キスをする恋人

不倫恋愛でのセックスは、麻薬のような中毒性があります。

妻以外の女性とのセックスが新鮮という単純な理由ではなく、してはいけないという背徳感や、責任のない相手との危険なセックスができることなど、抜け出せなくなるほどハマってしまうのには、いくつもの理由があります。

女性も、普段なら断ってしまうような危ない行為でも、奥さんへの競争心から受け入れてしまうことも多く、一度経験してしまうと忘れられなくなるような快感を得られます。

そんな不倫恋愛のセックスについてフカボリしてみましょう。

普通の恋愛ではしないようなスリル満点のセックススポットや、男性が我慢できなくなってしまう不倫相手の仕草などを見て、いつまでも刺激が保てる関係の参考にしてください。

長時間一緒にいられない不倫カップルのために、短時間でも絶頂を得られる体位なども紹介しているので、どんどん取り入れて今以上にドキドキできるセックスを楽しみましょう。

ただし、不倫という関係上、注意しなくてはいけないことも多いので、その点もしっかりまとめています。

興奮マックスになれる不倫相手との関係を長く続けられるよう、注意点もしっかり抑えておいてくださいね。

不倫恋愛でしか考えられない!不倫カップルあるあるなつい盛り上がるセックス場所

人通りのない場所に駐車した車の中

車でキスをするカップル

不倫恋愛では、カーセックスが定番です。

ドライブで遠くまで出かけた時や待ち合わせをしている大型ショッピングモールの駐車場など、不倫カップルは色んなところでセックスを楽しんでいます。

不倫デートでは、既婚者がパートナーに怪しまれない時間に帰宅しないといけないので、食事をしてホテルに行ってという段階を踏む時間がないことがほとんどです。

カップル次第では、面倒な時間は省いてセックスだけ楽しめれないいと思っている人たちもいます。

そんなドライな関係のカップルは、スリルのあるカーセックスを好む傾向にあります。

また、既婚者は自由に使えるお金が少ない人も多いので、お金のかからないカーセックスが主流になってしまうという理由もあります。

狭い空間で不倫相手と密着してのセックスは、ベッドでまったりとするセックスとは違った刺激が味わえるので、不倫恋愛では常に人気のスポットです。

深夜誰もいなくなった公園

夜の公園

深夜の公園は、人がいなくなるとカップルのイチャイチャスポットになります。

公園は不倫カップルにも人気のスポットなので、セックスまでは至らなくても彼とイチャイチャした経験がある人は多いはずです。

昼間は明るく開放的な公園は、夜になると一気にロマンチックな雰囲気になります。

場所によっては怖いと感じる所もありますが、熱くなっている不倫カップルには、そんな雰囲気すら気持ちを盛り上げるスパイスになります。

公園ではベンチだけでなく遊具やトイレなど、人目を盗んでセックスをする場所がたくさんあります。

注意点としては、衛生面が心配なので無理をしないことと、パートナーが興信所などに調査を依頼していると証拠を取られやすいことです。

必ず、人に見つからない場所を選んで不倫のスリルを味わってください。

会社の死角や人がめったにこない部屋

会社の会議室

社内不倫をしているカップルは、会社で使われていない部屋やトイレ、死角になるような場所でスリル満点のセックスを楽しんでいます。

会社でセックスをした数分後には、何もなかったように他の社員と同じように接しているという状況は、セックス後の背徳感と2人だけの秘密を共有している興奮で病みつきになるようです。

