キスをする恋人

不倫で一番大切なのは、とにかく奥さんや周囲の人にバレないようにすることです。

どんなにお互いが本気で不倫相手のことを好きでも、結婚している立場上、奥さんにバレると大変な事態になります。

二度と会えなくなることもありますし、その場は上手く乗り切れても、確実に不倫デートはしづらくなります。

ですから、当面離婚を考えていなければ、不倫相手とのデートには細心の注意を払わなくてはいけません。

それが分かっていても、不倫に夢中になると冷静になれず、具体的な策が見えなくなる人がたくさんいます。

そこで、不倫デートで気をつけることや、自宅に帰る前にすべきことなど、不倫がバレない方法を具体的にご紹介します。

不倫デート前後にチェックして、不倫がバレるリスクを大幅に減らしましょう。

不倫デートで気をつけるべきこと

ファッションや下着に気をつける

オシャレな男性

不倫デートに出かけるときは、自然とお気に入りの服を選んだり、男性でも新しい下着を身につけたりする人がたくさんいます。

あなたも、不倫が始まった途端に、新しい下着を買いませんでしたか?

こうした行為は、パートナーに不倫を疑わせる大きな原因になります。

休日、友達と会うと言って、お気に入りのファッションでソワソワしながら出かけるのは、パートナーに「不倫をしに行きます」と言っているようなものです。

不倫をパートナーに隠したいなら、デートに出かけるときは、いつもと変わらない服装を選んでください。

また、服や下着を新調したくても、急に買い揃えたり、今までと違うテイストのファッションにするのもNGです。

オシャレをしたい気持ちは抑えて、違和感のない程度で徐々に新調してください。

女性が既婚の場合は、メイクやアクセサリーにも気をつけてください。

急に派手になったり、高価なものを使い始めたりすると、どんなに鈍感だと言われる男性でも不倫を疑い始めるキッカケになります。

自宅や職場の近くでは会わない

オフィス街の風景

不倫デートには、自宅や職場の近くは選ばないようにしましょう。

どんなに時間がなくても、知り合いがいない場所まで離れた方が、不倫はバレにくくなります。

「この時間、嫁は絶対外出しない」「案外、自宅近くで会う方が逆に怪しまれないかも」などといった考え方は危険です。

どこで誰が見ているかわからないので、用心に越したことはありません。

不倫が始まってすぐは、誰かに見られていないかとかなり慎重に行動していた人も、数ヶ月経つと慣れが出て行動が大胆になります。

また、奥さんの実家への帰省や旦那さんの出張で、パートナー不在を狙って自宅に不倫相手を呼ぶ人がいます。

しかし、これは非常に危険なのでやめましょう。

バレるリスクが高まるだけでなく、家族にとても失礼ですし、自宅を見せるのは不倫相手を傷つける場合もあります。

このように、慣れてきた頃からが、周囲の人にバレるリスクが高まるので、常に気を引き締めて行動しましょう。

ラブホテルよりビジネスホテル

ホテルの室内

不倫相手とホテルに行くなら、ラブホテルよりビジネスホテルやシティホテルを選びましょう。

ラブホテルに入ったところを誰かに見られたら、女性と別々に入ったとしても不貞が確定します。

しかし、ビジネスホテルなどの場合、入っているところを見られただけなら、まだ言い訳ができます。

また、ホテルに入るときは、できるだけ別々に入るよう徹底しておくと、見られたとき言い訳もできますし、相手の女性を特定されることも防げます。

ホテルに入るときくらいは、仲良く一緒に歩きたいと思いますが、ここで慎重に振る舞えるかどうかで、今後不倫がバレずに長続きさせられるかどうかが決まります。

一緒に車に乗るなら1人は後部座席へ

車を運転する男性

デート中、どちらかの車に乗る機会があれば、1人は助手席ではなく後部座席に乗りましょう。

2人で並んで車に乗っているとき、知人や友人とすれ違って不倫がバレるという話は、本当によく聞く話です。

