抱き合うカップル

50代の男性は、落ち着いた家庭を持っていて仕事でも責任ある立場で頑張っている人が多いので、恋愛や不倫をする人は少ないイメージがあるかもしれません。

しかし、50代男性だって妻以外の女性と恋に落ちることもあります。

50代になると女性に体の関係を求めるのではなく、精神的なつながりや純粋な恋愛を好む傾向があり、女性に夢中になると離婚して人生をやり直そうとする男性もいます。

そんな50代男性が恋に落ちたときのサインや、下心だけの男性の特徴、50代男性を落とすテクニックなどをまとめました。

50代には50代特有の恋愛の傾向があるので、あなたが気になっている男性が50代なら、今までのノウハウは一度忘れて、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

恋する時には何かある。50代男性が恋に落ちるときの特徴や前兆

若い世代の髪型やファッションを取り入れようとする

椅子に座る男性

50代の男性が久しぶりに女性と恋に落ちるときは、急に見た目に気を使うようになります。

年代は関係なく、既婚者が恋愛をすると、急にファッションや髪型に気を使うようになるのは定番の行動です。

そんな中でも50代は、若い世代のファッションを取り入れようとする傾向があります。

急にファッション雑誌を読むようになったり、若い世代に流行っている髪型にしてみたりするので、イメージがガラリと変わる男性も多いでしょう。

通常は、50代ともなると少々のことでは自分を変えようとしないものです。

服のセンスもライフスタイルも固まっているので、他人に指摘をされたとしても、簡単に自分の好みを変えることはありません。

しかし、久しぶりに恋愛して周りが見えなくなってしまうと、相手に気に入られたいという気持ちから、イメージチェンジをする人がいます。

差し入れやプレゼントをしてくれるようになる

コーヒーとドーナツ

恋に落ちた女性が職場や趣味の仲間なら、頻繁に差し入れをくれるようになるのも、50代男性の特徴です。

飲み物やスイーツなど、相手が喜んでくれるようなものをマメに買ってきては、労いの言葉をかけてくれるようになるでしょう。

また、愛情に比例してプレゼントが増えるのも特徴的です。

まだ付き合っていなくても、誕生日だと分かれば少し高めのプレゼントをくれたり、出張や旅行に行っては、個人的にお土産を買ってきてくれたりするようになるでしょう。

こうした差し入れやプレゼントは、相手の笑顔を見たいという純粋な気持ちからくることもあれば、自分の思うように相手をコントロールしたいという下心からくることもあります。

