抱き合う恋人

映画やドラマの影響で、既婚女性の不倫は、いまやトレンドのようになっています。

今まで不倫に興味がなかった女性も、少し不倫に期待したり興味を持ったりするようになり、実際に行動にうつす人も増えたのではないでしょうか?

実は、不倫願望のある既婚女性は男性からモテます。

この理由は色々あり「既婚女性は後腐れなく付き合えそう」というものから「包容力があって安心して付き合える」というものまで様々です。

どんな理由であれ男性からの需要は高いので、あなたが少しその気になれば不倫をするのは比較的簡単です。

ただし、不倫はとても危険な行為なので、中途半端な気持ちで手を出すと後悔します。

不倫に興味があるのなら、既婚女性の不倫事情をしっかり把握して、絶対にバレない対策をした上で恋愛を楽しんでください。

ここでは、既婚女性が不倫をしたくなる心理や、不倫が始まったきっかけ、不倫をスタートさせるためのテクニックなどを紹介します。

少しでも不倫に興味があれば、一度チェックしてみてくださいね。

不倫願望を持つ既婚女性が多い理由

旦那に女として見てもらえない

距離を置く女性

不倫願望を持っている女性の多くは、旦那から女として見てもらえない寂しさを感じています。

結婚すると、パートナーは居るのが当たり前になり、いつの間にか奥さんというより家政婦のような扱いになっていきます。

髪を切ってもネイルをしても無反応な旦那に寂しさを感じ、慢性的に不満を抱えている主婦はたくさんいます。

ただ、この不満が不倫に直結して、即行動するようなことはありません。

主婦は、不満があっても不倫には抵抗がありますし、自分への自信を失っている女性も少なくありません。

一方で、多くの既婚女性が抱えている慢性的な不満と自信のなさが、不倫のハードルを低くします。

このタイプの女性は、自覚はなくても常に誰かに認めて欲しいという欲求を持っています。

ですから、他の男性に褒められると相手に好意を持ちやすく、押しに弱いので相手が強引であるほど不倫になりやすいのです。

平凡すぎる日常に刺激が欲しい

拗ねる女性

既婚女性には、ドキドキするようなことやワクワクできることが、日常で起きることはそう多くありません。

毎朝、同じ時間に起きて家族の世話で慌ただしく動き、会社に行って帰宅して、夕食を作ってバタバタしていたら、すぐに寝る時間になります。

休日も、旦那は趣味に出かけていき、子供たちの世話や家事に明け暮れて終わるということも珍しくありません。

そんな日常に満足できていればいいのですが、退屈さや不満を感じている女性は、家庭以外の場所に刺激を求めるようになります。

友達が不倫でキレイになっている

香水をつける女性

自分の周りに、不倫をしてキレイになった既婚の友達や知り合いがいると、自分ももう一度輝きたいという想いから、不倫に興味を持つようになります。

女性は、男性を好きになったり、男性から求められたりすると、目に見えてキレイになるものです。

それは、同性である女性同士の方が敏感に気付くので、キレイになった理由を聞くと不倫だったという話しはたくさんあります。

不倫をしている女性は、恋をしているせいかイキイキしていますし、女性として輝いているように見えます。

また、誰かに恋をしていると生活にハリが出るので、仕事や家庭が上手く行っている人も多く、それを目の当たりにすると不倫が悪いことだと思えなくなってきます。

旦那以外の男性が魅力的に見える

自信のある男性

隣の芝生は青く見えると言いますが、旦那より他の男性が魅力的に見えてしまうのは、誰でも経験しているはずです。

これは、旦那側にも言えることで、愛情や絆などとは全く別の話です。

常に一緒にいて、それが当たり前になっている相手には、他の人にはない絆ができたり情が湧いたりしますが、異性としての魅力をいつまでも感じている人はほとんどいません。

また、家庭で身なりを気にしている人は少なく、家ではダラッとした服装になりますし、テキパキ動くこともありません。

一方、外で会う男性は、身だしなみに気を使っているところしか見ませんし、男性がイキイキと働いている姿は素敵に見えます。

頭の中では、他の男性がよく見えるのは、社会に適応した姿をしているからだと理解はしていても、つい家でダラダラしている旦那と比べてしまい、他の男性が魅力的に見えてしまいます。