車は密室なので油断するカップルが多いのですが、周囲からはしっかり見えていることを忘れてはいけません。

1人が後部座席に乗っていれば、対向車や通行人から2人乗っていることに気付かれにくくなります。

また、気付かれたとしても、友人や会社の人を送っていただけだと言えば、隣に載せているより納得してもらいやすくなります。

また、パートナーが助手席に乗ったとき、シートの位置などに違和感があって、誰かを乗せたと疑われることもなくなります。

外では友達として振る舞う

散歩をする男女

デート中でも、2人っきりになれる場所以外では、できるだけ友達のように振る舞うことも忘れないでください。

確実に、家族や知人と会わないような場所なら良いのですが、そうでなければ手をつないだり腕を組んだりして歩かないようにしましょう。

万が一知り合いに見られたときに、言い訳できなくなります。

不倫が始まると、初恋のようなドキドキ感があるので、普段は冷静な立ち振る舞いができる人でも周りが見えなくなることがあります。

よく、有名人が不倫相手と路上でキスをしている写真が、週刊誌などに掲載されることがありますよね。

あれは、不倫に舞い上がって冷静さを失っているからです。

冷静でなければ、不倫はいつか必ずバレます。

どうしても恋人のようなデートがしたいときは、少し離れた場所に出かけて、思う存分楽しい時間を過ごしてください。

写真は残さない

写真を撮る女性

不倫をしていると、離れている時間が長いので、2人の写真が欲しくなりますよね。

不倫とはいえお互いが本気で相手を想っているなら、積極的に写真を撮りたくなるものです。

しかし、写真は不倫がバレる危険なツールです。

結婚している間は、不倫相手との写真は控えた方がいいでしょう。

どのような形で、奥さんに見られるか分かりません。

どうしても写真が欲しい場合は、不倫相手が独身のときのみ、相手のスマホやカメラで撮るようにしてください。

一緒に出かけたレストランやレジャー施設なども同様に、写真に撮ることは厳禁です。

もし、不倫相手がデート中の写真をSNSに投稿したいという場合は、絶対に人物が写り込まないように注意してください。

不倫相手と奥さんはSNSで繋がっていないから大丈夫、手だけなら、影だけならいいだろうと思わないようにしてください。

香水や化粧品の匂いがつかないようにする

香水をつける女性

不倫デートの後、すぐ帰宅する場合は女性の匂いが服につかないように気をつけましょう。

不倫相手の女性が香水をつけるタイプなら、デートの日はつけないように頼んでおくと安心です。

女性は匂いにとても敏感です。

男性が気付かないような匂いでも、勘のいい女性なら気付くので、そこから不倫を疑われるようになります。

一度疑われると、今後の不倫デートがし辛くなるので、面倒ですがやりすぎなくらい対処しておきましょう。

香水だけではなく、シャンプーや化粧品の匂いも注意が必要です。

少し寂しいかもしれませんが、服を着ているときはできるだけ接触しないようにするといいでしょう。

シャワーのとき髪は洗わないようにする

ホテルのシャワー

不倫がバレる理由のひとつに「帰宅した夫からホテルのシャンプーの匂いがした」というものがあります。

それを避けるためにも、不倫デートでホテルに行っても、絶対に髪は洗わずに帰宅しましょう。

また、一度デート中にお風呂に入ると、帰宅してからお風呂が面倒になり入らずに寝てしまう男性がいます。

しかし、これはとても危険な行為なので、絶対にやめましょう。

不倫中は、今までの生活サイクルは崩さないようにしなくてはいけません。

どんなに疲れていても、帰宅後はお風呂に入って自宅で髪を洗いましょう。

お風呂に限らず、不倫がスタートしてからも、自宅では今までと同じルーティンで過ごしてください。

レシートはその場で処分する

カートとレシート