どちらにしても、相手に好意を持っていて、今以上の関係になりたいとおもっていることは確かです。

自分のことや過去を話す頻度が増える

笑顔の男性

男性は、自分のことを理解してほしいという気持ちから、好意を持っている人には自分の話をよくします。

特に、恋に落ちた女性に対しては、過去の話をすることが多いでしょう。

相手のことを本当に好きになると、過去の栄光を話して自慢するのではなく、努力したことや失敗したことも話したがります。

幼少期の思い出や両親の話をするのも、好意を持っている女性につい男性がやってしまうことです。

好きな女性には、自分のことを知ってほしいという気持ちと、笑顔にしたいという気持ちがあるので、自慢だけでなく過去の色んな話をしてくれるようになるでしょう。

ボディラインを気にして運動や筋トレをし始める

男性のお腹

50代になると、日頃から気をつけていなければ男性でもボディラインが崩れ始めます。

一見痩せていても、お腹が出たり腰回りに贅肉がついてきたり、胸が下がってきたりするものです。

そんな男性は、恋をするとボディラインが気になり始めて、ランニングや筋トレを始める人がいます。

ジムに入会して、体を鍛え始める人もいるでしょう。

これは、相手にカッコよく思われたいという気持ちもありますし、もしも彼女と上手く行ったとき、服を脱いでも恥ずかしくないようにしたいという気持ちからきます。

急にSNSに興味を持ち始めて質問が増える

スマホを操作する男性

50代となると、SNSにそれほど詳しくない男性も多いので、自分より若い女性やネットに詳しい女性を好きになると、急にSNSなどに興味を持つようになります。

顕著に変化が出るのが、LINEなどのコミュニケーションアプリの使い方です。

今までは、最低限の連絡のために使っていた男性が、好きな女性ができるとスタンプをダウンロードしたり、背景を変えたりし始めることがあります。

他にも、FacebookやInstagramなどを始める男性もいますし、その他のアプリにも興味が出てくることもあります。

このように、今まで本腰を入れて使っていなかったアプリに興味を持ち始めて、好きな女性に使い方などを聞いてくることも増えます。

不倫が始まっていなくても、恋に落ちた女性と仲良くなりたい一心で、アプリを使いこなそうと奮闘する男性は少なくないでしょう。

恋愛観やプライベートについて質問してくるようになる

疑問を持つ男性

50代に限らず、人を好きになると相手のことをもっと知りたくなって質問が増えてしまいます。

どんな趣味があるのか、休日はどう過ごしているのか、どんな異性がタイプなのか、好きな人のことは全部知りたいとおもう気持ちに、年齢は関係ありません。

50代の男性も、好きな女性ができたら当然質問が増えていきます。

既婚者の場合は、相手の恋愛観を聞いてくることも多いでしょう。

既婚者との恋愛はアリなのか、50代でも恋愛対象になるのか、などを遠回しに聞いてくることがあります。

「友達で不倫をしている人はいないの?」

「恋愛対象になる年齢の範囲ってどれくらい?」

こうした質問で、好きな女性の恋愛観を探って、今後付き合える相手なのかどうかをチェックしようとします。

背負っているものが多いだけに好き避けする男性もいる

窓の外を見る男性

50代の男性は、責任ある仕事を持っていたり、子供にお金が掛かる年齢になっていたり、両親の体調が悪くなったりしていることが原因で、恋に消極的になる人がいます。

妻以外の女性を好きになりそうでも、それ以上の関係になることが怖くて、好き避けしてしまうことも少なくありません。

自分が不倫をして離婚にでもなったら、妻だけでなく子供や両親にまで心労を与えることになります。

場合によっては、生き甲斐にしている仕事を失うこともあるので、慎重になって当然ですよね。

50代にもなって不倫ですべてを失うというのは、周囲の人からの信用もなくしてしまうので、恋愛の代償がとても大きくなります。

それを理解している男性は、女性に恋をしてもそれ以上好きにならないように、最低限の付き合いでとどめようとします。

50代男性が本気で恋に落ちる女性の特徴

礼儀正しくマナーを守れる上品さがある

振り返る女性

礼儀や常識に厳しく育てられた世代である50代は、異性に対しても最低限の礼儀やマナーが守れる人に魅力を感じます。

敬語が使えない、言葉使いができいていない、見た目がだらしない、などの特徴がある女性には惹かれません。

