山登りをする女性

不倫をしていた彼氏に振られたら「何が原因だったのか」「もう復縁は無理なのかな」などと、色んな考えが頭の中を巡っていくことでしょう。

さらに、これから彼以上に好きになれる人ができるのか、彼を忘れることができるのか、これから先のことも不安になりますよね。

不倫が終わったことは、あなたの人生にとって、悪いことではありません。

彼のことをどんなに好きでも、彼に離婚する意思がなければ不毛な時間を過ごすだけの、ツラい恋愛になってしまいますし、婚期を逃して後悔することにもなりかねません。

そうならなくて良かったと思うべきなのですが、そう簡単に割り切れないのが恋心です。

そこで、彼の気持ちが離れた原因と、失恋から立ち直る方法を見てみましょう。

どうしても、彼を忘れられなければ、不倫の彼氏と復縁する方法もまとめているのでチェックしてみてください。

読み終わったときには、あなたの気持ちはかなり落ち着いているはずですよ。

不倫相手の彼氏に振られた時に彼の気持ちがあなたから離れた原因

家族への罪悪感が大きくなった

幸せそうな家族

不倫をしている既婚男性は、何らかのきっかけで家族への罪悪感が強くなり、それが別れる原因になることがあります。

妻や子供の病気、久しぶりの家族旅行、両親の死など、家族と向き合う時間ができたことで、改めて家族の大切さを知り、不倫を終わらせようと思い始めます。

勝手なようですが、男性の意識が家庭に向き始めると、今まで好きだった不倫相手が、急に悪女のように感じられて、言動のひとつひとつが気になるようになっていくこともあります。

家庭から気持ちが離れているときは、不倫相手の「早く会いたい」という言葉に喜んでいたのに、気持ちが家庭に向いた途端に、可愛いワガママが面倒に感じられるようになってしまうことさえあります。

このような理由で、男性は不倫相手と別れて、自分は何もなかったように家庭に戻っていきます。

不倫を続けることに疲れた

考える男性

不倫をしている男性は、仕事と家庭を両立させた上で不倫をしているので、体力的にも精神的にも疲れを感じることがあります。

不倫が始まった当初は、脳内にアドレナリンやドーパミンといった物質が放出されるので、無理なスケジュールでも、それほどツラさを感じることはありません。

寝る時間を削って不倫相手に会いにいくこともできますし、仕事でクタクタでも不倫相手とデートをするパワーが出てくるものです。

あなたも、誰かと付き合い始めたとき、寝ずにデートに行っても全く疲れを感じない経験をしたことがあるはずです。

しかし付き合いが落ち着いてくると、疲れているときは不倫相手に会いに行ったり、奥さんへの言い訳を考えたりするのが面倒になり始めます。

夫婦関係が破綻していて、不倫相手に本気になっていれば、会うのが面倒になることはありませんが、不倫相手に本気になっていない状況では、多くの既婚男性が疲れを感じて不倫を終わらせます。

また不倫相手の要求が激しくなることで、精神的に疲れを感じて、彼女への愛情が薄れてしまうこともあります。

「いつ離婚してくれるの?」「今度お泊まりデートしようよ」などと頻繁に要求されると、不倫が面倒になって別れたくなってしまうのです。

パートナーにバレそうになった

風を受ける女性

パートナーが、不倫に気付いているような言動を見せると、途端に不倫相手を振ってしまう男性もいます。

まだ、不倫が完全にバレていなければ、今のうちに不倫相手と別れて、何もなかったことにすればいいと考えてしまうからです。

中には、不倫相手に迷惑をかけたくないという気持ちから、不倫をやめる男性もいます。

どんな理由であれ、パートナーに不倫がバレるのは、既婚男性にとって絶対に避けたいことです。

不倫相手としては納得できるものではないかもしれませんが、不倫がバレると慰謝料の請求対象になってしまうので、男性が迅速に行動してくれたことで、難を逃れられたと思った方がいいでしょう。

