スーツ姿の男性

毎日、長時間を同じ空間で過ごす職場は、恋愛感情が起きやすい環境です。

お互いの努力している姿も見れますし、協力して仕事をすることで仲間意識が高まり、それがいつしか恋愛感情に発展することも少なくありません。

そんな職場環境の中、失敗したらサポートしてくれる上司や、優しく仕事を教えてくれる上司を好きになることもあります。

上司が独身なら問題ありませんが、既婚者の場合は気持ちを伝えるべきか悩みますよね。

告白すれば会社に行きづらくなるかもしれませんし、たとえ上手く行っても上司と不倫関係になります。

本来なら、相手が既婚者なら、好きな気持ちは伝えないのはベストです。

しかし、どうしても気持ちが抑えられず、上司と深い関係になりたいと望んでしまう女性もいるでしょう。

そこで、上司に告白した後の予測や、上司と不倫関係になった場合のルールなどをまとめました。

あなたが、既婚の上司と一線を越えてもいいと思ったら、ぜひチェックして今後の恋愛に活かしてください。

上司に恋をしてしまい不倫に陥りやすい女性の特徴

入社・転職して間もない

仕事に行く女性

入社して間もない時期は仕事に慣れておらず、毎日緊張感を抱えて会社で過ごすことになります。

職場の人間関係も構築されていないので会社でも疎外感があり、心細くなることもあります。

そんなときに、優しく仕事を教えてくれる先輩や、サポートしてくれる頼れる上司などがいると、職場の仲間以上の感情が沸き上がることは、よくあることですよね。

ただ、社内恋愛の上、不倫となるとリスクも大きいので、大抵の場合諦める女性がほとんどです。

しかし、相手のことを本気で好きになってしまうと、諦められず告白して不倫がスタートすることもあります。

気が弱く流されやい

拗ねる女性

気が弱く流されやすい性格の女性は、職場の既婚男性に熱心に口説かれると、悪いこととは知りながら断れず、なし崩し的に不倫関係になってしまうことがあります。

もちろん、全く好意がなければ断りますが、少しでも良いと思っていた男性からの押しには弱く、口説かれているうちに女性側もどんどん相手に惹かれていきます。

また、不倫がスタートしても別れると言えず、ズルズル付き合ってしまうのも、このタイプの女性の特徴です。

悪い相手に当たってしまうと、男性に振り回されて別れるという、最悪の結果になることもあります。

恋愛経験が少ない

肘を抱く女性

恋愛経験が少ない女性は、男性から優しくサポートされることに慣れていないので、頼りがいのある上司に惚れやすい傾向にあります。

落ち込んでいたら優しく声をかけてくれる、困っていたら助けてくれる、こんな上司の行動に感謝や喜びを感じ、その感情がいずれ愛情に発展してしまい、既婚者でも好きになってしまいます。

恋愛経験が少ないので、一度好きなった気持ちを解消する方法も分からず、上司に気持ちを伝えて社内不倫に発展することも多いでしょう。

すぐ人に頼ってしまう

電話する女性

困ったことがあると、すぐ他人に頼ってしまう人は、他者に依存するクセがついています。

その性格は、職場の上司に対して発揮されることもあります。

仕事で困ったことがあると上司に頼り、頼られた上司も悪い気はしないので、世話を焼いているうちに不倫へと発展するという流れは、本当によくある話しです。

女性の中には、上司と男女の関係になっていた方が、仕事で得になることが多いからと、計算して不倫関係になる人もいます。

お酒や飲み会が好き

お酒を飲む女性

お酒が好きな女性も、社内恋愛になりやすい特徴と言えます。

不倫は、ハプニング的にスタートすることもあります。

お互いが好きになり、告白という形で不倫関係が成立することもありますが、お酒の勢いで不倫が始まることも、よくある話しです。

飲み会に出席する確率が高ければ、それだけハプニングが起きる確率も上がるので、つい既婚男性と良い雰囲気になって、そのままホテルに行ってしまうということが起きがちです。