50代が弱いのは、年齢が若いにも関わらず、礼儀やマナーをしっかり心得ている女性です。

50代の男性は、若いというだけで「礼儀を分かっていない」と、どこか決めつけているところがあります。

そんな男性は、若いのにしっかりした礼儀を身に着けている女性には、ギャップを感じて惹かれてしまうのです。

ただし、単に体だけの関係やストレス発散したいだけの関係を求めているなら、礼儀やマナーはそれほど気にしません。

50代の男性が本気になってしまうのは、男性が感心するほど礼儀やマナーが分かっている女性です。

性格が穏やかで一緒にいると癒されてストレスがなくなる

笑顔の女性

50代になると不安や悩みが深刻なケースが多いので、周囲がおもっている以上にストレスを抱えている男性は少なくありません。

そんな男性は、一緒にいて安心できて癒される女性に恋をしがちです。

若い頃は、自分を振り回すくらいワガママな女性の方が刺激的で可愛いとおもえても、年齢が上がっていくと落ち着いて付き合える女性を求めるようになります。

自分の話をニコニコして聞いてくれる、少々のことでは喜怒哀楽を表に出さない、周囲の人の愚痴を言わないなど、一緒にいて安心できる女性は50代男性から愛されます。

特に、50代で既婚になると、相手の精神状態が安定しているのは必須条件になります。

ヒステリックな女性や自己中な女性は、男性にとって脅威になることもあるので、自然と避けるようになるでしょう。

経済的にも精神的にも自立していると安心できる

仕事をする女性

50代の既婚男性は、気になる女性が経済的、精神的に安定していると、安心して「関係を深めたい」とおもうようになります。

50代になると、家庭や仕事で責任を持たなくてはいけないことが増えます。

子供が成長するにつれて学費などの費用が掛かりますし、仕事で部下ができたり大口の取引先を任されたりすることも増えるので、精神的に大きな負荷が掛かっている状態です。

そんな男性が本気になるのは、自分に依存して負担を掛けるような女性ではなく、自分をサポートしてくれるような女性です。

経済的にも精神的に依存せず、自分のライフスタイルを確立している女性は、大きな責任を抱えている50代の男性には魅力的に見えます。

相手に何かしてほしいという気持ちはなく、安心して一緒の時間を過ごせるとおもうから魅力的なのです。

こうした心理があるので、どんなにキレイな女性でも、メンヘラ気質な女性は自然と避けるようになるでしょう。

褒めてくれる女性は失いつつある自信を高めてくれる

腕時計をした女性

50代は、仕事で評価されて社会的に自信をつけていく一方で、男性としての自信を失っていく年代でもあります。

性機能が衰えたり、健康上の不安が出てきたりすると「男としてもう終わっていくのではないか」という恐怖を抱える男性もいます。

そんな不安を払しょくしてくれるのが、妻以外の女性からの誉め言葉です。

仕事のことではなく、男としての部分や人間性を褒められると、褒めてくれる相手に好意をもつようになり、その気持ちが恋愛に発展していくこともじゅうぶんあり得ます。

「スーツのセンスが良くて、いつも素敵ですね」

「優しくて紳士的だから、奥さんは幸せだろうな」

「〇〇さんって、厳しいように見えますけど実はおちゃめな人ですよね」

50代の男性は、こうした言葉にとても弱いものです。

結婚生活が長くなると、妻から褒められることがなくなっていきます。

周囲からも、あからさまなお世辞を言われることはあっても、純粋に褒められることはなくなっていくものです。

褒められることがなくなった男性にとって、妻以外の女性から褒められるのは、とても気分がいいので、褒めてくれる相手には「もっと一緒にいたい」「何かしてあげたい」という気持ちになり恋が始まっていきます。

同じ境遇に悩んでいて理解し合える女性

マグカップを握る男女

同じ悩みを抱えている男女は、お互いの気持ちを理解し合えるので、恋に落ちやすくなります。

50代男性も、同じような悩みを抱えている既婚女性に出会うと、共感し合えて恋に落ちることがあります。

  • 家庭内での自分の存在価値が分からない
  • パートナーと分かり合えない
  • 夫婦関係が完全に破綻している
  • 離婚したいのに事情があってできない
  • 今の人生に満足ができていない

このように、同じ悩みを抱える既婚女性と出会うと、自分の悩みを理解してもらえる嬉しさや、相手を幸せにしてあげたいという気持ちなどから、彼女がとても大切な存在のようにおもえてきます。