デート中にもらったレシートや領収書は、もらわないようにするか、もらってもすぐ処分してください。

後で捨てるために、とりあえず財布やポケットに入れるのはNGです。

一旦、財布などに入れてしまうと、必ずいつか処分するのを忘れて帰宅してしまいます。

また、不倫デートで立ち寄ったお店のポイントカードなども、絶対に作らないようにしてください。

いつも行かないようなカフェ、日頃買ってこないケーキ屋さんなどは、不倫には結びつかないと思うかもしれませんが、女性は小さな違和感から不倫に気付きます。

不倫中は、証拠になるようなものは、その場ですぐ捨てるクセを身につけておくといいでしょう。

休日の不倫デートは極力控える

キスマークのついた手帳

休日は、家族や周囲の人たちの行動範囲が広がるので、不倫デートを見られるリスクが高まります。

平日は、多くの人が決まったルーティンで動きますが、休日は誰もが自由な行動をとります。

あなたが少し離れたところにドライブに行っても、そこに知り合いがきている確率が上がるので、バレやすくなるので危険です。

また、今まで休日は家にいたのに、急に出かけるようになるのも不倫を疑われる原因になります。

不倫を隠し通したいなら、今までのライフスタイルは極力変えないようにするのが鉄則です。

これらの理由から、不倫相手にどんなにおねだりされても、休日にデートをするのは控えた方がいいでしょう。

行動履歴の記録を停止しておく

自撮りをする男性

スマホには、あなたの行動履歴を調べる方法がいくつかあります。

有名なものでは、「Google Map」のメニューの中にある「タイムライン」です。

これを見ると、あなたの1日の行動や、今まで行った場所などが一目瞭然です。

また、iPhoneにも行動履歴を記録するシステムがあります。

「設定」の中にある「プライバシー」をタップして、「位置情報サービス」の画面の一番下にある「システムサービス」から「利用頻度の高い場所」を順にタップしていくと、あなたの行動履歴が表示されます。

このようなシステムを放置していると、不倫を疑ったパートナーにチェックされる恐れがあります。

不倫している間は、こうした行動履歴の記録も停止していた方が安心です。

あなたが持っているスマホのシステムを再確認して、いつ誰に見られてもいい状態にしておきましょう。

不倫デートでアリバイの作り方

ジムや習い事教室に入会する

ジムのトレーニンググッズ

不倫のアリバイ作りに最適なのが、ジムや習い事に入会することです。

会社と家庭以外に、定期的にまとまった時間が取れる場所があると、不倫デートがしやすくなります。

特にジムはおすすめで、2〜3時間連絡が取れなくても違和感がありませんし、シャワーして帰宅しても不審がられることはありません。

入会の理由も、「健康診断の結果が悪かった」「上司がジムで鍛え出して勧められた」などと言えば、違和感がありません。

バレる心配がなければ、不倫相手と同じ所に通うと、ジムに通うこと自体がデートになります。

ただ、そこでイチャイチャして、周囲の人から恋人や夫婦と思われるような行動は控えましょう。

どこから話が漏れるか分かりません。

ジムや習い事は、不倫のアリバイ作りにも自分磨きにも使えるので、入会できそうな場所を探して、試しに入会してみましょう。

職場環境が変わったことにする

仕事をする男性

不倫は、休日会うことが難しいので、どうしてもデートをするなら平日の夜がメインになります。

しかし、急に平日の帰宅時間が遅くなると、すぐにパートナーに怪しまれるのは間違いありません。

そこで、事前に「会社の体制が変わった」「上司が変わった」「部署に新しいシステムが入った」といった話をしておき、しばらくは帰宅時間が遅くなるかもしれないと伝えておきましょう。

不倫のアリバイのためだけでなく、あらかた遅くなると分かっていれば、待っているパートナーも予定が組みやすくなり、イライラしたり不安になったりすることが少なくなります。