単純に不倫に飽きてしまった

外を見る男性

不倫が始まったばかりのときは、新鮮味やスリルがあり楽しくて仕方ないのですが、付き合いが長くなると不倫相手に飽きが出てきて、それが別れる原因になることがあります。

この理由で振られてしまうのは、相手の男性が不倫相手に本気になれなかった場合や、最初から割り切って付き合っていたときなどです。

また男性の中には、特定の女性に好意を持って不倫を始めるのではなく、色んな女性と不倫をすることが目的の人もいます。

このタイプの男性は、男女の駆け引きを楽しみ、女性を落とした後、相手の気持ちを探りながら関係を深めるという行為自体が楽しいだけなので、関係が安定したらすぐに飽きて別れ話を切り出します。

離婚を待たれているようで辛くなってきた

拗ねる女性

不倫相手と会っているとき、言葉の端々や何気ない言動から、離婚を迫られているような気持ちになると、既婚男性は不倫を辞めたくなっていきます。

既婚男性を追い詰める不倫相手の言動には、次のようなものがあります。

  • いつ離婚してくれるの?としつこく聞く
  • 離婚しない彼に頻繁に皮肉や不満を言う
  • 「結婚したら…」という言葉をよく使う
  • 恋愛以外の趣味や楽しみがない
  • 仕事が嫌いで男性に依存する気満々なのが分かる
  • ネガティブな発言が多い

このような不倫相手の言動は、既婚男性を精神的に追い詰めてしまい、振られる原因になります。

不倫をしている男性の中には、夫婦関係が完全に破綻している人も多いのですが、離婚するにもタイミングがあるので、それを無視して急かすようなことを言われると、不倫相手との楽しい未来が想像できなくなり、心がどんどん離れていきます。

不倫相手に独占欲が出てきた

睨む女性

不倫相手に独占欲が出てきて、行動を制限されるようになったことが原因で、不倫相手を嫌いになることもあります。

具体的には、奥さんとキスをしないように要求したり、他の女性と連絡を取るのをやめさせたりするなどの行為です。

多くの男性は、女性に行動を規制されるのを嫌いますし、束縛や独占欲が強い女性とは、長く良い関係を築くのが難しいと判断します。

付き合いが長くなるにつれて、既婚男性を不安にさせるような独占欲が出てきた女性に対して、男性は徐々に恋愛感情が持てなくなっていきます。

不倫相手に対して責任を取れない

ミステリアスな女性

どんなに愛情があっても、離婚する気がない男性にとって、不倫相手はいずれ別れることになる相手でしかありません。

付き合いが落ち着いてきて、1人の人として彼女に接することができるようになると、未来のない不倫に付き合わせていることに罪悪感が出てきて、それが別れるきっかけになることがあります。