また、残業で他の社員が帰ってしまった後のオフィスでのセックスは、また違った興奮を味わうことができます。

今までは何の楽しみもなかった会社が、急に刺激的な空間に変わるので、毎日仕事に来るのが楽しくなるでしょう。

ただし、会社でのセックスはバレた時のペナルティが重いので、十分注意して行為に及ばなくては、すべてを失ってしまうリスクがあります。

刺激を求める一方では、冷静な気持ちを持って行動してください。

食事や飲みに行ったお店のトイレ

公衆トイレ

食事をしている姿やお酒に酔っている不倫相手の表情は、セックスが我慢できなくなるほどセクシーに見えることがあります。

お互いお酒が入ると、開放的な気持ちになることもあります。

その場で我慢できなくなると、こっそり2人でトイレに入ってセックスに至ってしまうカップルは少なくありません。

他の人に聞こえないように声を殺して狭い空間で愛し合うのは、とてもスリル満点で興奮できます。

トイレは苦手という人は多いのですが、そんな理性も吹っ飛んでしまうのが不倫です。

普段なら絶対にしないような行為でも、不倫相手とはなぜかできてしまうので不思議です。

ドライブで行った海や夜景スポット

夕暮れの砂浜

ドライブで遠方に行ったら、そこで盛り上がってセックスを始めてしまう不倫カップルは多いものです。

特にロマンチックで刺激的なセックスができるスポットは、誰もいなくなった海や夜景スポットです。

最高のロケーションと誰かに見られるかもしれないというスリルで気分がアガって、刺激的なセックスができます。

海では、波の音を聞きながら野外セックスをするのもいいですし、車の中で海を見ながら2人だけの空間で愛し合うのもいいでしょう。

一度セックスをした場所は、その後も2人の思い出の場所になります。

未来のない刹那的な関係だからこそ、こうした思い出を増やして「今」を楽しむことに集中すると不倫でツラい思いをすることが少なくなります。

他にも、無人になった港、見晴らしの良い山などもセックスをするには最適です。

マンションの共用部分

屋上に座るカップル

同じマンションでダブル不倫をしているカップルは、会う時間が限られているのでマンションの共用部分でこっそりセックスをすることがあります。

同じ建物に家庭があるという背徳感があると、理性を無くしてしまうほど夢中になれるセックスができるでしょう。

マンションの階段、屋上テラス、電気室などは深夜になると人の出入りがなくなるので、意外と見つかりにくい場所です。

「ちょっとコンビニに行ってくる」「夜のうちにゴミ捨てしてくる」などと口実を作って落ち合い、短時間で濃密な時間を2人で過ごして、それぞれの家に帰るというシチュエーションは、やめられなくなるほどの快感を得られるでしょう。

この場合も、家族が住んでいる場所ということで、かなり慎重に場所を選ばなくては、すぐにパートナーや周囲の人にバレて修羅場になります。

どんなに会う時間が欲しくても、場所と時間選びは間違わないように注意しましょう。

学校や人のいないグラウンド

夕方の運動場

学校やグラウンドも、夜は誰もいないセックススポットになることがあります。

近年ではセキュリティが厳重になっているので、場所選びを間違うと大変なことになりますが、出入りが自由な施設も多いので穴場がきっと見つかります。

不倫をしている学校関係者の中には、プールの更衣室や体育館の裏などでセックスをしている人もいるので、死角になるような場所があれば遊びに行ってみるのもいいでしょう。

この場合、もしものことを考えて自分たちの子供が関係している施設は避けるようにしてください。

また、人はいなくても防犯カメラが設置してある施設も増えているので、その点も注意してください。

生活圏外にある貸切風呂

ジャグジーのお風呂

ラブホテルを利用するより貸切風呂を選ぶ方が、不倫がバレにくいのでおすすめです。

生活圏外にあって知り合いがいないような場所を選ぶと、より安全に不倫相手と濃厚な時間を過ごせます。

さらに現地集合、現地解散にして入る時間にも差をつけておけば、誰かに見られても不倫を疑われることはないでしょう。

もし誰かに出入りしている所を見られても「私、大浴場が苦手だから、貸切風呂に1人で入ってリフレッシュすることがあるんだ」と言えば、それ程違和感がありません。

温泉という風情あるシチュエーションでセックスをすると、普段では味わえないような興奮を味わうことができますし、終わったら2人でまったり温泉を楽しめるのも嬉しいポイントです。