また、お互いが既婚者で離婚をするつもりがなければ、不倫をするハードルも下がります。

お互い、離婚はせずに癒し合うだけの関係だとおもえば、将来のことも考えず恋愛を純粋に楽しめるので、相手にどんどん惹かれていきます。

自分に合わせてくれないと本気にはなれない

夕日と恋人

50代の男性は、仕事でもプライベートでも忙しい人がほとんどです。

体力も落ちているので、無理ができないとおもっている男性も多いでしょう。

また、ライフスタイルも固まっているので、それを崩すことにストレスを感じる男性もいます。

そんな50代男性は、自分のペースに合わせてくれる女性でなくては、本気になれないケースがあります。

好意を持っている女性がいても、行動的で彼氏ができたら旅行やイベントに頻繁に行きたいとおもっている女性には尻込みします。

仲良くなっていくにつれて、相手のペースに合わせることに疲れを感じると、最初は可愛いと思えていた女性も、付き合うのが面倒になってしまうのです。

若い男性には、行動的な女性の方がモテますが、50代になると慎ましく自分のペースに合わせてくれるような女性に本気になりやすいでしょう。

50代男性が恋に落ちた時に出すサイン・行動

2人っきりで会うタイミングを増やそうとする

デートする恋人

男性が恋に落ちると、どうにかして2人っきりで会うタイミングはないかと考えるようになります。

同じ会社なら、一緒に残業するようになったり、休憩時間や退社時間を合わせてきたりして、少しの時間でも2人っきりになれるよう行動し始めます。

ダイレクトに飲みに誘う人もいますが、多くの男性は既婚者という立場があるので、なかなか自分からは誘えないものです。

もし、あなたも50代男性に好意を持っているなら、さりげなく2人になれるタイミングを増やしてあげると、今以上に関係が深まっていくでしょう。

帰宅時間が同じタイミングなら、仕事の相談と言って食事に連れて行ってもらうのもいいですし、残業で一緒になったら2人で軽く飲みにいくのもおすすめです。

短時間でいいので、2人になる機会を増やしていくと、あなたとの関係はどんどん進展していくはずです。

誕生日やイベントで高額なプレゼントをくれる

プレゼントを渡す男性

男性は、女性を喜ばせることで自尊心を高める生き物です。

その代表的な行動が、女性にプレゼントをして喜ばせるという行動です。

恋に落ちた女性には、自然とプレゼントの金額も大きくなってしまうので、友達や会社の仲間としてはあり得ない額のプレゼントをしてくれるようになります。

出張や旅行のお土産も、大勢に渡すような簡単なものではなく、あなたの好みに合わせたものや、女性に人気のものを調べて買ってきてくれることもあります。

ただし、付き合っているわけではないので、高額といっても相手の女性の負担にならない金額の範囲になるでしょう。

プレゼントの額で、人の愛情が測れるわけではありません。

しかし、男性はどうしても狙っている女性には高額なプレゼントをしたくなるものなので、自分に好意があるのか判断する材料にはなります。

経済力があることをそれとなくアピールしてくる

男性の財布

男性は、いくつになっても好きな女性にカッコいいと思われたい気持ちを持っています。

これは女性も同じで、好きな人ができると、年齢は関係なく相手の男性に可愛いとおもってもらいたいたくて努力しますよね。

この心理からくるのが、男性の経済力アピールです。

50代になると経済力が出てくるので、女性にさりげなく自慢して、良く思われようとしてきます。

ただし、気の利いた男性は、女性が自慢話を嫌うことも知っているので、あからさまな自慢ではなく、さりげないアピールになるでしょう。

「このくらいの金額なら買ってあげられるよ」

「やっと趣味にもじゅうぶんお金を使えるようになったよ」

「これからは、自分の好きなことにお金を使いたいな」

このようなさりげないアピールで、自分に経済力があることを相手に伝え、自分のことを好きになってもらおうとするのです。

年齢に関する自虐ネタを言って相手の気持ちを探ろうとする

コーヒーショップの男性

「俺みたいなおじさんは恋愛対象にならないよな〜」

「もう50代だから恋愛なんて無理だよね」

「50代でも好きになってくれる女性はいるかな?」

こうした発言をして女性の反応を伺うのは、男性が相手の女性を気になっているサインです。

相手が50代の男性を受け入れてくれるような発言をすれば、自分も受け入れてもらえるかもしれないと自信が持てます。

逆に、恋愛対象にならないような発言をされたら、50代の男性はアプローチを控えるようになるでしょう。

こうした言動は、相手が若いほど顕著に出てきます。

50代が20~30代に恋をすると、年の差があることに臆病になって、自虐ネタで相手の気持ちを探ることが増えていきます。

高級なレストランやバーなどに連れて行ってくれる

薄暗いレストラン

50代の男性は経済力があるので、気になる女性ができたら高級レストランやバーなどに連れて行こうとします。

男性はいくつになっても、好きな女性の前ではカッコつけたいとおもうものです。

若さや行動力では、40代以下の男性には負けてしまうので、経済力で勝負しようとして高級なレストランなどで大人のデートをしようとします。

ただし、2人きりで出かけようとすると、相手に迷惑をかけることもあるので、男性は恋に落ちた女性を含んだ数名を食事に連れていくこともあるので、女性は男性からの好意のサインを見逃すこともあります。

