もできますが、出すのが遅れて離婚が成立するといけないので、思い立ったら早めに提出することをおすすめします。

少しでも離婚に迷いがあれば時間をかけて決断する

砂に埋もれた時計

一度、離婚をすると決めても、翌日には「やっぱり離婚は辞めた方がいいかも」と思ったり、他人に相談していたら心が揺らいだりすることは誰にでもあります。

このように、少しでも離婚に迷いが生じている時点では、焦って離婚しないようにしてください。

離婚はいつでもできます。

しかし、一度離婚届けを提出すると、なかったことにはできません。

離婚をして後悔している人はたくさんいるので、そうならないために、離婚すべきかトコトン考えて、十分納得した上で結論を出しましょう。

悩み続けていると、必ず自分で答えが出せます。

「もうこんな状況イヤ!離婚する」と固く決心できることもありますし、「こんなに悩むのだから、もう一度夫と再構築に挑戦してみよう」と思うかもしれません。

焦って出した答えほど、後悔につながりやすいので、落ち着いて何度も悩み、じっくり考えて決断してください。

したかったことや興味のあったことに挑戦する

キャンプファイヤーを見る女性

離婚の準備をしているのに、興味のあったことに挑戦するなんて、悠長なことはしていられないと思われるかもしれません。

しかし、離婚のことで悩んでいる時は、一度その悩みから離れた方が、本当の自分の気持ちに気付きやすくなるものです。

例えば、子供と一緒にキャンプに出掛けたり、友達家族と旅行してみたりするのもいいでしょう。

子供を実家に預かってもらって、女子会に参加して気分転換するのもおすすめです。

他にも、資格取得の勉強を始めてみると、自分に自信がついて正しい判断ができるようになることも考えられます。

離婚について悩んでいたら、まったく違うことをしてみることで、逆に心の整理がつくこともあるので、ぜひ試してみてください。

周りの人の意見を参考にする

友達とピクニック

離婚しようと決めたら、色んな人の意見を聞いて参考にしましょう。

1人で考えていると、視野が狭くなったり間違った判断をしたりする心配があります。

他人に相談するメリットには、次のようなものがあります。

  • さまざまな視点からの意見が聞ける
  • 話しているうちに、自分の気持ちが整理できる
  • 意見を聞くことで自分の本当の気持ちが分かる
  • 思ってもいなかった解決法が見るかることがある
  • 単純に話すことで気持ちがスッキリする

色んな立場の人と直接会って、多様な意見を聞くことで、あなたの気持ちはどんどん晴れていくはずです。

ただし、誰にでも相談すればいいというものではありません。

間違った人に相談すると、離婚の危機にあることを周囲にバラされたり、面白がって回答されたりすることがあるので注意してください。

相談するのなら、信用できる人、尊敬できる人、理想的な生き方をしている人、憧れの人などを選ぶと、あなたのプラスになる意見が聞けるでしょう。

自分の気持ちをノートに書いて客観視する

パソコンとノート

自分の気持ちをノートに書いてアウトプットすると、気持ちが整理されていき、本当の気持ちに気付けるようになります。

ノートに書くことには、次のような項目がおすすめです。

  • 離婚をしたときのメリット・デメリット
  • 再構築したときのメリット・デメリット
  • 元夫への気持ちを思いつくままに書く
  • 離婚したらやってみたいこと
  • 結婚生活を続けた場合にやってみたいこと

これらの項目は、一般的な意見ではなく、あなた自身について書き出してください。

メリットやデメリットを考えていくと、どうしても答えが出てこない項目があるはずです。

例えば、再構築したときのメリットが全然浮かばないということは、再構築にそれほどメリットを感じていないことが分かります。

ただ頭で考えているより、こうして紙に書き出した方が、自分の気持ちが明確になり後悔のない決断ができるようになります。

郵便物が引越し先に届くよう転送手続きを行う

白いポスト

忘れがちな手続きですが、夫と暮らしていた家に郵便物が届かないよう「転送手続き」も忘れずに行いましょう。

郵便物が元の住所に届くと、夫と離婚した後もやり取りしなくてはいけなくなるので、精神衛生上、あまりよくない状況になります。

郵便局に行くと、簡単に手続きができるので、引越ししたら早めに済ませておくといいでしょう。

転送手続きは、スマホやパソコンでも簡単に行えます。

手続きに行く時間がなければ、下のURLから転居手続きを行ってください。

e転居;https://welcometown.post.japanpost.jp/etn/index_sp.html

離婚の準備は自分の心と相談しながら進めよう

目をつぶる女性

離婚をするとなると、多くの手続きや決め事を済ませなくてはいけないので、精神的にかなりツラくなります。

子供がいれば、そのツラさはさらに大きくなるので、何事も早めに済ませておくに越したことはありません。

ただし、不倫をされたというショックが大きく、精神的に不安定な状態で先のことを決めると、間違った判断をしてしまうことが多々あります。

そうならないためにも、焦らず離婚の準備を行い、しっかり考えた上で離婚に踏み切るようにしましょう。

とにかく冷静になることに集中し、感情で物事を決断しないよう注意してください。

離婚はいつでもできます。

十分納得し、十分準備をした上で離婚し、その後の手続きも自分の気持ちと向き合いながら、無理のない範囲で済ませていけば、必ず明るい未来が待っています。