特に、20代後半以上の女性が不倫相手だった場合、婚活を邪魔しているような気になることもあります。

実際に、結婚適齢期に不倫をしていて、婚期を逃して後悔している女性はたくさんいます。

既婚男性が離婚しないと決めている場合は、不倫相手への罪悪感が大きくなって不倫関係を解消することもあります。

不倫相手の彼氏に振られた時に友達が言いがちなセリフ

不倫するような男と別れられてよかったよ

悲しむ女性

多くの不倫経験者が、別れた後に友達に言われる定番のセリフですが本質をついている言葉でもあります。

不倫する男性というのは、どんな理由があるにせよ、パートナーを裏切れる人であることは間違いありません。

もちろん、夫婦関係が完全に破綻している人もいますが、離婚する前に他の女性に癒しやストレス発散を求めてしまったことは、変えようのない事実です。

人の本質や性格は、簡単に変わりません。

彼が離婚して、あなたと上手く行っていたとしても、次はあなたが不倫をされる側になる可能性は十分考えられます。

こうした事例はとても多いので「不倫をするような男」と言われるのは、しょうがないことです。

これで普通の人と恋愛できるね

嬉しそうに笑う女性

不倫をしていると、ただデートをするだけなのに人目を気にしなくてはいけませんし、好きなときに彼氏に電話することもできません。

友達と無邪気に恋話をすることもできませんし、周囲の人から彼氏のことを聞かれても、毎回はぐらかさなくてはいけないストレスを抱え続けなくてはいけません。

この状況は、とても不健全ですし、普通の恋愛をしている人にとっては、理解しがたい恋愛のカタチです。

不倫をしているとき、上記のような状況を聞いていた友達は、心から「普通の恋」ができるあなたに安心することでしょう。

もう不倫はやめなよ

孤独な女性

不倫は麻薬に例えられることがあるほど、依存性のある行為です。

一度不倫をすると、既婚者にしか魅力を感じなくなる女性もいるので、友達から「もう不倫はやめなよ」という言葉が出るのも当然です。

不倫をしているときの背徳感やスリル、奥さんへの優越感など、普通の恋愛にはない感情が忘れられなくなると、次の彼氏にも既婚男性を選ぼうとしてしまうので、友達の助言を重く受け止めて、今後の恋愛に活かさなくてはいけません。

もう連絡しちゃダメだよ

スマホを見る女性

不倫が終わって一番ツラいのは、連絡したい衝動と戦うことです。

人は、恋愛に限らず、習慣を変えようとするとストレスが掛かるものです。

不倫中は彼に毎日のように連絡していた習慣が、別れたことで禁止されると、どうしても連絡したくなってしまうことがあります。

また、復縁したい人や未練が絶ち切れない人も、自分を忘れて欲しくないという気持ちから、彼に連絡したくなってしまいます。

こうした気持ちは、同じ女性なら十分理解できます。

友達のセリフは、思いやりからくるものなので、しっかり受け止めて振られた後は連絡しないようにしてください。

不倫相手の彼氏に振られた後に自分の為になる「必要な考え方」

不倫がバレると悲しいだけでは終わらない

悲しむ女性

不倫をしていた彼から振られて、今までの思い出や彼への気持ちに涙できるのは、彼の奥さんや周囲の人に、不倫がバレずに彼と別れられたからです。

もし不倫がバレていたら、感傷に浸っている余裕がないほどの修羅場が訪れます。

よくある修羅場には、次のようなものがあります。

  • 高額な慰謝料を請求される
  • 親や周囲の人に不倫をしていたことがバレて愛想を尽かされる
  • 彼から裏切られることがある
  • 奥さんや子供を傷つけた罪悪感を背負い続けなくてはいけなくなる
  • 社内不倫なら職を失うこともある

ザッと挙げても、これだけの代償を払わなくてはいけなくなるので、不倫がバレる前に別れられて良かったと思うべきです。

これは、あなたを勇気づけるためではなく、実際に不倫がバレて後悔している人たちがたくさんいるから言えることです。

彼から振られたことがツラくても「不倫がバレるより良かった」と思うと、少し前向きになれるのではないでしょうか?

不倫相手に気兼ねせず婚活をスタートできる

パーティーに参加する男女

不倫をしていると、彼を中心に生活するようになるので、恋活や婚活ができなくなる人がほとんどです。

本来なら、彼には家庭があるのですから、あなたも婚活をしていいはずです。

しかし、女性は一途になると周りが見えなくなってしまうので、器用に不倫と婚活をこなす人は少ないでしょう。

しかし、これからは自由に恋活や婚活ができるので、素敵な独身男性と出会い、堂々とデートもできますし、友達と恋の話で盛り上がることもできます。

一緒に旅行をしたり、同棲したりすることもできるので、今までの切ない恋愛とはまったく違います。

これからのことを考えると、不倫の彼との悲しい結末も、徐々に思い出になっていくでしょう。

本来恋愛に罪悪感はない

風船を持つ女性

不倫をしていたときは、彼と会える嬉しさと一緒に、常に罪悪感が付きまとっていたのではないでしょうか?