また、ラブホテルより安価で2人だけの空間ができるのも、貸切温泉の魅力です。

疲れている時や、少し時間があるデートがデキるときは、少し足を伸ばして温泉でまったりとセックスを楽しむのもおすすめです。

夜の観光地

夜の公園

観光地は、昼間は人が多くて賑やかですが夜になると誰もいない静かなセックススポットになります。

観光地の近くは民家が少ない所が多いので、夜は人通りもなくなりガランとした空間になります。

特に安全なのは、夜になると街灯もなくなるような田舎の観光地です。

昼間しか来たことがなければ夜の静かさは想像できませんが、実は他のどんな場所より安全に野外セックスができる場所になるのです。

ここでも、防犯カメラには気を付けてベストな場所を探してみましょう。

誰もいない屋外でのセックスは開放的なのに、誰かに見られるかもしれないというスリルが興奮材料になります。

思わずゴクリと唾を飲む誘惑はこれ!既婚男性が思わず理性を壊されてしまう不倫相手の女性のエロい仕草

太ももの内側に手を置かれる

座っている男性

性器に近い場所にボディタッチをするのは、男性をその気にさせるワザのひとつです。

彼の隣に座っている不倫相手から、そっと自分の太ももの内側を触られると、ドキドキして理性を失ってしまうことでしょう。

ホテルに行く前の食事の時や会社の飲み会などで、こっそり際どい場所にボディタッチをすれば男性の気持ちをアゲられるので、その後濃厚なセックスが期待できます。

他にも、胸や首筋などを会話の中で触れるようにすると、セックスを想像させることができるので、男性を我慢できない状態にさせられます。

周囲の人に見えないようにボディタッチ

テーブルの下の男女

周りの人に隠れてボディタッチするのも、男性をドキドキさせる仕草です。

飲み会の時に、背中や腰を触ったりテーブルの下で手を握ったりすると、周囲の人に見られるのではないかという緊張感と、性的な興奮が入り交じって男性の理性を吹き飛ばすことができます。

男性によっては、際どい行為を嫌う人もいるので彼の性格も考慮してください。

飲み会の場では危険だと思ったら、彼がトイレに立った時に時間をズラしてトイレに行き、彼とすれ違う時に軽くボディタッチするのもおすすめです。

いい香りは脳を刺激する

香水をつける女性

男性の理性がグラつくもののひとつに「女性の匂い」があります。

匂いは、ダイレクトに人の脳を刺激するので、女性的でいい香りは男性の脳を刺激して理性を失わせます。

常に同じ香水やシャンプーを使うようにすると、セックスの時にもその匂いを嗅ぐことになるので、普段会っている時も、彼にあなたとのセックスを匂いで想像させられるようになります。

男性に人気が高いのは、女性が動いた時や触れた時にフワッと香る石鹸やシャンプーのような匂いです。

ふんわりと優しい香りのフローラル系が好きな男性も多いようです。

注意したいのは、匂いがキツくなりすぎないことです。

キツ過ぎる香水の匂いが男性に不評ですし、奥さんに不倫がバレるきっかけにもなります。

あくまでもほんのり香る程度に抑えて、既婚男性が我慢できなくなるようなセクシーな女性を目指しましょう。

眠そうな表情や仕草

寝起きの女性

女性の眠そうな表情や仕草は、男性から見るとエロく見えるので、既婚男性の理性を失わせるのにも有効です。

トロンとした瞳やリラックスしたような表情は、セックスの後の表情に近いので、男性は無意識にセックスを連想してしまいます。

女性が眠そうに目をこする仕草に弱い男性も多いので、今日は一緒に居たいと思った日は、このテクニックを使ってみましょう。

ただし、彼と一緒にいるのに本当に眠そうな表情をしていると、早く帰りたいと誤解されることがあるので注意してください。

目をジッと見つめられる

見つめる女性

男性が話している時に、目をジッと見つめるのもモテ仕草のひとつです。

男性は女性に見つめられると、自分の話しを夢中で聞いてくれているという満足感も得られますし、女性の一途な感じも受け取れるので男としての自信にも繋がります。

また、単純に真っ直ぐな瞳で見つめてくる女性は可愛いと感じやすいので「可愛い=抱きたい」という気持ちにさせることもできます。

男性の中には、見つめられすぎると居心地が悪くなる人や恥ずかしくなる人もいるので、彼が戸惑うほど見つめるのはやめましょう。

彼が話している時は楽しそうに目を見つめて、たまに他の場所に視線を移してあげると男性は安心します。

視線を絡ませてエッチな気分にさせられれば、彼は一刻も早くあなたと2人きりになりたいと思ってくれるでしょう。

落ちた物をとる時の前屈みになる仕草

セクシーな女性

女性が前屈みになる仕草は、男性の中でも「エロい」と人気の高い仕草です。

前屈みになるとお尻を付き出すような姿勢になるので、男性はダイレクトにセックスの時のバックを想像してドキドキしてくれます。

男性が前に居るときは、女性が前屈みになると胸の谷間がチラッと見えることもあるので、男性がどこのポジションにいてもポイントの高い仕草です。

落ちた物を取るというシチュエーションは少ないと思うので、車から荷物を取り出す時や、職場でデスクに置いてあるものを見るときなど、少し意識してお尻を付き出すようにすると彼を喜ばせることができます。