一夜だけの過ちになることもありますが、お互いそれをきっかけに好意を抱くようになれば、そのまま不倫関係は継続します。

プライベートが充実していない

悩む女性

プライベートと不倫は関係ないと思うかもしれませんが、毎日に刺激がない人は、潜在的にスリルやドラマチックなことを求めてしまう傾向にあります。

会社以外では特に楽しいことがなく、人と会うことも少ない女性は、会社の人を好きになる率が高く、それと比例して職場不倫が始まりやすくなるのです。

潜在的にスリルを求めているので、不倫にもそれほど抵抗がなく、無邪気に相手の男性に近付いてしまいます。

通常、会社の人とは一線を引いて付き合うので、好きになることは滅多にありません。

特に、相手が既婚者なら、恋愛対象として見ることはないのですが、プライベートが充実していなければ、職場が日常の多くを占めるので、恋愛も刺激的なことも職場で済ませようとするのです。

仕事一筋で生きている

会社の前で立つキャリアウーマン

仕事一筋で、趣味やオシャレなどに興味がない女性も、職場不倫をしやすい女性の特徴です。

このタイプの女性は、ライフスタイルが職場中心で回っていくので、プライベートでの出会いが極端に少なくなります。

また、恋愛自体に興味がないことも多く、仕事と自宅の往復にそれほどストレスを感じません。

しかし、実際は自覚がなくても焦りや不安、恋愛への期待などは持っているものです。

多くのウエイトを占めている職場に素敵な男性ができて、相手も自分を好きになってくれれば、職場への想いが強い分、職場恋愛に発展しやすくなります。

逆に、本当に好きな仕事をしている場合は、リスクの大きな不倫には手を出さず、職場の人と恋愛を始めることはありません。

不倫自体が好き・恋愛体質

抱き合う恋人

不倫は、普通の恋愛にはないスリルや背徳感があり、とても刺激的な恋愛ができます。

不倫を一度経験すると、普通の恋愛では物足りなくなり、既婚者と付き合うこと自体にハマってしまう人も実在します。

このタイプの女性は、相手を変えながら不倫を繰り替えすことが多く、1人の男性と長く付き合うことはほとんどありません。

また、すぐに異性を好きになってしまう恋愛体質の女性も、長時間一緒に居る会社の上司を好きになることが多い傾向にあります。

2人で残業をしたことで親密な関係になったり、相談をしているうちに不倫に発展したりと、その場のフィーリングで好きになり、好意を持ったらすぐ不倫関係になるのも特徴的です。

