手を繋ぐ恋人

仲の良い恋人たちが持っているペアグッズ。

不倫とはいえ、大好きな不倫相手とは、お揃いのものを持ちたいと思いますよね。

ただ、あからさまに不倫相手とのペアグッズを持っていると、周囲の人やパートナーに不倫がバレてしまいます。

不倫相手とペアグッズを持ちたいと思ったら、どんなアイテムならバレずに2人の仲を深められるのか見てみましょう。

既婚男性から独身女性へ、既婚女性から独身男性へ、既婚者同士で、それぞれの不倫の形にベストなペアグッズをまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。

また、それぞれのペアグッズには、購入や使う際の注意点なども紹介しているので、ペアグッズで不倫がバレないように気をつけましょう。

ペアグッズを使うときの注意点も一緒に紹介しているので、不倫バレにつながらないためにも、必ずチェックしてくださいね。

不倫恋愛をしている相手とバレないペアグッズが欲しいと思うきっかけ

友達から恋人とペアグッズを持っていることを聞かされた

女友達との会話

友達との会話の中で、彼氏や夫とペアグッズを持っていることを聞かされると「私も彼とペアのものを持ちたいな」という気持ちになるのは当然です。

「彼からお揃いのリング買ってもらったんだ」

「彼女がお揃いの財布にしたいって言うからさー」

「この前の記念日に、ペアのネックレス買ったんだよ」

このような友達の恋愛報告を聞いていると、秘密の恋愛をしていることが、とても苦しくなります。

ペアグッズというのは、男女の仲の良さを目に見える形にしたものなので、不安定な不倫関係の相手とは、特にペアグッズを持ちたいと思いますよね。

お揃いのものを持っているというだけで、会えない時でも繋がっているような安心感がありますし、毎日使えるものがペアグッズなら、それを使うたびに嬉しい気持ちになるでしょう。