自分の知識や人脈を使って仕事や夢をサポートしてくれる

グッドサインをする男性

50代は、自分の仕事などでの成長が安定するので、他の人の成長をサポートして、その成長を自分の楽しみにする人がいます。

その対象が恋した相手になることもあり、女性が目標や夢があれば、自分の知識や人脈を使って、全面的にサポートしてくれることがあります。

独立や起業をしたいとおもっていたら、その夢に必要な人脈を紹介してくれたり、勉強になるような場所に連れて行ってくれたりすることもあるでしょう。

ただの友達や知り合いならしないようなサポートをしてくれるので、好意には気付きやすくなるでしょう。

50代男性の特徴として、本心から相手の成長を楽しんでいる人が多いので、どんなにサポートしても見返りを求めないことはほとんどです。

そんな、紳士的なところを好きになってしまう女性もたくさんいます。

50代男性が恋に落ちたと思っていたのに実は下心だけの場合の見極め方

奥さんや子供の話を頻繁に出して予防線を張る

海を眺める男性

たまにデートする女性や不倫相手に対して、家族の話を頻繁にする男性は、相手の女性に対して、体の関係を持ちたいだけの可能性があります。

家族や奥さんの話を出して、遠回しに「家庭を壊すつもりはない」「割り切った関係でいたい」と伝えたいのです。

本気で妻以外の女性を好きになると、男性は自分の家族の話はしなくなります。

家族の話をするのは、一緒に過ごしている相手の女性を悲しませるので、相手を傷つけたくないとおもっていれば普通は話題に出しません。

もちろん、相手の女性が心配して聞いてくることに対しては答えますが、自分の方から「先日妻がね…」などと言って話始めることはないでしょう。

それなのに、平然と家族の話をするのは、離婚するつもりがなく、不倫相手が傷つくことをそれ程気にしていない男性心理のあらわれです。

会話の中に下ネタが増えて女性の反応を伺うようになる

説得する男性

下心だけで近付いてくる男性の多くは、下ネタを頻繁に言うようになります。

それは、相手の反応を伺って、体だけの関係でもOKな女性なのか見極めるためです。

中には、単純に下心が隠せていないだけの男性もいます。

どちらにしても、本気で恋に落ちた相手には、カッコ悪くて下ネタなど言えなくなるものです。

男性は、年齢が上がるにつれて純粋な恋愛をしたがる傾向があります。

性欲が落ち着いてくるので、体のつながりを求める人より、精神的なつながりを重視するようになるなるからです。

こうした特徴があるので、女性に下ネタを言って近付いてくる男性のほとんどは、下心があるだけだとおもっていいでしょう。

経済力があることを過剰に自慢する

大量のお金

好きになった女性の前で、男性はカッコつけたいという心理が働くので、自然と自慢話がふえてしまうのは仕方ありません。

しかし、過剰に自慢をしてくる男性は、その裏に下心が隠れていることが大半です。

経済力自慢をするのも、さりげないアピールなら、相手に良く思われたいという気持ちや、相手を安心させたいという気持ちから、ついやってしまうことです。

過剰に経済力があることを自慢するのは、相手に得になるようなことを伝えて、その対価を要求したいという心理なのです。

その対価というのは、ほとんどの場合でセックスのことを指します。

ストレートに言えば「俺には経済力があるから、一度セックスさせてくれたら良いことあるかもよ」と伝えたい心理が経済力自慢という形で出てしまいます。

詳しい個人情報を話さずいつでも別れられる環境をつくる

口を押える男性

下心だけで近付いてくる男性は、いつ別れても良いように、なるべく女性に個人情報を話さないものです。

現在の自分の状況や立場などの話しはしても、住所や勤務先、妻の名前や出身校など、知られると別れた後面倒になるような情報は教えません。

不倫関係になった男性と音信不通になったら、彼のことをまったく知らないことに気付き、連絡を取りたくても取れない、という状況になってしまう女性は少なくありません。

これは、相手の男性が最初から下心だけで付き合っているので、詳しい自分の情報を教えなかったからです。

最低限の情報だけ伝えて深い関係になろうとする男性は、割り切った関係を望んでいるだけなので、あなたが本気で愛してくれる人としか関係をもちたくなければ、きっぱり断った方がいいでしょう。