本来、恋愛というのは、誰かに遠慮したり申し訳ないと思ったりするようなものではありません。

彼との時間は楽しさや安心感があるものですし、思い出を重ねることは未来へのステップになるものです。

しかし不倫では、安心感を得られませんし、思い出を重ねたところで叶わないことがほとんどです。

不倫をしていると、こうした基本的なことを忘れてしまうものなので、本来の恋愛の素晴らしさを再確認してください。

恋愛だったのか依存だったのか考える

目をつぶる女性

不倫は、普通の恋愛より相手に執着や依存をしやすい恋愛のカタチです。

既婚男性には家庭があるので、自覚がなくても常に2番手であるという劣等感を感じていたはずです。

この劣等感は、彼に愛されたい、もっと自分を見て欲しいという執着心になりやすいものです。

また、不倫関係では「傷ついている彼を支えたい」「家庭のことで悩んでいる彼を助けたい」という気持ちが湧いてきやすいので、相手に依存心を抱きやすいという特徴もあります。

彼への純粋な愛情で付き合っているのではなく、彼に必要とされることや彼に尽くしてあげるという行為自体に、自分の存在価値を見出すようになると、彼への依存心はどんどん膨らんでいきます。

このように、執着や依存でつながっていると、既婚男性と離れることは難しくなります。

あなたが彼と付き合っていたのは、果たして純粋な恋愛感情だったのか、彼への依存だったのか冷静に考えると、振られたことがそれほど悪いことではなかったと思えるようになります。

どうしても忘れられなければ復縁できる

夕日を見る恋人

彼に振られると、これからどうしていいのか分からなくなるほど、ショックを受けることがあります。

現実を受け入れられず、仕事をしていても友達と会っていても、彼のことが頭から離れず、ツラい毎日を送る女性も少なくありません。

あなたがどうしても不倫相手を忘れられないときは、復縁することもできると思うことで、前向きになれるかもしれません。

記事の終盤で、復縁する方法もご紹介しているので、彼との関係を終わりにしたくなければ、復縁することもできると考えてみましょう。

不倫をやめた方がいいのは、あなたも十分理解しているはずですが、彼を忘れられずいつまでもポジティブになれなければ、復縁を目指すことで前向きになれるかもしれません。

前向きに行動していれば、彼以外の素敵な人と出会う可能性も出てくるので、まずは復縁を狙って自分磨きをスタートしてみるのも、不倫を断ち切る方法のひとつです。

不倫で傷つけたはずの人のことを考える

海で遊ぶ母と子

彼に振られず不倫を続けていたら、いずれ奥さんや周囲の人にバレていた可能性があります。

不倫がバレたら、彼の奥さんや子供、両親を確実に傷つけ、あなたは1つの家庭を壊した張本人になります。

彼から誘ってきた、本気で愛し合っていた、別れようと思っていた、などの言い訳は、彼が既婚者だと知ってて付き合ったのなら、何の意味もありません。

あなたが人を傷つけても、何とも思わない性格ならいいのですが、そうでなければ傷つけた人たちへの罪悪感は、長い間消えず今後のあなたの人生にも悪い影響を与えることがあります。

また相手の家族だけでなく、あなたの両親を悲しませることもあります。

不倫された奥さんが、あなたの両親に不倫の証拠を持って行くことも考えられますし、慰謝料を請求されたら、親に借りてでも払わなくてはいけなくなることもあります。

両親は、娘が不貞行為をしていた証拠を見せられて、どんな気持ちになるか考えてみましょう。

とても情けなく、悲しい気持ちになるはずです。

このようなことを冷静に考えれば、彼との恋愛を続けていくのが、かなりリスキーなことが分かるはずです。

不倫相手の彼氏に振られたけどやっぱり恋をしよう!立ち直って次に進む方法

無理に忘れようとしない

ベッドにうつぶせになる女性

好きな人に振られたら、多くの人が「忘れよう」と自分に言い聞かせて、なるべく好きな人のことを考えないようにするのではないでしょうか。

しかし、これは逆効果になることが多いのでやめましょう。

私たちは、禁止されると余計にしたくなるという心理があります。

ダイエットを始めると甘いものが異常に欲しくなる、勉強しようと思うと他のことが目に入って掃除を始めてしまう、といったことを経験したことはありませんか?