やりすぎは逆効果になるので、あくまでも自然な範囲を超えないように注意してください。

不倫相手は何をしていてもエロい

女性の唇

男性の本音では、不倫相手は何をしてもエロいという人はたくさんいます。

不倫相手という存在自体がセクシーの象徴のようになっていると、女性が笑顔になっても怒っても、足を組み替えるだけでもエロく見えてしまうのです。

他にも、不倫相手の口元がエロいという声も多いので、彼に会うときはリップを強調するメイクをするのもおすすめです。

不倫相手なら細くて華奢な手を見てるだけで勃起するという男性や、髪をかき上げるだけでエッチしたくなるという男性もいるので、日頃から女性らしい仕草を心がけていれば、それだけで彼の理性をグラつかせることができるでしょう。

他の不倫している人にもオススメしたい!時短で男女とも快感を得ることが出来る体位

顔を見ながらお互い気持ち良くなれる「騎乗位」

セックスをするカップル

騎乗位は、男性に特に人気の高い体位です。

その理由には「彼女の顔や体が良く見える」「腰を動かしている姿がエロい」「楽に気持ちよくなれる」などがあります。

女性は、恥ずかしいという気持ちがあると騎乗位では快楽を得にくいでしょう。

不倫関係では恥ずかしさを忘れて、自分で気持ちいい場所や角度を探してみましょう。

短時間でも、お互いが気持ち良くなれるはずです。

彼に喜んでもらうために、膝をついたままの騎乗位ではなく、膝を立ててみたり体を逸らしてみたりすると、よりお互い興奮できます。

積極的に尽くしてくれるあなたの姿を見て、男性はもっと愛してあげたいと思ってくれるでしょう。

どんな場所でもできるのが魅力の「立ちバック」

愛し合うカップル

立ちバックは、時間やセックスの場所は限られている不倫カップルには最高の体位です。

野外やトイレなどでも立ちバックなら挿入が可能ですし、男性にとってバックは支配欲を満たせる体位です。

また、男性は女性の胸やクリトリスを後ろから刺激できるので、女性も短時間で気持ちよくなれる体位でもあります。

男性を興奮させるには、振り返るようにして表情を見せたり、背中を逸らして角度を変えたりするといいでしょう。

バックだからと受け身にならずに、お互いが気持ち良くなれる工夫を怠らないようにしてください。

狭い空間でも密着して快感を得られる「座位」

セックスをする男女

カーセックスなどの、狭い空間でもセックスを楽しめるのは座位です。

男性は座った状態で、女性が上に乗るという騎乗位に似た体位ですが、密着度が高いのでお互いの声や息遣いが聞きやすく興奮できるのが人気です。

カーセックスをするなら顔を見合わせた状態の対面座位でも、バックを座った状態で行うような背面座位でも満足のいくセックスができます。

対面座位では、相手の表情が見やすく体が正面で密着するのがいいですし、女性にとっては挿入しているだけでクリトリスやGスポットを刺激しやすい体位なので、イキやすい体位でもあります。