友達のペアグッズの購入報告をきっかけに、不倫相手を誘って買い物に出かけるカップルはたくさんいます。

彼を独占したい気持ちが抑えられなくなった

プレゼントを渡す女性

ペアグッズというのは、一種のマーキングのようなものです。

「彼(彼女)は自分だけのもの」と、不倫相手のパートナーや周囲の人への牽制の意味が、少なからずペアグッズには投影されています。

不倫という関係は変えられなくても、独占欲が高まってくると不倫相手とペアグッズを持つことで安心したいと思うようになるのです。

もし、独占欲からペアグッズを持つ場合は、相手のパートナーにバレるような挑戦的なグッズを選びがちです。

ペアグッズを購入する時は、一旦冷静になって大胆なグッズ選びをしないよう注意しましょう。

不倫相手を困らせても、不倫相手のパートナーに挑戦的な態度を取っても、誰の得にもならないので最低限の気遣いは忘れないでください。

自宅や職場にいても自分のことを思い出していて欲しいと思った

職場のミーティング

ペアグッズを持っていると、不倫相手と離れていても心が繋がっているような気持ちになれます。

特に、不倫相手が家族といる時や、自分が自宅で過ごしていて不倫相手がフリーの時間を過ごしている時は、気持ちが離れそうで不安を感じますよね。

自分が忘れられているのではないか、このまま不倫相手が心変わりをしてまうのではないか、と怖くなることもあるでしょう。

そんな時は、ペアグッズを見て自分を思い出して欲しいと思うようになります。

ペアグッズを持つということは、少なくともすぐに別れたいとは思っていないということです。

すぐに別れたい相手とは、お揃いのものを持とうとはしませんよね。

ペアグッズは一緒に使うのも嬉しいですが、不倫カップルの場合、離れている時こそ2人を繋いでくれるアイテムになります。

相手からの愛情を目に見える形で持っていたい

ペアのマスコット

お揃いのモノを持つということは、不倫相手のことを大切に思っていて、今後も一緒にいたいという気持ちの現れです。

今後、長く一緒にいるつもりのない相手とは、お揃いのものを買う気にはなれませんよね。

また、不倫の場合はペアグッズを買うのに多少のリスクがあります。

ペアグッズを持っていることで、パートナーや周囲の人に不倫がバレてしまう危険があるので、遊びで付き合っている人とはそんなリスクは冒そうとしません。

ペアグッズは普通のプレゼントとは違い、相手の本音を形にしたものなので、どうしても欲しくなってしまうのです。

たまたま好きなブランドが被った

ショッピングをする恋人

不倫相手が好きなブランドと、自分がよく買っているブランドが同じだと分かった時は、ペアグッズを検討するきっかけになります。

自分が日頃から身につけているものなら、新しく買ってもパートナーに怪しまれることはありませんし、何より同じブランドが好きなのは嬉しいですよね。

会話の中で、同じブランドが好きなのが分かったら「じゃあ、今度〇〇買いたかったから同じもの買わない?」という話にもなりやすいでしょう。

不倫相手と買い物に行ったらお揃いのもの並んでいた

ショッピングモールの風景

不倫相手がスニーカーやTシャツを買いに行くのに付き合った時、男女ペアになっているものがあれば、一緒に持ちたいという気持ちになりますよね。

今までペアグッズに興味がなかった人も、同じデザインのものを見ると欲しくなってしまうはずです。

Tシャツやスニーカーは、ペアにしていても一緒にいる時に身につけなければ不倫バレすることはありません。

他にも、キャップやマフラーなども、工夫すれば不倫がバレずにペアグッズとして持つことができます。

今まではペアグッズを買おうなどと思ったことがなくても、不倫相手が買ったもののペアがあれば、欲しくなってしまう人は多いでしょう。

不倫カップルのマル秘作戦!バレないペアグッズを選ぶポイント

一緒に持つタイミングがないものを選ぶ

財布を出す女性

ペアグッズを不倫相手と一緒にいる時に身につけていたら、周囲の知人たちに「私たちは不倫しています」と言っているようなものです。