すぐにホテルに行こうとして他のデートを避ける

時計を見る男性

本気で恋に落ちると、彼女を色んなところに連れて行って喜ばせてあげたいという気持ちになるものです。

特に50代以上の男性は、年齢が上がるにつれて純愛を好むようになるので、本気で好きになった女性とは、ホテルに直行してセックスをしたら即解散ということをしなくなります。

もちろん、不倫の場合は、体の関係が先になってしまうケースが多いものですが、その後お付き合いが始まるとプラトニックなデートをしたがるようになります。

それに反して、すぐホテルに行こうとする男性は、単に体の関係を持ちたいだけです。

50代の男性と仲良くなって、食事やデートに行くのではなく、すぐにホテルに行こうとする男性は、恋ではなく下心で誘っているだけなので気を付けてください。

ボディタッチが多く相手の気持ちを考えず馴れ馴れしい

会社のオフィス

自分のことをよく見てくれていて、褒め言葉を言ってくれたり、食事に誘ってくれたりすると、好意を持ってくれているのかな、と嬉しくなりますよね。

しかし、少し仲が深まってくると、ボディタッチが増えてきて、公の場でも馴れ馴れしく接してくるといった行動をし始めるのは、あなたに恋をしているからではなく下心があるからです。

50代になると倫理観が強くなるので、本来紳士的になっていきます。

どんなに仲が良くなっても、妻以外の女性に気安く触ることもありませんし、相手は困るほど馴れ馴れしく接することもなくなっていきます。

相手の女性が、本気で好きになった人なら尚更です。

下心だけで近寄ってくる男性は、性欲を抑制できずにボディタッチなどの行動に出てしまうので、よく観察しておきましょう。

2人の関係がバレることを異常に気にする

スーツ姿の男性

50代の男性は、仕事で責任ある立場になっていることがほとんどですし、家庭では子供が善悪の区別がつくほど成長している人が多いでしょう。

そんな環境で、妻以外の女性にアプローチしていることや不倫をしていることがバレると、男性は大きなものを失うことになります。

ですから、自然と周囲にバレないように行動するのは当然です。

しかし、異常に2人の関係が周囲にバレないよう行動するのは、相手の女性に恋をしているのではなく下心だけで行動しているからです。

50代の男性が恋に落ちると、初恋の頃のような純粋な気持ちになるものです。

純粋な恋をしているという意識の男性は、自分がやましいことをしているという意識が薄れてしまうので、異常にバレないような行動を取ることはしません。

バレないように行動しているということは「自分がやましいことをしている=セックスがしたいだけで女性と不倫しようとしている」ということを理解しているからです。

50代男性を本気の恋に落とすためのテクニック

相手を褒めて50代特有のコンプレックスを忘れさせる

笑顔の女性

男性を落としたいときは、相手を褒めるのが鉄則です。

相手が50代の男性なら、年齢を気にしている人が多いので「若々しい」「見た目(行動)が若い」などの褒め言葉がおすすめです。

他にも、服や持ち物に対して「おじさん臭くないかな」と気にする男性も多いので「センスが良い」「合わせ方が上手い」などの褒め言葉も喜んでもらえます。

こうした褒め言葉は、連発すると嘘っぽく聞こえてしまうので、時と場合は選んで使ってみてください。

また、50代の男性が以外と喜ぶ褒め言葉が「かわいい」「おちゃめ」「面白い」などです。

50代になると「イケメン」と言われても、自分自身がそうではないことを理解しています。

髪も徐々に薄くなり、シワも増えていく中で、見た目を褒められても嘘っぽいと感じてしまうのです。

そのような表面的な褒め言葉ではなく、日頃誰からも言われないような「かわいい」などの褒め言葉の方が、50代の男性はにんまりしてしまうのです。

聞き上手に徹して会話を引き出して気持ちよくさせる

笑い合う恋人

50代になると、自分の話を親身になって聞いてくれる人が減ってしまいます。

妻は長年連れ添った夫の自分語りに興味がありませんし、会社の部下の前で話そうとすると「また始まった」という雰囲気を出すようになります。

自分の想いや過去の話は、50代になるとなかなか聞いてもらえなくなってしまうものなのです。