これは何かを禁止したことで、余計にその対象に執着してしまう分かりやすい例です。

恋愛も同じで、彼を忘れなくてはいけないと思えば思うほど、彼に執着してしまうので、逆に好きでいることを許してあげた方が、かえって早く立ち直れるようになるのです。

彼を思い出す時間を強制的に作る

涙を流す女性

振られた相手を早く忘れたいなら、あえて彼を思い出す時間を作ってみてください。

具体的な方法は、次の通りなので、お休みの前日などにやってみましょう。

  1. 自室にこもれるように食料やお酒、お菓子などを買い溜めておく
  2. 彼の写真や思い出のものを準備する
  3. 泣ける曲や映画などを流しておく
  4. 写真などを見ながら、彼の良い所や付き合っていたときのことを可能な限り思い出す
  5. 泣きたくなったら我慢せずどんどん泣く
  6. 週に1~2度は、必ずこの時間を設ける

逆に彼への気持ちが強くなりそうだと思うなら、騙されたと思って上記を5回以上やってみてください。

何度もやっていると、彼の良い所や素敵な思い出が徐々に出てこなくなってきますし、わざわざ時間を設けて彼のことを考えるのが、バカらしいとすら思えてくるはずです。

面白いもので、彼の良い所を捻り出そうとすると、逆に悪い所が見えてくることもあります。

強制的に彼のことを考えなくてはいけないという状況は、自分を冷静にしてくれるので、早めに自分の気持ちや彼を客観視したいなら、おすすめの方法です。

早く忘れるコツは、とにかく我慢せず泣くことです。

何度も何度も泣いていると、そのうちスッキリしてきて、次の恋に進めるようになりますよ。

不倫について真剣に考える

考える女性

不倫をしていた彼への想いを断ち切るには、不倫について一度真剣に考えてみることも必要です。

不倫がどれだけの人を傷つけるのか、バレるとどんな代償を払わなくてはいけないのか、不倫が続いた場合、あなたにどんなメリットやデメリットがあるのか、じっくり考える時間を作ってください。

具体的に想像できないときは、インターネットで「不倫 末路」などで検索すると、不倫で痛い目を見た人たちのことを知ることができます。

不倫を続けることが、自分にほとんどメリットがないと分かれば、自然と彼への気持ちも薄れて、次の恋に進めるようになります。

不倫のことだけでなく、独身同士の幸せな恋愛話しを聞くのも有効なので、友達ののろけ話などを聞いてあげるのもいいでしょう。

その際、友達には「良い人がいたら紹介してね」と一言伝えておくのも忘れないでくださいね。

気持ちを紙に書くなどして整理する

ノートに文字を書く女性

彼に振られたことがショックで、目の前が真っ白になってしまったら、紙に自分の気持ちを書いて整理しましょう。

気持ちや思考を紙に書いてアウトプットするというのは、うつやストレス解消などでも使われる方法なので、自分の気持ちと向き合うには有効です。

書き出すものの例としては、次のような項目で試してみるといいでしょう。

  • 不倫をしていて辛かったこと
  • 彼と付き合って楽しかったこと
  • 不倫を続けていた場合のメリット・デメリット
  • これからしてみたいこと、興味のあること