ただし、この工作ができるのは、奥さんと会社に全く接点がない人だけです。

あなたの職場に奥さんの知人が居たり、会社のイベントに奥さんが参加したりする機会があるなら、会社を使うのはとても危険です。

奥さんがあなたの仕事にノータッチなら、この方法で平日のデート時間を確保しましょう。

信頼できる人に協力してもらう

話し合う2人の男性

この方法は、よく考えてから実践してください。

本当に不倫を隠し通したいなら、どんなに親しい友人にも不倫していることは話さないのが鉄則です。

不倫がバレないカップルは、第三者には付き合っていることを絶対言いません。

ただ、アリバイを作るのが難しければ、第三者に協力してもうしかありません。

協力者は、パートナーと全く関係ない友人で、あなたを介さないと連絡が取れないような人物がいいでしょう。

また、口が固く信頼できる人でなくてはいけません。

さらに言えば、協力者は独身か、あなたと同じように不倫をしている人が理想的です。

どんなに信頼できて条件に当てはまっていても、パートナーと共通の知人などは絶対に避けてください。

どこから話が漏れるか分かりませんし、協力者が罪悪感に苛まれて、奥さんにバラす可能性もあります。

お泊まりデートはイベントを利用する

マラソン大会の風景

仕事で出張や宿泊が多い人は、不倫相手とのお泊まりデートをするのは、比較的簡単にできます。

しかし、これまで外泊の習慣がなかった人は、お泊まりデートをしたくても泊まる理由が見つからないはずです。

そんな人がお泊まりデートをしたいと思ったら、他県で開催されるイベントを利用すると違和感なく外泊できます。

例えば、地方で行われているマラソン大会や釣り大会など、趣味を絡めたイベントがおすすめです。

イベントには、実際に参加した方が信憑性が増すので、数時間参加して他の時間をデートにあてると、帰宅後に怪しまれることがありません。

また、同窓会などもお泊まりデートできるチャンスです。

同窓会の案内が来たら、地元に帰る口実ができるので、参加するようにして不倫相手と旅行に出かけることができます。

こちらも、実際に1〜2時間参加した方が、帰宅後パートナーとの会話にズレが出ません。

ソロキャンプを趣味にする

キャンプをする男性

近年、ソロキャンプをする人が増えています。

1人で山奥に行って、誰もいない空間や時間を楽しむのが目的ですが、不倫のアリバイ作りにも使えます。

まず、ソロキャンプは1人で出かけるのが前提なので、家族を連れていかないことに違和感がありません。

また、キャンプ場は携帯の電波が届かないところも多いので、電源を切っていても怪しまれません。

さらにバレないようにするには、ソロキャンプと言ってホテルや旅館に泊まるのではなく、不倫相手と一緒に実際キャンプをしてください。

キャンプをしに行ったのに、道具が綺麗なままだったり、思い出話ができなかったりすると、奥さんに不審がられてしまいます。

キャンプを趣味にして、たまには家族と一緒にキャンプに行くのもいいでしょう。

そうすることで、ソロキャンプをしていることにより信憑性が出ます。

キャンプが苦手なら、オートキャンプもおすすめです。

キャンプ場で恋人とバーベキューをして、近くの温泉でゆっくりした後に車の中で眠れば、自然な形で恋人と一緒に泊まれます。

ただし、帰宅前にはしっかり車内を掃除して、不倫の証拠を残さないよう気を付けてください。

※期間限定

不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

不倫カップルにオススメのデートスポット

2人っきりになれるシティホテル

キレイなホテル

ホテルを選ぶなら、ラブホテルよりシティホテルがおすすめです。

ビジネスホテルでもいいのですが、デート感が少し減少してしまうので、少しゴージャスなホテルを選んだ方が気分が盛り上がります。

ホテルデートは、外を不用意に歩くより安全なので、2人の時間を人目を気にせず楽しめます。

ただし、チェックインとチェックアウトは慎重に行いましょう。

出入りを見られたときのために、ホテルにいた理由もしっかり準備しておいてください。

自宅から離れた場所にあるラブホテル

雰囲気のいいホテル

ラブホテルは、出入りを見られると危険なのでおすすめできませんが、2人でゆっくり過ごしたいならベストな場所です。

もしラブホテルを選ぶなら、自宅から遠く離れており、家族には縁のない場所にあるホテルを選ぶと安心です。

さらにバレない工夫としては、車で行く場合、ホテルの駐車場ではなく少し離れた有料駐車場に停めることです。

ラブホテルの駐車場に長時間車を停めているのは、見つかるリスクを高めます。

通りから見られたり、たまたま知人が同じホテルを利用したりすると、車であなたとバレてしまう可能性があります。

これらに気を付けて入室すれば、ラブホテルはDVDやカラオケなどの設備が充実しているところが多いので、長時間不倫相手と2人だけの時間を楽しめます。

密室で会話も弾むドライブデート

ドライブ中の車内

ドライブデートも、不倫デートでは人気のスタイルです。

平日なら、少し遠い場所にある海や夜景スポットなどに向けてドライブすると、人も少ないので比較的安全です。

念のため、あなたの行動範囲内を走るときは、彼女には後部座席に座ってもらうと安心です。

自宅から離れたら助手席に移動してもらって、ドライブデートを満喫しましょう。

見られても言い訳できるカラオケ

カラオケのマイク

カラオケデートも、人に見られたとき言い訳がしやすいのでおすすめです。

カラオケに入ったところを誰かに見られても、ただ歌いに来たと言えば不倫の証拠にはならない上、部屋に入ってしまえば2人っきりになれるので、いつもはできないような話も気兼ねなくできます。