背面座位なら、男性が後ろから女性の他の部分を刺激できる点も魅力です。

AV男優が命名した「ロールスロイス体位」

セクシーな女性

ロールスロイスは、挿入した時の女性の姿が車のロールスロイスのエンブレムに似ていることから命名されています。

2人が膝をついた状態でのバックに似ていますが、男性が後ろから女性の肩を掴むことで体が固定される、通常のバックより密着度の高い体位になっています。

男性は腰を動かすと言うよりは、女性の反動でリズミカルにピストン運動をするような状態になるので、疲労感が少ない状態で快楽を得られます。

また、後で肩を掴んでいる状態は、支配欲が満たされるのでS気質の男性にはたまらない体位でしょう。

それほど難しい体位ではありませんが、コツをつかむまで少し時間がかかるので、不倫相手と楽しみながらテクニックを磨いてみてください。

正統派だけど奥が深い「正常位」

セクシーな女性

正統派の正常位ですが、工夫次第でお互いが気持ち良くなれる最高の体位です。

男性の態勢次第で包まれているような体位にもなれば、征服されているような気持ちにもなれるので、女性は特に好きな人が多いでしょう。

通常の正常位でもいいのですが、枕を女性の腰やお尻の下に敷いて、当たる位置を変えるだけで気持ち良さに変化が出せます。

2人にピッタリの角度を探して、短時間でも絶頂にいけるポイントを見つけてみましょう。

密着感が堪らない「寝バック」

セクシーな女性

寝バックは、女性がうつぶせに寝た状態で、男性が上に乗りバックをするような体位のことを言います。

寝バックでは、男性が女性を包むような態勢になるので、女性は愛されているような感覚を得られますし、男性は女性の足が閉じている状態で挿入するので、膣が締まり男性の気持ち良さが増します。

とはいえ、刺激的な体位というよりは、セックスにメリハリをつけるための「静」の役割をするような体位なので、甘い言葉をささやきながら楽しみ、次の体位に移るという感じがベストでしょう。

ラブグッズを使うのも不倫特有のセックス

大人のおもちゃ

体位ではありませんが、パートナーには使わないのに、不倫相手とのセックスにはラブグッズを使うというカップルは非常に多いようです。

こうした傾向を見ると、不倫相手とのセックスはどれだけ楽しめるか、どれだけ気持ち良くなれるかを重視しているのが分かります。

不倫相手にローターをプレゼントする既婚男性もいますし、不倫をして初めてローションやバイブなどを使ったという男女はたくさんいます。

不倫カップルは、スリルのあるセックスに慣れてくると、より強い刺激を求めるようになるのでラブグッズを使うようになるのでしょう。

また、パートナーにラブグッズを使いたいと言って引かれたり断られたりするのはショックですが、今を楽しむ関係の不倫相手なら大胆なことでも提案できます。

短時間しか会えない不倫では、多くのカップルが体位やグッズを工夫して濃密なセックスを楽しんでいます。

既婚男性が不倫相手とのセックスにハマる原因!既婚男性と妻の関係性がわかる日常

妻の見た目が変わりすぎてセックスをする気になれない

太りすぎた女性

男性が妻に色気を感じなくなると、セックスが楽しくなくなってしまうので、不倫に手を出してしまい刺激的なセックスにハマっていきます。

既婚男性が、妻とのセックスに興味を失う理由でもっとも多いのが、妻の体型の変化です。

子供が生まれるとボディラインも崩れやすくなりますし、年齢からくる代謝の悪さで太る人も多いでしょう。

結婚した女性は、よほど気を付けていないと胸は垂れ、お腹は出てセクシーさのない体型になってしまいます。

そんな妻との結婚生活は、男性を不倫に走らせやすくします。

妻とのセックスに満足できていない既婚男性は、独身時代のような不倫相手との情熱的なセックスにハマってしまい、なかなか抜け出せなくなってしまいます。

ボディタッチがなくなりお互い異性として見れない

風を受ける女性

夫婦間でボディタッチがなくなってしまうと、夫婦は男女ではなくただの家族になってしまいます。

本当の家族ほど夫婦の絆ができていればまだいいのですが、会話もなく同居人のような関係になっていると、家に居る時間が苦痛になってしまいます。

男として尊敬されず、ただ毎月給料だけを持って帰るような存在が嫌になった男性は、妻以外の女性に癒しの場所や刺激を求めるようになります。

相手が見つかって不倫が始まると、肌が触れ合う気持ち良さや男として求められる満足感から不倫にハマります。

不倫相手は、1秒でも長く抱き合っていたいと懇願するのに、自宅に帰ると寒々しい関係の妻が待っているという状況では、益々妻への気持ちが冷めていきます。

男性は、そんな冷めた夫婦関係の空しさを埋めるように、不倫相手とのセックスにハマっていくのです。

セックスレスで片方がストレスを抱えている

悩む男性

セックスレスで感じるストレスは、経験のない人が考える以上に深刻です。

「結婚したのだから性欲くらい我慢すればいい」と言う人もいますが、結婚した人にセックスを拒否されるのは、自分の人格すべてを否定されているように感じますし、もう男や女として終わったと言われているような絶望を感じるものです。