どんなことでもいいので、とにかく自分の気持ちを文字で視覚化することが大切です。

誰に見せるものでもないので、本音をどんどんアウトプットして、自分と向き合う時間を作ってください。

住んでいる環境を変える

気持ちよく目覚める女性

住んでいる環境を変えるのも、気持ちを切り替えるのに有効です。

可能なら引越しをするのが理想的ですが、大幅な模様替えでも気持ちは随分スッキリするはずです。

不倫の彼氏を忘れたいなら、思い出の品や見ると思い出すものも処分すると、より新しいスタート地点に立ったような気分になれます。

ただし、別れてすぐ無理をすると、精神的な負担が大きくなるので、自分の気持ちと向き合いながら、無理をしない範囲で住んでいる環境を変えてみてください。

今までしたかったことを片っ端からやってみる

サーフィンをする女性

あなたがアクティブに動けそうなら、不倫していたことで諦めていたことや、できなかったことを積極的にやってみましょう。

不倫をしているときは、彼から急に会おうと言われてもいいように、なるべく予定を入れないようにしていませんでしたか?

今からは、自分の楽しみだけに集中できるので、旅行にフラッと出かけることもできますし、趣味に没頭することもできます。

仕事に集中してキャリアアップしたり、資格などを取ってスキルアップしたり、憧れていた業界に転職することも可能です。

これからは、自分だけのことを考えて行動できるので、やってみたいと思ったことは片っ端から挑戦してみましょう。

彼氏から振られたショックは、すぐになくなるものではありませんが、今までしたかったことをひとつひとつしていくうちに、徐々に気持ちが前向きになっていくはずです。

連絡したくなったときの対処法を決めておく

ランニングする女性

彼氏から振られて最初にツラいと感じるのが、彼に連絡したくなる衝動をコントロールしなくてはいけないということです。

衝動に任せて連絡してもいいのですが、その場合、彼から今以上に嫌われることは覚悟しておかなくてはいけません。

不倫の恋をキレイなまま終わらせたいと思うなら、別れた後の連絡はタブーなので、どうにか連絡したい衝動を抑えなくてはいけません。

そこで、彼に連絡したくなったらすることを決めておくといいでしょう。

例えば、どうしても彼に電話したくなったら、次のことを試してみてください。

  1. 友達や両親に電話する
  2. ランニングや筋トレ、ストレッチをする
  3. ドライブに行く
  4. 資格取得のために勉強する
  5. 散歩をする
  6. ブログや匿名で使えるSNSで気持ちをアウトプットする

自分に合ったものが必ず見つかるので、それまでは色んなものを試してみてください。

特に、ランニングや筋トレは、彼への気持ちを抑えることもできますし、美容や健康にも良いのでおすすめです。

体をほぐすと気持ちもほぐれるので、ヨガや柔軟も効果的です。

彼に連絡したいという衝動を紛らす方法が見つかれば、ストレスはかなり軽減されますよ。

男友達や新しい人脈を増やす

友達とスマホを見る

振られてしまった好きな人を忘れるという行為は、誰にとっても難しいことです。

好きな人を忘れることに集中すると、余計に好きな気持ちが高まり、余計に忘れられなくなることもあります。

そうならないためには、忘れることではなく新しいことを取り入れる方に注力してみてください。

私たちの脳は、新しいことをインプットすると、古い記憶が消されていくようにできています。

これは誰しもが経験していることなのですが、振られてショックを受けている状態では、忘れがちなことでもあります。

彼を忘れたいと思うなら、一旦彼に対する気持ちはそのままにして、新しい経験や人脈で刺激を取り入れていくことで、彼との思い出や彼への感情を記憶の隅に追いやってしまいましょう。