恋人でも、恥ずかしという理由でペアグッズを一緒のタイミングで身に着ける人は少ないので、不倫カップルも一緒に使うことがないものを選ぶようにしましょう。

例えば、ネックレスやブレスレットは、一緒につけるタイミングが増えるので、その分不倫がバレやすくなります。

しかし、一緒に使う機会が少ない文房具や定期入れなどは、不倫バレすることが少ないのでおすすめです。

ペアグッズなので、一緒にいる時こそ使いたいと思うかもしれませんが、不倫がバレるとペアグッズどころの話ではなくなります。

それを理解して、ペアグッズを買ったときは使うタイミングを慎重に選びましょう。

色違いなどを選んで一見するとペアだと分からないものにする

2つ並んだ花

一見、ペアグッズだと分からないものを選ぶのも、賢い不倫カップルの行動です。

ペアグッズは、2人がペアだと分かっていれば良いのです。

周囲の人に見せつけるために持つものではないので、色違いやリンク商品などを選んでみましょう。

その選び方の方が、あからさまに同じデザインのペアグッズを選ぶよりオシャレです。

同じブランドと同じ色でも、デザインが全く違うものなどにすると、バレにくくなりますし周囲の人に偶然だと言い訳もできます。

もし、ペアグッズを買う理由が「パートナーや周りの人に見せつけたい」という気持ちなら、ペアグッズの購入は見送り、冷静になる期間を設けてください。

不倫がバレたら、ペアグッズどころか不倫相手と一緒にいることも難しくなります。

不倫の場合、お互いの心の安定や愛情表現の一環としてペアグッズを持つようにしましょう。

パートナーに自分で買ったと言っても違和感のないものにする

男性のシャツ

既婚者の中には、自分で買い物に行って物を購入する習慣のない人がいます。

特に既婚男性に多いのですが、ショッピングに興味がない人は服や小物は奥さんと買い物に行くか、ネットでなんとなく買って済ませているのではないでしょうか。

そんな人が、突然自分で服やファッション小物、アクセサリーなどを買ってきたら、奥さんは必ず不倫を疑います。

女性の勘はいいので、ペアグッズとまでは気付かなくても、女性からのプレゼントや他の女性と買い物に行ったのだと思うでしょう。

一度疑われると、今後不倫相手と会うのはかなり難しい上に危険になります。

また、既婚女性も男性の趣味に合わせてアイテムを選ばないようにしてください。

女性は男性に合わせてしまうところがあるので、今まで買ったことのないようなデザインのものを買って使っていれば、不倫を怪しまれる原因になります。

これからペアグッズを買うなら、自分が買っても違和感がない物にしましょう。

今まで使っていなかったものは絶対に避ける

男性の香水

ペアグッズを選ぶときは、今まで自分や不倫相手が使っていたものかどうかも、選択の基準にしてください。

今までネックレスなど使ったことのなかった人が、急にネックレスを買ってくればパートナーは必ず怪しみます。

同じ理由で、香水、キャップ、サングラスなどは、今まで使う習慣がなければペアグッズには選ばない方がいいでしょう。

日常生活が便利になるものではないグッズを、突然買って使い始めるというのは、かなり違和感があるのです。

既婚者が怪しまれずにペアグッズを持つなら、今自分の身の回りにある物で日常的に使っている物を選ぶと安心です。

ただし、今まで使っていなかったものでも、生活が便利になるグッズなら購入しても変に思われません。

生活を向上させたいと思うのはおかしな話ではないので、便利グッズ系ならペアグッズとして選んでもOKです。

相手が嫌がる時は無理にペアグッズを押し付けない

悩む男性

あなたは、どうしてもペアグッズが欲しいと思っていても、相手が嫌がる時は押し付けないようにしましょう。

そもそも、不倫がバレるかどうかは関係なく、男女でお揃いのものを持つのが嫌いな人もいますし、家族への罪悪感などで恋人がするようなことはしたくないと思っている人もいます。