男性は、何度誘ってもセックスを拒否する妻にプライドが傷つけられ、男としての自信を失っていきます。

単に性欲が溜まるというだけでなく、男としての自尊心を失ってしまった男性は、不倫を始めて女性に求められるようになることで、徐々に自信を取り戻していきます。

不倫で、自分のセックスや存在が否定されたのではないということが分かり、もっと不倫相手をセックスで満足させたいと思うようになり、どんどん不倫相手とのセックスに快感を求めるようになっていき、抜け出せない程ハマってしまうのです。

妻が家事を放棄していて夫の負担が大きい

だらしない女性

仕事で疲れて帰宅したら、部屋は散らかり食事も用意されていないという状況でも、男性のプライドは傷つきます。

自分との家庭のことを放棄し、身の回りのことをしてもらえないというのは、男性にとって自分を軽視されていることと同じです。

分かりやすく言えば「妻に舐められている」という感情になるのです。

相手を怒らせないように家事をして欲しいことを伝えても、指摘したことの何倍もの不満が返ってくると、いずれ指摘することも面倒になります。

このような状態で男性が家事をしていると、肉体的な疲れ以上に精神的な疲労が大きくなります。

「俺は何をしているんだろう」「このまま俺は年をとっていくのか」というやりきれない気持ちは、不倫を始めるのには十分な動機になります。

妻に大切にされず舐められていると感じている既婚男性は、不倫が始まると家庭で感じている不満を不倫相手とのセックスで解消しようとします。

限られた時間に集中し、お互いが愛情を確かめ合うようなセックスに、男性は麻薬のようにハマっていき抜け出せなくなっていきます。

夫が自分の言いたいことを言えない関係になっている

孤独な男性

夫が妻に言いたいことを言えない関係になっていると、セックスでもしたい体位や興味のある行為を妻に伝えられず、満足感の得られないセックスをしている可能性が高いでしょう。

本当は、もっと刺激的な行為に挑戦したい、セックスに楽しさをプラスしたいと思っていても、妻にはどうしても言えず型にはまったセックスを繰り返してしまいます。

そんな男性が不倫を始めると、不倫相手で自分の性的嗜好を満足させようとします。

相手がそれを受け入れてくれると、どんどんセックス自体が楽しくなっていき、やめられない程ハマってしまうのです。

この性的嗜好が過激であればあるほど、不倫相手とのセックスはやめられなくなります。

セックスが子供を作る作業になっている

ベッドに横たわる女性

夫婦のセックスは、お互いが意識していなければ、いつの間にか子供を作る作業のようになってしまいます。

パートナーへの愛情が高まり、性欲が沸きあがって我慢できずに至るセックスとは違い、義務のように始まり淡々と終わっていくセックスは、一時の性欲は満足しますが空しさが残るものです。