そんな中で、自分の話を楽しそうに聞いてくれる女性があらわれると、男性はとても気持ち良くなり、もっと一緒に居たいと思うようになります。

話しの合間に「えー、凄いですね」「面白い」「メチャクチャためになります」などの合いの手が入れば、男性はどんどん気持ち良くなってくれるでしょう。

一緒に居て楽しいと思ってもらえれば、2人で会う機会も増えていくので、恋愛感情が湧いてくるのは時間の問題です。

思っていることはできるだけストレートに伝える

風船を持つ女性

50代になると、仕事にプライベートに忙しい日々を送っています。

それに反比例して、体力や思考力は徐々に衰えてしまうので、面倒な女性とのやり取りは避けるようになるものです。

結婚している男性が、妻との会話を避けるようになるのはそのせいでもあります。

ダラダラと続く会話や、結論の出ない会話は、男性にとって苦痛でしかありません。

恋愛でも、駆け引きをして構ってもらおうとしたり、おもっていることと反対のことを言って気付いてもらおうとしたりする行為は、50代の男性を疲れさせます。

既婚者ともなれば、女性との生活も長いので駆け引きをしているかどうかは、すぐにバレてしまいます。

一度恋に落ちてしまうと、そんな行動も可愛いとおもえるのですが、アプローチの段階では分かりやすい表現やストレートな言葉を心がけましょう。

男性に「面倒な子」だと思われてしまうと、次第に避けられるようになる危険があります。

上手に甘えて感謝や頼りになることを言葉で伝える

笑顔の女性

50代の男性は、人に頼られることに喜びを感じます。

男女関係なく、自分を頼って感謝されることで自尊心を高めていくので、あなたも彼を上手に頼ってみてください。

コツは、彼が簡単にできることをお願いして、感謝の気持ちを伝えることです。

難しいことをお願いしても、男性に負担をかけてしまうので、最悪の場合避けられるようになることもあります。

男性の得意な分野を理解して、その分野に関することで頼ると、男性は気持ち良くサポートしてくれるでしょう。

してもらったことには、少し大げさなくらい感謝して、頼りになるなどの褒め言葉を伝えるようにすると、男性はもっとなにかしてあげたいという気持ちになってくれます。

こうしたやり取りをしていると、男性はあなたに対して「可愛い」「守ってあげたい」という気持ちになってくれるはずです。

プラトニックな関係を続けて初恋のような恋愛を楽しんでもらう

夕日を見る恋人

20~30代の男性が不倫をする理由は、ほとんどの場合で性欲を満たすためや、スリルを味わいたいという願望のためです。

40~50代の男性が不倫をする理由は、多くの場合、恋愛を楽しみたい、男であることを再確認したい、など精神的な理由が増えます。

そんな50代の男性を落とすには、純粋な恋愛を楽しむようにするといいでしょう。

ロマンチックなデートスポットに連れて行ってもらったり、大人になったら恥ずかしくて言えないような言葉をストレートに伝えたりと、彼が恋愛を楽しめるような工夫をしてみてください。

メイクやスタイルに気を使って見た目のキレイさを保つ

ネイルをしている女性

男性は目で恋をする生き物です。

ルックスがいい女性は、どの世代の男性にもモテますし大切にされます。

50代の男性も同様で、キレイな女性に魅力を感じますし恋愛感情も湧きやすくなります。

50代男性特有なものとしては、キレイなだけでなく顔色がよく健康的な女性を好む傾向が強いようです。

50代になると、どうしても自分の体に衰えを感じている人が多いものです。

それだけに、自分にはない健康的な魅力を持つ女性に惹かれてしまいます。

50代男性と恋に落ちたら純粋な恋愛を楽しもう

手を握る恋人

50代は、女性と恋に落ちると純粋な恋愛を楽しみたいとおもうようになります。

ロマンチックなデートをしたり、愛情を言葉で確かめあったりと、女性も愛されていることが実感できる関係が築けるでしょう。

ただし、離婚となると抱えているものが大きい分、修羅場にもなりやすいので、不倫をするのなら細心の注意が必要です。

また、50代は不倫相手に夢中になりすぎて離婚をしてしまう人がいます。

今の人生に満足できていないと、不倫相手と人生をやり直そうとしてすべて捨ててしまうこともあるのです。

もし、火遊び程度で付き合う場合は、最初に自分の意志をハッキリ伝えておいてくださいね。