もっと言えば、だらしない旦那が、他の男性を引き立たせていると言ってもいいでしょう。

まだ女としてイケてることを実感したい

凛とした女性

以前モテていた女性に多い特徴ですが、家庭に収まって女性として見られることがなくなると、まだ女性としてイケているのか他の男性で試したいという気持ちになる人がいます。

このタイプの女性は、女として見られたい願望が強く、常にメイクやファッションに気を使っていて、他の男性を意識した見た目を心がけています。

男性に褒められることが好きで、男性を褒めるのも上手いので、男性からのウケもいいことから不倫に走りやすい傾向にあります。

また不倫が始まると満足するので、1人と長く付き合うことは少なく、たくさんの男性と短期間に不倫を繰り返すのも、このタイプの女性の特徴です。

不倫を始めたいと思う女性の特徴

夫婦関係が上手く行っていない

ケンカするカップル

不倫に興味を持つ女性の多くは、夫婦関係に何らかの不満を抱えています。

旦那が自分の気持ちを理解してくれない、話を聞いてくれない、家事や育児を手伝ってくれないなど、何かしらの憤りを感じ、何度旦那と話し合っても改善されず諦めの気持ちを持っていることが多いものです。

旦那に不満を抱えていると、つい周囲の男性と旦那を比べるようになります。

仕事のできる会社の上司や、趣味が合う男友達など、旦那と比べると数倍いい男に見えてしまい、不倫してみたいという願望が高まっていきます。

また旦那が理解してくれない悩みを聞いてくれる、自分の意見に共感してくれる、といった男性に惹かれやすい傾向もあります。

旦那の愚痴が多い

孤独な女性

不倫願望のある女性は、自然と旦那の愚痴が多くなってしまいます。

単純に旦那に不満を持っている、というのもありますが、周囲に旦那とうまく行っていないことを伝えることで、男性に隙を見せようとするのです。

男性に隙を見せれば、そこから不倫関係になりやすいのを理解しているので、わざと家庭が上手くいってないアピールをするようになります。

ただし、中には自覚なく上記のような行動をしている女性もいるので、すべての女性が計算しているわけではありません。

また男性に旦那のことを相談したがる女性も、不倫に興味がある女性の特徴です。

自覚していない人もいますが、旦那の愚痴から不倫が始めるのは定番です。

つい、会社の同僚や男友達に旦那の愚痴を言ってしまうのは、どこかで不倫を期待しているからです。

セックスレスで寂しさを感じている

ベッドにうつぶせになる女性

セックスレスで悩んでいるのは、男性だけではありません。

旦那が淡白な場合や、毎日疲れていてコミュニケーションが取れない場合など、既婚女性は女として求められないことに寂しさを感じるようになります。

女性は、年齢が上がっていくごとに性欲が高まっていくものです。

男性は逆で、一般的に年齢と共に性欲は落ち着いてきます。

この特徴の差も、女性が物足りなさを感じる原因です。

セックスレスで旦那とコミュニケーションが取れない寂しさと、身体的な欲求不満は、不倫を始めるのに十分な理由になります。

男性へのボディタッチが多い

会話をする男女

男性へのボディタッチが多いのは、不倫を始めたいと思っている女性の定番行動です。

ボディタッチは簡単に相手との距離を縮められるので、狙っている男性には特にボディタッチが増えます。

普段の生活の中で、自然と異性の腕や肩に触れたり、飲み会で異性にベタベタくっついたりしてしまう女性は、不倫願望がある女性と思っていいでしょう。

家族のことをあまり話さない

秘密を持つ女性

不倫願望のある女性は、できるだけ家庭のニオイをさせないように、旦那や子供の話しをしない人もいます。

できるだけ独身のように振る舞いたいので、不倫願望のある女性の中には結婚指輪をしない人もいます。

SNSでも、家族の写真を投稿することが少なく、おしゃれなカフェやSNS映えする観光地などの写真が多いのも特徴です。

SNSは旧姓で登録している

スマホを見る女性

FacebookやLINEなどのSNSに、旧姓で登録している女性も不倫願望が高い傾向にあります。

もちろん、仕事の関係上、旧姓の方が便利な人もいるので、すべての女性がそうだとは言いません。

ただ、仕事など関係なく旧姓で登録している女性は、知人に結婚していることを知られたくない、もしくは独身気分を抜け出せていない人に多いのです。

例えば、元彼や同級生、結婚前に付き合いのあった友達などに、少しでも声をかけてもらいやすくするためには、苗字が変わっていると都合が悪くなります。

旧姓で自分を検索してくれた人とつながりたい、既婚であることを言いたくないという女性は、どこかに不倫願望を抱えています。