このタイプは既婚者にも多く、職場でダブル不倫を始めてしまうこともあります。

八方美人で自己主張しない

抱き合う恋人

八方美人な女性はトラブルを嫌うので、上司から強く誘われると、断り切れずに関係を持ってしまうことがあります。

また、八方美人タイプの女性は、自己主張が下手なので、不倫のリスクを理解していても、つい雰囲気に流されてしまいます。

男性の中には、このタイプの女性を本能的に見抜く人が多く、既婚男性から狙われやすい性格でもあります。

このタイプの女性は、流されやすいことを自覚して、自分で注意・改善しなくては、何度も不倫を繰り返してしまうことになります。

家庭に不満を抱えている既婚女性

孤独な女性

家庭の不満のある既婚女性も、社内不倫に陥りやすい傾向にあります。

その理由は3つあります。

1つは、既婚女性は異性と出会う場所が職場に限られている点です。

主婦は、仕事帰りにフラッと遊びに行くことや、飲み会をすることはほとんどなく、すぐ帰宅して家事をしなくてはいけません。

このようなライフスタイルでは、異性と接するのは職場のみになります。

2つ目は、夫に不満を感じている人は、会社の上司はとても素敵な男性に見える点です。

男性は、家庭の顔と職場の顔を持っており、すべての男性が職場の顔の方がいいものです。

それが分かっていても、夫と比較して会社の男性が素敵に見えてしまうのです。

3つ目が、ストレスを抱えている女性は、潜在的にスリルを求めているという点です。

こうした心理が重なることで、家庭が上手く行っていない既婚女性は社内不倫になりやすくなります。

プライドと向上心が高い

凛とした女性

プライドと向上心が高い女性は、ステータスの高い上司を好む傾向にあるので、条件に合う男性がいれば、相手が既婚者でも関係なく恋愛関係になりやすい傾向にあります。

このタイプの女性は、仕事で尊敬している上司との恋愛は、自分の仕事にもいい影響を与えると考えています。

ステータスが高ければ高いほど魅力的に見え、付き合うことで自分のステージも
上がったような気分になるのが心地いいのです。

このタイプの女性は、普通の男性は声を掛けづらいほど魅力的な外見をしているのも特徴です。

気になる上司は既婚者だけど好意を伝えたらどうなるか予測

ピシャリと断られる

窓の外を見る男性

良識のある上司なら、部下から好意を伝えられても、ちゃんと断りその後も職場の仲間として円滑な関係を築こうとします。

告白後ですが、このケースでは大きく分けて2つのパターンに分かれます。

1つ目は、今まで通りの関係に戻り、仕事も今まで通りできるパターンです。

上司の家庭が円満で成熟した男性なら、このパターンになることは多いでしょう。

2つ目は、明らかに関係性が変わってしまうパターンです。

告白は断ったものの、上司があなたにどう接していいか分からなくなり、必要以上に避けるようになったり、スムーズなやり取りができなくなったりすることもあります。

今まで、モテた経験のない男性や気が小さい男性に多い対応です。

こうなると、自分が嫌われてしまったように感じるかもしれませんが、女性に好意を伝えられて嫌いになる男性はごくわずかです。

嫌われているのではなく、接し方が分からない、仲良くすると好きになりそうで怖いという心理がほとんどです。

一度断られた後に相手からアプローチ

デートする男女

上司に好意を伝えて、その場ではきっぱりと断られても、その後相手からアプローチされることも少なくありません。

人は、好意を持ってくれていると分かった相手が、自然と気になり始めます。

それまで、恋愛感情を持っていなかった相手でも、気になり始める徐々に好きになることもあるのです。

告白されてしばらく経った頃に、上司の方から「今日飲みに行かない?」と誘われることがあるかもしれません。

また、既婚者という立場なので、理性で感情を抑えられたとしても、ずっと好きでいて欲しいという心理から、接し方が他の人と変わってしまうこともあります。

上司とはいえ1人の男性なので、感情を抑えられなくなってしまうこともあります。

告白する場合は、不倫が始まってもいいという覚悟を持って行動に移さなくては、相手がその気になってしまってから「そんなつもりはありません」と言っても通用しなくなります。

すぐに不倫関係に突入

グッドサインをする男性

好意を伝えた上司もあなたが好きだった場合や、上司が不倫する気満々だった場合は、告白したらすぐに不倫関係になることもあります。

上記の感情がなくても、恥ずかしがりながら一生懸命告白してくれた部下の姿を愛おしく感じて、つい流れで不倫してしまう男性もいます。

好意を伝えたタイミングも重要で、その時たまたま夫婦関係が上手く行っていなかったり、結婚生活に疑問を持ち始めたりしていたら、不倫がスタートしやすくなります。

また、彼にお酒が入っていれば、尚更不倫の流れに持ち込みやすくなります。

どうしても彼と深い関係になりたければ、会社の飲み会の帰りなどに好意を伝えると成功しやすくなります。

ただし、不倫は大きなリスクを伴います。

それなりの覚悟を持って挑まなくては、痛い目を見ることもあります。

好奇心程度で手を出さないよう、しっかり考えてから行動にうつしましょう。

接し方が難しくなる

怪しい男性

既婚男性は、女性からの好意を理性で処理して、不倫を避けるのが普通です。

しかし、相手が自分を好きだと分かっているのに、何も手が出せないのは男性の本能としてはつらいものがあります。

上手く理性をコントロールできなかった男性は、告白された後からセクハラのようなことを始めてしまう人もいます。

女性側は真剣に気持ちを伝えているのに、からかわれるような態度を取られるのは心外ですし、どう接していいのかも分からなくなります。

具体的には、告白は断っているのにボディタッチが異様に多くなる、下ネタを振ってくる、2人のとき思わせぶりなことを言うなど、接し方が難しくなるケースに発展することもあります。

嫌われてしまう

こぶしを握る男性

家族を大切にしている男性にとって、家庭があるのに告白してくる女性に不信感を抱く人もいます。

好きな気持ちを伝えて楽になりたいという理由であっても、告白された側はどうすることもできないので、迷惑だと感じることもあります。

男性の中には、「不倫しましょう」と誘われているような気がして、嫌悪感さえ抱く人もいます。

そうなると、告白後は上司から嫌煙されてしまい、好意を伝える前より話しづらくなる可能性もあります。

好きになった上司が、家庭第一の場合は、好意を伝えるのは待った方がいいでしょう。

どうしても気持ちを抑えられなければ、彼との会話の中に「〇〇さんって本当に素敵ですね」「私も〇〇さんみたいな彼が欲しいです」といった、褒め言葉にして好意を伝えましょう。