寂しいかもしれませんが、相手のこうした気持ちを尊重し、嫌な顔をされたらペアグッズは諦めましょう。

ペアグッズに関してワガママを行ったばかりに、相手から嫌われて別れ話に発展することもあるので、自分の価値観を押し付けないようにしてください。

どうしてもペアグッズを諦めきれないなら、明らかにペアだと見えないようなものをプレゼントして、似たものを一緒に買ったことにするなどして慣らしていきましょう。

※期間限定

不倫している彼や復縁したい元カレとの間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

既婚男性から独身女性に送りたくなるバレないペアグッズ

同じパワーストーンを使った【天然石ブレスレット】

ペアのブレスレット

女性はパワーストーンが好きな人が多いので、自分と彼女のブレスレットに同じ石を使った天然石のブレスレットは喜ばれます。

パワーストーンなら、仕事などの関係で頻繁につけられなくても、部屋に置いて楽しむこともできます。

ブレスレットをペアにする場合は、あなたが今までブレスレットをつける習慣があったかどうかを必ず考慮してください。

今まで、ブレスレットをつける習慣が全くなかったのに、急につけるようになると奥さんから怪しまれてしまいます。

不倫相手が欲しいと言っている場合は、少々罪悪感があるかもしれませんが、奥さんも一緒に天然石のブレスレットを作ってあげるといいでしょう。

「同僚がブレスレットをつけていて欲しくなったから、お前も一緒に作る?」と一言声をかけておけば、あなたがブレスレットをすることに違和感がなくなります。

奥さんには好きな天然石を使ってブレスレットを作り、あなたと不倫相手は同じ石を使って、デザインを似たものにすると怪しまれないペアグッズになります。

スケジュール管理が楽しくなる【手帳】

手帳売り場

手帳も、不倫カップルがペアグッズにするには最適です。

色違いで持っていると、1年間のスケジュール管理が楽しくなるでしょう。

手帳は、職場が同じでなければ、ペアグッズであることが周囲にバレることはありません。

もし、仲間内で同じものを持っていたとしても、手帳なら違和感のない言い訳ができます。

「〇〇ちゃんの手帳が使いやすそうだった方、教えてもらって買ったんだ」

「この手帳、人気だから誰かと被ると思っていたんだよ」

こうした理由を聞かされても、違和感がないのですんなり受け入れられます。

手帳が被ることは珍しいことではないので、男女ともに人気のある手帳を選んで、こっそりペアにしちゃいましょう。

同じ職場でペアの手帳を贈りたい場合は、中身は同じでもカバーが全く違うものを選ぶと、簡単にペアだとは分かりません。

カバー違いでも、手帳に2人しか分からないシールやステッカーを貼っておくと、さらにペアグッズ感が増しますよ。

今まで使っていた人限定で【香水】

香水をつける女性

香水を今まで使っていた人は、お揃いの物を不倫相手にプレゼントすれば、香りがペアになるので喜んでもらえます。

不倫がバレる原因のひとつとして、女性の香水の匂いが既婚男性の服についてしまうことがあります。

旦那とは違う香りがすれば、今まで毎日洗濯をしていた奥さんは、すぐに怪しいと気付くのは当然です。

不倫相手の匂いが原因で、不倫バレするのを防ぐためにも、不倫相手が同じ香水をつけているのはメリットになるのです。

奥さんに怪しまれないタイミングで、ユニセックスの香水に変えて、彼女と一緒の物を使いましょう。

香りが一緒なら、離れている時もお互いのことを思い出せますよ。

一緒に寝ている時にニヤけてしまう【アンクレット】

アンクレットをした女性

アンクレットも、既婚者側が今までつけている習慣があれば、ペアグッズとして不倫相手に贈ることができます。

一緒に寝ている時、お揃いのアンクレットをつけていると、幸せな気持ちになります。

アンクレットは、レザーやスウェード紐などの素材もありますし、ミサンガのようなものもあります。

アクセサリーが苦手な人でもつけられますし、アクセサリー感がないものにすれば、ペアグッズと思われることも少ないでしょう。

ただし、今までアンクレットをつけた経験が全くない人は、突然つけ始めると怪しまれてしまうので注意してください。

雨の日が楽しくなっちゃう【傘】

傘を持つ女性

傘や折り畳み傘も、ペアグッズとは分かりにくいのでおすすめです。

会社が同じ場合は、一緒に持たないことだけ気をつければ、不倫がバレる心配もないでしょう。

傘は、男性が自分で買っても、それほど違和感がありません。

「雨の日に傘がなくて買った」と言ってもおかしい話ではありませんし「会社の人からもらった」と言っても、傘なら意味深な感じがしないので安心です。

不倫相手とお揃いの傘を持っていると、雨の日が楽しくなりそうですね。

オンでもオフでも使える【マイボトル】

マイボトル

マイボトルは会社にも持っていけますし、プライベートで出かける時にも使える万能グッズです。

デザインもたくさんあるので、2人好みのものが必ず見つかります。

色違いにしていれば、お揃いであることも分かりづらいですし、もし同じ物を持っていたとしても、不倫に直結しないアイテムなので安心です。

持ち運びできるものだけでなく、自宅で使うタンブラーなどもペアにすると嬉しいものです。

こちらも、既婚男性が持って帰っても不審がられるものではないので、不倫を疑われることは少ないでしょう。

離れていても、ペアのタンブラーを使っていると思うと、独身女性の不安な気持ちが軽くなるはずです。

出す機会が少ないのでバレにくい【メガネケース】

メガネケース

あなたも不倫相手もメガネを使用しているなら、メガネケースをお揃いにするのもアリです。

メガネケースは、頻繁に出し入れするものではありませんし、誰かに見られたとしても他人のメガネケースを詳細に覚えている人は少ないので、同じ会社でもバレる心配は少ないでしょう。