ヘアスタイルやメイクに手を抜かない

メイクをする女性

不倫に興味を持ち始めたら、最初にすることが見た目の整えることです。

男性を意識するようになると、自然と華やかな見た目になろうと努力し始めるので、メイクやファッションも少しずつ派手になっていきます。

常に見た目を意識している女性は、慢性的に刺激を求めているタイプか、承認欲求の強いタイプなので、どちらにしても不倫をしやすい傾向にあります。

家庭があるのに、スタイルに異常に気を遣う人や美容にかなりのお金をかける人も、不倫願望が強い人の特徴です。

不倫をしている友達が多い

3人の女友達

不倫をしている友達が多い人も、不倫に興味を持っている可能性が高いでしょう。

上手く家庭と不倫を両立させている女性は、恋愛をしているせいか常にキレイで、キラキラしているように見えます。

そんな友達を身近で見ていると、不倫はそんなに悪いことじゃないと思えてくるので、徐々に自分も不倫を始めたいと思うようになります。

また友達との不倫トークは、学生時代に戻ったような高揚感を得られるので、その点でも友達が不倫をしている女性は、不倫に興味を持ちやすく行動にも移しやすいという傾向にあります。

不倫願望だけだった女性が実際に不倫を始めるきっかけ

会社の飲み会で酔った勢い

仲間との乾杯

会社の飲み会は、不倫が始まる定番のシチュエーションです。

会社に気になっている男性がいて、相手もなんとなく気にしてくれているようなら、飲み会がきっかけで不倫が始まることが多いでしょう。

お酒が入っていることもあり、お互い大胆になっているので、普段ならできないようなこともできてしまいます。

中には、自分の方からアプローチする、積極的な女性もいます。

また、今まで意識していなかった男性と、会社の飲み会がきっかけで仲が深まるケースもあります。

会社の飲み会で意気投合して、次は2人で飲みにいくという状況になると、そのまま不倫がスタートしていきます。

職場の残業や出張、イベントなど

パソコンをする女性

職場で不倫が始まるきっかけは、2人きりの残業、出張や社員旅行、営業などの外回りなどです。

同じ時間を共有することが多ければ、自然と仲は良くなりますし、仕事という共通の目的を持つことは、お互い好意を持ちやすい状況にもなります。

忙しい仕事を残業して一緒に終わらせた達成感、一緒に営業をして成功したときの喜びの共有、プロジェクト成功など、職場には男女が仲良くなりやすい環境が度々訪れます。

不倫願望や恋愛への期待がない人にとっては、ただの職場ですが、不倫願望を持っていればチャンスはたくさん転がっています。

子供の学校やクラブの関係者

スポーツする男性

子供を塾やクラブチームに送迎していると、男性と出会うきっかけも増えます。

あまり好ましい出会い方ではありませんし、できれば子供を介した人と不倫をするのはおすすめできません。

しかし、実際に不倫をしている既婚女性には、子供に関わることで知り合った人と不倫が始まる人は多いのです。

子供のクラブチームのコーチ、同じ部活の子の父親、塾の先生など、子供の関係者だからといって、好きな気持ちをすんなり止められなくなることもあります。

このような状況で不倫が始まるのは、常に男性を意識している女性です。

子供のいる場所では、どうしても女であることを忘れがちです。

しかし、いつでも女を忘れずに行動していると、些細な出会いが不倫に発展することもあります。

同窓会で当時好きだった男性との再会

レストランで食事する男女

同窓会も、不倫が始まるきっかけとしては定番です。

学生の頃付き合っていた元カレや、当時片思いをしていた人、久しぶりに会ったらいい男になっている同級生など、同窓会では心がときめくことがたくさんあります。

同窓会で始まる不倫は、相手の素性が分かっているので、関係を持つまでがスピーディーなのも特徴的です。

お互いの気持ちが高ぶったら、その日のうちに不倫関係になるカップルも少なくありません。

同窓会という状況では、遠距離不倫になるカップルも多く、それが2人を燃え上がらせる理由になることもあります。

日常生活で男性との知り合う機会がなければ、同窓会に参加してみると新しい出会いが待っているかもしれません。

友達からの紹介

女友達との会話

友達から紹介された男性と意気投合して、しばらく友達として付き合っている中で不倫関係になる既婚女性もたくさんいます。

既婚女性は、異性との出会う機会が圧倒的に少ないので、友達の紹介は貴重な人脈です。

紹介された男性と不倫関係にならなくても、その人の紹介で人脈を広げるうちに、素敵な人と出会うこともあります。

合コンや飲み会

乾杯する男女

結婚した後も、友達から合コンの人数合わせに呼ばれた経験はありませんか?