褒められるだけなら、嫌な気持ちになる人はいませんし、褒められることで上司の方があなたに好意を持ってくれるようになる可能性もあります。

※期間限定

不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

社内不倫は御法度?それとも多い?気になる上司と社内不倫の暗黙のルール

第三者には絶対話してはいけない

秘密を持つ女性

社内不倫は当然御法度なので、絶対に周囲にバレるようなことをしてはいけません。

あなただけが嫌な思いをするだけでなく、好きな上司の株を下げてしまい、最悪の場合移動や降格になる危険もあります。

完全に秘密にする場合、絶対に第三者に不倫をしていることを話してはいけません。

不倫を完璧にこなしているカップルは、他人には一切口外しません。

どんなに信頼できる人でも、上司との関係は言わないでください。

どうしても誰かに話したい場合は、職場とは一切関係のない友達にするといいでしょう。

デートでは仕事の話しをしない

カフェにいる恋人

社内不倫をするなら、彼とデートしているときは会社の話はやめましょう。

公私をキッパリ分けることで、新鮮味のあるいい関係が築けます。

仕事と恋愛の区別ができていないと、逆に職場に恋愛を持ち込んでしまう危険もあります。

職場でイチャイチャしたり、アイコンタクトをしたりすると、すぐに周囲から怪しまれる関係になります。

上司との不倫が始まったら、会社で会う彼とは別人とおもうほど、公私を分けた方が不倫は上手くいきます。

会社では普段通りに過ごす

職場のミーティング

不倫が始まっても、上司とは今まで通り過ごすように心がけてください。

今まで仲が良ければ、無理にさけると怪しまれます。

逆に、今まで話す機会があまりなければ、そのスタンスを貫きましょう。

また、コソコソと職場の死角で会うようなことも厳禁です。

一度誰かに見られれば、噂が広まって不倫の継続が難しくなります。

職場に行ったら気持ちを切り替えて、今まで通りの上司と部下の関係を守って、周囲の人に気付かれないよう注意しましょう。

予定を合わせて行動しない

同じ日に有休を取ったり、帰宅時間がいつも同じだったりと、一緒に行動し始めると不倫はすぐバレてしまいます。

社内不倫をリスクなく続けたいなら、周囲に分かるように一緒に有休をとらないようにしてください。

また、帰宅時間も今まで通りにして、早く帰宅する方がどこかで待っておくようにするといいでしょう。

職場でのルーティンは、人によって決まっていることが多いので、それが2人揃って乱れるのは、不倫がバレる原因になります。

どんなに2人っきりになりたくても、一緒に行動するのは避けた方が、不倫は長く続けられます。

勤務時間内では絶対2人っきりにならない

会社のオフィス

勤務時間中に不倫行為をしていたことが分かると、バレたときのリスクがグンと上がります。

例えば、職場の死角で2人っきりで話したり、一緒に営業先を回る途中でホテルに行ったりといった行為は、バレたときが言い訳できません。

上司は会社からの信用を失いますし、あなたは好奇な目で見られるようになるでしょう。

そうなると、お互い職場にいられなくなる危険もあるので、我を忘れて危険な行為をしないよう注意してください。

欲求を抑えられず、その時の感情で行動すると、早めに不倫がバレることになり、二度と不倫相手と会えなくなる可能性もあります。

お互いが特別扱いしない

職場のミーティング

良くも悪くも、相手を特別扱いするようになると、すぐに周囲の人に怪しまれます。

付き合っている上司の意見ばかり聞く、彼の仕事ばかり優先する、といった行動は不倫を疑われるのでやめましょう。

また、彼の方もあなただけ優遇したり、逆にあなただけに厳しくなったりすると、職場の人は違和感をおぼえます。

2人の関係性も、今までと同じように保たなくてはいけません。

連絡手段に会社のものを使わない

パソコンをする女性

不倫相手との連絡に、会社のパソコンや携帯を使わないようにしましょう。

社内不倫では、つい会社で使い慣れたツールを使って連絡を取ってしまいがちです。

個人用を使うより、奥さんにバレないという意識も出てきます。