カラオケは、歌を楽しむだけでなく食事メニューが豊富で、味も本格的なところも多いので、個室でゆっくり食事したいときにも利用できます。

安心して食事ができる個室ありのレストラン

レストランで食事する男女

不倫デートでは、平日会うことが多くなるので、必然的に食事に行くことが増えます。

普通のレストランや居酒屋もいいのですが、不特定多数の人が集まるお店で、親密にご飯を食べているのは危険です。

そこで、多くの不倫経験者たちは、個室のあるレストランを選んでいます。

個室があると、少々恋人の雰囲気を出しても人目が気になりません。

会話を聞かれることも少ないので、秘密の話もしやすくなります。

休日なら遊園地・動物園

遊園地の風景

休日にデートできる日は、遊園地や動物園など定番のデートスポットの方がおすすめです。

不倫デートというと、人の少ない場所でコソコソ会うイメージがありますが、タイミング次第では逆に怪しく見えてしまいます。

それより、カップルや家族連れの多い場所の方が、群衆に紛れることができて目立ちにくくなるのです。

ただし、ここでも自宅近くは避けて、あなたの行動範囲以外のスポットを狙ってください。

他にも、水族館やプラネタリウムなども、不倫デートには最高のスポットです。

何でも揃うショッピングモール(複合商業施設)

ショッピングモールの風景

ショッピングモールも、デートをするには最適な場所です。

運悪く知人に会っても、不倫に直結する場所ではありませんし、たまたま会ったと言い訳もできます。

また、施設内にはショッピングできる店舗だけでなく、食事できるところから休憩できる場所、映画館やスパが併設されているところもあるので、2人で1日中楽しめます。

この時も、家族や知人が来るような近場ではなく、少し遠出した方が安心して遊べます。

お泊まりするなら温泉

温泉に置かれたタオル

不倫お泊まりデートの定番は温泉です。

温泉は、落ち着いた雰囲気が魅力で、いつもとは違った会話ができる場所です。

泊まりが無理でも、場所に気を付ければ平日の日帰り温泉でも十分楽しめます。

貸切風呂でゆっくりした時間を過ごせば、デートも楽しめますし、日頃の疲れやストレスも吹っ飛びます。

遠方のキャンプ場

キャンプファイヤーを見る女性

アリバイの項目でもご紹介していますが、キャンプ場は絶好のデートスポットです。
理由は次の通りです。

  • 遠出をしても違和感がない
  • 山奥に行くことにすれば携帯がつながらなくてもOK
  • 休日、頻繁に外泊しても怪しまれにくい
  • ウロウロして誰かに見られる危険が少ない
  • どのキャンプ場もほとんど同じ作りなのでアリバイの証明がしやすい
  • 一度道具を揃えると宿泊費があまりかからない