そこで不倫がスタートすることも多く、既婚者だと伝えても口説いてくる男性は少なくありません。

中には、既婚女性と合コンしたいという男性や、既婚者同士で合コンを企画するグループもいます。

このような合コンは、不倫を求めて参加している人が大半なので、不倫へのハードルは低くなります。

男性からのナンパ

デートする男女

ナンパといっても、道端で声を掛けられたからといって、着いていく既婚女性はいないでしょう。

ここで言うナンパは、よく行く飲み屋やカフェで、顔見知りの男性に声を掛けられたり、たまたま隣に座った男性グループに一緒に飲もうと誘われたりすることです。

飲み会以外でも、同じ趣味でよく顔を合わせる相手や、通勤が毎日一緒になる人から声をかけられて、そこから不倫に発展することもあります。

実際に、毎日同じコンビニで顔を合わせる男性から声を掛けられて、そこから親しくなって不倫が始まった既婚女性もいます。

きっかけは、日常に潜んでいることもあるので、常に見た目には気を付けておきたいですね。

SNSでの出会い

スマホを見る女性

SNSでは、元カレや同級生とつながることもありますし、普段の生活では会うことのない男性と出会うケースもあります。

近年では、SNSから不倫が始まったというカップルも非常に増えています。

また、マッチングアプリで積極的に不倫相手を探す既婚女性もいます。

不倫は、現在あなたの生活圏内にいる人とするより、まったく無関係な生活をしている人とする方が、周囲やパートナーにバレにくいので、その点でもSNSは便利なツールです。

不倫願望があるけど出会いがないという人は、SNSやアプリを使ってみるのもおすすめです。

趣味や習い事

ジムのトレーニングマシン

趣味や習い事で知り合った男性と不倫関係になる既婚女性もたくさんいます。

例えば、ジムで知り合った男性やトレーナーと不倫が始まる人もいますし、料理教室に来ている既婚男性と仲良くなるケースもあります。

中には、ウォーキング中に声をかけられて不倫がスタートする人もいるので、どこできっかけが生まれるか分かりません。

男性の中には、不倫を目的にそういった場所に出かける人もいるので、お互い不倫願望を持っていれば、不倫が始まるのに時間はかからないでしょう。

不倫願望を持っている女性がやるべきこと!男性を誘惑するためのモテ女テクニック

見た目には常に気を使う

メイク道具

男性に興味を持ってもらうには、見た目のキレイさは重要です。

結婚すると、自分に使う時間が極端に減るので、常に見た目をキレイに保つのは難しくなります。

しかし、工夫次第では男性ウケする見た目を保つことは可能です。

隙間時間を使ったり、家事の時短をしたりして、1分でも自分に使える時間を伸ばしましょう。

また、体型維持も重要です。

緩んでいるパーツがあれば、筋トレやストレッチで引き締めて、自分に自信が持てる体型を維持しておきましょう。

ボディタッチは基本中の基本

腕を組むカップル

気になる男性がいたら、不自然にならない程度にボディタッチをしてみましょう。

会話の中で腕や胸を触ったり、挨拶のついでに背中に触れたりすると、相手に好意が伝わりやすくなります。

男性は、自分に好意を持っている女性に、同じように好意を持つようになるので、まずはあなたが相手に興味があることを示さなくてはいけません。

他にも、お酒が入る席では、少し際どい場所にボディタッチするのが既婚女性のモテテクです。

胸や太腿に自然と触れる、膝や太腿など足が少し触れる距離を保つ、という方法も効果的です。

すぐにセックスしない

デートする恋人

恋愛が一番楽しいのは、仲良くなって関係を深めていく過程です。

セックスをすると、それで一度落ち着いてしまうので、できるだけプラトニックな期間を長めに取り、その時期を2人で楽しんでみましょう。

特に、お互い既婚者なら焦らず関係を深めた方が、より相手への気持ちは高まっていくはずです。

また既婚女性は欲求不満で、すぐセックスできると男性から勘違いされています。

ですから、すぐセックスしてしまうと男性から「やっぱり」と思われて、セックスの後に大切にされなくなってしまいます。

すぐセックスできる女にならないよう、プラトニックな期間は十分とるようにしましょう。

露出は少ない方がモテる

キレイな女性

露出が多い女性の方が、男性にはモテると思っていませんか?