バレるのが心配なら、奇抜なデザインを避けて、シンプルで人の記憶に残らないようなものを選んでください。

本人たちだけがペアだと分かっていれば、それだけで嬉しいものです。

既婚女性から独身男性に送りたくなるバレないペアグッズ

日頃は人前に出す機会の少ない【キーケース】

キーチェーン

キーケースは、日頃人前で出すことがないので、ペアだとは分かりづらいアイテムです。

独身男性に贈るにも素敵なプレゼントになりますし、ペアで持っていても怪しまれることは少ないでしょう。

女性は、自分の持ち物は自分で購入する人が多いので、新しく何かを買って使い始めても違和感がありません。

キーケースも、今まで使っていなかったとしても「友達が持っていて便利そうだから買ってみた」と言えば、旦那もすんなり納得してくれるでしょう。

キーケース以外にも、キーリングをお揃いにすることも可能です。

キーリングならケースほど存在感がないので、不倫バレ防止にもなります。

お揃いとバレるリスクが低い【定期入れ・名刺入れ】

名刺入れ

定期入れや名刺入れも、会社が別であればペアグッズだと分かりづらいのでおすすめです。

定期入れは、一緒に使うことが少ないので、周囲の人にお揃いだとバレることは少ないですし、名刺入れも社内で頻繁に出すことが少なければ、ペアで持っていても安心です。

定期入れや名刺入れをペアグッズとして持っていると、毎日仕事に行くのが楽しくなりますよね。

より、バレにくいものを選びたい場合は、デザインがシンプルな物を色違いで選んでください。

デザインが特徴的なものにすると、周りの人がペアであることに気付いてしまい、そこから不倫が発覚することも考えられます。

誰でも持っているようなシンプルなデザインを選べば、いつまでも安心してペアで使い続けられます。

デートの時だけお揃いにできる【スニーカー】

ペアのスニーカー

スニーカーも、ペアで持つと嬉しいアイテムです。

スニーカーは、派手なデザインでなければ一見ペアだと分からないので、万が一一緒に使っているところを誰かに見られても、不倫に直結するほど危険なアイテムではありません。

また、夏場ならサンダルをペアにしても、可愛いのでおすすめです。

全く同じ色や同じデザインの物にしても、一緒に使うタイミングが少なければバレることはないでしょう。

靴やサンダルを選ぶ時は、どんなに可愛くてもデザインが特徴的なものは避けるようにしてください。

目立つデザインだと、別々のタイミングで使っていても、覚えられやすいのでペアであることがバレてしまう危険があります。

また、ペアグッズをSNSに投稿するのも危険です。

靴やサンダルは、ついSNSに投稿しがちですが、不倫を疑ったパートナーは、ペアグッズで不倫相手を特定することがあります。

すぐにペアグッズだと分かりにくい【サングラス】

笑い合う恋人

既婚女性にサングラスをつける習慣があれば、お揃いのものを独身男性に贈ると喜ばれます。

サングラスも、シンプルなデザインなら一見してペアであることが分かりづらいので、不倫バレは少ないでしょう。

ブランドによっては、レディースとメンズでデザインが全く違うものもあるので、サングラスを選ぶときはそういったタイプを選ぶと、さらに安心です。

また、サングラスなら不倫デートをするときの変装グッズとしても使えるので、これからサングラスを購入しようと考えているなら、メンズも一緒にチェックして彼に贈ってみてはいかがでしょうか。