キャンプは、そもそも不倫に直結しにくい趣味ですし、ソロキャンプや友人とのキャンプにハマったことにすると、頻繁に出かける口実ができます。

どうしても、不倫相手がキャンプに馴染めなければ、オートキャンプにしたりロッジやバンガローのあるキャンプ場を選んだりするといいでしょう。

自宅では、あなたの話に信憑性を持たせることと、キャンプの知識を増やすことのために、動画サイトなどでソロキャンプのチャンネルなどを頻繁に見るようにしましょう。

また、たまには家族でキャンプに行くのもおすすめです。

不倫デートが終わったら既婚男性が確認するべきこと

発着信履歴や検索履歴の削除

スマホを操作する男性

不倫相手への発信履歴や、相手からの着信履歴は、電話を切った時点で消すのが理想的です。

それを徹底している人も、念の為自宅に帰る前には、必ず携帯の発着信履歴をチェックして、不倫相手とのやり取りを削除できているか確認しましょう。

また、勘のいい人ならスマホの検索履歴から、不倫の疑惑を持つ人がいます。

デートスポットやホテル、不倫相手との会話の中で出てきたことを検索していたら、しっかり消去してください。

例えば、不倫相手の誕生日が近くなってきたときに「夜景 レストラン」「20代 プレゼント」などと検索していると、間違いなく不倫を疑われます。

可能なら、すべての検索履歴を頻繁に削除するクセを身につけておくと安心です。

「うちの嫁は、そこまで詮索しないよ」などと高を括っていると、思わぬところから不倫がバレることがあるので気をつけましょう。

メールやLINEの消去

スマホを持つ男性の手

不倫するときの基本ですが、メールやLINEのやり取りは、すぐ消去してください。

不倫がバレるケースで一番多いのが、現代ではLINEのやり取りを見られるケースです。

LINEはパスワードが不要なので、携帯のロックが解除できれば誰でも見放題です。

メールやLINEは文字で残っているので、見られたときは言い訳できませんし、不倫の決定的な証拠になります。

既婚者側は、自宅に帰る前にLINEのトークルーム自体を削除すると証拠が残りません。

男性が削除しても、女性側にはやり取りが残っているので、写真などもLINEのアルバムに残しておくといいでしょう。

LINE自体を使いたくない人は、不倫相手とのやり取りはフリーメールを使うのもおすすめです。

YahooやGoogleで作れるフリーメールは、不倫のやり取りに使うことが少ないので、会う約束や際どい内容のやり取りには、フリーメールを使うといいでしょう。

その際は、自動でパスワードが入力されないような設定にしておき、さらにやり取りはその都度消してください。

衣類についた匂いのチェック

寄り添うカップル

不倫相手と会った日は、自宅に帰る前に彼女の匂いがついていないかチェックしましょう。

長時間一緒にいると、匂いに鈍感になっているので、必ず匂いがついているという前提で対処してください。

香水を消すには、アルコールか消臭剤をスプレーするのが手っ取り早い方法です。

ただし、匂い付きの消臭スプレーでは、逆に変な匂いがして怪しまれるので、無香料のものを使いましょう。

また、スプレーを使う理由も、奥さんに聞かれたときのために準備しておくと安心です。

例えば「会社でタバコの匂いがするって同僚に指摘された」「汗の匂いがしそうで心配」という話をしておくと、消臭スプレーを使うことに違和感がありません。

また、不倫相手と会わない日も使うようにすると、さらに自然です。

スプレーを使う場合は、自宅に着く直前ではなく、不倫相手と別れてすぐ使うようにしましょう。

服だけでなく、車に乗せたときは車の消臭も忘れずに行ってくださいね。

アリバイを整理しておく

時計を見る男性

不倫相手と別れて自宅に着くまでに、空白の時間を埋めるためのアリバイを整理しておきましょう。

例えば、会社から不倫相手と会って帰宅するまで、空白の時間が3時間あったら、その3時間を埋めるアリバイが必要です。

「残業になった」「帰宅途中で上司に飲みに誘われた」「部下の〇〇(男性)から相談された」など、パートナーに聞かれたときのために、違和感のない理由を考えておきます。

違和感のない話をするコツとしては、本当の話を2〜3割ほど盛り込むことです。

上司とランチをしたら、その日のアリバイを上司との飲み会にします。

上司とは実際に会話しているので、会話の内容をアリバイ話に盛り込むと、あなたの言葉に信憑性が増します。

部下から相談されたのが昼間でも、夜相談されたことにして、相談内容を盛り込んで話すと嘘がバレにくくなります。

ただし一点注意してほしいのが、人は嘘をついていると聞かれてもいないことをベラベラ話てしまう傾向があるという点です。

また、焦りから早口になってしまう人もいます。

これらの傾向を念頭に入れて、嘘をつくときは普段と同じ口数とペースで話すよう意識してください。

財布やバック・ポケット内のチェック