すぐに効果は感じられないかもしれませんが、新しいことを継続して取り入れていると、ある時すっかり彼のことを思い出さない自分に気付くはずです。

不倫相手の彼氏に振られたら彼の大切さに気づいた!不倫相手の彼と復縁する方法

最低でも半年〜1年以上空けて連絡する

開いたスケジュール帳

振られた相手と復縁したいときは、必ず一定期間空ける必要があります。

別れたのに、すぐ連絡したり会いに行ったりするのは、あなたにとってマイナスにしかなりません。

男性は、別れた女性に対してマイナスのイメージを持っていることがほとんどです。

その状態で、不倫相手から復縁要請があっても、断わるのが当然です。

あなたも、好きではない人から付き合ってほしいと言われたら、当然のように断りますよね。

さらに言えば、一度断っているのに、何度も連絡されると、大嫌いになってしまうこともあるはずです。

あなたがその立場にならないように、振られたら必ず冷却期間を設けて、彼の気持ちに変化が出るまで、会わないようにしてください。

冷却期間中は絶対に会わず連絡も取らない

思いに耽る女性

冷却期間中は会わないだけでなく、連絡も一切とってはいけません。

人は、自分から振った相手でも、連絡が急に無くなってしまうと寂しさや後悔が湧いてくることが多々あります。

いつも連絡が来ていた時間にLINEが来ない、今まで筒抜けだったあなたの行動がまったく分からなくなる、といった状況になると、男性は勝手なもので元不倫相手のことが気になってしまうのです。

不倫相手を嫌いになって別れたとしても、連絡を断ってしばらくすると、楽しかった思い出ばかりが蘇ってくるようになります。

彼を、上記のような心境にするには、完全に連絡を断たなくてはいけないのです。

別れているのにLINEや電話をしていると、彼は別れた直後の気持ちを引きずり続けることになります。

これでは、復縁につなげることは、とても難しくなってしまいます。

彼に「今頃何をしているのかな?」「もう彼氏ができたかな?」「別れたのは失敗だったかな」と思わせなくては、復縁が成功することはないので、どんなに苦しくても一切連絡をしないようにしましょう。

別れても、彼と毎日顔を合わせなくてはいけない人は、別れた日から完全に他の人と同じように接してください。

思わせぶりな態度や好き避けのようなことはせず、完全に元の関係に戻ったように振舞いましょう。

もちろん、個人的な連絡は完全に断ってください。

しばらくはツラいと思いますが、その行為が後々復縁しやすい状況を作ってくれます。

必ず別れる前より魅力的になっておく

香水をつける女性

復縁したいなら、別れたときと同じ自分でいてはいけません。

必ず、別れたときより魅力的な人になっていなくては、彼が再びあなたに興味をもってくれることはありません。

確実に、彼に成長したと思われるほど変わっておくのが理想的です。

一番分かりやすく、簡単に変化が出せるのは見た目です。

体型に自信がない人は、ダイエットをして体を絞ってみると、何倍もいい女度がアップします。

スタイルに変化を出すのが難しいなら、ファッションやヘアスタイル、メイクを変えてみましょう。

おすすめなのは、自分で選ぶのではなく男性の店員さんに相談して、アドバイスに素直に従ってみることです。

男性の店員さんに頼む理由は、自然と男性ウケするスタイルを選んでくれるからです。

例えば、美容室に行ったら男性の美容師さんに、お任せでカットやパーマをしてもらいましょう。

最低限のお願いだけして、自分では似合わないと思ったヘアスタイルでも、一度挑戦してみてください。

私たちは、自分で似合うと思っているものや好きなスタイルが、実は似合っていないということがよくあります。

プロに相談して進められたものに挑戦して、今までの自分とは違った魅力を引き出してもらいましょう。

別れたときとは確実に変わっていると彼に思わせることができれば、復縁率は確実にアップします。

友達として関係を復活させる

笑い合う恋人

冷却期間を設けて、自分磨きを一通り終えたら、彼に軽く連絡をしてみましょう。

彼のライフスタイルを思い出して、確実に家にいない時間で、仕事が忙しくないであろうタイミングを狙ってください。

久しぶりの連絡なら、平日のランチタイム辺りがいいでしょう。

「久しぶり!元気ですか?」といった簡単な挨拶LINEやメールを送って、彼の反応を確かめてください。

もし返信がない場合は、すぐに連絡をやめて、あと数か月待って再度挑戦しましょう。

返信が帰ってきたら、徐々にやり取りの回数を増やして、友達として関係を復活させましょう。

返信が来たら嬉しくなって、毎日連絡したくなるかもしれませんが、最初から頻繁に連絡すると、相手が引いてしまうことがあるので、あくまでも友達としての距離感を保つようにしてください。