胸の谷間が見えていたり、ミニスカートで生足を露出していたり、いかにもいい女という女性がモテると思っている人は少なくないでしょう。

しかし、実際にモテて不倫に発展しやすいのは、露出の少ない品のいい女性です。

露出が多い女性は、男性から見てもガツガツしたイメージがあり、関係を深めたいという気持ちになりません。

特に、既婚者は「露出が多い=イタい人」と思われやすいので注意しましょう。

男性に女性としての魅力を伝えるには、清楚で清潔感のある服装がベストです。

間違っても、不倫願望丸出しのファッションをして自分の品を下げてはいけません。

姿勢に気を付ける

自然の中に立つ女性

既婚女性で出産を経験しているなら、姿勢が悪くなっている可能性があるので、一度自分の姿勢をチェックしてみましょう。

姿勢が悪いと、遠くから男性に見られたとき、老けて見られたりブスに見えたりします。

どんなにメイクやファッションに気を使っても、姿勢が悪いとすべてが台無しです。

子育てをしている中で、猫背になる人やお腹を付き出すクセの付く人がいるので、思い当たるなら今日から姿勢を矯正しましょう。

姿勢は、思考や健康にもいい影響を与えるので、姿勢矯正をして損をすることはありません。

自分で姿勢を矯正する方法が分からなければ、専門家に頼るのもおすすめです。

とにかく褒める

笑い合うカップル

気になる男性ができたら、相手のことをとにかく褒めるようにしましょう。

素敵だな、良い人だな、と思うようなことがあれば、その都度ストレートに褒めるようにすると、相手に好感を持たれやすくなります。

男性は、自分を評価してくれる女性が大好きです。

そんな相手と一緒に過ごす時間も好きなので、彼を褒めるようにすると自然と一緒に行動することが増えていくはずです。

「〇〇さんって、本当に仕事が早くて尊敬します」「〇〇君ってセンスあるよね」「すごい、何でも知ってるんだね」といった褒め言葉は、出し惜しみせずどんどん伝えるようにしてください。