ジャケットのポケット

不倫から帰宅する前には、財布やバック、ポケットの中身をチェックしましょう。

レシートやメモが入っていたら、後からではなくその場ですぐ処分してください。

コンビニのレシートなども、パートナーに話した内容とズレた場所のものが見つかれば、不倫を疑われる原因になります。

とにかく、不倫をバレずに続けたければ、証拠になりそうなものは残さないことが大切です。

目に見える証拠だけでなく、クレジットカードの利用履歴にも注意が必要です。

ホテルなどの料金をカードで支払うと、意外な理由で不倫がバレることにつながります。

利用履歴は郵送されないという人も、ネットで確認すれば見られるので、出来るだけ不倫デートのときは現金での支払いを心がけましょう。

帰宅したら完全に気持ちを切り替える

父親と娘

どんなに不倫相手が好きでも、あなたが家庭を壊さないと決めているなら、帰宅後は気持ちを切り替えて家族に接しましょう。

家族と過ごしてるときに、不倫相手とのデートを思い出したりLINEをしたりすると、言動に変化が出てパートナーに怪しまれます。

今後も、家庭を壊さず不倫を続けていきたければ、自宅では家族への罪悪感も不倫相手への愛情も、一旦忘れてください。

不倫を長く続けている人は、この切り替えが上手い人なので、今後意識して家族と接してみましょう。

デート後に送るLINEの注意点

基本的に送らない方がいい

スマホを見る女性

不倫デートをして帰宅したら、基本的に不倫相手とはLINEしない方がいいでしょう。

帰宅してスマホを触っていると、パートナーに怪しまれる可能性が高いからです。

ただスマホを見ているだけなら良いのですが、さっきまで一緒にいた相手とやり取りしていると、知らぬ間に表情が変わることがあります。

特に、男性は嘘をつくのが下手なので、不倫相手からのLINEを見て、無意識にニンマリしたり動揺したりと、表情が変わることが多いものです。

女性は、敏感な男性の変化から不倫に気付くことがあるので、帰宅後のLINEは我慢した方が良いでしょう。

不倫相手にも、家に帰ったらLINEはできないと伝えておき、それを徹底した方が逆に相手に寂しさを感じさせません。

行動が分かる内容はNG

携帯を見る男性

パートナーが不倫を疑っている場合、怪しいと思った日はスマホのチェックをされることがあります。

そのとき、帰宅前に会っていたことが分かる内容や、次に会う約束が残っていたら不倫の証拠になります。

特に、次に会う約束は注意が必要です。

事前に行動を把握されるので、不倫の証拠を掴む材料になる危険があるからです。

デートの後に、余韻を楽しみながらLINEができないのは寂しいでしょう。

しかし、パートナーにバレてしまえば、二度と会えなくなる可能性もあります。

離婚はできないけど不倫相手には会い続けたいと思うなら、LINEには細心の注意を払ってください。

写真のやり取りは絶対にしない

写真を撮る恋人

LINEトークに、その日のデートの写真を送るのは絶対にしてはいけません。

相手にも、しっかりそのことは伝えておきましょう。

これは、証拠になるというだけでなく、パートナーに見られた場合、大きなショックを与えることになります。

不倫だけでも大きなショックを与えるのに、視覚的にその事実を突きつけるのは、とても残酷なことです。

不倫は、やっていいことではありません。

しかし、どうしても気持ちを抑えられないから続いているのでしょう。

どうしても不倫をやめられないのなら、せめて最低限の慎ましさを持って付き合うようにしてください。

返信を期待して送らない

スマホを操作する男性

不倫相手が帰宅してからLINEを送るなら、返信を期待するのはやめましょう。

これは、ダブル不倫をしている人たちに、特に意識して欲しいことです。

不倫の場合、帰宅して家族がいる状態では思うようにLINEのやり取りができなくなります。

それを無視して、無理に連絡を取ろうとすると、パートナーに怪しまれる原因になります。

また、そのような状況で返信を催促すると、不倫相手に重たいと思われる可能性もあります。

不倫関係の間は、デート後のLINEに返信がなくても、相手を責めたり返信を催促したりしない方が、長く良い関係が築けます。

バレない行動を攻略して不倫デートを楽しもう

顔を寄せ合う恋人

不倫デートをするときは、嬉しさやスリルが先に立って、準備や配慮を怠ってしまいがちです。

しかし、これらを怠るとパートナーに不倫がすぐバレてしまい、修羅場になった上に不倫相手に二度と会えなくなることすらあります。

そうならないためにも、不倫相手としっかり話し合ってバレない工夫を怠らないようにしてください。

不倫はいいことではありません。

しかし、湧き出てくる感情を抑えるのはとても辛いでしょう。

どうしても不倫をやめられないのなら、せめてバレない配慮を入念にした上で、不倫デートを楽しんでください。