やり取りが始まってからも、すぐに会おうとせず、少しずつ距離を縮めていくことを忘れないようにしましょう。

「追いかけると逃げる」を肝に銘じて、追いすぎないように注意しながら、連絡を取ってください。

すぐにセックスをしない

キレイな女性

友達として再び連絡ができるようになったら、次に友達として会う約束をしてみましょう。

焦らず、自然と「じゃあ会おうか」と言えるタイミングを待って、約束するようにしてください。

復縁を狙って再会するときに気を付けないのが、セフレにならないようにすることです。

男性は、一度体の関係のあった女性で、自分のことを好きだと分かっている相手を、セフレにしようと誘ってくる人も少なからず存在します。

セフレになっても一生後悔しないという自信があれば、その誘いを受け入れていいのですが、そうでなければ安易にセックスをしないようにしましょう。

一度セフレになってしまうと、今後本命になることは難しいと覚悟しなくてはいけません。

ただでさえ不倫という関係は、セフレと近い関係になりがちなので、会う前に十分意識しておかないと、いつの間にかセフレになってしまう危険があります。

彼に久しぶりに会って、彼が体の関係を迫ってきたら、NOという強さを持っておくようにしてください。

きっぱり断ったら関係が切れてしまうような相手は、あなたを愛しているのではなく、誰でもいいので手近なところでセックスをしたいだけです。

そんな男性のために、あなたの大切な時間を使ってはいけません。

他の男性との交流は継続させる

笑い合うカップル

復縁したい彼と、再度付き合うことになっても、他の男性との交流は続けるようにしましょう。

理由は2つで、1つ目は彼と肩の力を抜いて付き合えるという点です。

他にも仲の良い男性がいると、彼に必要以上に執着することがなくなります。

周囲に不倫の彼しかいないという状況になると、どうしても彼への執着心が強くなり、困らせたりワガママを言ったりしてしまいがちです。

そうなると、また別れることになりかねません。

2つ目の理由は、不倫相手と付き合っていても、他に好きな人ができれば、キッパリと不倫を辞めることができるからです。

ズルいように見えるかもしれませんが、男性も家庭という変える場所を維持しているので、あなたも賢く恋愛をしなくてはいけません。

二股をしようという話ではなく、不倫の彼と付き合っているからといって、新しい出会いを放棄しないようにしておくことが大切だということです。

不倫相手の彼氏に振られたらチャンスに変えていい女になろう

海を見る女性

好きな人から振られるのは、不倫でも普通の恋愛でも本当にツラいものです。

ショックで何をする気にもなれませんし、これから何を楽しみに生きていいのかさえ分からなくなることもあります。

ただ、不倫相手の彼氏から振られたことは、間違いなくあなたにとってプラスでしかありません。

不倫を続けていても報われる保証はありませんし、不倫がバレて修羅場になっていたかもしれません。

すぐ実感できなくても、数か月~数年後には必ず「別れて良かった」と思えるときがきます。

また、どうしても忘れられなければ、復縁するために行動することも、あなたにとってはチャンスになることがあります。

彼との冷却期間中に自分を磨き、色んな人と交流することで、彼以上に素敵な人と縁ができる可能性もあります。

彼から振られたことをチャンスにすれば、あなたは確実に今以上の魅力的な女性になれるので、別れをポジティブに捉えて、明るい未来にしてくださいね。