きっと、相手から自然とアプローチされる状況になっていきますよ。

距離感を縮めてドキドキさせる

寄り添うカップル

アプローチしたい男性がいたら、他の人より少し距離を縮めて接するようにしてみましょう。

例えば、一緒に資料を見るとき顔を近付ける、内緒話をする、顔や髪を触るなどです。

同じ会社の人なら、何かを一緒に見るときや相談するとき、少し顔を寄せると相手をドキッとさせられます。

また、飲み会などガヤガヤしたところで、わざと話しかけて内緒話のような状況を作るのもいいでしょう。

また、自然と触れられる理由があれば、付き合っている女性でなければ触れないような、顔や髪に触れるのもおすすめです。

彼をドキドキさせることができれば、徐々にあなたは彼の気になる存在になれます。

男性に隙を見せる

会話する男女

男性は、基本的に振られると分かっている相手を口説くことはありません。

特に、相手が既婚女性となると、最初から断られると分かっているので、よっぽど気になる相手でなければ、男女の仲になろうとすることはないのです。

そこで、モテる女性は男性に適度に隙を見せて、誘いやすい状況を作ります。

1番分かりやすい方法は、お酒の席で「酔っちゃった〜」といって、男性にもたれかかることです。

しかし、この方法は男性にあざとさが伝わってしまうので、もっと自然な方法を考えてみましょう。

ボディタッチは、隙を見せる簡単で有効な方法です。

また、悩みを相談するというのも定番の方法ですが、男性と仲良くなるには使えるテクニックです。

気になっている彼が、あなたを誘いやすくするにはどうすればいいか、と考えて今後の接し方に活かしてみましょう。

旦那の話はケースバイケースで持ち出す

悲しむ女性

仲良くなりたい相手が既婚男性なら、旦那の話はNGです。

旦那の影が見えた段階で、既婚男性は自分と重ねてしまうので「旦那さんに悪い」と思って、口説くのをやめてしまいます。

独身の男性や、家庭のニオイがしない男性には、逆に旦那の愚痴や上手く行っていないことを話した方が、相手に口説く隙を与えられます。

ただ、不倫に旦那を使うのは、あまりいいことではないので、基本的には家庭の話は持ち出さない方がいいでしょう。

感情はストレートに表に出す

風船を持つ女性

年齢が上がっていくと、自分の感情をストレートに出せなくなっていきます。

しかし、男性にモテるのは、いくつになっても少女のように感情が分かりやすく素直な女性です。

嬉しいときは笑顔で「嬉しい!」と喜び、悩みがあれば一生懸命悩む、そんな姿は男性に好感を持たれやすくなります。

また、他人に褒められたときや、手助けをしてもらったときも、少し大げさなほど感謝の気持ちを伝えると、男性は嬉しくなりもっと何かしてあげたいという気持ちになります。

そんな気持ちが、いずれ愛情になることも少なくないので、日頃から感情をストレートに伝えられる女性になっておきましょう。

注意点ですが、男性だけにこのような態度を取っていると、同性との人間関係が悪くなるので、男女関係なく自分の気持ちを表現するようにしてください。

ギャップを使って興味を持たせる

綺麗な女性

ギャップは、どんな状況でも使えるモテるテクニックです。

分かりやすい例では、いつもは明るい女性が泣いているところを見ると、男性はその女性が急に気になるようになります。

また、いつもは制服姿しか見たことのない会社の同僚が、私服を着ている姿を見るのもギャップになります。

あなたが使えるギャップがないか考えて、ここぞというときに実行してみましょう。

2人っきりになる時間を増やす

笑い合う恋人

好意を持っている男性がいるなら、2人っきりになる時間を増やすことで、相手にも好意を持ってもらいやすくなります。

相手が職場の男性の場合、一緒に残業する時間を増やしたり、休憩時間を一緒にしたりすると良いでしょう。

グループで会っていた男友達なら、2人きりで会う回数を増やしたり、個人的なラインや電話を増やしたりすると仲が深まります。

単純な方法ですが、2人の時間が増えると不思議と男性は相手に好意を抱きやすくなるので、今日からでも試してみてください。

相談という名目で飲みに行く

カフェで話す男女

男性への相談は、距離を縮めるには有効に使える方法です。

相談の内容は、仕事の話しがベストです。

相談を持ち掛けられた男性も、仕事の話しなら構えずに会えますし回答をするのも気楽です。

相談するときも「〇〇君が仕事で成果を出してるから話しを聞きたい」「〇〇さんは尊敬している先輩なので意見を聞きたい」と、相手を褒めるワードをプラスすると、より相手の心をつかみやすくなります。

他にも、最初に呼び出すには、趣味や資格、転職の相談などがベストでしょう。

相談してはいけないのは、旦那や子供の話しです。

旦那と仲良くなれない、子供が言うことを聞かないなどの相談は、人によっては重い人と思われて嫌われることもあります。

相談される相手のことも考えて、気楽に聞ける内容にしてください。

ポジティブに生きる

気持ちよく目覚める女性

ポジティブな女性は、既婚者でも独身者でも男性からモテます。

いつもニコニコしていて、トラブルがあっても前向きに対処できる女性は、男性から見ても魅力的で興味を持たれやすい特徴です。

男性は、ヒステリックになる女性、喜怒哀楽の激しい女性、ネガティブな女性が苦手です。

特に、不倫という不安定な関係になる相手には、上記のような疲れる女性は選びません。

独身で若い女の子なら、少々面倒な性格でも可愛げがあります。

しかし、既婚女性はそこで勝負してはいけません。

包容力、前向きさ、穏やかさが魅力なので、大人の女性としてポジティブに毎日を過ごすようにしましょう。

実際に不倫を始める時に知っておくべき暗黙のルール

冷静さを見失ってはいけない

抱き合う恋人

不倫がパートナーにバレるのは、冷静さを失ってしまうときです。

冷静さを保っていれば「今日会いにいったら怪しまれる」「家で電話するのは我慢しよう」と思って行動を自制できるのですが、冷静さを見失うと行動が大胆になってしまいます。