仕事でも日常でも使える【ボールペン】

青いボールペン

ボールペンは、仕事で日常的に使う割に、ペアグッズだとバレにくいので、社内不倫をしている彼にも安心して贈れます。

ボールペンの中には、イニシャルや簡単なメッセージを彫刻できるものもあるので、2人にしか分からない文字を入れて贈るのも素敵ですよね。

ステーショナリー系なら、他にも万年筆、ペンケース、USB、ガジェットケース、ブックカバーなども検討してみましょう。

日常的に使うステーショナリーは、ペアにしていてもあまり周囲に気付かれません。

ただし、デザインを覚えられやすいものにすると、ペアだとバレる可能性が高まるので、できるだけシンプルで、多くの人が使っているようなものを選んでください。

相手が独身男性なら安心な【アクセサリー】

ネックレスをした女性

相手が独身男性なら、アクセサリーを贈ってもOKです。

不倫相手が既婚男性なら、急にアクセサリーをつけ始めるのは危険なのですが、相手が独身なら、既婚女性がOKならペアグッズとして選んでも安心です。

女性は、結婚後もアクセサリーを自分で購入する人が多いので、新しいものを買っても旦那に怪しまれることは少ないでしょう。

ネックレスやブレスレットなど、本来は不倫カップルのペアグッズとしてはNGのアイテムでも、相手が独身男性なら安心して贈れます。

もっともペアにしてはいけないと言われるリングでも、女性がピンキーリングなどにすれば、不倫を怪しまれることは少ないはずです。

とはいえ、不倫関係であることは忘れず、ネックレスやリングは明らかにペアだと分かるものは避けましょう。

2つのアクセサリーを並べると、ひとつのデザインになるようなものは、旦那が気付かなくても、他の家族や周りの人に気付かれる危険があるので避けてください。

音楽を聞くたびに思い出してもらえる【イヤホン】

iPhoneとイヤホン

男性は、最新のガジェットが好きな人が多いので、気軽に使えて何個あっても困らないイヤホンを贈ってみましょう。

イヤホンは、ペアグッズというイメージが少ないので、同じものを持っていても安心です。

ペアグッズ感を出したい時は、イヤホンケースをお揃いにすると、一気にペアグッズらしくなります。

ケースなら、出し入れする時だけしか人目に触れないので、ペアグッズだと気付かれることもほとんどありません。

イヤホンケースは、探すとたくさんの種類があるので、彼が気に入ってくれるようなものを探して、イヤホンと一緒に贈ってみましょう。

プレゼントの定番になっている【財布】

男性の財布

既婚女性と独身男性のカップルなら、財布をペアにしても不倫バレの心配は少ないでしょう。

同じ職場やパートナーと不倫相手が同じコミュニティーに居る場合は、明らかにペアグッズと分かるものではなく、デザインや色が違うものを選んでください。

凝ったプレゼントをしたい場合は、オーダーでペアの財布を作ってもらうのもおすすめです。

彼と一緒にどんな財布が良いか考えて、お揃いの財布をオーダーすれば、自分の理想通りの使い勝手の上、世界にひとつだけのペアグッズができます。

既婚者同士の不倫恋愛で送りたくなるバレないペアグッズ

使うたびに繋がりを感じられる【スマホケース】

カラフルなスマホケース

既婚者同士は、デートの時間が取れないことが多いので、毎日頻繁に使うスマホケースがペアだと嬉しいですよね。

不倫がバレないようにするには、通知が来ても画面が見えない手帳型のケースを選ぶと安心です。

なかなか不倫デートができなくても、使っているスマホケースがペアだと思うと、会えない時間も寂しくありません。

注意したいのは、派手なデザインのものを選ばないことです。

特徴のあるケースにすると、ペアなのがすぐバレてしまうので、できるだけシンプルなものを色違いで持つといいでしょう。

ペアグッズに特別感を持たせたい場合は、ケースの内側に特徴のあるものを選ぶと、不倫バレしにくいので探してみてください。

気に入るものがなければ、ケースの内側に2人だけが分かる印をつけたり、同じステッカーを貼ったりするといいでしょう。

また、スマホケースはオーダーで作れるサービスが多いので、2人で考えたデザインをオーダーすれば、他の人は持っていない2人だけのケースが完成します。

シンプルなデザインならバレにくい【Tシャツ・トレーナー】

カラフルなシャツ

既婚者の不倫相手とパートナーが会う機会がなければ、Tシャツやトレーナーなどの服をペアにしてもバレにくいでしょう。

服は、シンプルなデザインを色違いで選んだり、同じブランドのものでデザインが少し違うものを選んだりすると、一見してペアだと分かりません。

他にも、ファッションアイテムをペアにするなら、パーカーやキャップなども、お揃いだと嬉しいアイテムです。

パジャマをペアにする不倫カップルもいますが、それはお互いがパートナーと過ごしている時でも、自分のことを考えていて欲しいという心理からです。

既婚者同士の不倫で一番ツラい時間は、お互いが自分の家族と過ごしている時です。

そんな時に、ペアのパジャマを着てくれていると思うと安心できますよね。

ゲーセンデートでもゲットできる【小さいぬいぐるみ】

ペアのぬいぐるみ

ゲーセンなどの景品になっている小さなぬいぐるみも、同じものを持っていると嬉しいものです。

同じぬいぐるみの表情違いや、同じシリーズのものを飾っておけば、それを見ているだけで安心できますよね。

大きいぬいぐるみだと違和感を持たれる可能性もありますが、小さなものならそれほどおかしくはありません。

「会社の人にもらったんだ、可愛いでしょ」

「この前、フラッとゲーセンに行った時に取れた」

「このシリーズ、集めようかと思ってるんだよね」

パートナーは、こうした理由を聞けば不倫を疑うことはまずありません。

ぬいぐるみの他にも、ガチャで取れるカプセルトイなども同様です。

机や棚に飾ったり、いつも使うバッグに下げて置いたりすると、ふと目に入った時に幸せな気持ちになれます。

一緒にスポーツがしたくなる【スマートウォッチ】

スマートウォッチをする男性

スマートウォッチをペアで持つカップルも、近年徐々に増えています。

いつも身につけておけるものの中では、一番不倫を疑われないアイテムなので、既婚者同士の不倫カップルにもおすすめです。

既婚者が、突然見慣れない時計やブレスレットを使い始めると、パートナーから怪しまれることがあります。

しかし、スマートウォッチなら「そろそろ健康に気をつけたい」などの理由で使い始めれば、全く違和感がありません。

また、費用もそれほど高いものではないので、既婚者がお小遣いの中から購入しても負担にならないでしょう。

バンドの色にバリエーションがあるものも多いので、色違いで使えばペアグッズ感がアップします。

不倫相手とパートナーが会う機会がある、不倫相手と同じ職場で働いている、という不倫カップルは、同じスマートウォッチを使っているとバレる可能性があるので注意してください。