しかし、会社のパソコンや携帯は自分専用で使っていたとしても、結局は共用と同じです。

職場内の人間なら、誰でもアクセスできるので、どこから不倫がバレるか分かりません。

会社で問題になれば、奥さんにバレるのも覚悟しなくてはいけません。

証拠を残さない

携帯を見る男性

不倫の証拠と言えば、発着信履歴やLINEのやり取りですが、社内不倫ではメモや手紙などにも注意しましょう。

上司への連絡メモの片隅に意味深なことを書いたり、約束の時間を記載したりすると、それが証拠になって不倫がバレることがあります。

会社で処分したとしても、どんなきっかけでメモが出てくるか分かりません。

大前提として、証拠になるようなものは最初から作らないようにしましょう。

会社でのメモのやり取り、パソコンのメールなども、最初からしない方が安全です。

稀に、差し入れのコーヒーの缶や、菓子パンの袋などにメッセージを書く人がいますが、これも危険な行為なのでしない方がいいでしょう。

上司と部下の関係で社内不倫をしている男性心理

スリリングで職場が楽しくなる

ミーティング前のオフィス

職場に好きな人がいると、仕事に行くのが楽しくなるのは女性だけではありません。

男性も、今まで刺激の少ない職場という場所が、スリリングでときめく場所になるので、仕事に行くのが楽しくなります。

男性は、なかなか感情を表に出しませんが、仕事にハリが出るのは間違いありません。

彼女にカッコいいところを見せたくて、妙に張り切る人もいますし、今まで厳しかったのに表情が柔らかくなる人もいます。

仕事で評価されていいところを見せたい

ネクタイを締めるビジネスマン

不倫を始めたことで、仕事への向き合い方が変わり、急に会社から評価され始める男性もいます。

好きな人には、自分のカッコいいところを見せたくなるものです。

仕事に対して慣れがあった上司も、あなたに良い所を見せたくて、仕事への打ち込み方が変わるでしょう。

逆に、不倫をしていることで浮かれてしまい、仕事が手につかなくなる男性もいます。

男性の性格にもよりますが、共通して彼女に良い所を見せたいという心理は、多くの男性が持つ心理です。

彼が評価されたら、どんどん褒めてデキる男にしてあげましょう。

男としての自尊心が高められる

スーツを着る男性

既婚男性は、家庭では夫や父としてしか見られなくなるので、男としての自尊心を見失っている人も少なくありません。

奥さんからは、男らしさより家事や育児の手伝いを求められるようになりますし、オシャレをして出かけることも激減します。

そんな環境の中で、男の自分を必要としてくれる不倫相手の存在は貴重です。

彼女から甘えられたり求められたりすると、男の自信を取り戻せるので自尊心が高められます。

自分もまだまだ男としてイケてる、と思えるようになり、服や持ち物などに変化が出る男性もいます。

家庭を壊したくない

夕日を見る父と子

どんなに不倫相手が好きでも、多くの男性は家庭を壊してまで一緒になろうとは思っていません。

離婚するとなると、多くの犠牲を払うことになりますし、環境を変えるのは大きな精神力が必要になります。

職場でそれなりの立場に立っていると、世間体も気になるでしょう。

離婚が一般化してきた日本ですが、年配者の中にはまだまだ古い考え方をする人が残っています。

職場には「家庭を守れないような奴に大きな仕事は任せられない」という、凝り固まった考えの年配者もいるので、男性はそう簡単に離婚を決断できません。

このままの状況を続けたい

休憩するビジネスマン

一度不倫関係が落ち着くと、既婚男性には夢のような環境が整います。

家庭という安定した場所を持ちつつ、可愛い彼女と恋愛気分を味わえるのは、男にとって最高の環境です。

男性の本音としては、この状況がずっと続けばいいと思っています。

罪悪感はあっても、職場に彼女がいるという刺激には勝てません。

しかし、社内不倫という刺激は、離婚を行動に起こす原動力にまではなりません。

ズルいようですが、できれば不倫が奥さんにバレず、不倫相手との楽しい時間がずっと続けばいいというのが、男性の正直な気持ちです。

ストレスから逃げたい

顔を覆う男性

家庭や職場でストレスを抱えている男性にとって、不倫相手と会う時間は最高の現実逃避になります。