こうなると、パートナーにバレるのは時間の問題です。

家庭を壊す気がなければ割り切って付き合う

顔を寄せ合う恋人

女性は、セックスを機に不倫相手に本気になってしまう傾向にあります。

しかし家庭を壊す気がなければ、完全に割り切った関係を貫きましょう。

少しでも不倫に浮かれてしまうと、すぐに周囲の人やパートナーにバレてしまいます。

不倫相手に会っているときは情熱的に愛し合っても、お互いが家に帰ったら不倫のことは忘れて家族にしっかり向き合いましょう。

必ず家族を優先する

鍵の刺さったドア

不倫をしていても、優先すべきなのは家族です。

不倫相手としても、家族をないがしろにして自分に会いに来る女性には、いずれ不信感を持つようになります。

例えば、子供が熱を出しているのに、両親や旦那に預けて不倫相手とデートに行く、夜小さな子供だけで留守番させて数時間外出するなどの行為は、いずれ自分の首を絞めることになります。

不倫を続けていたいなら、まずは家族を優先し悲しい思いをさせないようにしてください。

それが、結局は不倫を上手く続けることにつながっていきます。

今まで通りの生活をする

幸せそうな家族

パートナーにバレずに不倫を続けたければ、今までの生活を維持するのは鉄則です。

例えば、次のような行動は絶対にやってはいけません。

  • 急に下着を新調し始める
  • メイクを入念にして出かけるようになる
  • 残業が増える・帰宅時間が変わる
  • 家事がおろそかになる
  • 家でスマホを触る頻度が増える

上記のような行動は、どんなに鈍感な男性でも不倫を疑います。

「自分はそんなことしない」と思っている女性でも、不倫で浮かれていると冷静さを失ってしまいます。

普段は賢い人でも、ついバレるような行動をしてしまうことがあるので「自分は大丈夫」と思わずに、細心の注意を払ってください。

離婚するなら不倫がバレる前に決着をつける

離婚した男女

不倫相手を本気で好きになり、相手もあなたに本気になっているなら、不倫がバレる前に夫婦関係を清算しましょう。

不倫がバレると修羅場になることは確実ですし、離婚の話もスムーズに進まなくなります。

逆に言えば、離婚が決定するまでは、絶対に不倫がバレないようにしなくてはいけないということです。

女性は、男性より度胸がある人が多いので、不倫相手に本気になると開き直って行動が大胆になることがあります。

しかし、不倫がバレた後の離婚は、想像している以上に壮絶な結果になることが多いものです。

旦那や子供、両親まで傷つけることもありますし、慰謝料を請求されて金銭的に困窮することもあります。

さらに離婚で精神を消耗して、不倫相手と上手くいかなくなることもあります。

恋愛をすると妙に強気になることもありますが、結婚していることは忘れず、賢く計画的に物事を進めていきましょう。

第三者に不倫のことを話さない

仲の良い女友達

不倫を始めると、周囲の人に自慢する女性がいますが、これは絶対にやってはいけないNG行動です。

不倫関係が盛り上がると、どんなに素敵な時間を過ごしているか、彼からどんなに愛されているのかといった話しを、たくさんの人に言いたくなるかもしれません。

しかし、不倫を知っている人が増えれば増えるほど、パートナーに不倫がバレるリスクが高まります。

特に、旦那と共通の知人には知られないように注意しなくてはいけません。

また、女友達も安心はできません。

例えば、久しぶりに会った女友達に、あなたが不倫をしていると告白したとします。

その友達は、あなたに話していないだけで、旦那に不倫をされて傷つき苦しんでいるかもしれません。

そんな友達に不倫の自慢をしていたら、友達を怒らせて旦那にバラされる可能性もあるのです。

今までは信頼できると思っていた友達でも、状況次第では敵になることもあるので、不倫の話しは他人にしない方がいいでしょう。

既婚女性でもテクニックと注意点を知れば不倫できる

見つめ合う恋人

既婚女性の不倫が増えているのは、危険さや不道徳さを上回る魅力があるからです。

本来、不倫は絶対いけない行為です。

しかし、旦那と上手く行かない、生活が退屈で生きている意味が分からない、何かを頑張る気力がない、という既婚女性は、不倫が生活を変えるきっかけになるかもしれません。

ただし、不倫にハマってしまうと地獄が待っていることを十分理解してスタートしなくてはいけません。

不倫と家庭を上手く両立させている人は、不倫を割り切って楽しんでいます。

あなたも不倫を始めたいと思ったら、注意点をしっかり把握して、男性にモテるテクニックを試してみましょう。