いつも使っていれば違和感がない【小銭入れ】

コインケース

財布を変えるとパートナーに怪しまれそうなら、小銭入れがおすすめです。

男性の中にも、財布がパンパンになるのが嫌だという理由で、小銭入れを使っている人が多いでしょう。

今まで使っていなくても、上記の理由で購入したと言えば、パートナーに怪しまれることはありません。

小銭入れは、カジュアルなものから高級なものまでバリエーションが豊富なので、2人のファッションやライフスタイルに合わせて選べるのも嬉しいポイントです。

小銭入れ以外にも、お互いがランニングやウォーキングをする習慣があれば、スマホや小銭を入れるためのアームバンドをペアにしてもいいですね。

ペアグッズは使いたくなるので、お互い運動不足が解消できますよ。

どちらかの機種変更に合わせて【スマートフォン】

スマートホン

スマホも、実はパートナーに不倫がバレにくいペアグッズのひとつです。

スマホは、定期的に購入するものなので、男女ともに買い替えをしても違和感がありません。

同じスマホを持っていれば、使い方やスマホの特徴などで盛り上がれますし、何より使う度に不倫相手のことを思い出せるのが嬉しいですよね。

新発売されたスマホにお互いが興味を持っていたら、思い切って同じ機種に買い換えてみるのもいいでしょう。

また、スマホを機種変更するタイミングでなければ、スマホケースをお揃いにする方法もあります。

ただし、既婚者の場合は、派手なケースを選ぶとペアグッズだとバレてしまうことがあるので、シンプルなデザインを選びましょう。

つけていると心まで暖かくなる【防寒具】

ベッドに置かれたマフラー

マフラーや手袋といった防寒具をペアにするのも、既婚者同士なら嬉しいものです。

どんなに寒い日でも、お揃いのマフラーをしていれば暖かい気持ちになれますよね。

防寒具をペアにする時の注意点としては、ダブル不倫の相手と会う日はつけていかないことです。

ペアグッズをつけて一緒に歩いていれば、誰かに見られた時、確実に不倫とバレてしまいます。

ファッションアイテムをペアにするときは、それぞれ別の時間を過ごしている時の安心感を得るためと割り切って持つようにしてください。

お互いが家に居る時に使える【マグカップ・タンブラー】

ペアのタンブラー

既婚者同士の不倫なら、お互いが自宅で過ごしている時間が不安ですよね。

そんな気持ちを軽くするためにも、自宅で使えるマグカップやタンブラーをお揃いにしてみましょう。

お互いが自宅で使うものなら、ペアグッズだと分からないので不倫バレの心配はありません。

しかし、本人たちは理解しているので、自宅に居ても不倫相手と繋がっているような気持ちになれます。

自宅に持ち帰っても怪しまれないものとしては、有名チェーン店のカフェで販売されているカップやタンブラーなどがいいでしょう。

カフェで売られているものなら、パートナーも深い意味を感じないので、バレる心配なく使い続けることができます。

誕生日プレゼントの渡し方で不倫相手との愛情が深まる!既婚男性を感動させる渡し方の極意

不倫相手とペアグッズを持つなら慎重に行動しよう

手を繋いだ恋人

好きな人とペアグッズが持てるようになると、嬉しくて浮かれてしまいますよね。

しばらくは、ペアのアイテムをずっと見ていたいと思うほど、幸せに浸ってしまう人もいるでしょう。

ただ、既婚者が不倫相手とペアグッズを持つことは、不倫バレしやすくなることを理解しておきましょう。

浮かれてペアグッズを見せびらかすような行動をしていると、不倫がバレて関係を解消しなくてはいけなくなることもあります。

そうならないためにも、ペアグッズを持ったら慎重に行動し、パートナーや周囲の人にバレないように行動してください。

2人の秘密のペアグッズを持てるようになれば、離れていても不倫相手からの愛情を感じられるようになりますよ。