また、不倫で感じる高揚感は、うつ病の治療薬と似た効果があるという人もいます。

それほど、不倫は人の鬱々として気分を和らげる効果があります。

すべてのことを忘れて、可愛い彼女と独身の頃のようにドキドキする時間は、確かにストレスを忘れさせてくれますよね。

このように、不倫を楽しみたいという心理の他にも、ストレスから逃げたいという心理で不倫を続けてしまう人もいます。

あの頃に戻ったようで嬉しい

愛し合う恋人

一度家庭を持った既婚男性は、もう何年も恋愛感情を味わっていないことがほとんどです。

好きな人に会えるワクワク感、触れ合うときのドキドキ感、これからどうなるのかという期待など、若いころに感じていた感覚が、不倫をきっかけに蘇ってきます。

そんな感情は、青春を謳歌していたあの頃に戻ったようで、既婚男性にとっては嬉しいものです。

若さを取り戻したような気分になり、活力がみなぎる感覚に陥る男性も多いでしょう。

既婚男性は、独身の男性よりロマンチストで、恋愛を純粋に楽しみたいという心理もあります。

もちろん、体だけの割り切った関係を望む人もいますが、中にはプラトニックな付き合いでも満足できるという男性もいます。

上司と社内不倫をしていてバレるきっかけ

周囲も気付くアイコンタクト

仕事をする女性

社内不倫がバレる多くの理由が、不自然なアイコンタクトです。

アイコンタクトは、こっそりやっているつもりでも、周囲の人にはバッチリ見られていることが多く、不自然な雰囲気からすぐに不倫を疑われてしまいます。

仕事中だけでなく、職場ですれ違うとき、帰宅するときなど、必ず不倫相手をチラッと見てアイコンタクトしている様は、周囲から見るととても不自然です。

また、不倫関係にある2人のアイコンタクトは、職場の仲間のそれと全く違う雰囲気を醸してしまうので、バレたくなければアイコンタクトはしないよう注意しましょう。

不自然なよそよそしさ

オフィスで仕事をする男性

不倫関係を気付かれないよう、会社でわざと話さないようにしたり、他の人を挟んで会話をしたりするのは、逆に不倫がバレるきっかけになります。

職場では、お互い不倫相手であることを忘れて、上司と部下という関係を崩さないようにしなくてはいけません。

今まで仲が良ければ、そのスタンスは崩さない方がいいですし、これまでランチなどに一緒に行っていたのなら、今まで通りの行動を取りましょう。

職場の人たちは、毎日長い時間一緒に居る人たちです。

少し行動に変化があるだけでも違和感を覚えて、それが徐々に不倫疑惑につながっていきます。

一度疑惑を持たれると、払しょくするのはかなり難しいので、怪しまれないよう慎重に行動してください。

微妙にズラした出勤・退勤時間

机の上の腕時計

不倫が始まったら、出退勤時間にも気を付けましょう。

今まで不倫相手と同じくらいの時間に会社を出入りしていれば、そのままの時間をキープしましょう。

しかし、今までは全く違う時間に出入りしているのであれば、一緒に行動するのはやめておいた方が安心です。

デートの日は、つい2人で時間を合わせて退勤してしまうものです。

わざとらしく、10分ほど時間をずらして退勤するカップルもいるでしょう。

このような行動がたまにならいいのですが、これが週に何日も続くと「あの2人、最近よく一緒に帰ってるよね」と噂になります。

何度も言いますが、不倫が始まっても今までのルーティンを崩してはいけません。

出退勤も、今まで通りにしてデートの日はどちらかが待つようにしましょう。

有給休暇を同じ日に取得する

予定を書き込むカレンダー

有休を合わせて取るのも、不倫を疑われるきっかけになります。

年に1度くらいなら、たまたま休日が被ったと思われますが、何度も同じ日に有休をとっていると、確実に不倫を疑われます。

有休の理由も、お互いが曖昧な理由だったり、不自然な日に有休を取っていたりするのも、怪しまれるきっかけになるので気を付けましょう。

飲み会での座る位置

仲間との乾杯

会社の飲み会での席の位置でも、不倫がバレることがあります。

付き合っている男女は、無意識に近くに座ろうとしてしまい、その行動も自然なので、逆に周囲からは不自然に見えます。