特に深刻なのは不妊治療をしている夫婦です。

不妊で悩んでいる夫婦は、どうしてもセックスが義務的になってしまうので、刺激や快楽が抜け落ちてしまうものです。

このように義務的なセックスをしている既婚男性は、不倫相手ができて今を楽しむだけのセックスをするようになると、あっという間にハマってしまいます。

不倫相手とのセックスには何の義務もなく、むしろ背徳感のある刺激的なものです。

やってはいけないという背景が、よりセックスを情熱的にしますし、新しい相手と快楽だけを考えて行うセックスは、妻とのセックスでは得られない刺激があります。

不倫セックスは気をつけなければいけないことがいっぱい!不倫がバレないためのセックスマナーや気をつけること

既婚男性は服を着たままのセックスに要注意

愛し合うカップル

不倫相手とのセックスは、時間がなかったり我慢できなかったりして服を着たまま始まることがありますが、男性が服を着たままセックスするのは危険です。

服に女性の匂いや精液が付くと、奥さんに不倫がバレるリスクがあるからです。

シャツに付くほのかな香水の匂いや、ファンデーションや口紅などの化粧品が付いていれば、すぐに奥さんから不倫を疑われます。

スーツなどの黒い生地の服は、精液がつくと目立つので、勘の良い奥さんならすぐに他の女性の存在を把握できるでしょう。

服を着たまま、我慢できずに始まるセックスは刺激的ですが、できるだけ服に不倫の証拠が残らないよう注意してください。

女性は、彼の服にメイクや髪の毛がつかないような配慮をして、長くセックスが楽しめる関係を維持しましょう。

ラブホテルは生活圏外を選び知人に見られないようにする

モノクロのベッド

不倫では、ラブホテルの使い方にも暗黙のマナーがあります。

ホテルは必ず家族や知人の生活圏外を選んで、既婚者の車でホテルに行かないよう工夫しましょう。

どうしても移動手段がなければ、ラブホテルに駐車せず近くのコインパーキングを選ぶと安心です。

また、不倫相手と手をつないだり腕を組んだりしてホテルに入るのもNGです。

できれば時間差で中に入るようにするといいでしょう。

カーセックス後はゴミを必ず処分して帰宅する

車を運転する男性

カーセックスをした後は、奥さんが車に乗る乗らないは関係なく、その日の帰宅前にゴミを処分しておきましょう。

奥さんが乗る予定がないからといって、セックスで使用したティッシュや避妊具を入れたまま帰宅すると、思わぬことで不倫がバレることがあります。

ゴミだけでなく、シートに精液や不倫相手の髪が付いていないかチェックして、女性の匂いが残らないよう消臭剤を使ったり、窓を開けて走行したりするなどの工夫も忘れないようにしましょう。

突然の事態でも焦らなくていいよう、必ず帰宅する前に車内に不倫の痕跡が残っていないかチェックして家に帰りましょう。

会社でのセックスは刺激的だがリスクが高いので注意

会社のオフィス

社内不倫をしていて、会社でセックスをするのはクセになるほど刺激的です。

しかし、かなりリスクの高い行為なので、バレないからといって調子に乗って何度もやっていると、そのうちボロが出たり思わぬハプニングが起きたりすることがあります。

確実にバレないという確証のある場合を除いて、会社でのセックスは控えて別の刺激を楽しんだ方が無難です。

職場でセックスをしていたことがバレると会社にはいられなくなりますし、奥さんにもバレて慰謝料を請求されることもあります。

狭い業界で働いていると、噂が回って転職後も働きにくくなることがあるので、職場セックスがバレるのは死活問題です。

一度や二度ならいいのですが、職場でのセックスが習慣にならないように気を付けてください。

どんなに盛り上がっても避妊だけはしっかりする

下着とコンドーム

不倫セックスが刺激的なのは、不倫相手との関係には責任感が伴わないからです。

相手に責任がないので、その場のセックスだけに集中できますし、普段はしないようなセックスも相手に要求できるのです。

不倫相手が妊娠すると、今までの刺激的で楽しいだけの夢のような不倫は一変して、現実に引き戻されて修羅場になります。

修羅場を切り抜けて、刺激的なセックスができる不倫相手を選んだとしても、妊娠や出産を経験すると、今までのようなセックスはできなくなります。

カーセックスも野外セックスも、不倫だからできただけで、妻になった女性とはそこまでアクティブなセックスはできなくなります。

不倫相手と今のままの関係を続けたいのであれば、避妊はしっかり行って妊娠しないように気を付けましょう。

不倫恋愛のセックスはマナーを守って楽しもう

セックスをするカップル

不倫でセックスにハマり、抜け出せなくなってしまう男女は少なくありません。

不倫相手とのセックスを経験してしまったばかりに、独身男性や妻とのセックスでは快感を得られなくなってしまう人もいるほど、不倫セックスには特別な刺激があるのです。

ただ、刺激的で楽しいセックスも、マナーを守らなくては奥さんや周囲にバレて地獄を見ることになります。

自分を見失いセックスだけにハマってしまうと、必ずどこかでボロが出てしまうので、そうならないよう常に冷静な気持ちは持っておくようにしましょう。

マナーを守って、ギリギリの行為を楽しんでこそ大人の恋愛です。

今まで経験したことのないようなセックスを楽しみ、毎日に刺激をプラスしてくださいね。