隣に座ってしまうのもNGですが、お酒が入ると油断して恋人の雰囲気を出してしまうことがあります。

お酒が進むにつれてボディタッチが増えたり、妙に距離が近くなったり、2人だけで楽しそうに会話したりと、周囲が怪しむ行動を取ってしまいがちなのです。

また、飲み会後に2人で帰るのも厳禁です。

お酒の席は、特に注意しておかなくては、翌日から噂の的になってしまいます。

ケンカをしているときの雰囲気

オフィスの前に立つ女性

男女が付き合っていれば、ケンカになることもあります。

特に、男性が既婚者の場合、女性がストレスを抱えることが多くなるので、たまに感情が爆発してしまうこともあります。

そんな2人のケンカが、不倫のバレるきっかけになることもあります。

本来、会社の上司と部下がケンカをすることはありません。

上司から叱られることはあっても、部下である女性が怒っているのは不自然です。

上司が部下の顔色を見ながら話しかけているのに、部下である女性が無視するという、職場ではありえないことをやってしまうと、周囲に不倫関係がバレてしまいます。

社内不倫を上手く続けるには、感情を抑えることも必要です。

どんなにケンカをしていても、会社では普通に振舞える余裕を持たなくては、早い段階でバレて痛い目にあう危険があります。

会社の近くでのデート

車を運転する男性

不倫は、休日のデートが難しいので、2人で会うとなると平日の夜が多くなります。

仕事が終わってから会うとなると、あまり時間がなく職場の近くでデートを済ませてしまうカップルもいますが、これはとても危険な行為です。

職場の近くは、自宅とは遠いということで安心感があるかもしれません。

しかし、職場の人に2人でいるのを見られたら、職場で噂になりいずれ家庭に不倫の話しが伝わることになります。

どんなに時間がなくても、職場の人と会わない場所まで出かけてデートするようにしましょう。

また、デート中は手をつないだり、腕を組んだりするのはタブーです。

2人っきりになれるまでは、上司と部下というスタンスを保つようにすると、誰かに見られたとき言い訳できます。

話した後の表情

メガネを外す女性

不倫が始まってすぐは、上司との会話の後の表情でも不倫を疑われることがあります。

上司と仕事の話をした後、嬉しそうにニコッとしただけでも、他の人とは違う雰囲気が漏れてしまいます。

上司も、あなたを見る目が優しかったり、会話の後に後ろ姿をずっと眺めていたりすると、好意があるのが周囲にバレバレです。

「そこまで気を付けなくちゃいけないの?」と思うかもしれませんが、社内不倫は絶対にバレてはいけません。

通常の不倫では、奥さんにバレれば慰謝料を請求されることがあります。

それに加えて、社内不倫がバレると、あなたも彼も職を失う危険もあるので、リスクが格段とアップしてしまうのです。

上司と不倫を楽しみたいなら、慎重になりすぎるくらいで丁度いいとおもってください。

リンクしたものを持っている

指をつなぐ恋人

お揃いのものを持ち始めるのも、社内不倫では危険な行為です。

お揃いのキーホルダーやペン、リンクしている服やアクセサリーなどは、職場が同じ2人が持っているのは、周囲に「不倫をしています」と言っているようなものです。

付き合い始めると、お揃いのモノを持ちたくなる気持ちは分かります。

もし、お揃いのモノが欲しければ、職場には絶対持って行ってはいけません。

人は無関心のようで、案外人の持ち物が目に付き覚えているものです。

上司と不倫関係になるならルールを守って楽しもう

夕日と恋人

既婚者と分かっていながら上司への気持ちが抑えきれず、どうしても付き合いたいと思うなら、リスクを最小限にするためにもルールを守って付き合いましょう。

それがバレないコツになるので、長くお付き合いを継続できます。

社内不倫は、バレるとかなりつらい目にあいます。

あなただけでなく、大好きな上司の方が多くペナルティを受けることになるので、精神面でも大きな傷を負うことになるでしょう。

人を好きになる気持ちは、上手くコントロールできなくなることもあります。

抑えられない気持ちをお互いが持っているなら、事前に2人でしっかりルールを決めて、会社では上司と部下のスタンスをキープして楽しんでください。